ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローンの審査はどっちが厳しい?信販と銀行の場合ならどっち?

ローンの審査はどっちが厳しい?信販と銀行の場合ならどっち?

カードローンやキャッシング、業者からお金を借りる場合、返済能力があるのか、とか信用情報について、問題がないのか必ず審査が行われることになります。融資を受ける前に、どこの審査が甘いのかな?とか、厳しいのかな?とか思ったことはありませんか。

さらにお金を借りるといって、銀行や信販、消費者金融とさまざまあるので、どこに分類するものが比較的審査が厳しいのでしょうか。

今回は、銀行と信販ならばどちらの審査が厳しくなっているのか、書いていきたいと思います。

ローン審査はどっちが厳しいのか?

ローン審査、この場合はキャッシングやカードローンについてですが、どこの審査が甘くて、どこが厳しくおこなれるようになっているのか。少しでも甘いところが知りたいとかハードルが低いところを知りたいと思う人も少なくないのではないでしょうか。

たとえば、「銀行」と「信販」では審査に通ることができれば融資専用のカードを発行してもらえるようになっています。ではこの2つならば、どちらのローン審査が厳しくて、どちらが甘くなっているのでしょうか。

銀行と信販、どちらのローン審査が厳しい?

どちらのローン審査が厳しいというのは、正確にはわかりませんが、銀行のほうが審査が厳しいということはよく言われていますね。実際に銀行には落ちたけど、信販には通ったという人も申し込みをした人の中には少なくないのではないでしょうか。

ローン審査は、具体的にどのような基準で行われているのか、キャッシングやカードローン会社で働いていない限り知ることはできないのです。実際のところは信販のほうが厳しいということもある可能性も否定はできません。

一般的には銀行のほうが厳しいので、申し込みをしたときにでも頭に入れておいてもよいでしょう。

ローン審査は貸し付け条件によって厳しさが変わる?

ローン審査の厳しさは、そのローンの貸付条件にも影響されるのでしょう。利用する人が、より経済的に融資を受けられるような貸し付け条件になっていると、ローンの基準は高めに設定されていることが考えられます。

例えば、金利が低く設定されていたり、手数料がかからなかったり、正社員で働いていることが条件だったり・・・。最後のはキャッシングやカードローンによって条件になっていないこともありますが、このような場合だとローン審査は厳しいです。

現に比較的金利が高い消費者金融は銀行よりも審査に通りやすい、ということがよく言われているのです。逆に金利が低く、利息を安く済ませられる銀行は審査に通りにくいということを聞いたことがあるでしょう。

貸し付け条件が利用者にやさしいとローン審査は厳しい!

少し上で紹介したとおり、ローンの金利が低かったり、手数料がかからなかったりする場合審査は厳しくなります。

理由は金利が低くなれば融資をしている側は、融資を受けている人からとれる利息も少なくなる、より確実に返済してもらわなければいけないので、慎重に審査が行われるのです。

貸し付け条件がキャッシングやカードローンを利用した人においしい条件の場合、審査が厳しいということが考えられるので、申し込みするときはそれを考慮して申請するようにしましょう。

貸し付け条件によっては信販が厳しいこともある

カードによっては信販のほうが銀行よりもローン審査が厳しく行われるということも考えられるのです。たとえば、銀行よりも金利が低くなっていたり、手数料が無料になっていたり、このようなことになると信販のほうが厳しいということもあります。

必ずしも銀行のほうが厳しいというわけでもなく、申し込みの条件や貸し付け条件によってローン審査の厳しさが変わってくるので、よく確認しておくことが大切です。

信販と銀行、どちらを使えばいいの?

信販と銀行のキャッシング、カードローンならばどちらを利用したらいいのか、自分にはどちらがあっているのか。などどちらかを選ぶとなると、迷ってしまって結局融資を受けられないということも少なくありません。

ローン審査の基準でいうと信販のほうが通りやすいので、通りやすさで選ぶのであれば信販で融資を受けるのがよいでしょう。

信販と銀行にはそれぞれの特徴がある?

信販と銀行はキャッシングやカードローンという点では同じですが、それぞれに特徴があるので、選ぶときに注意してみるとよいでしょう。ローン審査以外で特徴をあげるとすると次のようなものを比べてみるとよいでしょう。

  • 総量規制
  • お買い物に使える
  • 融資額

信販と銀行を比べるならば、上記のものを比べてみて自分に合っているほうを選ぶとよいでしょう。信販と銀行の特徴についても紹介していきたいと思います。

信販、クレジットカードの特徴!どんな人に向いてる?

  • 総量規制の対象になる
  • お買い物に使える
  • 融資額が限られる

信販系のクレジットカードにはこのような特徴があるので、選ぶときに注目してみるとよいでしょう。総量規制の対象になるので、融資できる額が、自分の年収の3分の1未満と制限がかかってきてしまいます。

「借りすぎることが少ない」という点ではメリットに挙がるかもしれませんが、多額を融資したいという人にはクレジットカードは向いていないといえます。それほど多く借りないという人ならばローン審査も銀行より通りやすいですし信販系を選ぶとよいでしょう。

信販のカードはお買い物にも使える!

信販の扱っているカードには融資しか行えないものもありますが、お買い物をするときに支払いで使えるというものもあります。よく言われるクレジットカードと呼ばれるものですが、よくお買い物をする人にはオススメできるのです。

「ショッピング枠」と「キャッシング枠」を一緒にすることができるので、信販のカードが1枚あれば2つの機能を使えるという点も便利なところといえるでしょう。

カードを多く持ちたくないとか、よくお買いものをするという人には信販系でカードを発行してみるのもよいでしょう。

クレジットカードは融資を受けられる額が少ない

1枚のカードでキャッシングとショッピングで使えるのは便利な点なのですが、欠点もあるのです。

  • クレジットカードは融資額が少ない

最高限度額が最初から50万までとか割と低い額に設定されていることが多いので、融資を受けられる額に注意しなくてはいけません。さらに、信販は総量規制の対象にもなるので、年収が少ない人にとっては、それほど大きい額の融資には期待できません。

融資額には注意しなくてはいけませんが、信販はローン審査も銀行より通りやすい、2つの機能が1つになっているという点が便利なので、大きな額を借りない人にはオススメのカードといえます。

クレジットカードは海外でも使うことができる!

なんとクレジットカードは海外でも使うことができるようになっているのです。「海外に旅行に行ったとき」とか、「海外に出張中」という時にお金に困った場面があれば信販のカードで対応することが可能になります。

銀行や消費者金融は海外で使うことは難しいので、海外によくいくという人は信販のカードを持っておくと、いざいというときにも困ることが少ないでしょう。

銀行の特徴!どんな人に向いているの?

  • 総量規制の対象にならない
  • 多額の融資
  • 低金利融資

信販系と比べると、多額の融資もできさらに低金利になっているのが銀行のキャッシング、カードローンになります。総量規制の対象にもならないので、年収の3分の1を超える額でも融資を受けることができるのです。

ローン審査は信販に比べると、勤続年数や年収といったものが厳しいと思われるので、なかなか融資を受けることは難しいことも考えられます。融資を受けられる自身があるのであれば、信販よりも銀行のほうがスムーズに取引できるのでオススメです。

銀行ローンと銀行系カードローンがある?

少し紛らわしい話になってきますが、銀行ローンと銀行系カードローンというものがあります。「銀行ローン」というのは、決められた目的だけに使うことができるお金を融資してもらうことができるのです。

これに当てはまり、知っているであろうローンとしては次のようなものがあげられます。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン など

このように家を買う時に使えるローンだったり、車を買う時に使うことができるものだったり、このようなローンが「銀行ローン」と言われています。

銀行系カードローンというのは、何に使おうと自由なお金を融資してもらうことができ、大手の都市銀行が扱っている場合が多いです。

  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 楽天スーパーローン
  • バンクイック

このようなカードローンがよく「銀行系カードローン」と呼ばれていて、実際に利用しているという人も少なくないのではないでしょうか。

銀行ローンは審査が厳しくなっているの?

銀行ローンは銀行系カードローンよりも審査が厳しくなっているので、申し込みする場合はそれも考慮してから申請するようにしましょう。

ローン審査が厳しい理由ですが、やはり利用者がうれしい貸し付け条件になっていることが理由といえます。カードローンと違い目的が決められているので、より金利も低くなっているのです。

目的が決まっているのであれば、銀行系カードローンではなく、銀行の目的別のローンに申し込みをしたほうが自分の金銭面にもやさしいといえるでしょう。その分、申し込み条件・貸し付け条件・ローン審査は厳しいので覚えておきましょう。

信販と銀行ローンの違いはどこなのか?

信販 銀行
総量規制の対象 総量規制の対象外
買い物に使える 買い物に使えない
多額の融資ができない 多額の融資ができる
金利が高い場合もある 金利が低い

信販と銀行ローンの違いを表でまとめてみるとこんな感じになります。信販は融資できる額が少ないものの、お買いものをよくする人やカードを多く持ちたくないという人にオススメのカードといえます。

銀行は目的別のローンもあるし、目的が決められていないカードローンもあるので、あらゆる人にオススメできます。買い物に使うことはできませんが、多額の融資にも期待できるので、多額を必要としている人にもうれしいです。

信販と銀行、それぞれに特徴があるので、自分の求めている特徴を持っている方に申し込みをするとよいでしょう。

ローン審査に通りやすくするにはどうする?

ローン審査が厳しいといわれているところで融資を受けるならば、「どうすれば審査に通りやすくなるのか?」ということを知りたいとか気になると思ってしまう人もいるでしょう。

キャッシングやカードローンの審査に通りやすくしたいならば、長く仕事をして毎月安定した収入を得られるようになること。これに限るのではないでしょうか。審査が厳しいとか言われていても、長く仕事をしていて収入を得ていればほぼローンを組めます。

希望額を少なくするとローン審査に通りやすい

キャッシングやカードローンに申し込みをするときに、どれくらい融資を受けたいのか、希望額を入力することができます。これが、多額であれば審査も慎重に行われるので通りにくくなってしまいます。

逆に返済してくれる可能性が高い、比較的少ない希望額であれば審査に通りやすくなるといわれているのです。ローン審査が厳しいといわれている銀行や金利が低いなど利用者にうれしいローンにも通りやすくすることができます。

希望する額が特にないということならば、最初に希望額を少なくして申し込みしてみるとよいでしょう。融資できる額は後からでも変更可能ですので、枠が足りなければ後日手続きをして増やしてもらうことも可能です。

信販、クレジットカードに申込みできる人は

信販、クレジットカードの申し込み条件はそれぞれ少しずつ違いますが、18歳以上で収入を毎月得ている、という人だけが申込みすることが可能です。必ずしもこのような条件になっているわけではないので、利用したいカードがあるならHPで条件を調べましょう。

キャッシング枠をつけるなら申し込みの時に気を付ける

信販のクレジットカードは主にお買い物をするときに使えるものになっています。お買い物のカードにキャッシング機能も付けたいならば、申込みした時に手続しなければいけないのでここには注意してください。

信販にも融資専用のカードもありますが、お買い物に使えるものが多いので、申し込み条件や詳細をよく確認するようにしましょう。

銀行に申込みできる人は

信販とそれほど変わりはありませんが、カードローンならば20歳以上で毎月収入を得ている人ならば申し込みすることができます。ローン審査が厳しいとか言われていますが、信販や消費者金融の条件とほぼ違いはありません。

目的別ローンに申し込みができる人は

銀行の目的別ローンに申し込みができる人は、銀行カードローンと似たような感じですが、ほかにも条件が付くことがあります。正社員で働いていなければならないとか、年収がいくら以上必要、など条件が加わることもあるのでよく確認しないといけません。

カードを持つならばどちらか一つがいい?

最近はキャッシングやカードローンといってもさまざまな商品がありますが、あまり大差があるとは言えません。確かに融資できる額や金利には差がありますが、大手ならば大差はないといえるでしょう。

カードを複数持っている人も多いかと思いますが、1枚だけのほうが相手からの信頼も得やすいし、融資状況の管理もしやすいので1つだけと契約したほうが良いといえます。

キャッシングやカードローンと契約すると記録に残る?

キャッシングやカードローンを持つと、契約した人の情報は信用情報機関に記録されることになっていて、しばらくは情報が残ります。融資を行っている側から見れば、その人がどのくらい融資を受けているのか、ということも知られてしまいます。

複数持っていて、あちこちから融資を受けている人よりも1つのところから一点集中でお金を借りている人のほうが信用情報は高く評価されます。

多重債務になる可能性も高くなる

たとえば、銀行とも契約した、さらに信販のクレジットカードとも契約した、という人は多重債務になってしまう可能性も高くなってきます。融資の状況も管理が大変になってくるし、融資している額を把握していないと、支払いができなくなる。

という可能性も、複数から融資を受けている場合高くなってきてしまいます。もし、返済ができなくなったり、遅れてしまったりすると信用情報にキズがつくので、将来ローンを組む場合に影響を与える可能性も出てきます。

銀行なら銀行だけ、信販なら信販だけと1つと契約しておいたほうがメリットもたくさんあるので、できるなら契約数をあまり多くしないようにしましょう。

基本的に銀行のほうがローン審査は厳しい

ローン審査が厳しいのは、信販と銀行どっちかというと、基本的には貸し付け条件が優れている銀行のほうが厳しくなる可能性が高いです。もちろん、貸し付け条件によって変わってくると思うので逆になるという可能性もあります。

キャッシングやカードローンの審査では貸し付け条件によって審査の通りやすさや厳しさが変わってくるということを頭に入れておくとよいでしょう。

より審査に通りやすいキャッシングやカードローン

銀行よりも融資を受けやすいのは信販、その信販よりも融資を受けやすいのは消費者金融といえます。信販と銀行の審査に通る自信がないとか、すでに落ちてしまって何度挑戦しても落ちてしまう。

というような人ならば消費者金融に申し込みをしてみれば、通る可能性もあります。金利は高くなり、返済は大変かもしれませんが、銀行や信販で融資を受けられないならば消費者金融の利用を検討してみるとよいでしょう。

トピックス
ページトップへ