ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策

車のローン審査通らない…原因と対処法徹底検証

大半の人にとって、自動車というのは個人の買い物としては住宅の次に金額が大きくなるものだと思います。

キャッシュではなくローンを組んで購入するケースも少なくありませんよね。ただ、ローンを組むとなると気になるのが審査です。

審査に通らなければローンを組むことはできず、当然、車を購入することもできなくなってしまいます。

でもいざローンを申し込んでそれが通らなかったとしても、その具体的な原因を本人が知ることはなかなかできません。

そこでここでは車のローン審査を通らなかった場合に、考えられる原因とその対処法について徹底的に検証していきます。

車のローン審査を通らない3つの原因

ローンを組むなどのお金を借りる契約をする際には、必ず審査があります。その主な目的は本人の支払い能力の確認です。

原則としてローン審査を落ちてしまうのは、借入希望額に対して支払い能力が見込めないと判断された場合です。

支払い能力が見込めないと判断される原因となりうることは大きく分けて3つあります。

  • 信用情報に問題がある(ブラック)
  • 収入に対するローン割合が多くなりすぎる
  • 生活状況に不安要素がある

それぞれの原因についての詳しい解説とその対処法を以下でご紹介します。

ブラックはお金が借りられない

まず確実に自動車ローンの審査に通らないのは、信用情報に問題があるブラック債務者だった場合です。

個人のローンなどの借り入れやクレジットのような契約は信用契約と呼ばれ、それに関連するデータは信用情報としてすべて専門の機関(信用情報調査機関)で記録・管理されています。

そしてその契約中に特定のトラブルとみなされる行為があった場合、それは事故情報として信用情報上に掲載されることになるのです。この信用情報上に事故情報のある状態がいわゆるブラックです。

  • 長期返済遅延(約2~3か月以上)
  • 任意整理
  • 自己破産・個人再生などの法的な債務整理

事故情報として登録される可能性があるのは以上の行為です。

ブラックになってしまうと、車はもちろん住宅などの他のローンやカードローン・キャッシングのような個人借り入れ、そしてクレジットカードの契約などほとんどすべての信用取引で審査に通らなくなります。

どんな事情があれど、過去に借りたお金をトラブルなくルールを守って完済できなかったということで、個人としてのお金に関する信用はそれほど落ちてしまうのです。

事故情報が消えるのを待つしかない

一度ブラックになってしまったら、ローン審査に通る見込みはほとんどゼロです。信用情報はローン審査で必ずチェックされるため、ブラックであることは隠したりごまかすこともできないのです。

しかし希望がないわけではありません。信用情報上の事故情報は一定期間が経過すると消去されることになっています。

事故の内容 年数
返済延滞 1年~5年
任意整理 5年
自己破産 5年~10年

以上が主な事故と消去までの年数です。信用情報調査機関は複数あり、機関によって事故情報消去までの年数は異なります。

1つ注意してほしいのが、事故情報の消去までの年数カウントがスタートするのはその事故内容が解決した時点からになるということです。

事故情報登録後もトラブルを解消せずそのままにしている限り、それが消えることはないので万が一の際にはとにかく早く事故原因を解消することを心がけましょう。

事故情報が消去されればブラックではなくなるので、またローン審査に通る可能性が出てきます。

『ブラックOK』の業者は危険

インターネット上などで検索すると、『ブラックでも審査に通る』というローン業者が見つかることもあります。

しかしこうした『ブラックOK』のローン業者はかなりの高確率で危険な闇金融です。たしかにブラックでもお金を借りること自体は可能かもしれませんが、その代償は決して小さくありません。

  • 法定金利以上の高金利
  • 金利以外の高額費用の請求
  • 返済遅延時の強引かつ脅迫的な違法取り立て

闇金融で借り入れをした場合、以上のようなトラブルが発生する恐れがあります。どんなに急ぎでお金を借りたい時でも、闇金融を利用することだけは避けてください。

収入に対する適正ローン割合の考え方

収入に対してローンの返済額が占める割合が高すぎると判断された場合にも、審査に通らないことがあります。

一般的に、年収に占めるローンの返済額の適正割合は35%前後と言われています。これを超えると支払い負担が大きくなりすぎて生活に影響が出たり、最悪の場合ローンの返済が滞ってしまう可能性が高くなってくるとされているのです。

ローン業者によって年収に対する適正ローン割合の考え方は少なからず異なり、中にはもっと厳しい基準を設けているところもあります。

したがって、収入に対して年間のローン返済額が35%を超えてくると車のローン審査に通る確率はガクッと下がると考えておいた方が良いでしょう。

頭金を増やすOR保証人をつける

このようなケースで審査を通そうと思ったら、もっとも現実的なのは頭金を増やしてローンでの借り入れ額を減らすという方法です。

ローンに対する考え方は人それぞれですが、中には貯金はあるけれどローンでの借り入れを多めにして無理なく支払っていきたいという人もいるでしょう。

そのような場合には、当初の予定よりも頭金を増やしてローンの借り入れ額を減らすことで、年収に対する返済額の割合が減ってローン審査に通る可能性が高くなります。

頭金を増やす余裕がなく、ローンでの借り入れ額をこれ以上減らすことはできないというのであれば、保証人をつけることで審査に通すことができる場合があります。

基本的には車などの個人のローンで保証人が必要となるケースはほとんどないのですが、保証人という制度を利用することで本人だけでは不足する部分を補うというやり方自体は不可能ではありません。

ただし業者によっては保証人を付けるという対応ができない場合もあるので、必ず事前に相談してみたほうが良いでしょう。

他社借り入れが足を引っ張る

年収に対するローン返済額の計算は、車のローンやカードローンなどすべての本人名義の借り入れを合算して考えます。

したがって、車のローン審査の時点ですでに他の借り入れがある場合、それも含めて返済額の割合を計算することになるので確実に足を引っ張ることになってしまうのです。

そもそも他でお金を借りている状態で、新たに車のローンを組もうということ自体が不安視されてしまう可能性もあります。

もし車のローンを組もうと考えた時に他で返済中の借り入れがあるのであれば、先にそれを清算しておくことをおすすめします。

生活状況の評価項目とは?

信用情報や年収とローン返済額の割合に問題がなくても、現在の生活状況によっては支払い能力に不安要素があると判断されてしまうことがあります。

  • 雇用形態や勤続年数など仕事に関すること
  • 配偶者や扶養家族の有無と状況
  • 年齢
  • 家賃や住宅ローンなど住居関連のこと

生活状況の主な評価項目となるのは以上の要素です。

具体的には、仕事に関することでいえばアルバイト・パートや契約社員などの非正規雇用者は、正社員や公務員に比べれば評価が低くなってしまいます。また、勤続年数が極端に短いとそれも不利に働く可能性があります。

あるいは60代・70代というように年齢が高すぎると、同じ収入でも30代~40代くらいの働き盛りの人と比べると審査に通りにくくなります。

車のローンは原則として分割返済で、長期間にわたって支払いを続けていくことになるため、現在から将来的な見込みも含めて、ある程度安定した支払い能力が求められるのです。

そういう意味で、上で挙げたような項目の中で安定性が低いと評価される要素を持っていると審査では不利になるのです。

審査が甘いローンを探す

ローン審査の基準の中でももっとも業者によって差が出やすいのが、この生活状況に関する評価基準です。

したがって、生活状況が原因でローンの審査に通らなかったと考えられる場合には、より基準が甘いローン業者を探すことで希望の金額条件でローンが組めることがあります。

ただし一般的に審査が甘いローン業者はそれだけ金利が高くなる傾向があります。例えば銀行などの金融機関よりも消費者金融のようなノンバンク系の方が審査は甘いですが、反対に金利は高くなるところが大半です。

ローン業者を変えることを検討する際には、そういったメリット・デメリットのバランスもしっかり考えることが大切です。

トピックス
ページトップへ