ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査の通過に違いはあるか?契約社員とパートそれぞれ徹底比較

ローン審査の通過に違いはあるか?契約社員とパートそれぞれ徹底比較

ちょっとした買い物をしているときに、手持ちのお金が足りなくなることは珍しくありませんよね。

すぐに追加のお金を自分の口座などから引き出せれば問題ないですが、そんなときに限ってキャッシュカードを忘れたりしてしまいがちです。

そういった「お金が足りなくて困る」ときのためにあるのがカードローンなどのローン商品です。

住宅ローンや教育ローンなどは契約者本人が「安定した職」に就いていることが利用条件のひとつですが、カードローンを利用したいひとがパートや契約社員として働いているとしたら審査は通るのでしょうか。

今回は、雇用形態によってローン審査はどう変わるのかをご説明します。

ローン審査通過可能か?正社員より不安定と言われている「契約社員」

最初は近年、増えていると言われている「契約社員」のローン審査から説明しましょう。

自身の雇用形態が契約社員という状態であった場合は、カードローンなどのローン審査に通過できるのでしょうか。

  • 契約社員の場合のローン審査通過の可能性
  • どんなローンなら大丈夫なのか
  • 審査を通過できる理由

契約社員もローン審査に通過することは可能!ただし一部のローンのみ

結論を簡単に述べてしまうと「契約社員はローン審査に通過可能」です。

ただしローン商品の審査すべてに通れるとは限らないのです。

例えばカードローンや少額の融資に特化したローン商品を扱っているところなどで「契約社員OK」と書いてあったりするローンであれば、審査に通れる可能性は高いです。

少額融資が基本のローンが契約可能!クレジットカードのキャッシング枠も

たくさんあるローンの中でも契約社員が審査に通過できるローンは、どんなものなのでしょうか。

多くの場合に「カードローン」などが契約社員のひとにも使われています。

他にはクレジットカードのキャッシング枠なども利用できるもののひとつになるでしょう。

審査通過を実現している理由はローンそのものの融資可能額に関係

住宅ローンや車のローンなど、かなり大きな金額を融資額としているローンの場合は、契約社員という雇用形態では審査に通過できる可能性が少ないです。

しかし、カードローンなどのローンなら審査に通過できる可能性が高いのはどうしてでしょう。

「契約社員でも可能」と掲げてあるから、と言ってしまえばそれは確かに間違いないのですが、それにはきちんと理由があります。

それはローン商品自体が融資額を少ない額に留めているからです。

住宅ローンや車のローンなどは家や車の価格自体が大きなものなので、融資額も大きなものが基本です。

しかしカードローンなどは、使いみちが自由であっても住宅ローンなど大きなお金が動く買い物には使いません。

クレジットカードのキャッシング枠も、車の購入に使おうとはあまり思いませんよね。

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は、使いみちを限定されない代わりに使える金額が小さいのです。

使える金額が小さいから契約社員という雇用形態でも、審査に通過することができるのです。

  • 契約社員でも問題なく審査を通過可能
  • カードローンやクレジットのキャッシング枠
  • 少額の融資だから収入に見合っている

カードローンでも契約できる?主婦業との両立が多いパートの場合

つぎは契約社員よりも雇用形態は有利とされがちなパート社員とローン審査についてご説明します。

パートさんと聞くと主婦業と仕事を両立しているひとというイメージが強いですがローン審査は、どんなところを精査するのでしょうか。

  • パート社員でも審査通過できるローンとは
  • 審査を通過できる理由
  • 融資額はどうなるのか

パートさんも一部ローン商品なら審査通過は可能!やはりカードローンが特化

パートという雇用形態でも融資が可能としているローン商品はあります。

契約社員と同じように少額の融資に特化しているローン商品などを探せば、パートであっても問題なく審査が通過できる可能性があります。

パートでも、やはりカードローンが審査通過を実現させている場合が多いようで、そこも融資額はけして多くないというのが特徴でもあります。

ローンによっては融資額小さくなることも!事前確認するのを忘れずに

どのくらいの時給で働いているのかにも関係してきますが、パートとして働いているひとがカードローンの契約をする場合には、設定される融資額が更に縮小されるケースがあります。

例えば100万円まで融資可能なカードローンも50万円までが融資額の限度額になったりします。

パートだからといって一概に融資額が小さくなるとは限りませんが、小さくなってしまうこともあるということを覚えておいてください。

その場合にはカードローンやローン商品に関しての注意書きに必ず記載してあるので、よく確認するとよいでしょう。

  • パートでも問題なく審査を通過可能
  • 少額の融資だからパートの収入に見合っている
  • 大口のカードローンでも少額の融資になる可能性が高い

いろいろなひとの困ったときをサポート!頼れるカードローン2種

契約社員もパート社員も、どちらもローン審査を通過することは可能だというのがわかったところで今度は、実際に契約社員やパート社員でも使えることで有名なカードローンをご紹介しましょう。

  • 楽天銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

専業主婦でもOK!?楽天銀行カードローンなら契約社員も融資可能

契約社員やパートでも申し込みができることで有名なのは「楽天銀行」のカードローンです。

楽天といえばインターネット事業に特化している会社ですが、インターネットバンキングもありますよね。

その楽天の銀行で取り扱われているのが楽天銀行カードローンです。

利用できるのが契約社員やパート、アルバイトだけでなく条件を満たすことで専業主婦(主夫)のひとなども借り入れができることが特徴です。

そして金利の低さにも定評があり、銀行カードローンの中でも特に低い金利の「1.9%から14.5%」になっています。

楽天カードローン自体の最高融資額は800万円とかなり大きな額ですが、契約社員やパートで働いている場合はそれよりも小さい額になる場合がほとんどです。

【楽天銀行カードローン】

融資金額 ~800万円
年齢 満20歳から
アルバイトや主婦 借入制限あり
金利 1.9%~14.5%

キャッシュカードがローンカードにもなって便利!三井住友銀行

ふたつめのカードローンは銀行カードローンとしては大手になる「三井住友銀行」のカードローンです。

人気のある俳優さんや女優さんがCMに出ているので、日頃からよく耳にすることが多いカードローンですよね。

申し込みの概要としては「安定した収入があるひと」です。

つまり安定していて継続的な収入さえ見込めれば契約社員やパート社員でも申し込めます。

融資金額は大きい額で800万円なのは先に説明した楽天銀行カードローンと同じですね。ただしこちらも、正社員より収入が低い契約社員やパート社員の場合は融資額が小さくなってしまうのが現状です。

いくらまで借りられるのか、事前に確認しましょう。

金利は「4.0%から14.5%」で楽天銀行と比べてしまうと低くはない、と感じてしまうかもしれません。

しかし、もっとも低い下限金利はもっとも大きな融資額である800万円まで借りたときに適用される数字なので、契約社員やパート社員が借りることのできる100万円以下の場合、上限金利が適用されます。

三井住友銀行カードローンの場合、100万円以下の融資に適用される金利は「12.0%から14.5%」になります。

普通口座のキャッシュカードがローンカードとして使えることも便利です。

【三井住友銀行カードローン】

融資金額 ~800万円
年齢 満20歳から
アルバイトや主婦 借入制限あり
金利 4.0%~14.5%

収入が重要なローン審査だけど!利用者に必要な心構えと考え方とは

実際に、契約社員やパート社員のひとがローンの審査に通れるカードローンはまだまだ豊富にあります。

しかし正社員とか契約社員だからとかの雇用形態は実は審査に影響しないと考えられます。

  • ローン各種の審査における重要なポイントとは
  • 利用者側の考え方

大切なのは個人の返済能力!雇用形態より継続的な勤務を重視

どこの銀行のカードローンであっても、どんなローン商品であっても審査でチェックされるのは本人の返済能力なのです。

返済能力に直接関係してくるのは年収と実は勤続年数だと言われています。

パートでも勤続年数が長ければ安定し収入を得ているひとはいますし、正社員であっても勤続年数が短いことで収入が安定していないひともいます。

こんなふうに見てみると、雇用形態よりも継続的な勤務と収入がローン審査の重要なポイントと言って間違いないですね。

便利さと手軽さに溺れずにカードローンに振り回されない生活をしよう

ローン審査についてお話してきましたが、契約社員だからパートだからと審査を通過できないということはないみたいですよね。

ただ、カードローンを持ちたいから契約社員をやめるとかパート勤務を変えたいとか、そういった考え方をするのではなく、現在の収入でカードローンを持てないのなら諦めようという考え方も持ちましょう。

  • 契約者本人の返済能力があるかどうか
  • 収入と借り入れのバランスが合っているか
  • ときには借り入れを諦め、無理をしない

お金を借りていても借りていなくても、地に足をつけた堅実な生活をしていけるように努力することが大切なのです。

トピックス
ページトップへ