ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 審査が厳しいのは当然!だからこそ安心の三井住友銀行のフリーローン

審査が厳しいのは当然!だからこそ安心の三井住友銀行のフリーローン

「どうしても欲しいものがあるけど一括で購入するのは少し厳しい!」「予期せぬ急な出費が発生してしまった!」そういうこともあると思います。

そんな時、生活費を削ってまで捻出したりするのはなかなか厳しいですよね?

そんな時に利用したいのは、三井住友銀行のフリーローンです。

このローンはかなり使い勝手の良いローンなのですが、どうしても勘違いして欲しくないのは三井住友銀行だけでなくすべてのローンの審査通過は決して簡単なものではありません。

とはいえ、通らないというわけでもないので、今回はこのフリーローンについて知っていきましょう。

好きに使えるが好きなだけ使えない?それがフリーローン!

お金が足りない時の手段はたくさんあります。クレジットカードを利用したり、カードローンを利用してみたり、それこそ親しい人物から借りるなどがあります。

それらの中でも今回取り上げるのは、すでに何回も文章中に出てきているフリーローンです。

まずはじめにフリーローンとはなんなのかを説明したいと思います。

そもそもフリーローンって何?

フリーローンは書いて字の通りフリーな、自由なローンのことです。何が自由かというと借り入れたお金の使い道がほぼ自由なんです。「ほぼ」というところは少し重要かもしれませんね。

なぜ「ほぼ」なのかというと、多くのフリーローンは投資などの使い道には利用できないからです。あまり投資などで利用しようと思う人はいないかと思いますが。

また、フリーローンのメリットとしてあげられるのは金利が低い上に上述のように資金用途にほぼ制限がないということです。

金利が低いということはその分だけ返済が早くなるということですね。

さらに重要な点は基本的には追加で借入できないというということだと思います。

これを無駄に何回も安易に借入してしまうのを抑えるメリットと捉えるか、お金が足りなくなった度に毎度煩雑な審査を受けなくてはならないというデメリットと捉えるかは人次第です。

最後に、一般的には他のローンに比べて融資までにかかる時間が長いというデメリットがあると言われています。

ここまで、フリーローンのなんたるかを説明してきましたが、皆さんがしばしば耳にするローンの中にはもう一つカードローンがあるかと思います。

このローンは、比較的金利が高いが、何度でも追加借入可能であり融資までにかかる時間が短いというものです。

そういう点では、同じローンでも比較的金利が低いが、たった一度きりの借入のみ可能で融資までの時間が長いフリーローンとは対極の存在かもしれませんね。

今回はカードローンについて取り上げることはしませんが、この違いをしっかり考慮した上で利用することが賢い消費者への第一歩かもしれませんね。

三井住友銀行のフリーローンの特徴

まず、三井住友銀行フリーローンには無担保型と有担保型のローンが存在します。基本的な部分は両者とも同じです。

使い道としては様々で基本的にはなんでもOKです。今使ってる家具が壊れてしまったから新調したい、挙式のための資金が欲しい、などの場面で利用できます。

先に説明しましたが事業や投資の場合には利用することはできまないというのは、三井住友銀行フリーローンも他のフリーローンと同じなんですね。

そのため、事業や投資を目的でフリーローンを利用したいなんて人は残念ですが諦めてください。

ここからは無担保型のフリーローンと有担保型のそれで別れてきます。

三井住友銀行無担保型フリーローンの場合

言わずもがな、このローンは原則として担保も保証人も必要ありません。

借入可能金額は、10万円以上300万円以内の1万円刻みで借りることができます。しかし、ここには制限が存在し、このローンを含めた無担保総借入額が前年の税込年収の50%いないでなくてはなりません。

借入期間は、1年以上10年以内の1ヶ月刻みで設定することができ、返済日は毎月5のつく日のどれかの日を選ぶことができます。

返済方法は、元利均等返済方式を採用してします。これは返済額=元金+利息を毎月一定額返済していくプランです。

手数料は、一切かからないのですが繰上げ返済をする場合に限って税込5,400円かってしまうようです。保証料はかかりません。

三井住友銀行有担保型フリーローンの場合

このフリーローンは有担保型ですので、担保が必要となります。担保は、本人所有の不動産に三井住友銀行指定の保証会社を抵当権者とする抵当権を設定することで可能です。

借入可能金額は、50万円以上1億円以内の10万円刻みで設定することができます。無担保型と比較すると、300万円以上の借入を希望するならば自動的にこちらのフリーローンを選ぶことになります。

返済期間は、1年以上30年以内の1ヶ月刻みです。しかし、完済時が満80歳の誕生日まででなければなりません。

返済方法は、無担保型フリーローンで説明したものと同じ元利均等返済方式です。

手数料は、32,400円かかってしまいます。さらに繰上げ返済をする場合には別途手数料が発生します。

保証料は、払うのに2種類の方法、保証料内枠方式と保証料内枠方式、が存在します。借入期間の長さによって値段が変わってきます。

以上で、おおまかな説明は終了ですが、もしもっと詳しく知りたい場合は三井住友銀行のサイトを御覧ください。

しかし、皆さんはこう言ったローンの話で一番気になってしまうのは、どういった目的なら借りることができるか?というよりはむしろ、審査のことなのではないでしょうか?

わかっていますよ。それでは三井住友銀行フリーローンの審査について見ていきましょう!

審査は厳しいほど良い証!

こういったローンの話になると必ずと言っていいほど、どのローンの審査が簡単かなどが取り上げられたりしますが、率直に言いますと、簡単な審査なんて存在しません。

お金を借りるというのは信頼の上にのみ存在する行為であり、信頼のように目に見えない抽象的なものを測るのに審査が厳しくなるのは自然なことだからです。

さらに、言ってしまえば審査が厳しいほどその銀行や消費者金融は安心・信頼できるということです。

ですので、どの審査が簡単かを調べるくらいなら、どうしたら信用を得られるかを考えたほうがはるかに有意義でしょう。

三井住友銀行フリーローンの審査の前と後の話

はじめに、審査に関してではなくて、審査前後のことを説明させていただきます。

無担保型のフリーローンの申し込み方法に関してはお手元のスマートフォンやPCから簡単にできます。その後審査を通過したならばローン契約専用の機械で手続きをしたら借入できます。

つまり、ほぼどこにいても簡単に借入の申し込みは可能である上にかなり早く審査結果を知ることができるということです。

有担保型のフリーローンは、借入可能金額を考えれば当然かと思いますが、各店舗に問い合わせることで申込可能なようです。

これらの点はかなり使い勝手の良いローンですよね?

審査が通った後は融資を受け、返済をしていくのみです。前述した通り返済方法は無担保型・有担保型のどちらも元利均等返済です。

三井住友銀行フリーローンの審査の大事な話

次に、審査に関して説明させていただきます。

フリーローンとはなんなのかを説明した際に審査にかかってしまう時間が長いというデメリットを説明したかと思います。

しかし、三井住友銀行の審査期間に関してはかなりスピーディーなようで、多くの金融機関でも採用されてはいますが申し込み後即日審査だそうです。

もちろん、審査結果はさすがに即日報告というわけにはいかないそうですが、それを考慮したとしてもかなり早く審査結果を知れますね。

無担保型フリーローンの場合

このフリーローンに申し込める人は満20歳以上、満65歳以下の日本国内在住の人のみです。

他にも、前年度税込年収が200万円以上で安定した年収を持っている、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる、などの細かな制限もあります。

そして、審査に必要となる書類はたったの3つです。以下に示します。

  • 本人確認用の書類(運転免許証・パスポート・各種健康保険証・顔写真付き住民基本台帳カード)
  • 年収確認用の書類(厳選徴収票・所得証明書・確定申告書・納税証明書)
  • 資金使途を確認できる書類(請求書・契約書・註文書など)

本人確認用の書類は自宅住所と現在住んでいる住所が異なっている場合は、現在の住所が記載されている納税証明書・社会保険料の領収書・公共料金の領収書のうちのどれかで発行年月日と申し込みの日が6ヶ月以内のものを合わせて用意しなければなりません。

有担保型のフリーローンの場合

このフリーローンに申し込める人は満20歳以上、満70歳以下の人のみです。

他にも、三井住友銀行が指定した保証会社の保証を受けられる、団体信用生命保険に加入できるといった条件があります。

そして、審査に必要な書類は以下の8つです。以下に示します。

  • 住民票謄本(発行後1ヶ月以内のもので、家族全員分の記載があるもの)
  • 印鑑証明書(発行後1ヶ月以内のもの)
  • 健康保険証
  • 担保物件が確認出来る書類
  • 本人確認用の書類(運転免許証・パスポート・各種健康保険証・顔写真付き住民基本台帳カード)
  • 年収確認用の書類(厳選徴収票・所得証明書・確定申告書・納税証明書)
  • 資金使途を確認できる書類(請求書・契約書・註文書など)
  • 振込先が確認出来る書類

無担保型フリーローンに必要な書類にさらに5つの書類が増えただけになります。

ところで三井住友銀行フリーローンはどこがいいの?

今まで三井住友銀行のフリーローンの紹介をしてきましたが、そもそも何で三井住友銀行なの?と思った方はいるのではないのでしょうか?

三井住友銀行は日本が誇るメガバンクの1つであり、メガバンクの金利は低いと言われています。

さらには、メガバンクに数えられるくらいなら銀行に対する信頼度も高いわけです。

すでに紹介しましたが審査が早いというメリットがあります。それだけでなく、全国に展開しているため申し込み場所が多いです。

つまり、言ってしまえばもっとも身近に存在する銀行の1つなのです。そんな、銀行のフリーローンについては頭の片隅に入れておくことの価値はあると思います。

三井住友銀行フリーローンとは迅速に借入可能なフリーローンです!

長々とフリーローンの話してきましたが、少しまとめます。

まず、フリーローンは基本的には使い道の制限はありませんが、一度借入したら追加借入はできず返済するのみです。

ただ数ある中のフリーローンの中でもっともおすすめできるのは三井住友銀行のものです。

審査は決して簡単なものではないですが、三井住友銀行フリーローンを利用するメリットは何より審査が早いということ、申し込みが簡単だということだと思います。

そして、もっとも意識して欲しいことはフリーローンはあくまで借金であることです。これだけは絶対に忘れてはなりません。

トピックス
ページトップへ