ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 既に借り入れがある場合、どうしたらローン審査は通るか!

既に借り入れがある場合、どうしたらローン審査は通るか!

カードローンやキャッシングなどで既に借り入れがある場合、他のローン審査に通るか不安に思うことでしう。

ローン審査の詳細はすべて明確になっているわけではなく、各金融機関によって難易度も違います。

審査に通過したとしても、すでにある借金の返済と新たなローンの返済が重なって収支のバランスも心配になりますね。

今回は、既にある借金の借入件数や借入額が新たなローン審査にどの程度影響するのか!ということと、無理をしない賢いローン活用についてお話したいと思います。

他社の借入件数や借入額がどれくらいなら大丈夫?

新しく別のカードローンに申し込むとき、すでに他の金融業者から借りている金額が高ければ、返済が苦しくなり滞納や延滞のリスクに繋がるとして審査に通りにくくなります。

ではいくら以上の借入があれば審査に通りにくいのでしょうか。

アコムやプロミス、アイフル、モビットなどと言った消費者金融は、総量規制により「年収の3分の1を超える貸付けは出来ない」と決められています。

つまり既に消費者金融から借入をして、年収の3分の1以上の借金があれば新たに借り入れることは出来ないのです。

まだ年収の3分の1以下しか借りていない場合でも、新しく借りる金額が基準を超えることは出来ません。

また他社借入のある方が新しくカードローンに申し込む際には借入件数も把握しておきましょう。

一般的に同時に利用できるカードローンは3つまでと言われています。そのため他社借入額が年収の3分の1以下でも3社から借入している場合、審査に落ちます。

だからと言って、2件以下だから安心というわけではありません。

借入件数が多ければその分返済が苦しくなり、滞納や延滞のリスクも増えます。

1社でも借り入れがあれば、まったく借入のない方に比べ不利になることは確かです。

他社からすでに年収の3分の1以上の借入や借入件数が3件以上ある場合は?

すでに年収の3分の1以上借りている、新しい借り入れで既定の金額を超えてしまう。となれば銀行カードローンがあります。

消費者金融とは違い、総量規制の対象外ですので、年収3分の1以上の借入が可能になります。しかしいくらでも借りれるというわけではありません。返済能力がなければ借入をすることが出来ませんので、安定した収入があることが条件になります。

利用する際には計画性を持ち、確実に自分が返せるか見直しましょう。無理な借入は自分の首を絞めることになります。

またすでに3件のカードローンを使用している場合、おまとめローンを利用する方法があります。

おまとめローンで1つのカードローンを1本化すれば、借入件数も少なくなり返済も1件にまとめられ借金を把握することが出来ます。

おまとめローンは借金をまとめることを目的としたローンであり、新たに借り入れできるものではありません。

どこまでわかっちゃう?金融会社はアナタの信用情報をチェックします

借り入れ申し込みの審査では、他社借入件数と他社借入金額を含む情報は信用機関から取り寄せられます。

そのため、信用情報に残っている記録に嘘をつくことは出来ません。信用情報には申し込んだ人が現在何社からどのくらいお金を借りていて、その返済はきちんと行われているなどは金融会社に筒抜けです。

信用情報の審査が厳重に行われる目的は2つです。

  • 申し込んだ人の支払い能力を調べるため
  • 総量規制の範囲内でお金を貸し付けるため

特に総量既定のある消費者金融には、総量既定との兼ね合いがあるため、信用情報の審査では他社借入は厳しく審査されます。

消費者金融が総量規制を超えた貸付を行うのは法律違反です。

なので厳重に審査をするため信用情報のチェックをするのです。

借入の際にどのくらいお金を借りているかチャックする項目がありますが、上記の様に信用情報を審査するのであればなぜ聞くのでしょう。

申し込み情報で他社借入を聞く目的は二つあります。

  • 申し込んだ人の信用度を調べるため
  • 自分の借入状況を把握しているか調べるため

他社借入状況で嘘をつく人は、信用されず審査でもマイナスポイントになります。自身の借入を把握していないことは支払い能力が低いとみなされてしまい審査に通らなくなります。

また、落とし穴なのがクレジットカードのキャッシングです。

公共料金の支払いをカードで行っているようであれば、引き落とし不能になった場合も信用情報として登録されることがあります。

携帯電話料金の滞納もクレジットカードでの買い物と同じ状態になっている場合が多く、信用情報が絡んでいます。リボ払いなど、クレジットカードのキャッシングで滞納がある場合も借入とみなされ信用情報に登録されますので注意しましょう。

申し込みの際は、情報を正確に正直な情報で申し込みを行うことが信用につながります。

信用情報ではどういった個人情報が参照される?

  • 個人情報

氏名、生年月日、性別、住所、電話番号といった基本情報と共に、勤務先名称と電話番号、配偶者の指名、本人確認に使われた公的資料と確認日が記載されます。

  • 契約内容

キャッシング商品の契約内容が記載されます。

  • 支払い状況

返済状況が詳細に記載されており、延滞が長引くと延滞情報は「異動」と記載され、長期延滞していることがすぐにわかってしまいます。

  • 割賦販売の記録

分割で商品を購入した際の情報が記載されます。クレジットで分割払いした場合やお店の通販での支払いを分割にした時の記録です。

  • 事故記録

上記の返済の延滞による「異動」記録のようなものを金融事故記録と言います。他にも任意整理、自己破産、個人再生などの記録も金融事故記録として一定期間保持されます。

既に借入がある場合、審査に通過するには何に気を付けるべきか

他社に借入がある場合は、カードローン審査においてマイナスポイントです。

では何に気を付けるべきか、もう一度おさらいしてみましょう。

  • 他社からの借入額が多いと審査に落ちやすい

総量規制のある消費者金融やクレジットカードのキャッシングはもちろんのこと、総量規制対象外の銀行カードローンでも収入に見合っていない額の借金が残っている場合は審査が通ることは難しいでしょう。もしすでに自分の収入では無理のある借入をしているのであれば、おまとめローンや借り換えローンといたものを検討する方がいいでしょう。

  • 信用情報に問題がない

借入件数や借入額が多くても、返済実績に問題なければ返済の出来る人だという印象になります。信用情報に事故記録がある場合は、記載が消えるまで待ってから申し込むのが良いでしょう。
本人であれば信用機関に開示請求することもできますので、信用情報をキレイにしてから申し込む方法も考えてみましょう。

それでも審査を受けるのが不安だという方はおためし審査をうけてみることも一つです。

多くのカードローンでは、実際に申し込みをする前に、借り入れが可能かどうか簡易審査があります。ホーム

ページ上で簡単な質問に受けることで借入が出来るか仮診断できます。

申し込む前に試してみるのもいかがでしょうか。

借り過ぎはNG!ローンの活用は無理のない範囲で!

カードローンやキャッシングは今では気軽に借りることが出来ます。

しかしながらその利用は高額な利子が付くので、結局は支払いを先送りにしていると言っていいでしょう。

どうしても利用する場合は「返済」までの筋道を立ててから利用するようにしましょう。

またローンを組む前に生活費を見直して借りずに済む努力をするのも大切です。

トピックス
ページトップへ