ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > やっぱり不安!ローン審査優しい所で借りるには!

やっぱり不安!ローン審査優しい所で借りるには!

今では誰もが当たり前にローンを組んでいます。日常的に利用出来るカードローンから、多額融資である住宅ローンに至るまで、生活のあらゆるシーンにローンが活躍しているのです。

しかし、金額の大小に関わらず、どんなローンを受けるのにも必ず審査があります。お金を貸す相手を調べて、キチンと返してくれるかどうかは重要なことだからです。

しかし審査を受ける側にしてみると、試験を受けているようであまり気持ちの良いものではありませんね。ですから出来れば審査の優しい所で借りたいと思う方は多いでしょう。

そこで審査の優しい所はどこか、また優しい所で借りるにはどうしたら良いかをご説明していきたいと思います。

ローン審査の基準とは

ローンにも色々あります。誰もが日常的に気軽に利用出来るものとしては、まずカードローンがありますね。申し込みはインターネットでいつでも出来ますし、審査も最短30分程度で、即日融資も可能です。

そのため審査も比較的緩いとされています。貸し付けの金額も少ないですし、金利も法定金利の上限の場合が多いですから、その分相手への信頼度も軽くて済むわけです。

ところが車や住宅のローンなど、多額のローンではそうはいきません。金額も大きく、貸付期間も長いですから、相手への信頼度が高くなくては貸せませんね。それにはやはり審査も厳しくなってくるのです。

しかし、そんなローンの大小に関わらず、どんなローン審査でも基本となる審査基準は変わりません。では、そのローンの審査基準をお教えしましょう。

  • 身元はしっかりしているか
  • 安定した収入があるか
  • 現在・過去の借り入れ、返済履歴

審査は基本、この3つを見ていると思って間違いはないでしょう。では、ひとつひとつをさらに詳しくご説明致します。

本人確認

これはお金を貸すうえで、まず最も大切なことですね。相手の氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先など、その人の身元がしっかりしているか、申し込み書の内容に相違はないかを確認するのです。

これは本人確認書との照合によって行われます。ローンの申し込み時には、必ず運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を提出しなければならないのはこのためです。どこのだれとも分からなければ、お金を貸すことは出来ないので、これは当然に行われます。

在籍確認

そして、お金を貸したら返してもらわなければ困ります。そこで貸す相手に安定した収入があるかどうかを確認しなければなりません。そこで行われるのが在籍確認です。

これは、申し込み書に記入された勤務先に実際に勤務しているかどうかの確認です。嘘の申告をしていないか、またちゃんと働いて安定した収入を得ているかどうかの確認ですね。

つまり返済能力を確認し、しっかり返済出来る相手かどうかを判断するのです。これもローンの審査ではとても大切な審査基準であるといえるでしょう。

信用情報機関への照会

そして大変重要な審査基準として過去の返済履歴や現在の借り入れ状況などがあります。現在他のローンでも借り入れがあったり、また過去のローン利用時に返済遅滞や返済不能などの履歴があった場合、返済能力に問題ありと判断されるのです。

他のローンの返済があれば、当然返済の負担も大きくなりますし、また過去に返済遅滞などの履歴がある場合、また同じようにキチンと返済してもらえないかもしれません。こうした借り入れや返済の履歴は、返済能力を判断するうえで重要な審査項目なのです。

そしてこの履歴は信用情報機関への照会によって行われます。個人のローン状況は、全て信用情報機関に登録されていますから、隠して申し込んでもすぐに分かってしまいます。

ちなみに返済遅滞などの記録は、その事実から5年間は記録が残っていますから、その間はどんなローンも組めないと思ってください。

ローン審査を比較

ローンの審査ではどんなところを見ているかをお分かりいただいたところで、今度はその審査における一般的なイメージを表にしてみました。

ローン先 一般的イメージ
消費者金融 優しい
銀行 厳しい
信販会社 普通

どうでしょう?皆様のローン審査へのイメージはこんな感じではないでしょうか。ローンの種類に限らず、各金融機関の審査の厳しさを順に表すと、まず銀行が最も厳しく、消費者金融が最も緩く、その中間として信販会社が位置するのではないかと思います。

しかし、例えば消費者金融でも高額ローンであれば、やはり審査は厳しくなりますし、逆に銀行でも少額融資のカードローンなら審査は緩くなります。金融機関ごとに厳しさが決まっているわけではなく、あくまでもローンの種類で審査の厳しさも違っているのです。

ローン審査で落ちないためには

こうして各金融機関、また各種ローンの申し込み時に行われる審査では、もちろん通る方ばかりではありません。中には審査に通らず、ローンを組めない場合もあるのです。この事実こそが、審査の優しい所を選びたいと思う理由ですね。

では、審査に落ちないようにするにはどうしたら良いかといえば、当然審査基準をクリアしていることです。具体的には次の3つです。

  • 安定した収入を得ること
  • 他社からの借り入れを完済すること
  • 過去の返済遅滞などの履歴が消えるまで待つこと

要するに、審査では全てその人の返済能力を見ているわけですから、この3つをしっかりクリアしていれば、大抵のローンは通るでしょう。

ただし、ローン先が銀行以外の金融機関の場合では、総量規制によって年収制限もありますし、また銀行でも、その人が返済出来る範囲内での融資しか出来ません。ですから多額融資の場合は、この3つをクリアしていても、通らない場合もあるので注意しましょう。

さらに、住宅ローンや車のローンなどの高額融資では、本人だけでなく、購入する物件への審査条件もありますから、その場合はさらに審査が厳しくなり、通らない場合も増えてきます。

また、信用情報機関の記録が無くなった後でも、以前返済遅滞や返済不能になったことのあるローン先には記録が残っていて、審査に通らない場合がほとんどです。もし新たにローンを申し込むのであれば、以前とは違うローン先を選びましょう。

これらの注意点を頭に入れたうえで、3つの条件を自分でチェックすれば、ある程度の審査には落ちないので安心してください。

ローン審査の優しい所とは

しかし、自分がローンの審査基準をクリアしているか不安な場合もありますし、たとえ条件を満たしていても、実際に審査を受けるというのは心配なものです。審査を待つ間は不安を感じる方も多いでしょう。

そこで審査の優しい所をと考えるわけですが、確かに公的機関や銀行よりは、消費者金融や信販会社のような貸金業者の審査が優しいといえるでしょう。しかし、これはあくまでも平均的な傾向であり、それぞれの目的別ローンによって、その厳しさも違ってくるのです。

なので絶対的な評価ではありませんが、まずローン審査の優しい所は消費者金融でしょう。そしてさらに大手消費者金融よりは中小消費者金融の方が審査は優しくなる傾向があります。

しかし、そうした中小消費者金融の中には闇金も混ざっている可能性があるので、あまりおすすめは出来ません。もし審査の優しい所ということで消費者金融のローンを利用する場合には、出来れば知名度の高い大手会社を選んでください。

ローン審査の基準自体はどこもあまり変わりは無く、また一定の条件を満たしていれば普通は通るものです。あまり審査の優しさだけでローン先を選ばず、信頼性や利便性なども考慮し、自分の目的に合ったローンを選ぶのが良いでしょう。

トピックス
ページトップへ