ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ペットが欲しいけどお金が足りない…そんな時はローンを組んで購入!

ペットが欲しいけどお金が足りない…そんな時はローンを組んで購入!

ペットが欲しいけどお金が足りない…といった思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。ペットではなくても、何かしら欲しいものがあるけどお金が足りないなんて思いをしたことがある人も多いはずです。

そんな時、購入をあきらめるとかお金を貯めてから後日購入するといった人もいるかもしれませんが、手っ取り早くローンを利用して購入代金にあてることもできます。

ローンにも様々な種類があって、今回の場合はペットの購入先のお店でローンを組んで購入できますし、キャッシングやカードローンを利用して購入することもできます。ペットをローンで購入するにあたりどのローンがベストか、ローンを組む時の注意点を紹介していきます。

お店でそのままローンを組める!ペットがほしいならペットローン

ペットを購入する場合、現金一括で購入する以外にも買い物をしたお店でローンを組んで購入することもできます。

この場合、分割での購入となるので毎月支払う金額をお店と相談して決めていきます。お店でペット購入のローンを組む場合でも審査行われるので、審査次第ではローンを組めないということもあります。さらに、それなりに欠点もありますので、実際にローンを組む前に確認しておきましょう。

お店でローンを組む場合、審査に時間がかかる

ローンを組むためには審査に通る必要があり、審査には時間がかかります。最近の消費者金融とかだと、最短で即日といったようにその日に結果が分かることも多いですが、お店でローンを組む場合即日でない場合が多いです。

最低でも1週間以上かかることもあり、すぐにでもペットが欲しいという人にはつらいかもしれません。さらに、1週間審査の結果を待って、審査に落ちるということも考えられるのです。

ペットを購入したお店でローンを組むのは、その場で手続きができて便利ですが、時間がかかることを頭に置いておきましょう。

お店でのローンは手数料が高く設定されている

ペットを購入するために組むローンですが、返済していく上での手数料も取られることとなります。さらに、この手数料が高く設定されていることが多いといわれています。

手数料の設定はお店によってそれぞれだと思いますが、手数料だけでも結構な額になりますので、お店でペットローンを組む場合は店員さんにこの辺もよく確認しておく必要があります。

お店によってはペットローンを扱っていない場合も

お店で組めるペットローンですが、お店によっては扱っていないということもあります。購入する時にペットローンを扱っていないということがないように、ペットを購入する前にローンを扱っているか確認しておきましょう。

キャッシングやカードローンで借入してペットを購入することも可能!

ペットを購入するお店でローンを扱っていなかった場合、現金の一括で払うことが考えられますが、それ以外にも方法はあります。

それは、キャッシングやカードローンを使って購入するという方法となります。

聞いたことがあると思いますが、消費者金融や銀行からお金を借りて購入するということになります。この方法の場合、ペットを購入する前に申し込みをして、お金の借入ができるようにしておく必要があります。

もちろん、こちらも審査がありますので、借入が容易というわけではありません。

銀行や消費者金融が扱っているキャッシングにはこんなところが

銀行や消費者金融といっても今までお金の借入をしたことがないという人の中には具体的にどんなところがあるのかあまり知らないというような人もいるでしょう。

ここで紹介するのは大手のところなので、テレビできいたことがあったり、大手の銀行名を聞いたことがあったりするという人も多いでしょう。

消費者金融 銀行
アイフル みずほ銀行カードローン
アコム 三菱東京UFJ銀行カードローン
プロミス 三井住友銀行カードローン

といったように大手の消費者金融や銀行があり、ここには出ていませんが、これ以外にも大手と呼ばれているところはいくつか存在します。

キャッシングやカードローンは基本的には用途自由となっているため、どの業者を選んでもペットを購入するためにお金を借入することは可能です。ただ、事業性の資金としては使うことができませんので、ペット購入以外で使うという人は注意しましょう。

キャッシングにも審査あり!通らないと資金を借りられない

キャッシングやカードローンでの借入でペットの購入は可能ですが、審査も必ずありますので、まずは審査に通る必要があります。

条件としては20歳以上であることと、毎月収入があることが必要となってきます。

未成年であったり、収入がない人であったりすると審査に通らない確率が高いため、そんな人はまずこちらを解消する必要があります。最近のキャッシングではアルバイトでの収入だけでも条件は満たせるため、まずは条件を満たしておきましょう。

キャッシングで分割払い!こんな仕組みになっている

キャッシングで借入をしてペットを購入した場合、分割払いで完済するまで毎月返済していく必要があります。返済する日もキャッシングによって決まっていることも多く、返済日までに振込しておく必要があります。

返済方法にも様々な種類があり、「リボ払い」なんていう支払い方法を聞いたことがあるのではないでしょうか。簡単に言えば毎月決められた返済額を返済していくケースが多いですが、リボ払いといっても種類がいくつかあります。

例えば固定返済額の中に利息が含まれている返済方法や、固定返済額に利息をプラスして返済していくといったような方法があります。また、返済額は借入した金額によって変わり、例えば10万円以上20万円以下の借入の場合だと返済額が毎月4000円で固定、20万以上30万以下といった場合の返済額は毎月6000円固定になるといったことになります。

借入額 毎月の返済額
10万円以下 2000円
10万円~20万円 4000円
20万円~30万円 6000円

今回の返済額は10万以下で2000円、それ以上だと4000円と6000円としましたが、これはキャッシングによってさまざまですので必ずこの数値というわけではありません。もちろん、これ以上の借入がある場合も毎月の返済額は上がっていきます。

また、借入額が少なくなれば、返済額も減ります。例えば25万借入していて、毎月返済していって借入額が19万円になった。といった場合だと返済額は20万~30万の固定返済額の6000円から10万~20万の固定返済額4000円に変更になるということになります。

もちろんそのままの額で返済していくことも可能なので、早く完済させて手数料の負担を抑えたいというような人は返済額を多くしてより早い完済を目指すのもよいでしょう。ただ、急ぎすぎて返済ができないといったことがないようによく計画は立てるようにしましょう。

キャッシングを選択するなら銀行と消費者金融どちらが良い?

具体的にどちらがいいということは言えませんが、それぞれに特徴があります。消費者金融の場合ですと、銀行よりも金利は高めに設定されていますが、銀行よりも審査には通りやすいといわれています。といっても、そんな簡単ではありませんので過信はいけません。

逆に銀行ですが、審査は厳しいのですが低金利になっており、コストを抑えて借入することもできます。少しでもコストを軽減してペットを購入したいという人には銀行でキャッシング・カードローンを組むとよいでしょう。

最近のキャッシングやカードローン、ここですでに紹介しているようなところですと、最短で即日で審査の結果が分かりその日に借入も可能です。すぐにペットが欲しいというような人ならば、お店でペットローンを組むよりも、事前に消費者金融や銀行でキャッシングを組むほうが素早いです。

借入できる金額とペットの金額に注意しよう

キャッシングやカードローンで借入する場合、借入する金額とペットの金額には注意しましょう。借入金額が少なくてペットが購入できなかったということになる可能性もあります。

逆に借入のし過ぎというのもあまりよくなく、後々になって返済ができなくなるということにも注意しなくてはいけません。また、消費者金融には総量規制というものがあり、最大で年収の1/3までしか借入することができません。

消費者金融のキャッシング・カードローンを利用する場合、ペットの値段が年収の1/3以上だと借入してもお金が足りないということになりかねません。このように問題点もありますので、事前に欲しいペットの価格と借入する金額はよく考える必要があります。

ペットは意外にお金がかかる?ローンの延滞しないために計画性が大事

ペットの購入というのは思ったよりもお金がかかるものです。ペットの購入代金もそうですが、それ以外にもご飯のお金だったり治療費だったり、ワクチンであったり意外に費用が掛かるのです。

ローンを組んでペットを購入するという場合は、ペットの値段だけでなく、購入後にも注意しなくてはいけません。

ペットを1年飼うだけで100万円もかかるといった情報も見かけましたので、ペットを購入した後でお金を掛けすぎてローンの支払いができないということがないように注意しないといけません。

ローンの支払いが遅れると!こんなことになる

ローンの支払いが遅れてしまったりできなくなってしまったりすると最悪差し押さえになってしまうこともあります。例えば購入したペットが取り上げられてしまうということもありますので、あまり甘い考えでローンを組んでペットを購入するということがないようにしましょう。

それ以外にも、ローンを組めなくなってしまうといったリスクを負うことにもなるのです。ローンの支払いができずに、お金の借入ができなくなってしまうということがないように、ペットの購入代金のほか、ペットを飼うにあたり必要な経費がどれくらい必要なのか、その経費が自分の収入で賄えるのかよく計算して計画を立てる必要があります。

金利や時間を考えると、キャッシングやカードローンがオススメ!

ペットを購入する方法としては自分の現金からの一括払いの他、お店や金融機関からお金の融資をして購入するという手段があります。金融機関から借りる場合は銀行とか消費者金融が融資先としてあげられます。

ペット購入するにあたり、お店で融資を受けたほうが良いのか、銀行や消費者金融のような金融機関で融資を受けたほうが良いのか疑問がある人もいるかもしれません。

どちらが良いのかというと、銀行や消費者金融を利用したほうが良いといえます。

理由としましては、まずお店でのローンでは手数料が高いという点があげられ、最終的なペットの価格を見ると馬鹿にはできません。手数料はお店によってさまざまで、必ずしもお見せのローンが消費者金融や銀行よりも手数料が高いということではありませんので、この辺は事前によく確認してみる必要があります。

また、お店でのローンは審査に時間がかかるという点も欠点として挙げられますね。1週間以上かかるということも聞きますので、この点もお店でローンを組む時のリスクとなってしまいますね。

こんなことから、ペットを購入する際に借金をする場合、銀行や消費者金融のほうが金利や素早さ面からオススメといえます。特に銀行のキャッシングは消費者金融よりも低金利のためより手数料を抑えることが可能となります。

キャッシングやカードローンは用途の幅が広い!ペット購入以外にも

キャッシングやカードローンで借入したお金は事業資金に使用する以外、用途自由となっているためペットの購入以外にも利用することができます。

ペットを購入した後にもキャッシングやカードローンは利用価値があるということになりますね。無駄遣いはよくありませんが、自分の返済できる範囲でならば使い勝手はよいと思いますので、この点からもペット購入の際にキャッシングやカードローンがオススメとなります。

トピックス
ページトップへ