ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 申し込んだローン審査に通らない場合のさまざまな対処法とは?

申し込んだローン審査に通らない場合のさまざまな対処法とは?

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどは、かなり大きなお金が必要になるときに頼りになるローン商品ですよね。

けれど、どうしても必要なときに限ってローンの審査に落ちてしまうことも多々あります。

お金を借りたいと思っているのにローン審査に通れない場合、どんなことをすべきなのでしょうか。

今回は、ローンの審査に落ちてしまったときの対処法などをご紹介します!

自分の家がほしい!それなのに住宅ローンの審査に落ちてしまったら

まずは家を買いたいひとには欠かせない「住宅ローン」についてです。家の価格はかなり大きな額であることも珍しくありません。

そんなときに頼れるのが住宅ローンです。

審査の厳しい住宅ローン!審査を通れなくなったひとが増えた要因とは

住宅ローンは借り入れる金額が大きいものであるがゆえに審査は厳しくなっています。

元々、審査の厳しい住宅ローンですが近年、住宅ローンの審査を通れなかったというひとが多いそうです。

どうして審査に通れないひとが増えたのか。

それは銀行や消費者金融などで簡単に申し込めるカードローンの影響があります。

とくに消費者金融のカードローンは手軽に申し込みができるものとして人気という声も聞かれます。

カードローンを持つことが可能ということで、借り入れに対するまわりの意識が昔より変化して、「借金」を抱えているひとが多いからというのが一因です。

まずは消費者金融から借りたお金を完済することが先決である!

では、消費者金融からの借り入れがある場合に住宅ローンの審査を通るにはどんなことをしたらいいのでしょうか。

キャッシングやローンは総量規制により、年収の3分の1以上の貸付はしてはいけないという決まりがあります。

また利用者を守るという観点からも、複数のローン会社で契約をしないようにという対策がローン会社側でもなされています。

  • 元々、住宅ローンは金額が大きいので審査は厳しい
  • 消費者金融やカードローンでお金を借りられることにより住宅ローンの審査に影響
  • 総量規制で「収入の3分の1以上は貸せない」という決まり

消費者金融などでお金を借りていることにより、住宅ローンの審査が通れなかったのであれば、今現在、借り入れをしているお金をすべて完済すれば住宅ローンの審査を通過する可能性は上がると言えます。

車を買うときに便利なマイカーローン!審査落ちの理由とは?

次にご説明するのはローンとしても馴染み深い「マイカーローン」についてです。特に車を頻繁に買い替えたりするひとには、使う回数も多いローンのひとつだと思います。

絶対に借りたいという強い気持ちが審査通過を遠ざけている!

いつも問題なく審査に通過できればいいですが、マイカーローンも審査に通過できない場合がありますよね。

マイカーローンの審査に通れない原因は、住宅ローンと同様に消費者金融などで借り入れをしていたりすることも多いです。

そして、マイカーローンはどうしても車が欲しいという気持ちも手伝って、いろいろなマイカーローンに申し込みたくなってしまうひともいますよね。

特にマイカーローンは住宅ローンと同じく高額な借り入れになる可能性があり、審査に通れて実際にお金を借りることができるかどうか心配になってしまうことが多いのだと思います。

いろいろなマイカーローンを申し込んでしまった結果から逆に審査に通れなくなってしまうのです。

マイカーローンはもちろん他種ローン申し込みを控えるほうが有利

そうした事態を回避するには、最初に申し込んだマイカーローンの審査結果が出るまでは他のローンに申し込みをするのは控えることが大事です。

もちろんマイカーローンだけでなくカードローンなどの他の種類のローンの申し込みも極力やめておきましょう。

クレジットカードやキャッシング(ローン)の申し込みや契約、支払いの状況などは「信用情報機関」というところに、記録として残されています。

  • 審査が通過できるか心配になり複数のローンを申し込んでしまう
  • ローン申し込み情報は「信用情報機関」に記録される
  • クレジットカードの支払いも影響
つまり、どこでローン申し込みをしても、その情報は「信用情報機関」に送られることになるので、情報を開示してもらうことで、そこで複数のローンの審査を受けているというのがわかるのです。

車の購入費としても使えるカードローンの審査に落ちてしまう場合とは

そして近年、利用者が増えている「カードローン」について、ご説明します。最近はマイカーローンの代わりにカードローンを契約し、車の購入費にするというひともいます。

そんなカードローンの審査に通らない場合は、一体どうすればいいのでしょうか。

手軽なカードローンであっても!審査に通過できない原因は収入

まずは、やはりカードローンの審査に通らない原因は何だったのかというところから探っていきましょう。

カードローンは住宅ローンやマイカーローンと比べると比較的少額の融資をしているローン商品です。

かなり大きな額を融資しているカードローンもありますが、大金を融資してもらうには収入がその額に伴うものでないと実現しません。

しかし、それは少額の融資でも同じです。

申し込みをしやすいカードローンであっても毎月安定している収入がないと審査には通れないのです。

収入事情を変えられないならカードローンの契約は見送るべき

カードローンを契約するために収入事情を変えようとするのは困難なことですよね。

しかし収入を増やすために転職することができて、実際に収入が増えるのならカードローンを契約する必要はなくなります。

カードローンの審査が通らない場合は契約すること自体をもう一度考え直してみることをおすすめします。

  • 安定した収入が重要
  • どうしても審査に通らないならローンを断念すべし

気楽に使えるもの?時代で変化していくローンへの意識と抵抗感のなさ

さて、ここまで代表的なローンの審査についてお話させて頂きました。

今回、ご説明させて頂いた「各種ローン審査が通らない場合の対処法」はひとつの可能性であって、すべてのケースにあてはまるわけではありません。

自分の置かれている状況を考えてローン契約をしないという判断も

住宅ローンやマイカーローン、カードローンというものを全部まとめて、ローン審査そのものの「通過できなかった場合」については、最終的に一番良いと考えるのは「借り入れを諦める」ことです。

複数のローンをしているにしても、収入が足りないという原因だったにしても、まずは審査に通過できなかったという結果に注目すべきでしょう。

今は新しいローンの契約をするのはやめたほうが良い状況だということです。

お金を「借りている」という自覚が足りないのはローンの手軽さゆえ

手軽に使えるカードローンが増えたことによって、「お金を借りる」という行為自体に重みと責任感を持つひとが減ってきています。

確かにカードローンはお金の出し入れが簡単にできることが魅力のローンですが、お金をカードローンで引き出しているということは、借金をしているという結果にほかなりません。

今、自分の欲しいものを買ったそのカードローンのお金は、自分のものではないのです。

使ったら、きちんと毎月返していかなければならないものだということを肝に命じましょう。

返済していくことに力を注いでいくことがローンと上手に付き合うこつ

現代は本当にいろんな種類のローン商品が多数揃っています。住宅ローンにマイカーローン、子供の学費などに使える教育ローンもあります。

どれも私たちの生活を助けてくれるものである半面、使い方を少し間違えただけで逆に私たちを苦しめるものに変わってしまうものでもあります。

これらのローン商品を上手に使って生活を豊かにするためには、利用者である私たちも使い方をよく勉強してから手に取ることが望ましいでしょう。

そして、利用することになったのなら返済の計画をしっかりと立て、延滞などをしないように責任を持って返済をしていく努力を惜しまないようにしましょう。

トピックス
ページトップへ