ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > キャッシングしててもピアノのローン審査に通る?

キャッシングしててもピアノのローン審査に通る?

楽器を趣味としている方は多いですが、そんな中でもお子様の習い事としてナンバーワンともいえるのがピアノでしょう。

しかしピアノを習うとなると、どうしても自宅にも必要となります。そしてご存知のように、ピアノは楽器の中でも大変高価なものですから、購入するとなると大変ですね。

そこで多くの場合、ローンを組んで買うことになるでしょう。そこで心配になるのが、現在すでにキャッシングをしている場合です。キャッシングをしていてもピアノのローンは組めるのでしょうか。

今やキャッシングを日常的に利用している方は多いですから、そうした心配や疑問が多く聞かれるようになりました。ではその答えをこれからご説明していきましょう。

ピアノを買うならローンで

お子様の習い事として、またご自分の趣味として、ピアノを演奏される方はとても多いと思います。そしてピアノを習う場合、やはり練習のためにも自宅に必要とされます。今は電子ピアノなどもありますが、当然本物のピアノで練習するのが一番なのです。

せっかくピアノを習うのであれば、やはり本物のピアノを買うのがベストでしょう。しかし、なんといってもピアノは高額です。いきなり買おうと思っても、すぐに手が出せるものではありませんよね。

そこでピアノを購入する場合、ローンを組む方が多いと思います。高額なピアノもローンを組んで支払えば、楽に手に入れることが出来ますね。しかもどうせローンで購入するのであれば、ワンランクうえのピアノを選ぶことも夢ではありません。

ピアノのローンとはどんなものか

では、実際ピアノの購入に当たってローンを申し込む場合、どんなローンがあるのでしょう。その主なものとしては、3つのローンが挙げられます。

ひとつはピアノを購入する楽器店などで扱っている、メーカーやお店と提携しているローンです。そうしたローンはピアノ、もしくは楽器専用のローンなので、手続きが購入と同時に出来て便利でしょう。

そして次に良く利用されるのが消費者金融などのカードローンキャッシングです。いわゆるフリーローンといわれる、使いみちが自由なローンですね。この場合、あらかじめお金を借り、ピアノを現金で一括購入するということになります。

そしてもうひとつ、銀行の楽器専用ローンです。全ての銀行にあるわけではありませんが、楽器を買う目的専用のローンが用意されている銀行は結構あります。この場合も現金を借りて一括購入するという消費者金融での流れと同じです。

では、これら3つの方法を表で表し、それぞれの特徴を比較して見てみましょう。

ローン先 特徴
楽器店・メーカーなどの専用ローン
  • 信頼性が高く初めてでも安心
  • 購入と同時に手続きが出来便利
  • 専用ローンならではのサービスあり
消費者金融などのフリーローン
  • インターネットでいつでも申し込みが出来る
  • 申し込みから借り入れまでがスピーディー
  • 借りてからの一括購入となる
銀行の楽器専用ローン
  • 信頼性が高い
  • 借りてからの一括購入となる
  • 低金利である
このように、それぞれに特徴がありますから、同じローンでピアノを買うにしても、自分に合ったものを選ぶ必要がありそうですね。

では、それぞれのローンについてもう少し詳しく説明していきましょう。

楽器店・メーカーの専用ローン

これは購入先で薦められる提携ローンです。もともとピアノ専用ローンですし、相手が大手の楽器店やメーカーであれば安心ですね。手続きも購入と同時に出来ますから、二度手間がありません。

しかも何年か後にピアノを買い換えたい場合などにも対応が可能など、残価設定型のローンならではのサービスもあるでしょう。

消費者金融などのフリーローン

これは今人気のカードローンですね。誰もが気軽に出来る使い道自由のキャッシングです。申し込みはインターネットだけで済みますし、申し込んだ当日にも借りられるので、すぐにピアノの購入も出来ます。

ただし、あらかじめピアノの代金を借り、現金一括でお店に支払うという流れになるため、二度手間的な感じがするかもしれませんね。しかし手続き自体が簡単ですし、何より気軽でスピーディーな点で、専用ローンよりも大きくリードしているといえるでしょう。

銀行の楽器専用ローン

全ての銀行にあるとはいえませんが、こうした楽器専用ローンを扱っている銀行は結構あります。銀行で借りるという大きな安心感が最大のメリットでしょう。

しかも銀行ならではの低金利も魅力ですね。ただし、借りてから購入するという流れは消費者金融のローンと同じなので、二度手間感はあるかもしれません。

ピアノのローン審査は厳しいか

では次に、これらのローンの審査に焦点を当ててみましょう。皆さんがご存知のように、消費者金融のカードローンは安定した収入があれば誰でも借りることが出来ますが、銀行の専用ローンや、ピアノ専用ローンの場合はどうでしょう。

実は、審査の厳しさ自体は、どのローンもあまり変わりがないのが本当のところです。ピアノ専用ローンにしても、結局のところ信販会社などが取り扱っている場合が多いですし、銀行も以前のように厳しいということもなくなりました。

それは、どのローンも結局は審査基準自体が同じだからです。ではその審査基準というものを挙げてみましょう。

  • 安定した収入があるか
  • 過去の返済履歴に問題はないか
  • 現在他社からの借り入れはないか

これらの審査基準によって、返済能力が判断され、審査結果が下されているのです。ここで気になるのが、他社からの借り入れがあるかないかという条件です。

今やカードローンなどでキャッシングを日常的に利用している人は多いですよね。それではいったい、キャッシングを利用している場合では、ピアノのローン審査に通るのでしょうか、通らないのでしょうか。

ではいよいよ、最も気になるその疑問についてお答え致しましょう。

キャッシングしてても審査通るか

しかし正直なところ、この答えはとても難しいのです。それは、現在しているキャッシング内容によるからです。

例えば、少額を短期間利用しているようなキャッシングで、まとまった額を借りていない場合や、現在の借り入れ残高が少ない場合などでは、キャッシングを利用していても、それがピアノのローン審査に落ちる原因となる可能性は低いです。

しかし、まとまった額をキャッシングしていたり、複数の金融機関からのキャッシングがある場合などは、ピアノのローン審査に落ちる可能性は高いでしょう。

多額のキャッシングや複数のキャッシングがある場合、返済負担も大きいですから、貸す側にしてみれば、ちゃんと返済してもらえるかどうか不安なのは当然ですよね。返済能力が低いとみなされるため、キャッシングが原因で審査に通らない場合もあるのです。

現在キャッシングしているなら

では、もし現在キャッシングしていて、ピアノのローンを組みたい時にはどうすれば良いでしょうか。

最も確実なのは、今あるローンを完済してしまうことです。現在のキャッシングを完済し、解約してしまえば、キャッシングが原因でローン審査に落ちることはありません。

しかし、それが出来ない時には、現在キャッシングしているところで、さらにピアノのための借り入れをすれば良いのです。いわばおまとめローンのイメージです。

今利用しているカードローンなどのキャッシング先で、さらにピアノの代金を借りれば何の問題もありません。ローンをまとめることで、金利も低くなりますし、返済の負担も、そして返済の手間も省けます。

ただし、借り入れ限度額を超えてしまう場合は、増額を希望するか、他におまとめローンの出来る、なるべく金利の低いカードローンに借り換えをすると良いですね。

とにかく、消費者金融や銀行のカードローンでピアノのローンもまとめて借りてしまうというわけです。

つまり、もし現在キャッシングをしているのであれば、さらにピアノの専用ローンを新たに申し込むよりは、ピアノの代金もまとめてキャッシングをしてしまえば良いのです。

そうすれば審査に落ちるという心配も軽減され、念願のマイピアノを手に入れることが出来るでしょう。

トピックス
ページトップへ