ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン?それとも生活保護?毎日の生活に困窮したら読みたいアレコレ

ローン?それとも生活保護?毎日の生活に困窮したら読みたいアレコレ

生活が苦しくて頼るひともいないから生活保護を受けているというひとは、たくさんいますよね。

生活保護を受けて生活しているひとの中では、支給される金額だけでは足りなくてローンやキャッシングを申し込もうと考えることもあるのではないでしょうか。

しかし、生活保護を受けていてキャッシングやローンを組んだりすることは可能なのでしょうか。

そこで今回は、キャッシングやローンと生活保護の関係性を、詳しくご説明していきましょう。

生活費が足らなかったら生活保護を受けていてもローンは組める?

まずは最初にあった通り、生活保護を受給しているひとがキャッシングを利用したり、ローンを組むことはできるのか、というお話からしていきましょう。

お金を借りてはダメ!生活保護受給の決まりでキャッシング利用不可

結論から言うと生活保護受給者はお金を借りたりしてはいけないことになっています。

つまり、生活保護を受けながら生活しているひとは、どんなにお金に困ったとしてもキャッシングの申し込みをすることはできません。

では、なぜキャッシングやローンなどを利用してはいけないのでしょうか。

ローンは収入になる!?財産となるものを持つことができない生活保護

生活保護受給者には生活をしていく中で、財産とみなされるものを持つことができないという決まりがあり、収入があると生活保護費を受け取ることができません。

キャッシングやローンは、その借入額が収入とみなされるので利用することができないのです。

実際に働いて手にしたお金なら収入として考えられてもいいわけですが、キャッシングやローンの場合は実際には収入ではありません。たとえ生活費や、何かの購入費として利用できたとしても返さなければならないものです。

キャッシングなどをしてお金を増やすより、毎月支給される生活保護費の中で上手に遣り繰りをしていきましょう。

影響があるのか?ローン契約している状態での生活保護費受給について

生活保護を受給しているひとはローンを組むことができない、ということがわかりましたが、逆の場合はどうなのでしょうか。

この項目でご説明するのは、キャッシングを利用しているひとやローンを組んだひとが、生活保護を受給することができるのかどうかです。

キャッシングやローンがあっても生活保護費の受給は可能なのか?

ローンでお金を借りているひとが生活保護費を受給することは実は可能です。

いきなり結論から言ってしまいましたが、生活保護を受給しているひとがローンを組んではいけなかったのに、ローンがあるひとは生活保護を受けられるのはなぜでしょうか。

不公平だ、と感じるひともいるかもしれませんが、ローンやキャッシングを契約しているひとでも生活保護を受給できるのは、生活保護はどんなひとでも受給できるという決まりがあるからなのです。

やってしまいがちな注意点!生活保護費はローンの返済に使うべからず

キャッシングやローン利用者で生活保護費を受給する場合に、注意しなければならない点がいくつかあります。

それは支給された生活保護費をキャッシング・ローンの返済費にしてはいけないということです。

1ヶ月の生活保護費が少しあまっていたりローンの返済に追われているひとは、そのあまったぶんを返済にあてたいのはわかります。生活保護費のつかいみちに借金の返済というものはないので、支払いには使わないよう気をつけて下さい。

気を抜くことなかれ!生活保護を受給してローンは完済まで続く

また、生活保護を受給していてもキャッシングやローンの契約は完済するまで続きます。借りているお金が全部なかったことになるというわけではないので勘違いをしないようにしましょう。

そしてローン契約が続いているからといって、ふたたび借り入れをしてしまうこともないようにして下さい。

先の項目でもお話した通り、生活保護費の受給者はキャッシングやローンを組んだらいけないので、注意して下さいね。

ローンがあっても受給可能な「生活保護」って結局どんなもの?

どうしてローンを組んだりキャッシングを利用していても生活保護費を受給できるのか、ということに対して「どんなひとでも受給できるものだから」という説明をしましたが、ここではもう少し、生活保護とはどんなものなのか、ご説明しましょう。

生活保護は失業や病気さまざまな理由で収入がないひとの生活を保障

生活保護とは、その名前の通り生活を保護するためのお金を国から支給されることで正式名称を「生活保護制度」といいます。

病気やケガで働けず、なおかつ誰からも金銭的な支援を受けられないという状況のひとや、低所得で普通の生活が送れないなど、そういった状況のひとの最低限の生活を守るために、必要な生活費が支給されるものです。

子共は居なくてひとり暮らしである場合や、子供を育てている状況のシングルマザー(ファーザー)など、ひとりひとりの状況や家族構成によって支給額が変わります。

こんな生活に陥ったら申請を!生活保護受給のための代表的な条件4つ

生活保護は生活に困窮しているひとなら誰でも受給申請できますが、置かれている状況や金銭的な支援の有無などで生活保護が受けられるかどうかが決まります。

生活保護受給の主な条件を4つほど、ご紹介しましょう。

【生活保護受給の条件その1】
金銭的な面を支援してくれる家族や親類などがいない。

お金を援助してくれたりする親戚や親類がいない、というのが条件のひとつです。

家族や親類などがいれば、本人はそこで暮らして生活していくことができ、生活保護は不要になります。しかし、頼るべき家族や親類も生活に困窮していたりして、誰からの支援も期待できない状態の場合は生活保護を受けることができます。

【生活保護受給の条件その2】
財産となるものを持っていない。

家や土地などの不動産や、車、貴金属などを一切持っていないというもの条件の中にあります。

車や宝石、貯金ももちろん財産とみなされるものを持っていると、それを処分すれば生活をしていくことは可能だと判断され、生活保護の受給はできなくなります。

例外として、車の場合は通院に使ったり、仕事探しに使うなどという理由があれば持っていても大丈夫といわれています。

【生活保護受給の条件その3】
生活が苦しい状態であるのにも関わらず病気やケガで働くことができない。

病気やケガ、身体的な事情で働くことができなかったり、なかなか雇用が見つからないといったことも条件にあります。

しかし、働くことができなくても充分な資産があったり最低限の生活をしていくためのお金が確保できるというような状況の場合は、生活保護の対象にはなりません。

また、例外として働いていても受給できる場合もあります。

【生活保護受給の条件その4】
上記の条件3つを満たしていて、なおかつ日々の生活費を充分に確保できない状態。

国が定めていて基準となる生活費に、自身の収入や持っている金額が足らないといった状況であるなら受給の条件を満たすことになります。

おおまかに言って、以上4つの条件を満たすことが生活保護費を受給できることになります。

キャッシングやローンは、生活保護費の受給という観点から見ると「収入」とみなされてしまいます。

忘れてしまわないよう、よく覚えておきましょう。

生活保護申請を考えているなら!こんなところに注意したい重要点3つ

最後の項目でご説明するのは、キャッシングやローンを抱えながら生活保護費の申請を考えているひとへの、注意点をご紹介します。

あくまでも生活を支援するためのお金をローンの返済に使うのはNG!

生活保護費は、あくまでも生活に必要なお金を支給するという制度に基づいて渡されるお金なので、ローンの支払いには使えません。

しかし、生活保護を受給することで、病院で掛かる医療費や年金が免除になったりするので、そのぶんの出費がなくなるのは確実です。

クレジットの利用はOK!ただし支払いが膨大にならないように注意

生活保護を受給することで、あらたなローンを組むことはできないと先ほど言ったとおりですが、クレジットカードを持っていることには問題がないようです。

また利用も可能で、一括払いやリボ払いも使えて支払いができるといわれています。

注意したいのは、クレジット払いにしてしまうとカード1枚で何でも買うことができてしまうので、お金の使いすぎに繋がるということです。

カード払いにしたことで肝心の生活費がなくなったという事態は避けましょう。

継続するローンの支払いに困ったら専門家に相談することも視野に

生活保護の受給が始まると、医療費の免除があったり年金も免除になったりするのですが、キャッシングやローンで発生した返済額は免除にはならないので、注意して下さい。

また、生活保護をもらわなければならいほど生活が苦しく、ローンのお金を支払うことが困難になってしまった場合には、「自己破産」など債務整理をしたほうが良いでしょう。

その場合には、信頼できる専門家に相談するようにして下さい。

トピックス
ページトップへ