ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 転職すぐは教育ローン審査通りにくい?ローン審査と仕事の関係

転職すぐは教育ローン審査通りにくい?ローン審査と仕事の関係

家計の中でも子どもの教育費というのは、住宅ローンについで大きなウェイトを占める可能性があるものです。

私立校進学などで予定外の出費が必要になることも珍しくありません。どんなに計画的に貯金しているつもりでも、土壇場で足りなくなってしまうことは十分にあり得ます。

そんな時、助けになるのが銀行などの教育ローンです。ですが、転職したてなど仕事に関する不安要素があると、審査が通るかどうかという心配が出てきますよね。

ここではそんな気になる教育ローンの審査と仕事の関係について、正しい情報をお伝えしたいと思います。

主な教育ローン3種類

まずは基礎知識として、主な教育ローンの種類を理解するところから始めましょう。

  • 一般教育融資(国の教育ローン)
  • 金融機関の教育ローン
  • ノンバンク系教育ローン

教育ローンを利用する場合、選択肢は主にこの3つとなります。

一般教育融資というのは、国の金融機関である日本政策金融公庫が取り扱っている実質唯一の『国の教育ローン』と呼べるものです。

学生1人につき最大300万円までの借り入れが可能で返済期間最大15年と長めですが、利用に際しては年収制限があります。

民間では銀行などの金融機関と、消費者金融や信販会社といったいわゆるノンバンク系の2種類の教育ローンがあります。

業者によって借入限度額や返済期間、システムなどは様々で、経済状況や用途に応じて自由に選べるのが魅力です。中には限度額内であれば何度でも借り入れ可能なカードローンタイプの教育ローンもあります。

教育ローンの審査の難易度は?

この3種類の教育ローンを審査の難易度で比べてみると

一般教育融資>金融機関の教育ローン≧ノンバンク系教育ローン

このようになります。

一般教育融資を利用するにあたっては以下のいずれかが必要になります。

  • 生計を別にする連帯保証人の設定
  • 公益財団法人教育資金融資保証基金による信用保証の委託

さらに上で書いた通り年収制限もあり、利用のハードルはかなり高めと言ってもよいでしょう。

一方、金融機関にせよノンバンク系にせよ、民間の教育ローンに関しては基本的には保証人や担保などは必要ないものが大半を占めます。

どちらかと言えば金融機関の方がノンバンク系に比べて審査が厳しい傾向がありますが、近年では金融機関の中でも審査基準を緩和しているところもあり、その差はどんどん縮まってきています。

ただし同じ業者の用途自由な一般のカードローンと比べると教育ローンの方が審査が厳しいことは否めません。

これは、一般のカードローンよりも教育ローンなど目的別ローンの方が金利などの条件面で優遇されていることが大きいでしょう。

仕事が原因で教育ローン審査に通らないケース

仕事が原因で教育ローンの審査に通らないケースとしては、主に以下の3つが考えられます。

  • 収入が低い
  • 転職したて・転職回数が多いなどで勤続年数が短い
  • 自営業または派遣社員・契約社員などの非正規雇用

1つ目の年収が低いということに関しては、単純に返済能力が低いとみなされるということです。

教育ローンの場合は必要な金額があらかじめ決まっていて、それに合わせて希望額を出すことも多いので、それに見合う年収がないと返済能力に不安ありとして審査には通りにくくなります。

それに対して2つ目・3つ目はただ単なる経済的な返済能力ということではなく、安定性の低さという意味で審査結果に影響を与える要因となります。

勤続年数が短いと不利になる理由

教育ローンの場合、借り入れ額が数百万単位になることが想定されます。そうなると、返済には当然何年もの期間がかかることは考えるまでもありません。

高額・長期間の返済を確実に行うためには、ただ単にその時の収入が高いというだけでなく、将来的にも少なくとも同水準以上の経済状況を安定して保っていける見込みがあることが必要となります。

したがって、転職したばかりや転職回数が多いなどの理由で勤続年数が短すぎると評価された場合、安定した返済の見込みに不安があるということで審査に落ちる可能性があるのです。

目安としては、少なくとも2、3年以上はその会社での勤続実績があった方が良いと考えてください。

業者によっては、利用条件にあらかじめ勤続年数を明記しているところもあります。そうなると審査どころか申し込むことすらできないので、注意してください。

自営業・非正規雇用でも審査に通る確率を上げるコツ

自営業や契約社員・派遣社員などの非正規雇用者も、安定性という意味では公務員やサラリーマンに比べてどうしても基準点が低くなってしまいます。

そこで少しでもこうした職種の人が審査に通る確率を上げるための2つのコツをご紹介しましょう。

  • 会社の営業年数もしくは1つの職場での勤続年数が長い状態で申し込む
  • 年収や毎月の収入に大きな上下がないことを示す

2つのコツどちらにも共通しているのが、安定性の高さをアピールするということです。

不安定と評価されがちな自営業者や非正規雇用者だからこそ、より安定性を示すことが重要になります。

借り入れ額にも少なからず影響を与えるので、できる限り良い条件で申し込みができるようにしましょう。

信用情報にも要注意

仕事に関することとともに、教育ローン審査で注意してほしいのが信用情報です。

信用情報とは過去から現在までの個人の借り入れに関するデータのことで、信用情報調査機関という専門機関で管理されています。

特に過去の借り入れにおいてトラブルとみなされる行為があった場合にはそれが事故情報として登録されるようになっています。これが俗にいうブラックです。

ブラックになると、教育ローンはおろか、その他のローンやカードローン、クレジットカードの契約など様々な場面で審査に通らなくなってしまいます。
  • 3か月以上の返済延滞
  • 任意整理
  • 自己破産・個人再生など法的手続き

ブラックとなりうるケースとしては、主に以上の3つが挙げられます。

また、申し込み時点で他のカードローンなどで借り入れがあるケースも信用情報を照会するとわかってしまうので要注意です。審査の厳しい業者だと、他で借り入れがあるというだけで審査落ちしてしまう可能性もあります。

ブラックになってしまった場合はともかく、他社での借り入れに関しては極力清算してから教育ローンの申し込みに臨むことをおすすめします。

教育資金に一般カードローンを利用するメリット・デメリット

教育ローンで審査に通らなかった場合、銀行や消費者金融の一般のカードローンで教育資金を借り入れるというのも1つの手です。

上でも述べたとおり、教育ローンよりも一般のカードローンの方が比較的審査が甘いので、借りられる可能性は高くなります。

また、限度額内で繰り返し借入ができるカードローンスタイルだからこそ、むしろ臨機応変に利用しやすいということも言えるのです。もちろん、教育資金以外の用途に使うことも可能です。

ただし一般カードローンを教育資金として利用することにはデメリットもあります。それは金利です。

基本的に、教育ローンのような目的別のローンは用途を制限することでかなりの低金利設定で融資を行っています。ほとんどの場合、同じ業者でも教育ローンより一般のカードローンの方が金利が高くなってしまうのです。

確実にお金が必要になるので少しでも借りやすいローンを…となってしまうかもしれませんが、お金を借りる以上、返すことまでしっかり計画的に考えなければなりません。

しっかりメリット・デメリットを検討して、ベストな教育資金の借り入れ方法を選びましょう。

トピックス
ページトップへ