ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 何が原因?ローン審査が通らない場合に考えられることとは!

何が原因?ローン審査が通らない場合に考えられることとは!

今の世の中、生活の様々なシーンでローンが活用されています。ローンにもあらゆる種類があり、住宅ローンのような大きなものから、カードローンのように小さなものまで、多くの方が利用しているのです。

しかし、どのローンを利用するにしろ、申し込み時には審査を受けなければなりません。そしてこの審査というのは、意外と不安要素に感じる人も多いでしょう。自分が審査に通らなかったらどうしようという心配は、誰もがするものです。

そこで、特に審査の緩いカードローンが通らない場合には何が原因かをお教えしましょう。それを回避することで、安心してローンに申し込んでいただければと思います。

キャッシングはスピード時代

ローンの中でも、現代で最も利用率が高いのは、なんといってもカードローンでしょう。皆様にも最も身近な存在だと思います。

そしてこのカードローンのキャッシングというのは、今やとてもスピーディーで、インターネットで申し込めばその日のうちに借りることが出来るのです。

現在ほとんどのカードローンにおいて、審査は最短30分ほどです。24時間申し込み可能なうえに、審査がとてもスピーディーなので、正直不安に思う間もなく、契約が完了してしまうでしょう。

まるでネットショッピングをするような気軽な気持ちで申し込めますし、申し込んだ当日にお金を借りられるのです。スピード時代の今の世の中にしっかりとマッチしているのですね。

お金というのは借りたい時が必要な時ですから、このスピーディーさは大きな魅力です。しかもそのため、審査もそれほど厳しくはない傾向にあります。

カードローンの申し込み条件は安定した収入があることだけですし、誰もが利用出来るというのがカードローンキャッシングの大きな魅力ですから、キチンと働いていて収入のある方なら、不安に思うことなく審査には通るでしょう。

誰もが借りられるカードローン

このように、カードローンは誰もがお金を借りられるツールとして、幅広い年齢・性別・職業の方々に利用されています。その理由としては、カードローンの次のような特徴が挙げられるでしょう。

  • インターネットでいつでも申し込み可能
  • 最短30分の審査で即日融資可能
  • アルバイト・パート、主婦・学生でも申し込み可能

まず、今はどのカードローンもインターネットでいつでもどこでも気軽に申し込みが出来るという点です。そのため審査を受けるという感覚もあまりなく、気楽に申し込みが出来るというメリットがありますよね。

さらに、安定した収入があればアルバイトやパート、主婦や学生でも申し込みが出来るため、審査に落ちるという心配をそれほど感じることもないでしょう。

そしてなんといっても、審査時間が短いというのが、審査に対する安心を高めているのではないでしょうか。自分のことを色々と調べられるのは、誰だって気持ちの良いものではありませんから、すぐに結果が出るというのはそれだけで不安が軽減されるのです。

こうしてみると、カードローンの審査では、審査に通らない場合は少ないように思いますよね。ではそれでも落ちるというのはどんな場合なのでしょう。その説明をする前に、まずは審査ではどこを見ているのかをお教え致します。

審査ではどこを見ている?

では分かりやすいように、審査で見る項目と、その審査基準を表にしてみます。

審査項目 審査基準
本人確認 身元はしっかりしているか
在籍確認 安定した収入があるか
信用情報機関への照会 返済能力に問題はないか

この表でだいたいのところがお分かりいただけると思います。審査ではまず、申し込み時に提出する本人確認書類と申し込み書の内容に相違はないかを確認し、その人の身元がしっかりしているかを見ます。

そして次に、安定した収入があるかどうかを見るために、勤務先に電話をし、実際に働いているかどうかを確認します。ただし、アルバイトやパートの場合はこれは省略される場合もあります。

そしてもうひとつ、キチンと返済出来る人かどうかを見ます。それには信用情報機関への照会が行われ、過去に返済遅滞や返済不能となった履歴はないかをチェックするのです。

これらの審査項目と審査基準をみていかがでしょう。申込書に正直にキチンと記入し、ちゃんと働いて収入があれば、審査にはほぼ通ります。なので、まず審査に落ちる原因とされるのは、過去の返済履歴だといえますね。

もちろん生活面、収入面で何か問題があれば、それらも原因となるでしょう。

審査に通らないのは何が原因か

では、審査に通らない場合の原因として考えられることをひとつひとつ説明していきましょう。

本人に安定した収入が無い

まずは何といっても、唯一の申し込み条件である安定した収入が無い場合です。貸したお金を返してもらうには、相手が働いて収入を得ていることは必須です。ただし、安定した収入さえあれば、アルバイトやパートでも、また主婦や学生でも問題はありません。

これは申し込む時に自分でも分かっている事でしょうが、中には働いていても就職したてであったり、また不安定な職種であったりする場合は、それも審査に落ちる原因となります。

他に思い当たることが無ければ、この安定した収入として要件を満たしていないという場合というのも考えられるのです。

現在他社からも借り入れがある

また、現在他社からもローンなどの借り入れがある場合です。これも審査に落ちる十分な原因となるでしょう。

他の借り入れの返済もあるわけですから、返済負担は当然に重くなります。いくら安定した収入があっても、返済負担が大きければ返済出来なくなるという可能性も高くなるからです。

キチンと働いて収入を得ていても、他社への返済が大きい場合には、カードローンといえども審査に落ちることもあるのです。

また逆に、カードローンからの借り入れがある場合には、他の住宅ローンや車のローンなど、高額ローンの審査に落ちてしまう原因となり得るので、注意が必要でしょう。

過去に返済遅滞などの履歴がある

そして最も考えられる原因が、この過去の返済履歴です。一概には言えませんが、過去に返済が遅れたり、返済が出来なくなった人というのは、また同じような事態に陥る可能性が高いのです。

そのため返済能力が低いと判断され、審査には通りません。しかもそうした記録は信用情報機関に5年間も残っていますから、たとえ現在はキチンと返せる状況であっても、その事実が記録されている間は、どの金融機関からも借り入れが出来ないのです。

ですからお金を借りる場合は、くれぐれも返済に遅れることのないよう、また返済出来なくなるといったことのないよう、無理なく計画的に利用するようにしましょう。

ちなみに自分の返済履歴は、信用情報機関へ申請すれば開示が可能です。もしどうしても審査に落ちた原因が分からない場合、自分の情報を確認してみるということも出来るのです。

審査に落ちたら

ここでは主にカードローンの審査を例に挙げてみましたが、実のところ、どんなに大きなローンでも、審査に落ちる原因というのはほとんど同じなのです。もし審査に落ちた場合は、ここの挙げてある原因を考えてみましょう。

そしてそれを改善してから、再度ローン審査へチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

トピックス
ページトップへ