ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 審査に落ちた!ローン審査が通らない理由は教えてくれないの?

審査に落ちた!ローン審査が通らない理由は教えてくれないの?

現代では、キャッシングに対する偏見を持たない若い世代を中心に、カードローンの利用も急増しています。

そうしたローン人気の理由のひとつとして、誰でも申し込めるということがあるでしょう。安定した収入があれば、アルバイトやパート、また主婦や学生でも申し込みが可能なのです。

しかし、申し込みには審査があり、当然中には落ちる人もいます。その場合、何故自分が落ちたのか理由を知りたいものですよね。結果しか分からないローン審査ですが、通らない理由は教えてもらえないのでしょうか?

次に審査に通るために、落ちた理由を知るにはどうしたら良いのか、ここではそんな疑問にお答えいたしましょう。

ローン審査に落ちる理由とは

ではまず、ローン審査に落ちる理由として考えられるものを表にしてみました。まずはこれをご覧ください。

審査項目 落ちる条件
身元確認 申し込み内容と本人確認書の内容の相違
安定した収入の確認 在籍確認が取れない
返済能力の確認 過去に返済遅滞などの履歴がある

では、この表をさらに詳しく説明していきましょう。

申し込み内容に相違がある

まず申し込み時に入力された内容と、提出した本人確認書の内容に相違が合った場合です。身元の確認がしっかり取れなければ、当然お金を貸すことは出来ないのです。もちろん意図的に嘘の申告をした場合などは論外ですね。

そして、ここで主にチェックされるのが、住所や氏名、電話番号などの他、申し込み条件に欠かせない年齢などです。基本的な個人情報をチェックし、申し込んだ本人に間違いないかということも確認されるのです。

そして、その結果内容に相違や間違いがあったり、また本人ではないと判断された場合は、審査に落ちるということになります。

在籍確認が取れない

そして、キャッシングしたらキチンと返済をしなければなりませんから、安定した収入があるということが、申し込み時の唯一の必須条件です。それを確認するためには、実際に申し込み時に申告した会社に勤務しているかの確認を取るのです。

それが在籍確認の電話です。この電話で勤務先に在籍しているかを確認出来れば問題はありませんが、出来なかった場合は審査に落ちます。

過去に返済遅滞などの履歴がある

さらに、キチンと返済出来る相手かどうかを判断するために、審査では信用情報機関へ照会し、その人の過去の返済履歴を調べます。

そしてそうした記録が残っている場合は審査に落ちます。現在の状況に問題が無くても、ここに記録が残っている間は審査には通らないのです。

また、現在他社からも借り入れがある場合、その借り入れ額や返済状況によっても返済に無理があると判断されれば審査には落ちるでしょう。

落ちる理由ナンバーワンは?

では、こうしたローンに落ちる理由の中でも、よくあるものはなにかといえば、次の3つです。

  • 安定した収入が無い
  • 現在他社からも借り入れがある
  • 過去に返済遅滞や返済不能の履歴がある
まず大事なのは申し込み条件を満たしていることですから、当然安定した収入が無ければ審査には落ちます。もちろんカードローンの場合ではアルバイトやパートでも可能ですから、この安定した収入というのも審査基準は低いといえます。

それでも落ちるというのは、どんな場合かといえば、例えば就職はしていても、入社や転職したてで安定した収入の保証が無い場合や、職種によっては収入が不安定だと判断されるような場合です。

ちゃんと働いているのに審査に落ちた場合は、こうした理由も考えられるでしょう。そして、現在や過去の他社からの借り入れ状況というのも、審査に落ちる大きな理由のひとつとなります。

例えば、現在他社からも高額の借り入れや複数の借り入れなどがあると、返済負担が大きいですから、さらにお金を貸した場合、キチンと返済してもらえない可能性もありますよね。そのため審査に落ちる場合もあるのです。

また、過去の借り入れで返済遅滞や返済不能などの履歴があった場合も、審査には落ちます。こうしたキャッシングの記録は信用情報機関に全て残っていますから、すぐに分かってしまうのです。

そしてこの過去の返済履歴こそが、審査に落ちる理由としてナンバーワンともいえるでしょう。他の理由では、審査基準によっては絶対的に落ちるということはないかもしれませんが、この過去の履歴が残っている間は、絶対的にどの金融機関の審査も通らないのです。

落ちた理由は教えてくれない

しかし、審査に落ちた場合でも、何故落ちたのか、その理由を教えてもらえないことがほとんどです。ですから、今挙げたいくつかの理由のうち、自分に当てはまると思うものを考えてみるしかないのです。

ある程度はこれらの理由に少なからず当てはまるとは思いますが、やはり中には全く心当たりのないという場合もあるかもしれませんね。

でも大抵は、収入面で問題があったり、クレジットカードの支払いが遅れたことがあったり、意外とクレジットカードの利用額があったりと、何かしら理由はあるはずです。

中には落ちた理由を教えてくれる場合もありますから、その理由を改善すれば、次は審査に通るように出来ますね。しかし教えてもらえない場合はどうしたら良いのでしょう。

落ちた理由を知るには

ローン審査に落ちた理由を教えてもらえない場合は、自分で心当たりを考えてみるしかありません。収入面・生活面・クレジットカード・キャッシングなど、意外と思わぬ落とし穴もあるものです。

しかし、理由が分からないままだと、また次に他のローンに申し込んでも同じ結果になってしまうことも十分に考えられるでしょう。そこで、思い当たる点に焦点を当て、自分なりに改善してみるのが良いのです。

ただし、過去や現在のクレジットカードやキャッシングが落ちた理由であるか、そうでないかということだけは自分で知ることが出来ます。

信用情報機関に開示申請

自分の過去から現在に至るまでのキャッシング履歴は、信用情報機関への照会で審査されますが、実はこの情報は本人であれば開示出来るのです。ですから、申請をして自分の情報を確認することで、もしかしたら落ちた理由が分かるかもしれません。

実際にキャッシングはしていなくても、何度もキャッシングに申し込んでいたり、クレジットカードを何枚も持っていたり、またショッピングに多く利用していたりするだけでも、審査ではマイナス要素になります。

また、クレジットカードの支払いが残高不足などで遅れたなど、そのときは軽い気持ちで受け流していたものが、実は返済遅滞などの履歴として残ってしまっている場合もあるでしょう。

とにかく審査に落ちた場合、他に心当たりが無ければ、一度自分の情報を開示して見てみると良いと思います。

生活面、収入面を見直す

そして、自分の収入や生活面で落ちた場合は、少しでも考えられる条件を見直して改善してみましょう。これらも意外なところが落ちる理由になっていたりするものなのです。

例えば住宅を購入したばかりであったり、転職をしたばかりであったり、職業的に収入が安定していないものであったりと、生活面、または収入面で不安定な要素があると、ローン先の審査基準によっては落ちる場合もあるのです。

しかし、キャッシング履歴とは違って、こうした自分の環境によって落ちた場合は、その状況を改善すれば、次の審査には通るようにすることが出来ます。

特定するのは難しいかもしれませんが、考えられるところから、そして直せるところから改善し、再度ローン審査にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

トピックス
ページトップへ