ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 運転免許ローン審査ゆるいところ徹底分析!賢い利用法おしえます!

運転免許ローン審査ゆるいところ徹底分析!賢い利用法おしえます!

大学生になって運転免許証を取得する方は多いと思います。また、社会人になって就職するまでには運転免許証は取得しておきたいものです。

なぜなら、運転免許証を取得しているかいないかによって就職活動に影響してしまうケースがあるからです。

でも運転免許証を取るには自動車教習所の費用として20~30万円ていどのお金が必要になりますのでなかなか教習所に通えない方が多いと言ってよいでしょう。

が、運転免許ローンを利用すれば手許に運転免許を取るための資金が無くても自動車教習所に通えます。

そこで今回のレビューでは運転免許ローンの審査を取り上げて運転免許ローン審査ゆるいところに関して徹底的に検証してみます。

使い勝手異なる運転免許ローンは3タイプあり!

運転免許ローンと呼ばれているローンには3つのタイプがあると言ってよいでしょう。

各々にローンとしての特徴がありますが、すべて運転免許を取得するための自動車教習所に通う費用を借りるといった“目的ローン”となる点は共通しています。

そして、「運転免許を取得するためのローン」となることで自動車教習所に通う費用以外には利用できません。

審査で自動車教習所学校に入校した証明書の提示を要求される場合もあります。

また、運転免許ローンの申込み自体を教習所の入校申込み窓口で行うものとなる場合も多いので運転免許の取得以外の目的で借り入れできないような仕組みにもなっていると言えます。

銀行の運転免許ローンは“低金利”でオススメ!

運転免許ローンには3つのタイプがあります。1つ目は銀行の運転免許ローンです。

銀行の運転免許ローンの特徴としては、金利が年1%台~3%台といった低金利であることです。

限度額も大きいので運転免許を取得するための教習所費用の借り入れとしてはまったく問題ありません。

一方で、運転免許ローン審査は、いちばん厳しめになると言って間違いありません。また、銀行のローン審査となるので「未成年は申込み不可」となり、学生の場合は審査通過がとても難しくなってしまいます。

銀行では「運転免許ローン」といったような運転免許を取得するためだけの費用を融資するローン設定となっているところは実は少ないのです。

一般的には自動車を購入するための自動車ローン、マイカーローンでの融資を運転免許の取得費用にも充てることができるといったかたちで運転免許ローンとしての利用が可能になっているのです。

その点については詳しくは各銀行の自動車ローンやマイカーローンの担当者に事前に運転免許ローンとしても利用できるのかどうか相談しておくことをオススメします。

若い人にオススメは審査ゆるめの信販会社の運転免許ローン

2つ目は、信販会社が提供している運転免許ローンとなります。

信販会社の運転免許ローンでのいちばんの特徴は、学生などの若い年齢層をターゲットとして運転免許の取得費用を融資する傾向が強いことでしょう。

そのことから18歳以上の未成年でもローンに申込めるものが多いのです。

そして、信販会社の運転免許ローンでは教習所が提携した信販会社とのローン契約となるケースが大半となります。

それゆえ、別個に信販会社と運転免許ローンを契約するかたちではなく自動車教習所に入校する手続きの一環として運転免許ローンの契約ができるので面倒なくスムーズに申込み手続きができてしまう点はメリットです。

また、自動車教習所と提携しているものではなく、個別に運転免許ローンを用意している信販会社もあり、特に学生などに人気がある有名な信販系運転免許ローンとしては、セゾンカードの運転免許ローンやエポスカードの運転免許ローン、オリコカードの運転免許ローンなどがあります。

さらに言えば、信販会社のクレジットカードの審査となることで銀行の運転免許ローンよりは運転免許ローン審査ゆるいところになると言ってよく、未成年の申込みでも保護者の同意を受けられれば本人名義での審査通過も十分に可能となります。

ただし、審査がゆるめとなる分だけ金利は高めとなってしまい年13.0%台からとなります。それゆえ、免許取得後の返済負担は重くなってしまうことを覚悟する必要はあるかもしれません。

大学生なら大学生協の運転免許ローンで決まり!

3つ目は、大学生協が提供している運転免許ローンです。大学の生協でも運転免許ローンを用意しています。

大学生協の運転免許ローンの特徴としては、「大学生しか利用できない運転免許ローン」であるといった点でしょう。

また、“学生専用ローン”となることで金利は低めとなり年9.0%程度となるようです。銀行の運転免許ローン金利ほどの低金利とはなりませんが、信販会社の運転免許ローン金利よりも明らかに金利は低くなります。

運転免許ローン審査については“ゆるいところ”と言ってよく、3つの運転免許ローン審査の中ではいちばん審査がゆるめになると言えます。

ただし、ローン利用では学生は未成年扱いとなり返済能力にも問題があると見做されるので必ず「連帯保証人」を付ける必要があります。連帯保証人が付けられない場合は申込みできないケースもあります。

連帯保証人には親権者がなるのが一般的です。

さらにデメリットとしては、大学生協の運転免許ローンでは利用できる指定先の教習所が合宿免許のみか、あるいは指定された教習所での通学制しか選べないなどの制約があることです。

それゆえ、「合宿免許はイヤ!」や「自宅近くの自動車教習所に通いたい」といった希望を叶えられない場合が多いのです。

最後に3つの運転免許ローンの各メリット・デメリットをまとめておきます。

運転免許ローン メリット デメリット
銀行運転免許ローン ・金利が低い
・融資額が大きい
・審査厳しくて借り難い
・未成年は利用不可
信販会社運転免許ローン ・未成年でも申込可
・比較的審査はゆるめ
・特典ポイントが貯まるサービスあり
・金利が高い
・保証人つけられないと未成年はNG
大学生協運転免許ローン ・学生向けローンで利用し易い
・金利が比較的低め
・審査は柔軟でかなりゆるめ
・大学生しか利用できない
・必ず連帯保証人が必要になる
・利用できる教習所が限定されてしまう

運転免許ローン審査を徹底検証~“ゆるい審査”で選べばどれがいい~

運転免許ローンには3つの種類があり、各々に特徴やメリット・デメリットがある事実に触れました。

ここでは特に「運転免許ローン審査の難易度」に注目して、審査の難易度で選ぶならどの運転免許ローン審査ゆるいところになるのかを明らかにしてみます。

もちろん審査の難易度だけで運転免許ローンを選ぶことは正しい選び方とは言えません。

しかし、各々のメリットやデメリットなどを考える以前に、審査に通過できなければなにも始まりません。それゆえ、審査の難易度にまず注目することは運転免許ローンの選択において重要な点となるのではないでしょうか。

銀行の運転免許ローン審査は厳しい!

銀行が提供している運転免許ローンは3つのタイプの運転免許ローンの中でいちばん審査が厳しめになると言って間違いないと思います。それは“銀行の審査”となるからです。

銀行の審査は運転免許ローン審査に限らず、審査が柔軟と言われているカードローン審査においても他の金融機関のカードローン審査よりも厳しめになるのが普通なのです。

そして、銀行の運転免許ローン審査も含めたすべてのローン審査が厳しめとなるのは“低金利”となるからです。

低金利で融資するためにはできるだけ貸倒れなどの信用貸しリスクの低い人に融資を認める傾向が強くなるので必然的に審査通過のハードルが高くなって厳しめになってしまうと言ってよいのです。

一方で、信販会社の運転免許ローン審査や大学生協の運転免許ローン審査よりも、「特別に銀行の運転免許ローン審査では審査対象となる項目が多くなって厳しくなる」といったことはありません。

以下に主な運転免許ローンおよび運転免許ローンとして利用可となるマイカーローンの審査条件についてまとめてみます。

運転免許ローンORマイカーローン 金利 限度額 審査条件
スルガ銀行「運転免許取得ローン」 年9.0~11.0% 800万円 ・満20歳以上の人
・安定した収入あって継続した取引が可能な方
埼玉りそな銀行「りそなプライベートローン」 年6.5~14.0% 1~300万円 ・満20歳以上
・継続した安定収入ある方
・アルバイト、パートも申込可
・専業主婦と学生は不可
・年収や勤続年数などの条件なし
JAバンク「マイカーローン」 各JAバンクに個別に問合せ必要 500万円以内 ・18歳以上
・前年度税込年収200万円以上
・勤続年数は1年以上あること
三菱東京UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」 年2.975%(変動金利) 50~1000万円 ・満20歳以上の人
・前年度税込年収200万円以上ある方
・勤続年数が1年以上ある人
・当行以外から借入がない人
三井住友銀行マイカーローン 年4.475%(変動金利) 10~300万円 ・満20歳以上
・前年度税込年収200万円以上
・安定収入ある人
・契約時に当行のローン契約機に来店できる人
福岡銀行「マイカーローン(ニューオートローンDX)」 年2.8~3.3%(固定金利) 10~500万円以内 ・満20歳以上
・安定収入ある方
・パート、アルバイトは利用不可
八十二銀行「マイカーローン」 年3.925~5.825%(変動金利) 500万円以内 ・満20歳以上の方
・安定した収入ある方
・保証会社の保証を受けれる人

以上の審査条件において、「前年度税込年収200万円以上」や「勤続年数が1年以上ある人」などの申込みでの制約がかかるのは審査が厳しめと言ってよいでしょう。

また、マイカーローンで運免免許ローンにも利用できるローンでの審査条件は融資額も大きくなるので必然的に審査は厳しくなってしまうと考えてよいでしょう。

一方、審査条件については年収制限や勤続年数など以外では、他の運転免許ローンの審査条件と比較しても特別に厳しめと感じてしまう条件はないと言ってよく、一般的に「返済能力の有無」を重視した安定収入の有無が審査通過の絶対条件になると言ってよいのです。

が、安定収入の有無に関して、銀行の運転免許ローン審査では審査ハードルが高くなってしまう点は否めません。

たとえば、アルバイトやパートでの安定収入には不安があると判断してアルバイト、パートは申込不可となってしまう銀行運転免許ローンもあります。

信販系運転免許ローンなら審査ゆるめ

信販系運転免許ローンは、いわゆるクレジットカード会社が提供している運転免許ローンになると考えていただければよいでしょう。

信販会社の運転免許ローンなら銀行の運転免許ローンとは異なり18歳以上なら未成年でも申込みできますし高校3年生の方でも保護者の同意があれば申込可となります。

つまり、信販会社の運転免許ローンはそれだけ“審査がゆるいところ”になると言ってよいのです。

さらに言えば、信販会社が提供する運転免許ローンの主要な顧客ターゲットが大学生、短大生、専門学校生に加えて来春卒業予定の高校3年生までとなることから“学生を対象とした審査基準”となるので自然と審査は柔軟でゆるめになると考えられるのです。

たとえば、高校3年生の人でも生計維持者(=親)の収入状態について確認が取れれば利用可となるところは多いのです。

そして、信販会社の運転免許ローン審査でのポイントは学生対象となることから保護者の同意が得られる、また親を連帯保証人としてつけられるのであればまず審査通過はOKとなるところが多いのです。

安定収入がある親が保証人となれば学生利用者で問題となる返済能力に関してはクリアできることとなるので審査に通し易くなると言ってよいのです。

つまり、信販系運転免許ローン審査では連帯保証人をつけられると運転免許ローン審査ゆるいところになると言ってよいのです。

信販系運転免許ローン 金利 限度額 審査条件
エポスカード運転免許クレジット「エポスカードの通学免許」 年13.2% 20~50万円まで ・満18歳以上ならOK
・保証人つけれること
・入校予定日が免停期間中でないこと
・免許取得試験において視力、聴力等での身体条件をクリアできる人
オリコ運転免許クレジットR 年13.5% 20~50万円まで ・満18歳以上
・連帯保証人がつけられる方
・入校日に免停措置となっていないこと
・免許取得が可能な身体条件であること

運転免許を取得するための「目的ローン」としての利用条件を強く打ち出した審査条件になっていると言ってよいでしょう。

それは自動車教習所の入校予定日に免許停止処分となっていないことが条件となっている点や、免許取得が可能となる視力、聴力等の身体条件に問題が無いとの条件があるからです。

しかし、審査自体の難易度は高くなく、未成年の学生も審査対象となる審査基準なので審査は柔軟でゆるめにしないと審査に通過させられないと言えます。

大学生協運転免許ローンはいちばん審査ゆるい!

大学生協が提供している運転免許ローンは、正確に言えば、大学生協自体がローンを提供している訳ではなく大学生協と提携している金融会社、たとえば信販会社やクレジットカード会社の運転免許ローンに申込むことになります。

信販会社やクレジットカード会社を相手としたローン申込みなら、「先の信販系運転免許ローンと同じ事になるのではないか?」と感じてしまうかもしれません。

確かにかたちとしては同じ信販会社の運転免許ローンとはなりますが大学生協の運転免許ローンの場合は、利用者が大学生に限られたものとなり、かつ各大学生協が指定した自動車教習所学校にしか通学できない、あるいは合宿免許のみに適用されるといった運転免許ローン利用での縛りや制約が課されてしまうものとなります。

それゆえ、「自宅や下宿先の近くにある自動車教習所学校に通いたのだが指定先の学校になっていない」や「合宿免許は嫌だけど合宿免許にしか利用できない」といった不便な点は否定できない面があります。

他方で大学生限定などの利用上での制約条件があることから同じ信販系運転免許ローンでも金利が年9.0%と低くなります。

また、運転免許ローンの審査についても“大学生対象の審査”となることで大学生としての審査基準に準じた内容と考えられるので運転免許ローン審査ゆるいところになると言ってよいでしょう。

ただし、親権者の連帯保証人は必ず必要になります。

そして、連帯保証人となる親権者の年収が高ければ高いほど審査通過の可能性も高くなると言ってよいのです。

大学生協の運転免許ローンのメリットとしては、教習所などで直接に申込むよりも大学生協窓口で申込めば最大で78840円もお得になる場合があることです。

また、大学生協の運転免許ローンでの「通学制プラン」では教習所での教習で優先予約ができるので卒業が早くなる可能性もあり、一般申込者と比較すると教習の予約コマ数も多くなるメリットが享受できます。

運転免許ローンの裏ワザ~カードローンで代替しよう!~

運転免許をローンを組んで取得するなら、銀行の運転免許ローンや信販会社の運転免許ローン、大学生なら大学生協が提供している運転免許ローンを利用するのが常道と言ってよいでしょう。

しかし、「どの運転免許ローンの審査にも落ちてしまい借入先が見つからない!」といった方もいるでしょう。

ここではそんなお困りの方に運転免許ローンの裏ワザ的な切り抜け方法についてご紹介します。

カードローンでも運転免許は取得できる!

運転免許ローンは運転免許を取るためだけの「目的ローン」となります。が、カードローンは多目的に利用できるローンです。

事業性資金への用途以外であればなんにでも使えます。もちろん運転免許の取得のための資金にも使えます。

カードローンで運転免許の資金の調達する際のメリットは“審査の柔軟さ”と“融資の早さ”になると言ってよいと思います。

審査については、アコムやモビットなどの消費者金融カードローンなら審査はかなり柔軟になると言ってよいでしょう。

また、消費者金融カードローンでは審査時間が最短30分となることで申込み当日中の融資にも対応できる場合があります。だからすぐに運転免許の取得のための資金の借り入れが可能となります。

カードローン審査に関して言えば、20歳以下の未成年だと利用できませんが満20歳以上なら学生でもアルバイトやパートなどで働いて安定した収入を確保できていれば審査通過は十分に可能です。

カードローン審査で必要になる書類も健康保険証かパスポートなどの本人確認書類と、アルバイトやパート先からもらっている毎月の給与明細書の提出でOKです。

運転免許ローン審査では学生だと親権者の連帯保証人が必要になるケースが多いのですが、カードローンでは保証人も担保も不要でキャッシングできるのでその分面倒がありません。

審査や手続きでの簡便さと柔軟性で言えば、運転免許ローンよりも消費者金融カードローンの方が利用し易くてオススメとなります。

ただし、消費者金融カードローンだと運転免許ローンの金利よりも金利が高めとなってしまうのがネックです。

が、金利に関して言えば、銀行カードローンなら金利水準は信販会社の運転免許ローンとほぼ同じ金利水準での借り入れができます。

でも銀行カードローンだと消費者金融カードローンよりも審査が厳しめになってしまい学生だと審査に通してくれる可能性は低くなってしまいます。

カードローン 金利 限度額 審査通過条件
アコム 年3.0~18.0% 800万円 ・満20歳以上
・安定した収入あること
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 年4.5~17.8% 500万円 ・満20歳以上
・安定収入ある方
・原則50万円以下なら収入証明書は不要
モビット 年3.0~18.0% 800万円 ・満20歳以上の人
・安定収入あることが条件
新生銀行カードローン レイク 年4.5~18.0% 500万円 ・満20歳以上
・原則安定収入ある方
・学生でも申込可
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8~14.6% 500万円 ・満20歳以上の人
・安定収入ある方
・学生、専業主婦でも申込OK
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 年1.89~7.99% 1000万円まで ・満20歳以上の人
・安定継続した収入あること
・同行に普通預金口座を保有している方

運転免許ローンは“審査難易度+メリット・デメリット”で選ぼう

運転免許ローン審査ゆるいところは大学生協の運転免許ローンです。逆に審査がいちばん厳しいのは銀行の運転免許ローンとなり信販系運転免許ローンは両者の中間程度の難易度になると考えてください。

そのことから運転免許ローン審査ゆるいところで選べば大学生協の運転免許ローンになります。

しかし、単に審査の難易度だけで選ぶと思わぬ失敗をしてしまう可能性があります。

たとえば、「審査はゆるかったが金利が高くて免許取得後の返済で苦労している」といったことがあります。

また、大学生協の運転免許ローンは大学生しか利用できないので大学生以外の方は利用不可となりますし、大学生協の運転免許ローンでは利用できる自動車教習所が限定されるので通学に時間がかかるようなところに申込むと通い切れなくて結局免許が取れなかったといった事は実際にあります。

それゆえ、運転免許ローンを選ぶ際には審査の難易度を中心に考えつつも金利や使い易い運転免許ローンかどうかなどの他の要因もしっかり考慮して総合的に判断して選ぶのが賢い運転免許ローンの利用法になると言ってよいのです。

トピックス
ページトップへ