ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策

アプラスのローン審査に通りやすい人・通りにくい人の特徴

キャッシングやカードローンを使うときに、審査が行われるということは、今や知らない人はいないのではないでしょうか。

似たようなものに、「クレジットカード」というものがありますが、これを使うときにも審査が行われることになるのでしょうか。例を挙げるとすると新生銀行グループのアプラスというクレジットカードがあります。

これを使いたいという場合、ローンの審査は行われることになるのでしょうか?行われるとしたら、通りやすい特徴や通りにくい特徴というのも同時に知りたい!ということを慎重な人は考えるのではないでしょうか。

アプラスのカードにはローン審査がある?

「アプラス」と聞くと、なんだかわからないという人もいると思いますが「新生銀行グループ」と聞くと思い浮かぶものもあるのではないでしょうか。

「アプラス」というのは、新生銀行グループが扱っているクレジットカードになります。個人は当然のこと、法人でも使うことができるので、さまざまな人が使うことができます。

もちろんクレジットカードを使うにはローン審査に通る必要があるので、まずは申し込みをする必要があります。

アプラスにはどんなカードがあるのか?

アプラスといっても、カードにもいくつか種類があります。カードによって利用方法は異なっているので、自分の属性やどんな場面でカードを使いたいのか、ようは自分にあったカードを選ぶことが大切です。

もちろんどのカードを持つにしても審査は行われることになるので、通ることが必須となります。

アプラスの審査ではどんなことを診断されるの?

忘れてはいけない点としてクレジットカードも借金、という点で、これを忘れて使いすぎてしまうと後で自分が困ることになるので注意が必要です。アプラスだけではないですが、審査では返済能力があるのか、ということが重要になってきます。

ほかにもどんな仕事をしているのか、勤務の年数などという情報もかかわってきて、つまりは申し込みをした人の属性を診断することになる。審査の基準は詳しく知ることは不可能なので、どんな属性を持っている人が受かるのか、具体的にはわかりません。

ただし、現在はネットで調べることもできるので、検索してみるとどんな人が審査に通りやすいのか、通りにくいのか特徴を知ることができるのです。

アプラスの審査に通りやすい人は?

アプラス、というよりもクレジットカードにとおりやすいという人にはいくつか特徴があります。たとえば、審査に通りやすいとよく言われている特徴としては次のようなものがあげられます。

  • 安定した職業
  • 正社員
  • 年収が高い
  • 借金がない
  • 勤務歴が長い

解説しないと分かりにくいかと思いますが、このような特徴を持っているという人はクレジットカードの審査にも通りやすいといってもよいでしょう。特徴についてわからないこともあると思うので簡単に紹介していきます。

クレジットカードに通りやすい安定した職業とは?

安定した職業というのは、ただ単に多く稼いでいるというだけではなく、仕事を失う可能性が低いということが重要。この点から考えると、公務員や大手の企業で働いているという人が安定した職業、と判断してもらいやすいです。

公務員や大きい企業で働いているという人は、アプラスの審査で有利になると思うので、カードの発行をしてもらいやすいといってよいでしょう。

正社員で働いているほうが審査では有利

アプラスの審査に通りやすいという人は、「正社員で働いている」という特徴を持っている人が多いです。上で紹介したとおり、安定した職業に正社員として働いている人はより審査で融資になり、カードを持ちやすいといってよいでしょう。

年収が高い人のほうが審査では有利?

高ければよいというわけではありませんが、年収は高いほうが審査にはいい影響を与えてくれるでしょう。公務員で正社員で働いていて、毎月安定して大きい収入を得ているという人はさらに審査では有利になるでしょう。

通りやすい特徴というのはいくつもあるので、それぞれでよい特徴を持っていれば、それだけ審査に通りやすくなります

勤務歴が長い人はアプラスの審査で有利?

アプラスだけではありませんが、審査では勤務歴もかかわってきます。クレジットカードの審査に通るという人は勤務歴が長いという特徴を持っています。

「勤務歴が長い」ということは、収入を得ていて返済能力があると判断してもらうこともできるし、「勤務歴が長ければ」仕事を辞める確率も低い。仕事をやめなければ返済能力もあるので、審査では通りやすくなるのです。

例によってですが、公務員を長くしていて毎月安定して稼いでいるという人はアプラスのカードを持ちやすいでしょう。安定した職に就いていない人でも、長く働いていれば、有利になれるので、実績を作ってから申し込みをする、という手段もあります。

クレジットカードの審査に通る人は借金がない?

クレジットカードの審査に通るという人は借金がない、という特徴があります。これが初めてのカードの発行という人ならば、審査に通る可能性も高いでしょう。ただし、借金がないということが、逆に不利になることもあるから注意が必要。

アプラスの審査に通りにくい人は?

アプラスのクレジットカード審査で落とされることもあるのですが、どんなことが理由で落とされたのか明確にすることは難しいです。落とされてしまう・通りにくい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

  • 申し込み条件を満たしてない
  • 属性に問題がある
  • 借金がある

落とされるのはただ条件を満たしていないだけ?

アプラスの審査に落とされてしまうのは、ただ単に申し込みの条件を満たしていなかっただけ、というものがあります。クレジットカードには申し込みの条件が決められているので、必ず満たしていなければいけません。

たとえ申し込みをするときに嘘を入力したとしても、結局はばれてしまうのでカードを作ることは不可能です。ちなみにアプラスのクレジットカードの条件としては次のようなものに決められています。

  • 18歳以上
  • 電話で連絡が取れる

「アプラスのクレジットカード」といっても種類がいくつかあるので、すべてこの条件になっているわけではありませんが、だいたいこのような感じになっています。収入が必要、というようなことは条件になっていませんが、審査ではかかわってくるでしょう。

属性に問題がある人は通りにくい?

アプラスの審査に通らないという人は、自分の属性に審査の基準を満たしていないものがある、ということも考えられます。残念なことに、落とされる理由は相手の業者から教えてもらうことは不可能なので、より細かくどの項目がダメなのか?

わからないので、クレジットカードのローン審査でどうして落とされてしまったのか、理由を見つけることは難しいです。ただ、仕事の雇用形態がアルバイト、収入がない、勤務歴が全くない、などという理由でも審査で落とされることがあります。

このようなことなら、自分の属性だからわかると思うので、雇用形態を変えたり、仕事をしていないならば仕事をしたり、勤務歴がないならば勤務歴を作ってから申し込みをしたり・・・自分の属性の悪いところを改善してから申し込みするとよいでしょう。

借金があるとクレジットカードに通らない?

最近のクレジットカードやカードローンといったものを、自分のお金と思って使っている人も多いと思いますが、これは借金であるということは忘れてはいけません。申し込みをした時点で借金がある場合、アプラスのローン審査に通らないことがあります。

「借金」といっても人それぞれ額が違うと思いますが、自分の収入に対して、融資を受けすぎている、具体的にいうと年収の3分の1借りている、借りられる状況にある場合、落とされる可能性があるのです。

アプラスのクレジットカードを発行したいけど、ほかのカードや消費者金融などで借りているという人は、完済、または借金を減らしてから申し込みしたほうがよいでしょう。

すでに借金がある人は、取引の履歴も重要?

ローン審査に落とされやすい人の特徴としては、すでに借金があり取引の履歴に問題がある、ということも挙げられます。借金の額も審査に影響を与えることもありますが、取引履歴も影響を与えることがあるのです。

たとえばクレジットカード、またはカードローンでお金を借りたり、お買い物をしたりした場合、借りたお金は返済、お買い物をした場合は支払いをしなければいけませんよね。返済・支払の期日は決められていると思いますが、これに遅れてしまっている。

とか返済・支払自体を行っていない、という人はローン審査で落とされることになります。

返済や支払いが遅れると信用情報に傷がつく

アプラスのローン審査に通らないという人は、借金がある人ならば取引状況を確認しておかなければいけません。少し前で紹介したとおり、返済ができていないとか遅れてしまっている場合、審査に通らないこともあります。

さらに、あまりにも取引状況がひどいという人は信用情報に傷がついて、「ブラックリスト」金融事故情報として残ってしまうこともあります。金融事故を起こしてしまうと、ローン審査に通らないので、すでに借金がある人は取引状況に注意しましょう。

携帯を分割で購入している人は通りにくい?

最近の携帯電話、スマートフォンなどが当てはまりますが、値段がするものも多く、分割払いで購入するという人も増えているでしょう。分割で購入している場合、本体料金を延滞している人は、クレジットカードのローン審査に影響を与えることがあります。

アプラスでローンくみたいならば、携帯電話の月学料金も遅延することなく返済するようにしなくてはいけません。

知らないうちにブラックになっている可能性が高い

一見関係ないような携帯電話の分割購入ですが、キャッシングやカードローン、クレジットカードのローン審査に影響を与えるので甘く考えてはいけません。

「よく審査に通らない」と言っている人は、携帯料金の延滞で「ブラックリスト」として事故情報が載ってしまっているという可能性も高いです。これが意外に多いようなので、アプラスの審査に通らないならば、過去の携帯料金の支払い状況も見直してみましょう。

もしもアプラスのローン審査に落とされてしまったら

アプラスのローンにとおるつもりで申し込みをしたとしても、ローン審査の結果落とされてしまうという人もいます。万が一に落とされてしまった場合どうなってしまうのでしょうか?

次に申し込みをしたら審査に通りにくくなってしまうのでしょうか。また、同じカードのローン審査で二度と通らなくなってしまうのでしょうか。不安も様々あると思いますが、あまり気にしすぎるのはよくありません。

審査で落とされたことは影響を与えることもあるが

たとえばアプラスのクレジットカードに申し込みをして審査で落とされてしまったとします。確かに落とされてしまった情報、申し込みをした情報は記録に残ることになりますが、そのあと二度とカードを発行できないというわけではありません。

初めて申し込みをしてみたけれど、審査で落とされてしまった。時間をおいてもう一度申し込みをしてみたら審査に通ることができ、カードを発行できた。違うところに申し込みをしたら審査に通ることができた。

というようなことはよくある話なので、一度落とされてしまったからと言ってアプラスやクレジットカードの発行をあきらめる必要はありません

何度も申し込みをすることはいけない

審査に落とされたから、次の審査に必ずおとされるというわけでもありませんが、「落とされたからまた申込み」これを繰り返していくと、確かに審査に通りづらくなってしまいます。

「申し込みブラック」なんて言葉を聞くかもしれませんが、審査に落ちてまた申込み、これを繰り返すとこの状態になってしまうのです。すぐに次のところに申し込みをしたいと思うことは悪いことではありませんが、あまり繰り返しすぎるのはよくありません。

アプラスの審査に落とされてしまい、別のところに申込み、同じところに申込みするならば、月に2-3件にしておくようにしましょう。それでも通らないならば、半年間月が経過してから申し込みしたほうが審査に通る可能性が高いです。

アプラスのローン審査に通りやすい人通りにくい人の特徴は?

アプラスのクレジットカードをお買い物するときに使いたいならばローン審査に通ることが必ず必要になります。審査の基準とかは詳しく知ることはできませんが、通りやすい特徴や通りにくい特徴というものがあるので、押さえておくとよいでしょう。

通りやすい人の特徴

  • 安定した職に就いてる
  • 収入が安定している
  • 勤務の実績がある
  • 借金がない・または少ない
  • 正社員で働いている

アプラスだけではありませんが、ローンの審査に通るという人はこのような特徴を持っていることが多いです。逆に次のような特徴もっている場合、ローン審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

  • 申し込み条件を満たしてない
  • 属性が弱い
  • 借金がある

落ちやすい人の特徴にはほかにもあると思いますが、主に重要なことは上記のようなことといってもよいでしょう。通りにくい特徴に当てはまるものがあるならば、改善してからアプラスに申込みするようにすると、通る可能性が上がるでしょう。

アプラスでは複数のカードを扱っている

新生銀行グループのアプラスでは、「クレジットカード」といっても複数のカードがあるのです。カードそれぞれによって申し込みの条件も異なるし、審査の基準というのも異なってくるはずです。

「細かくこれ以上の属性が必要だ」ということはわかりませんが、申し込み条件だけは満たしているのかよく確認する必要があります。

年齢の制限もあるし、収入を得ているのか、または得ていないのか、連絡は取ることができるのか、などカードによって条件はさまざまなのでアプラスのHPで確認してみましょう。

トピックス
ページトップへ