ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > あなたは各種銀行ローンの中、みずほ銀行ローンの審査には通るのか?

あなたは各種銀行ローンの中、みずほ銀行ローンの審査には通るのか?

あなたがお金に困る出来事があってお金を借りないと乗り切れないと思った際、最初に思い浮かぶのは銀行だと思います。

ただなんとなく消費者金融より審査が厳しいのでは、またもし銀行で借りる場合出来ることならばより安心な都市銀行で借りたい、と考えるのは自然なことです。

ここでは数ある都市銀行の中において特にみずほ銀行に注目し、みずほ銀行カードローンの紹介や同行の審査に関してもご説明していきたいと思います。

銀行カードローンと消費者金融では金利や審査の通りやすさが違う!

一般的に銀行のカードローンと消費者金融とでは審査の通りやすさは違い、どちらかというと銀行の審査の方が比較的厳しく、消費者金融の審査の方が通りやすいと言われています。

ではなぜ消費者金融の審査が甘いのかということですが、消費者金融のローンは銀行に比べて金利が高くなっています。

よって消費者金融は、審査を銀行のカードローンよりも少し甘くして、かつ他社からの借入があっても審査に通れるようにし、少しでも多くの方に利用してもらえるようにしているのです。

ちなみに同じ消費者金融でも、大手に比べて中小の方が審査は甘く、ブラックリストに登録されていても審査に通る業者もあると言われています。

逆になぜ銀行のカードローンの審査は通りにくいのかというと、銀行のカードローンの審査は、自社だけで終わらず、保証会社でも行うことから、消費者金融と比べて審査の工程が増えるため、厳しくそして時間も掛かってしまいます。

というのも銀行のカードローンは、消費者金融とは違って貸金事業はあくまでも副業として行っているため、審査にしっかり時間をかけて取り漏れの無いように確実性を重視する傾向にあるからです。

同じ銀行なのに?信用金庫や地方銀行と都市銀行の違い

銀行とひとくちに言っても、色々な種類に分かれています。それらの違いというのは以下の通りです。

都市銀行

まず、都市銀行ですが、東京や大阪など大都市に本店があり、日本全国に広く展開している銀行で、現時点ではみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行の4行のみとなり、多くの人々にその名前が知られています。

地方銀行

続いて地方銀行とは本店を各都道府県に有する銀行で、各地域の経済活動に多大な影響力を持っている金融機関となります。

主な取引先は地元の企業や住民、行政機関等で、地域の人々との取引を行うことによって、地元と密接な関係を構築しています。

ちなみに、多くは1県=1~2行がですが、それ以上にある県(福岡県や静岡県)もあり、地元では有名だが他府県の人は全く知らないことが多い。

信用金庫

最後に信用金庫ですが、こちらは地方銀行以上に地域に密着した営業を展開し、より地域に根付いた金融機関となります。

尚、経営形態については銀行とは異なり、預金者自らが出資者となり、それぞれが相互に助け合い、共に地域の繁栄を図るための協同組織のような金融機関となります。

ちなみに銀行の運営形態は株式会社で、預金や融資といったサービスは同じですが、準則する法律は異なっており、都銀・地銀は銀行法、信用金庫は信用金庫法にそれぞれ基づいています。

知っておいてほしい!銀行のカードローン審査の内容

消費者金融より通るのか難しいといわれている、銀行のカードローンの審査ですが、その難しい審査に通るためには次のポイントがあります。

それは?一定の収入がある、?年齢条件を満たしている(20歳以上66歳未満)、?他社からの借入がない(複数社から借りていない)ということで、これらの条件が、審査に通るためには最低限必要な条件となります。

続いて、以上の条件を満たしたうえで、さらに気を付けておかなければならない点があります。それらは以下の通りです。

  • ?記入間違いや記入漏れをしない
  • ?限度額を押さえて提示する
  • ?申し込みは1社だけにしておく

記入間違いや記入漏れ

それぞれの項目についてさらに突っ込んで説明すると、?の記入間違いや記入漏れというのは思っている以上にと多く発生しており、結果として銀行側から嘘を書いていると思われてしまう事になってしまうからです。

限度額を押さえる

続いて?の限度額を押さえて提示するということですが、お金を借りる場合、少しでも多く借りたいと思うのが人情ですが、やはり大きな額を借りるためには、まず銀行との信頼関係を築く必要があります。

よって最初は少し抑えた金額で申し込んだ方が審査に通りやすいと言われています。

申し込みは1社

最後に?の申し込みは1社だけにしておくということですが、同じ期間内に複数の記入機関へ借り入れの申し込みをするということは、それだけ返済先が増え、その結果お金の返済能力が低下することが懸念されるため、審査を通過するのが難しくなります。

ばれないと思っていても、信用会社に聞けばすぐにばれてしまいますし、特に銀行は複数社への申し込みを嫌う傾向にあります。

こんなに安心・安全!みずほ銀行とはこんな銀行

みずほ銀行の設立は、2002年当時にみずほホールディングス傘下の第一勧業銀行と富士銀行、日本興業銀行の3行が分割及び合併によって、旧みずほ銀行とみずほコーポレート銀行となりました。

銀行名となる「みずほ(瑞穂)」とは、“みずみずしい稲の穂”という意味と、さらに日本書紀に登場した日本の美称でもある「瑞穂国」という名称からも併せて取られており、これは日本を代表する銀行を目指す意気込みを表す商号となっています。

尚、以前はみずほ銀行が主にリテール業務を中心とし、みずほコーポレート銀行がホールセール業務を中心としていたものの明確な線引きはありませんでした。

しかし、2002年以降はみずほフィナンシャルグループ内では、みずほ銀行がグローバルリテール部門の中核となって個人や中堅・中小企業、地方自治体を主とした取引先とする銀行とされ、一方みずほコーポレート銀行は大手法人企業や金融機関、さらには海外業務に対しての取引を行うといったようにしっかり業務の線引きもされました。

その後、みずほ銀行が、2011年に発生した東日本大震災の義援金に関連するシステムトラブルが起こったことを受けて、2013年7月1日にみずほコーポレート銀行に吸収合併されました。

このことによって、行名を改めてみずほ銀行に改称し、同行は三菱UFJフィナンシャル・グループ・三井住友フィナンシャルグループとともに三大メガバンクのひとつであるみずほファイナンシャルグループ内においての中核の銀行となり、2014年5月7日には本店を大手町タワーへ移転しました。

さらに、みずほ銀行の特徴を追記すると、同行の前身がすべて関東を地盤とする銀行だったこともあり、関西での営業力が三菱UFJ銀行や三井住友銀行には劣ります。

ただ、前身の第一勧業銀行(元・日本勧業銀行)が、全国各地に支店を持つ農工銀行から事業を譲渡されていたということもあり、みずほ銀行はメガバンクで唯一、全都道府県の県庁所在地・政令指定都市に必ず1つ以上の店舗を持つ銀行となります。

必見!みずほ銀行のローン審査に通るためには

みずほ銀行のカードローン審査においても、他社のカードローンと同様信用会社による審査によって審査に通るかどうかが判断されます。

その審査における判断材料の主なものは?属性、?過去のローンや公共料金等の支払い状況並びに利用履歴の二つになり、通常はこれら二つで信用情報と呼ばれています。

属性

それでは、その?属性というものに関してですが、それはカードローンの利用者に関する情報になります。

それは、年収や職業、勤務先、年齢、家族構成などになり、それぞれの属性が一定の基準によってスコアリング(点数化)されて、審査の判断材料となり、お金を貸してよいか、またどのくらいの金額であれば貸しても大丈夫か 等を算出します。

その属性となる主な情報というのは次の通りです。

  • 年齢:20代後半~50代くらいの点数が高い
  • 職業、勤務先、雇用の形態:公務員や一部上場企業の正社員の点数が高い
  • 勤続年数:長いほど点数が高い
  • 年収:年収が高いほど点数が高い
  • 居住年数、居住形態:居住年数が長く、持ち家の点数が高い
  • 家族構成:既婚、さらに同居中の家族がいると点数が高い
  • 電話:固定電話があると点数が高い

過去の支払いや他社の利用履歴

また、?過去のローンや公共料金等の支払い状況並びに利用履歴に関していうと、特に返済が滞っていないか、また多重債務はないかということがないように気を付けてください。

尚、みずほ銀行のカードローンを審査する保証会社は「オリコカード」で有名なオリエントコーポレーションになります。

そのため過去1年以内に同社が審査保証を行っている銀行カードローンに落ちた場合や、同社の関連のクレジットカードやローンを利用中に支払いの延滞や滞納があった場合は審査に通らないと思われますので一旦申し込みを控えた方が良いでしょう。

それでは、皆様にはみずほ銀行のカードローンを上手く活用し、日々を有意義にお過ごしください。

トピックス
ページトップへ