ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査通らない人はこんなタイプ!審査に通るコツを紹介

ローン審査通らない人はこんなタイプ!審査に通るコツを紹介

せっかくカードローンに申し込みをしてみようと思っても審査に通らないかもしれない…そんな不安があっては申込みしにくいですよね。そこでローン審査通らない人のタイプを紹介していきます。

どうしたら審査に通るのかタイプやコツを知って不安なく申し込みをしましょう。

ローン審査の申込み条件

審査に通らないタイプと聞いてどんな人を想像しますか?自営業?アルバイト?パート?

そう!これらの職業に共通するのは収入が毎月不安定というコトですね。自営業では今月はどれだけ売上があるのかというコトがダイレクトに収入に響きます。アルバイトやパートも今月どれだけ働いたかで収入が決まりますよね。

一方、審査に通りやすいタイプと聞いてどんな人を想像しますか?公務員?大手企業の会社員?医者?弁護士?

そう!正社員だったり、一般的に高収入な職業の人を思いつきますね。会社員なら固定給のところが多いので、ある程度の収入は決まっていますよね。そこから残業代があるかないかによって多い月や少ない月が出てきますが基本給を下回ることはありませんね。そのため収入が安定しています。

ところでカードローンには申込み条件というモノがあります。

カードローンの申し込み条件

  • 20歳以上の人
  • 安定した収入がある人

この条件を満たしておかなければ審査に通るコトはありません。

そこで先ほどの職業を当てはめると「会社員であれば安定した収入があるというコトなので安心して申し込みができる」となります。

しかし、最近のカードローンは申込み条件に「アルバイトやパートでも申込みできます」と書いてあります。もちろん「自営業でも申込みできます」と書いてあるので自営業の人でも心配は要りません。

つまり、カードローンでの安定した収入とは正社員であることには限られていません。カードローンでの安定した収入とはアルバイトやパートなどの雇用形態は構わないので毎月収入があることを言います。 そこで重要になってくるのは勤続年数になります。

勤続年数が短い?

安定した収入には勤続年数が重要になってくると言いましたが、何故だかわかりますか?

勤続年数が長ければ長いほど安定した収入があると言えます。それは「勤続年数が長い→辞める可能性が低い→収入が安定」と判断できるからです。

逆に「勤続年数が短い→辞める可能性が高い→収入が不安定」となります。仕事を辞めてしまっては収入がありませんよね。収入があったり、無かったりすると当然収入は不安定となります。

収入 安定 不安定
勤続年数 長い 短い
ローン審査 通りやすい 通りにくい

では勤続年数が長いってどのくらいのことを言うのか気になりませんか?

実は金融機関によって審査基準は違います。そこで半年以上あれば問題ないとする金融機関もあれば1年以上は欲しいとする金融機関もあります。また理想としては3年以上となっています。

小額の借入れであれば半年~1年以上の勤続年数で申込みをすると良いでしょう。高額の借入れを希望するなら勤続年数は長い方が安心ですよ。

職種は関係ない?

以上のことから会社員でなくても勤続年数が長ければ自営業やアルバイト、パートでも問題なく申し込みができるということですね。

だけど、実際は水商売やタクシー運転手、土木作業員などの職種は借入れの審査に通りにくくなっています。これらの職種は完全歩合給の場合が多いですね。

会社員であっても完全歩合給の場合では毎月の収入が安定していません。そのため審査に通りにくくなります。金融機関によっては申込書に給料形態の項目があり、固定給なのか一部歩合給なのか完全歩合給なのかといった事をチェックしている所もあります。もちろん評価は固定給>一部歩合給>完全歩合給となります。

また、これらの職種は比較的申込めば働けるというところが多いです。そして辞める人も多いです。就職しやすい反面、離職率も高く過去に延滞や債務整理などの金融事故を起こしている確率が高い職業となっているのでローン審査に通りにくくなっています。

ローン審査に通りやすい職業と言えば公務員です。世の中が不況になっても給料が安定していますよね。収入が安定しているというコトは返済が計画通りにいく可能性が高く、統計的にも延滞や債務整理などの金融事故率が低いので評価の高い職種となっています。

医師や弁護士は給料が高いので審査に通りやすいと思いがちですが、収入の安定性を求めるカードローンでは公務員が一番審査に通りやすい職種となっています。

公務員>大手企業の会社員>中小企業の会社員>その他の会社員>自営業、アルバイト、パート

審査に通らないタイプ

いかがですか?今までのことをまとめると審査に通らない人は以下のようになります。

  • 申込み条件を満たしていない人
  • 勤続年数が短い人
  • 金融事故を起こしやすい職種の人

申込み条件を満たしていない場合では、まず審査に通りませんね。特に年齢制限は絶対です。年齢制限はだいたいのところが20歳以上となっていますね。20歳未満の申し込みでは簡単診断でも「借入れは出来ません」と表示されます。20歳になってから申し込みをしましょう。

上限年齢は金融機関ごとに異なります。だいたい60歳代となりますね。何歳までが申込みできるのかしっかりチェックして年齢制限を守ってムダな申し込みは避けましょう。

ムダな申し込みは申込みブラックになる可能性があります。 申込みブラックになると、せっかく申込みできる金融機関を見つけた時に審査に不利になってしまいますよ。

勤続年数が短い場合では、安定した収入があると判断してもらえません。そこで、勤続年数が少なくとも半年~1年以上になるまでは申し込みは避けましょう。短い勤続年数で申し込みをするなら借り入れ金額も少なめにしておく のが審査に通りやすくなるコツですよ。

金融事故を起こしやすい職種の場合では、審査に通るのが難しくなりますね。そういった時には自分自身の返済実績 が重要になってきます。

例えば過去の借入れに対する返済実績です。過去の借入れで返済をキチンと行っていて延滞情報がなければ問題ありません。

初めての借入れの場合ではクレジットカードの支払いがポイントになります。クレジットカードの支払いを延滞なくしていれば借入れの返済もキチンとしてもらえると信用されますよ。

チェック項目 審査に通る 審査に通りにくい
年齢 20歳以上 20歳未満
勤続年数 半年~1年以上 半年未満
収入 毎月定額ある 毎月バラつきがある
過去の借入れ状況 延滞なし 延滞あり

ローン審査に通るかどうか不安だという時には参考にしてみてくださいね。

トピックス
ページトップへ