ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > アパートローンとは?ローンというくらいだから審査もあるの?

アパートローンとは?ローンというくらいだから審査もあるの?

お金に困っていて、どこからか借りようと考える人は、キャッシングやカードローンというものを思い浮かべる人も多いでしょう。確かにこのようなローンは多目的に使うことができて、いつでも取引ができるので、とても便利といえます。

ちょっとしたお金を借りたいならば、キャッシングやカードローンですが、お金を使う目的が決まっているという人は、目的が決められているローンを組むことを考えましょう。

目的別のローンの中には「アパートローン」というものがありますが、このローンはどのようなものになっているのか知っていますか?

アパートローンってどんなものなの?

アパートローンというローンがあるようですが、文字を見るとアパートで部屋を借りるときに使えるローンなのか?と考える人もいるかもしれませんが、このローンはそうではないようです。ではどんな時に使うことができるものになっているのでしょうか。

  • アパートを購入するためのローン

このアパートローンというのは、賃貸用のアパートを建てるための資金を貸してもらえるローンとなっています。

アパートローンと住宅ローンは違うの?

アパートローンと住宅ローンは同じような気もしますが、同じということはないので、間違えて選ばないように注意する必要があるのです。

アパートローンというのは、賃貸用、つまり事業用のお金を借りることができるローンになっています。対して住宅ローンは自分の家を購入するときのローンで事業用のお金を借りるローンではありません。

違いは事業用のお金を借りることができるのか・できないのかという点がこの2つの異なる点といえます。

アパートローンはどんな人に向いているローン?

アパートローンは、当然のことですがこれからアパートやマンションの経営をしたいという人に向いているローンといえます。

すでにアパートやマンションを経営している人でも申し込みは可能なので、これからアパートの経営をしたい、という人だけでなく現在経営している人も相談してみるとよいでしょう。

アパートローン、お金を貸してもらうためには審査が必要?

アパートローンでもキャッシングやカードローンと同様に、審査は行われるので、これに通過することができなければお金を借りることはできません。お金を貸してもらう以上審査があることは当然なので、面倒かと思いますが受けなければいけません。

ローン審査が甘いとか厳しいとか言われていることもありますが、厳しいといわれているほうがより丁寧に審査も行ってくれるので場合によってはいい場合もありますね。

アパートローンの審査ではどんなことが重要なの?

アパートローンの審査ではさまざまな情報が重要になってきます。土地の評価だったり、賃貸の収益性だったり、賃貸の計画だったり、重要なことはいくつもあります。

このローンでは、「賃貸用」のアパートやマンションを購入するわけですが、借りたお金はアパートローンで購入した、アパートやマンションの家賃で返済していくことになるのです。

当然ですが、購入したアパートに人が入らなければ返済もできなくなるわけなので、この点も慎重に審査が行われることになります。アパートローンで事業用資金を借りる場合は、よく計画を立ててから申し込みを行う必要があるのです。

アパートローンの審査は厳しく行われるのか?

アパートローン、アパートを経営するための資金を調達と聞くと審査が厳しいと考える人も少なくないのではないでしょうか。調べてみましたが、だいたいこの考えは当たっていて、審査は厳しく行われるのです。

キャッシングやカードローンとは違い、自分の安定性も重要ですがさらに、経営しているアパートが収益を上げることができるのか、ということも重要。ここは厳しく審査がされるので、よく計画を立ててから申請したほうがよいでしょう。

アパートローンは自分の属性も審査にかかわる?

アパートローンでは、アパート経営の計画が審査では重要になってきますが、属性も審査にはかかわってきます。関係ないと思う人もいるかもしれませんが、属性によって融資額も決まってくるので注意しましょう。

申請してきた人に返済能力があるのか、ということも割と重要になってくるので、自分の属性によってはローンを組めないということもありえます。属性だけがすべてではありませんが、返済能力があり安定した人ならば、アパート経営の資金の融資を受けやすいでしょう。

アパートローンによって審査の基準は異なる

アパートローンといってもさまざまな業者で扱っていて、業者によって審査の基準は違うと思っていいでしょう。このローンは都市銀行で扱っていることもあるし、地方銀行で扱っている場合もあります。

アパート経営の計画が審査で重要になるローンもあれば、申込みした人の属性が審査で重要になるローンもあるのです。不利な属性の人でも経営の計画をよく立てておけば審査に通るということも考えられます。

まあ、アパートローンに申し込みをするならば、属性と経営の計画の両方がよくできているほうが審査には通りやすいです。審査の基準は異なるとはいえ、両方を持っていたほうがいいことは確かといっていいでしょう。

アパートローンはどこで扱っているの?

アパートを経営したいと思っていても、肝心のアパートローンを扱っている銀行などを知っていなければ資金を借りることができません。都市銀行でこのローンを扱っているところは次のようなところなので、調べてみるとよいでしょう。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

多くの都市銀行がこのアパートローンを扱っていることが調べてみるとわかります。大きい銀行だし、実際に知っているという人や現在もお金を貸してもらっているという人も多いのではないでしょうか。

安心してローンを組むこともできると思うので、上記のような都市銀行でアパート経営の資金を借りるのもよいでしょう。

地方銀行でもアパートローンは扱っている?

アパートローンは地方銀行で扱っている場合もあるので、身近にある銀行から資金を借りることもできます。扱っていないという場合もあると思うので、ネットを使って調べてみるとよいでしょう。

  • アパートローン 地方銀行
  • アパートローン 地方銀行名

キーワードとしてはこのようなもので検索すれば、扱っている銀行を見つけることができるでしょう。都市銀行もオススメですが、地方銀行は親近感もあり融資を受けやすいといえるでしょう。

銀行によっては住宅ローンは扱っているけどアパートローンは扱っていないというところもあるので、よく調べて詳細を確かめることが大切です。

アパートローンと住宅ローン、どっちのほうが審査は厳しい?

アパートローンと住宅ローン、似たような感じのものですが、審査の基準としてはどちらのほうが厳しいのでしょうか。調べてみた感じでは、アパートローンのほうが審査の基準としては厳しいような感じがしました。

属性だけではなく、アパートを経営していくことができるのか、とか土地の問題などさまざまな情報も審査にはかかわってくるのでアパートローンのほうが審査が厳しい、という可能性が高いです。

確かに貸し付けの条件、金利などを見ると住宅ローンのほうが利用者にはやさしく、審査が厳しいように思うかもしれませんが、アパートローンもまた審査が厳しい。どちらが厳しいということは難しいですが、自分の属性と計画性ということがとても重要です。

アパートローンと住宅ローンを同時に組むことはできる?

アパートローンと住宅ローンを同時にくみたい!と考える人も少なからずいるようで、質問している人も見かけました。両方同時に組むことは、結果的なことを言えば可能となります。

アパートローンと住宅ローンで借りているお金を返済していけるのか、問題なく返済していけると判断してもらえれば同時に組むことはできるでしょう。

ただ、借りるお金があまりにも多すぎたり、借りる額に対して自分の収入が低かったりすると、同時に借りることは難しいといえます。要は、借りるお金をきちんと返済できるのか、ということが重要になってくるのです。

計画が大事といいますが、アパートローンと住宅ローンを同時に組むならば、問題なく返済ができるようにバランスをとることが大切です。

アパートローンの申し込み条件は?

キャッシングやカードローンと同様に、アパートローンにも申し込み条件というものが業者ごとに決められています。アパートを経営したい!という人全員が、このローンを使うことはできないので、条件を確認しておくことは大切です。

条件は銀行などによってさまざまですが、次のようなものとなっている場合が多いです。

  • 安定した収入を得ている
  • 満20歳以上

キャッシングやカードローンと同様な感じの条件となっているので、割とハードルは低いような感じもします。ただ、上記の条件のほかにも条件が決められていることがあるのです。どんなものかというと具体的にいうと次のようなものがあげられます。

  • 年収が200万円以上

申し込みの条件に前年度の年収額が申し込み条件になっていることがあるのです。この年収を満たしていないと、申し込みはできても審査に落とされてしまうでしょう。アパートローンを組む時には、申し込みの条件もきちんと見落としなく確認しておきましょう。

アパートローンはどんなものを購入するときに使える?

アパートローンという名前を見ると、アパートを経営したい人だけが使えるローン、というような考えもあるでしょう。このローンは経営するだけでなく、次のような目的の場合でも組むことができるのです。

アパートの購入や建築は当然のこと、リフォームの資金に充てることもできるし、低地を買い取りしたいというときにも利用することができます。借換資金にもできるので、このローンの使い道は割とたくさんあるのです。

銀行など、アパートローンを扱っている業者によって貸し付け条件や商品の内容は少しずつ変わってくるので、自分のしたいことにあっているローンを探して、ローンを組むとよいでしょう。

アパートローンは金利が高い?

アパートローンは目的が決められている分、キャッシングやカードローンと比べると金利は低めになりますが、目的別のローンとしては金利が高いといわれています。

金利には幅があって、銀行などローンを扱っている業者によってさまざまですが、住宅ローンに比べると高くなっているようです。

金利の方式にはいくつかの種類がある?

アパートローンによってさまざまですが、金利はいくつかの方式の中から選ぶことができるようになっています。「連動金利方式」というものと「固定金利選択方式」、そして「全期間固定金利方式」という方式があることが調べてみてわかりました。

銀行などによっては扱っていないという場合も考えられますが、方式は選ぶことができるようなので、自分に合ったものを選んでお金を借りるとよいでしょう。

住宅ローンでアパートを経営することができる!?

住宅ローンは家を購入するときに使えるローンになりますが、なんとアパートを経営したいときに組むこともできるようになっています。ただ、条件もあるので、それを満たしていなければアパートを経営することはできません。

住宅ローンでアパートを購入するためにはどうしたらよいのでしょうか。

アパートを住宅ローンで購入するためには

住宅ローンを組んでアパートを購入する場合には、いくつかの条件を満たす必要があるのです。ローンによってさまざまですが、条件としては次のようなものが挙げられます。

  • 賃貸併用住宅
  • マイホームが一定の面積以上

アパートを経営している賃貸に、自分もそこを自分の家として住む場合に住宅ローンを組むことができるのです。すめばいいというわけではなく、自分の家となる面積が一定の割合以上ある時だけ、組むことができる条件付きになります。

この「一定の面積以上」というのは、ローンによってさまざまに決められているようです。住宅ローンを組むときに詳細をよく確認したり、担当の人に良く確認したり、組むときによく確かめておきましょう。

アパート経営は住宅ローンを組んだほうがお得?

アパートローンは住宅ローンに比べると、審査が厳しかったり、金利が高かったりと利用者に欠点となるところがいくつかあります。これを踏まえると、アパート経営をするならば、住宅ローンを組んだほうが良い、ということも考えられます。

実際にその通りで、審査も住宅ローンのほうが通りやすいということも考えられるし、金利面も安く済むのでお得にアパート経営することができますね。

条件を満たしているなら住宅ローンを組む

既に紹介している通りアパート経営する場合、住宅ローンを組むこともできますが、いくつか条件があります。上で書いているので、確認するか、ネットで調べて確認してみましょう。

自分の家も併用していて、一定割合以上のスペースがあるならば、住宅ローンでアパートを購入することができるので、条件を満たしているならばアパートローンではなく、住宅ローンを組むとよいでしょう。

アパートローンはアパート経営したい人向けのローン

アパートローンはアパートを経営したいという人に、資金を貸してくれるローンになっています。次のような人にオススメできるものになっているので、あてはまるものがあるなら組んでみるとよいでしょう。

  • アパート経営
  • 賃貸住宅のリフォーム
  • 低地買取

など、ほかにもいくつもあると思いますが、このような人に向いているのはアパートローン。アパートを経営したいとか考えているならば、まずは詳細を確認してみるとよいでしょう。

トピックス
ページトップへ