ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査通りやすい所は?借りれるローンの見つけ方

ローン審査通りやすい所は?借りれるローンの見つけ方

カードローンのような個人ローンの借り入れ先を選ぶとき、金利などの条件ももちろん重要ですが、審査が通りやすいということを重視する人も多いのではないでしょうか?

どれほど好条件なカードローンがあったとしても、審査に通らなければお金を借りることはできないのですから、それは当たり前のことだと思います。

でも実際に審査が通りやすいカードローンをどうやって見つけるのかと言うと、なかなか難しいところですよね。

カードローン業者で、審査基準や審査の厳しさを具体的に公開しているところは基本的にはほぼありません。

そこでここでは、みんなが気になるローン審査の基準や借りれるローンの見つけ方について、詳しく解説していきます。

審査結果を左右する返済能力とは?

カードローン審査において、結果を左右するのは主にその人の返済能力の評価です。

カードローンのような個人に融資を行うサービスは、貸したお金が利息も含めて確実に返ってこなければ成り立ちません。

しかも、保証人や担保といったシステムも取らないため、できる限り低リスクな利用者にのみ融資を実行したいというのが業者としての本音です。

したがって、期日などのルールを守ってカードローンを利用できる返済能力を持っているということが、カードローン審査では何よりも重視されるのです。

ローン審査の厳しさは業者によって少なからず異なりますが、返済能力を最重視するということに関しては基本的にどこでも変わりません。

返済能力を評価する2つの基準

ローン審査では返済能力を評価するにあたって主に以下の2つの基準を設けています。

  • 経済的な生活状況
  • 信用情報

経済的な生活状況と言うと、年収というキーワードが真っ先に思い浮かぶかもしれません。確かに、年収は生活状況を評価する上で重要なポイントの1つですが、年収が高ければ必ずしもローン審査に通るかというとそうとは限りません。

生活状況に関しては年収以外にも以下のような様々な評価項目があります。

  • 雇用形態・勤続年数などの就業状況
  • 配偶者・扶養家族の有無、住居の形態など家庭の状況
  • 年齢

これらがそれぞれスコア付けされ、その総合点で結果が決まるのです。つまり同じ年収で同じカードローン業者に申し込んだとしても、必ずしも審査結果が同じになるとは限らないということです。

もう1つの信用情報というのは、個人の借入に関するデータのことです。信用情報調査機関という専門の機関で管理されており、ローン審査では必ず確認されます。

もし過去の借り入れに関して返済遅延や債務整理などのトラブルがあった場合、信用情報上に事故として登録されます。この状態が俗にいうブラックで、ブラックになってしまうとローン審査には原則通りません

つまりローン審査の厳しさで結果が大きく変わる可能性があるのは、生活状況の評価によってローン審査に通らなかったというケースであるということになります。

借りれるローンは口コミサイトで探せ

借りれるローン、審査に通るローンを効率よく見つけるためには、口コミサイトを活用するのがお薦めです。

口コミサイトというのは、インターネット上で開設されているカードローン業者に関する実際に利用した人の口コミを掲載しているサイトです。

口コミサイトでは、業者のホームページや条件別の業者比較サイトではわかりにくい、実際にどんな条件の人が審査に通っているのか、借入限度額がどのくらいになるのかという具体的な情報を手に入れることができます。

中には口コミ投稿者の条件で口コミを絞り込める機能を設けているところもあり、よりスピーディに自分に近い条件の人の審査の感触をつかむことができます。

口コミどこまで信じていい?

口コミサイトを利用するうえで難しいのが、個人の意見である口コミをどこまで信用していいものかということです。

口コミはあくまでもその本人だけの経験談であり、客観的にみてすべての情報が開示されているとは言えないので、条件が近ければ必ずしも同じ結果になるとは限りません。基本的には、参考程度、目安として考えておいた方が良いでしょう。

それでも、利用者の絶対数の多い大手の業者であれば口コミ数も自然と多くなるので、その信用度は高まると考えられます。一方、中小業者では口コミ数が少ないため偏った意見が目立ってしまうことも珍しくありません。

特に注意してほしいのが、以下のような利用者の口コミです。

  • ブラックの人
  • カードローンの利用ルールを守っていない人

上でも述べたとおり、ブラックではローン審査には原則として通りません。したがって、ブラックの人が審査に落ちたからと言って悪い評価を付けていたとしても、それは正当な評価とは言えないのです。

また、『返済がちょっと遅れただけで連絡が来た!勝手に連絡されたら困る』などの理由で低評価を付けている人がまれにいますが、こうした自分自身がルール違反を犯している人の口コミも参考にはなりません。

基本的には、信用がおけるのは余分な私情を挟まずに客観的な評価をつけている口コミのみと心得ておいてください。

審査なしのカードローンを利用するリスク

ネットや街中の電柱に貼ってある広告などで、『審査なしでも利用できる』と謳ったカードローンが見つかることがあります。

ローン審査に自信がないと、この『審査なし』というワードが魅力的に感じるかもしれません。しかしこのような業者は、闇金融の可能性がかなり高くなります。

闇金融であれば確かに宣伝通り、審査なしで必要な金額の借り入れができるかもしれませんが、それと同時に様々なリスクを背負う羽目になるでしょう。

  • 法定上限金利を超える金利請求
  • 金利以外の名目での支払い請求
  • 返済遅延時の脅迫的な違法取り立て

闇金融でお金を借りた場合、起こりうることとして上記のようなことが想定されます。

これらはすべてカードローンとしては違法な行為なのですが、闇金融はそもそも違法営業の業者なのでその点はお構いなしです。

登録番号で闇金融を確実に見分ける

うっかり知らずに闇金融に手を出してしまうことがないように、闇金融の見分け方を知っておきましょう。

闇金融を確実に見分ける方法は、登録番号を確認することです。

原則として、カードローンのような貸金業を始める際には国や自治体の認可が必要になります。その認可を受けた証明として発行されるのが登録番号です。

つまり、登録番号があるカードローン業者は正規業者、そうでないものは違法な闇金融ということになります。

ただし中には登録番号を詐称して正規の業者を装っている闇金融もあるので注意が必要です。登録番号や主な闇金融は金融庁のサイトなどでも確認できるので、少しでも不安に感じたら必ず事前に確かめておくようにしましょう。

ローン審査と借りれるローンの見つけ方

最後にここまでご紹介したローン審査と借りれるローンに見つけ方についてまとめておきましょう。

  • ローン審査の結果を決めるのは返済能力の評価
  • 返済能力は経済的な生活状況と信用情報を基準に評価される
  • 効率よく借りれるローンを見つけるには口コミサイトが便利
  • 審査なしで借りれるローンは闇金融の可能性が高く危険

賢く安全にカードローンを利用するためには、必要な知識を正しく身に着けることが大切です。

ぜひ上記のことを踏まえて、自分にぴったりの借りれるカードローンを見つけてください。

トピックス
ページトップへ