ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > よく耳にする会社「セディナ」のカードとは?種類や特徴などをご紹介

よく耳にする会社「セディナ」のカードとは?種類や特徴などをご紹介

クレジットカードやローンカードなど、カードを取り扱っている会社は、世の中に数多くありますよね。

銀行のキャッシュカードや信販会社のカードにも、いろいろな機能が備わっていて、とても便利なことは有名ですが、その中でも「セディナ」という会社のカードは、よく耳にすることが多いもののひとつです。

セディナの名前を耳にすることが多い理由のひとつに、カードの種類が豊富にあるという点があげられます。

そこで今回は「株式会社セディナ」が取り扱っている、カードの中でもお金を借りることが可能なローンカードについて、お話したいと思います。

決まった用途で最適なものを選べる!セディナの目的型ローン3種

ローンには借りたお金の使いみちが決まっているものと、ある程度は自由に使えるものと、2種類存在します。そして、セディナのローンにも同じように、2種類のカードに分かれています。

この項目ではセディナのローンの中でも、借りたお金の使いみちが決まっている3種類のローンをご紹介しましょう。

【目的型ローン3種類】

  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • 総合目的ローン

少額からの融資も可能で子供の学びを応援!セディナの教育ローン

ひとつめの目的型ローンは、子供が学校に通うために必要になるお金を借りることができる「教育ローン」です。入学費はもちろん、授業料の支払いなど、教育に関する資金を用意できるローンです。

教育ローンでセディナが融資してくれる金額は5万円から300万円までと幅の広いものになっています。

少額で融資可能なので、あともう少しで全額用意できる、というときにも利用ができます。もちろん、全く教育資金がない場合にも最高の融資額は300万円なので、審査に通過することができれば借りることができます。

金利は8.0%から12.0%で他のローンと比べてしまうと低金利とは言えません。

しかし返済計画はじっくりと組み立てていくことが重要な金利設定になっていると思います。

申し込みや審査を通過するために、最低限クリアしておかなければいけない条件は年齢と勤続年数です。

教育ローンの場合は、申し込みのときに年齢が20歳以上で、現時点の会社での勤続年数が1年以上であるというのが条件になっています。転職を繰り返すということがなければ問題なく通過できる点だと言えるでしょう。

また、借りたお金を完済できる年齢が65歳以下であることも必須条件になっているので注意しましょう。

融資金額 5万円~300万円
金利 8.0%~12.0%
年齢 満20歳~65歳以下
条件 勤続年数1年以上・一定の収入があること
使いみち 子供の教育費(入学費や授業料など)

車が必要不可欠なひとにおすすめなマイカーローンでメンテナンスも

ふたつめの目的型ローンは、車が好きなひとにはお馴染みの「マイカーローン」です。気に入った車の購入はもちろん、オートバイなどの購入費などにも利用できます。ほかにも、車のメンテナンスのときにかかる費用にも利用可能です。

融資可能な基本金額は5万円からで、欲しい車があるけれど少し購入資金が足りないというときに使えます。最高融資金額は300万円なので借りられる条件が揃えば、憧れの高級な車にも手が届きますね。

借入金額に合わせて発生する金利が6.4%から8.4%で、低金利であると言えるので、返済計画が立てやすいのが特徴です。

教育ローンと同様に、申し込むには一定の条件をクリアしなければなりませんが、年齢が満20歳以上で1年以上の勤続年数があれば審査を通過することが可能です。

また、借りたお金の完済時に契約した本人の年齢が65歳未満であることも、教育ローンと同じです。注意しましょう。

融資金額 5万円~300万円
金利 6.4%~8.4%
年齢 満20歳~65歳以下
条件 勤続年数1年以上・一定の収入があること
使いみち 車の購入費やメンテナンス費

治療費などにも使える!日々の生活で頼れるのは総合目的ローン

目的型ローンで最後に紹介するのはひとつの目的だけでなく、何種類かの目的に合わせて使うことができるローンで「総合目的ローン」というものです。

結婚式の資金をはじめ、引っ越しや出産など、いろいろなことに使えるのが特徴です。また入院費や歯の治療費などにも使うことが可能です。融資が可能な金額は5万円から最高300万円なので幅広い場面で役立ちますね。

金利は7.8%から11.8%で、きちんと返済計画を立てて行くことが大切と言える金利設定になっています。

申し込みと利用条件は、年齢が満20歳以上であることと1年以上の勤続年数があることです。完済するときに65歳以下であるのは他のローンと同様です。

融資金額 5万円~300万円
金利 7.8%~11.8%
年齢 満20歳~65歳以下
条件 勤続年数1年以上・一定の収入があること
使いみち 結婚式の費用や引っ越し、医療費などさまざま

利用目的を問わないローンを使いたいならフリーローンがおすすめ

セディナのローンで2種類あるうちのふたつめに紹介するのは、前の項目とは逆の利用目的が限定されていないローンです。

一般的には「フリーローン」と呼ばれているもので、セディナでも取り扱いがあります。

目的型のローンとは違い、セディナで扱うフリーローンはひとつしかありませんが、いろいろなことに使えるので、詳しくご紹介したいと思います。

ほんのちょっとだけ必要なときにも使える融資金額は最低5万円から

セディナのフリーローンで融資可能な金額は少額で5万円からです。利用目的が限定されていないので、ちょっとした買い物にも使えますし、出費が嵩んで生活費がちょっと足りないというときにも使えます。

融資は10万円から、というローンも多いですがセディナの場合は5万円からなので10万円も必要ない状況のときに使えますね。

最高の融資額が300万円で普通に生活していくうえでは、あまり借りる機会が少ない金額ではありますが、高額な融資も可能な金額であることは間違いないでしょう。

車の購入や高額な医療費の支払いなど、先の項目でも紹介したような使いみちもできます。

チェックしたいのは金利!目的型ローンよりも少しだけ高い設定に注意

次にご説明したいのは金利についてです。

セディナのフリーローンの場合、教育ローンやマイカーローンと融資金額が変わらなくても、金利に大きな違いがあります。

金利の下限は10.8%ですがこの数字は最高融資額いっぱいまで借りた場合に適応される数字なので注意しましょう。

少額のお金を借りる場合に注目したいのは上限金利の16.8%です。目的型ローンよりも少々高い割合と言えますね。

フリーローンは目的が限定されてないぶん便利ですが、目的型ローンと同じ額を借りても返していくときの金利が違うので、それだけ負担が大きくなることを頭に入れておきましょう。

20歳以上で一定額の収入があることが必須条件!勤続年数も重要

目的が限定されていないフリーローンでも、誰でも利用が可能というわけにはいきません。利用するには一定の条件を満たさなくてはならないことは目的型ローンと同じです。

フリーローンの申し込みに関しての条件は、年齢と勤続年数です。また収入があることも重要な条件のひとつになります。

年齢は20歳以上で借りたお金を完済する際の年齢が65歳未満であることなので、返済計画が長期になる場合には注意が必要です。

また勤続年数は最低でも1年以上あることが重要です。

融資金額 5万円~300万円
金利 10.8%~16.8%
年齢 満20歳~65歳以下
条件 勤続年数1年以上・一定の収入があること
使いみち 自由

収入については月収がいくら以上かという決まりはありませんが、借り入れたお金を返済していくのに困らない金額が一定で手元に入ってくるかということが重要なところであると言えるでしょう。

シンプルなものから女性専用まで!リボ払いが基本なカードローン3種

セディナが取り扱っているローンの中にはカードローンもあります。その種類も非常に豊富なので、ひとつひとつ、ご紹介していきたいと思います。

カードローンはどれもフリーローンと同じく使いみちが自由なので、いろいろなことに使えます。

【カードローン3種類】

  • セディナカードローン
  • CFVIPローンカード
  • らぶりカード(女性専用)

性別や借りたい金額によって自分に合うものを選ぶことが可能なので、無理のない使い方や返済計画が立てられます。

1万円からの少額借り入れもOK!年会費無料のセディナカードローン

セディナのカードローン、まずひとつめはその名も「セディナカードローン」です。

カードと聞くとクレジットカードのように年会費が発生したりするのでは?と思われるかもしれませんが、年会費は無料です。

先に説明したフリーローンよりも少額の1万円からの融資が可能で、最高額が200万円までになっています。

金利については上限金利が18.0%になっていて、目的型ローンやフリーローンよりも高めの設定です。また支払いが遅れたりすると20.0%の遅延金が発生してしまうので注意が必要です。

申し込み可能な年齢についてはフリーローンなどと同じで、20歳以上から可能です。ただし、年齢の上限については64歳以下と1歳の違いがあります。

セディナのカードローンは基本的にリボ払いで返済していく方法になっています。セディナカードローンの場合は最高で返済期間は8年2ヶ月で98回払いです。

融資金額 1万円~200万円
金利 18.0%以下
年齢 満20歳~64歳以下
条件 一定の収入があること
支払い期間/リボ払い 最大8年2ヶ月/98回

担保や保証人を立てる必要はありません。

VIPという通り融資金額も50万円からのCFVIPローンカード

ふたつめは、CFVIPローンカードです。こちらもセディナカードローンと同様に、年会費は掛かりません。

融資金額は最小額で50万円からで、300万円までの借り入れが可能です。VIPと名前にあるだけに、セディナカードローンよりも融資金額が高くなっていますね。

金利は7.8%から18.0%で、上限はセディナカードローンと変わりません。しかし、こちらもリボ払いなので、融資金額が高いぶん返済期間が長期になります。

支払い期間はリボ払いで11年10ヶ月、最高142回払いになります。こちらも担保や保証人はいりませんが、使うときには返済期間を充分考慮する必要があるでしょう。

他のカードローンと同じく、申し込み可能な年齢は20歳からですが利用したいと考えるのなら、誰か信頼できるひとに相談してから、申し込みをするのがいいでしょう。

融資金額 50万円~300万円
金利 7.8%~18.0%
年齢 満20歳~64歳以下
条件 一定の収入があること
支払い期間/リボ払い 最大11年10ヶ月/142回

また、融資金額が大きいので、毎月安定した収入でも返済にあてる出費があったとしても困らないような額の収入であることも必須条件です。

女性が持てるカードローン!らぶりカードは小さめの融資額

カードローンの項目で最後にご紹介するのは、女性専用のローンカードであるらぶりカードです。女性に嬉しい可愛い響きのカードですね。こちらも年会費は必要ありません。

融資最小額はセディナカードローンより少し大きいけれど、VIPローンカードよりも小さい10万円からで、最大融資額が50万円と他のローンより全体的に少ない額になっています。

金利は18.0%が上限金利なので他のカードローンと金利については変わりありませんが、リボ払いで返済期間が最大12年9ヶ月、153回払いになります。

収入が安定していて、20歳からの申し込みが可能で64歳以下のひとが審査に通過すれば利用できます。

融資金額 10万円~50万円
金利 18.0%以下
年齢 満20歳~64歳以下
条件 一定の収入があること・女性
支払い期間/リボ払い 最大12年9ヶ月/153回

他のローンやカードローンよりも融資枠はとても小さめですが、金利が他のローンと同じなので返済額の負担は大きくなることを把握しておきましょう。

また、今回カードローンについては3種類とも下記のような共通点があることも特徴ですね。

  • 年会費無料
  • 担保や保証人は不要
  • リボ払い

大切なのは融資額じゃない!ローンの利用で気をつけたいこと

セディナのローンは、いろいろな種類があるので自分の利用用途や収入、年齢や性別に合わせて適したものが選べるのが魅力のひとつでもありますね。

さまざまなひとに対応しているのはもちろんですが審査が緩いというわけではありません。

収入に明確な審査基準はなし!自分でよく考えて借入額を決めるべし

セディナの申し込みにおけるローンの基本的な審査基準は、他社のローン製品や金融機関のローンなどと同じで一般的には公表されていません。

しかしカード会社側は利用者に金利を支払ってもらうことで、それを会社の利益にしています。

なので、収入に関しては、毎月の返済金額とそれに伴う金利を無理なく支払える収入があることが審査を通過するための基準としか言えないのが現状です。

例えば10万円ほどの収入があればこのローンは使えますという基準があれば分かりやすいですが、さまざまなひとが使い、借入金額もさまざまなので、ひとつの金額を基準にはできないということなのでしょう。

お金を借りるときは、収入と生活費、その他必要な金額を充分考えて借りる金額を決めましょう。カード会社の審査があるとは言っても、自分の金銭事情を明確に把握しているのは自分自身です。

重要なのは勤続年数!同じ年齢なら働いているのが長いほうが有利

セディナのローンで明確に申し込み条件として分かっているのは年齢です。

最高年齢については64歳から65歳という違いがありますが、申し込みができる最低の年齢は20歳からということになっています。

しかし、いくら20歳から申し込みが可能とは言っても、誰でも大丈夫というわけではありません。

同じ20歳に到達しているひとでも、すでに社会人として働いているひとと大学生として生活しているひととでは、やはり社会人として働いているひとのほうが審査の基準を満たす可能性が高くなります。

なので、同じ20歳でも長い間同じ会社に勤めているひとのほうが審査に通過することが可能です。

借入額や審査だけでなく返済が苦しくなる可能性も視野に入れて

ローンを利用するには審査を通過する必要があります。それゆえに利用者はどうしても審査を通過してお金を借りるということを重要視してしまいがちです。

しかし、ローンを利用するときにもっとも重要なのはお金を借りられるかではないと考えます。

本当に重要なのは借りたお金を毎月どう返していくかというところであると思います。

セディナのローンを筆頭に、使い勝手のいいローン商品は増えています。

それらを上手に利用していくためには、しっかりとした返済計画を立てて明確な必要金額を把握することが大切だと言えるでしょう。

また、どんなにお金が必要でも生活を圧迫したり、返済が滞る可能性があるという場合には最初からローンは利用しないという判断をすることも必要です。

トピックス
ページトップへ