ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策

自動車ローンの審査では、こんな時に落ちることはある?

自動車に乗れる人で、ほしい車を購入したことがある人ならわかると思いますが、お買い物するときにローンを組むことができます。自動車ローンなんて呼ばれることが多いので、車を購入したことがない人でも聞いたことがある人も多いでしょう。

自動車ローンを組むのにも審査が行われるわけですが、「審査落ち」が気になりすぎて、なかなか組めずに車の購入を断念してしまうという経験ないでしょうか。そんな人はやはりどんな時に審査落ちするのか知りたいですよね。

審査が厳しいとか言われている目的別ローンの自動車ローン、どんな時に審査落ちしてしまうのでしょうか。

自動車ローンは審査が厳しく行われるの?

自動車ローンは、目的が決められていないカードローンよりもローン審査が厳しく行われます。厳しいので、自動車ローンを組もうとしても、審査で落とされてしまい、自動車を購入できないという人も多いのではないでしょうか。

また、自動車ローンを組みたいけれど、ほかのローン、キャッシングやカードローン・フリーローンなどほかのローンを組んでいるけど審査に通るのか?という疑問を持つ人も多いのでは?

ほかのローンを組んでいても自動車ローンは組める?

多くの人が気になることだと思いますが、ほかのローンを組んでいる人でも自動車ローンは組むことができます。審査が厳しいうえに、ほかのローンを組んでいるとあきらめる人もいると思いますが、組めないわけではないのであきらめる必要はありません。

ほかのローン組んでいても自動車ローンを組むことはできるので、車を購入するときにローンに申込みしてみましょう。

ローンを組んでいると、自動車ローンを組めない人もいる

キャッシングやカードローン、フリーローンを組んでいても自動車ローンを組むことはできますが、組めない人もいます。それはどんな人かというと、「借金がありすぎる」という人は返済のこともあり、ローン審査に落ちることがあります。

年収の30%ほど融資を受けている、という人は申し込みをしても審査に落とされる確率が高くなります。すでに借金がある人は、借入額が年収のどれくらいの割合になっているのか計算してみましょう。

ほかにもこんな理由で落ちる、というものはある?

自動車ローンを組みたいけど、どんな時に審査に落ちるのか、こんな時に落ちることはあるのか、と気になる人もいるのではないでしょうか。落ちるには何かしらの理由がありますが、実際にどのような理由で落とされるのでしょうか。

  • 仕事をしていない
  • 条件を満たしていない
  • 属性に問題がある
  • 信用情報に問題あり
  • 借金が全くない

借金が全くない人もローン審査に落ちる!?

自動車ローンを組むときに、借金があると審査で落とされることもありますが、逆に借金が全くない、ゼロという人も落とされる可能性があります。借金がないのにどうして審査に通らないの?と疑問に思う人はこれが原因の人も中にはいるかもしれません。

属性に全く問題がないとか思っている人が審査に落ちたなら、これを疑ってみるのもよいでしょう。

どうして借金がゼロの人は審査に落ちる?

借金がない人が審査に通らない、理由としては「信用情報がない」ということが原因になります。20歳で「信用情報がない」ということなら不思議はありませんが、30歳とかの人で信用情報がない人は逆に怪しまれます。

信用情報がないという人は自動車ローンを扱っている業者からすれば、返済能力も何もわからないので、落とされてしまうことになるのです。借金が全くないという人は、借金ゼロということが落とされる理由になるので覚えておきましょう。

多少借金があったほうが自動車ローンの審査では有利?

借金が全くない、信用情報がないという人よりも、借金があって信用情報がある人のほうが審査では有利です。ただし、借金の返済ができていないとか、遅延している人は不利になるので落とされやすくなります。

キャッシングやカードローン、自動車ローンの審査では借金があっても、期日までに返済ができている、信用情報に傷がないという人のほうが審査では有利です。

自動車ローンは仕事をしていないと落ちることがある?

自動車ローンを組む時点で仕事をしていないと、審査で落ちることがあります。というよりも、仕事をしていないとほぼ必ず審査で落ちるといってよいでしょう。

自動車ローンも借金なので、ローンのお金で車を購入した場合でも、自動車本体の料金は支払わなければいけません。当然ですが返済能力が問われるわけで、仕事をしていないとこの「返済能力」がないと思われ審査で落ちます。

自動車ローンを組むならば、仕事をしている必要がある

自動車ローンで車を購入したいならば、仕事をしていて毎月収入を得ている必要があります。最近のローンでは正社員で雇用されていない人でも、ローンを組めるなど基準は緩くなっています。

正規雇用の仕事を申し込み時点で見つけることは難しいと思うので、アルバイトでも仕事をすることで自動車ローンを組める可能性があります。

正規雇用でないと自動車ローンの審査では不利になる?

アルバイトなど正規雇用で働いていないと自動車ローンでは不利になることがあります。理由は収入が低いこともあるし、何よりも安定していないということが落とされる理由になるでしょう。

とはいえアルバイトなどでは必ず組めないというわけではないので、正規雇用でない人でも自動車ローンを組むことは可能です。

ですが、審査の基準が厳しいといわれている目的別ローンを組むなので、アルバイトなどの人はほかの属性がかなり良くないとローンを組むことが難しいと考えられます。

自動車ローンは申し込み条件を満たしていないと審査に落ちる

自動車ローンには「申し込みの条件」が決められているので、実際に申請することができる人が限られてしまいます。

キャッシングやカードローンにも申し込み条件はあり、目的別のローンもそれと同じでしょ!と思う人もいると思いますが、そうとは限りません。申し込み条件は目的がなくても組むことができるローンと比べて、条件が細かく決められていることもあるのです。

見落としてしまうと、申し込みをしても審査に落とされることがあるので、必ず確認してから申請するようにしましょう。

自動車ローンの申し込み条件にはどんなものがある?

目的別のローン、今回は自動車ローンですが、申し込み条件が細かく決められていることがあります。キャッシングやカードローンに比べると、厳しくなっているので満たしているのか確認するようにしてください。

  • 年収が○○○円以上
  • 勤務年数が○年以上
  • 来店できる人

と具体的にあげるとすると、このように年収や勤務年数が細かく決められていることがあります。年収でいうと100万以上とか200万以上、勤務年数なら1年以上必要という条件になっているところを知っています。

条件は自動車ローンにもよるので、必ずこのようなことが条件になっているということではありませんが、見落とさないように注意してください。

自動車ローンは属性に問題があると審査に通らない?

自動車ローンは属性に問題がある、という人は審査で落とされてしまうことになります。審査の基準自体はどうなっているかわかりませんが、通らない場合、属性に問題があることが考えられます。

たとえば、上で紹介したと思いますが、申し込み条件に「年収200万円以上」と決められている場合があります、この時に年収が200万を満たしていない場合、属性にも問題があることになるのです。

まあ、年収が200万円以上あっても落とされることもありますが、落とされる人は属性に問題があると、思ったほうがよいでしょう。

ローン審査の属性にはどんなものがある?

属性にはたくさんの項目があり、申し込み条件のところにもあった年収や勤務年数もこの中に含まれています。

  • 勤務先
  • 住居
  • 家族
  • 電話
  • 雇用形態
  • 借金
  • 借入件数

とこのように審査に影響を与える「属性」にはたくさんの項目があるのです。住居とか電話、といったローンには関係ないようなものも含まれているので、ほかにも関係ないようなものが含まれている可能性もあります。

最初に書いた通り、属性の基準がどのように決められているのかわかりません。ですが、有利になる属性というものが調べてみたらわかったので紹介していきます。

自動車ローンの審査で有利になるための属性は

自動車ローンで有利になるための属性をまとめてみると次のような感じになります。あくまでも審査に有利になるというだけなので、通る可能性が高いですが、落とされる可能性もあるので注意。

  • 勤務先:公務員・大企業
  • 住居:持家
  • 家族:有り
  • 電話:固定電話
  • 雇用形態:正社員
  • 借金:多額でない
  • 借入件数:なしまたは少ない

有利になるためには、このような属性を持っている必要があります。「家族」というのは結婚しているのかではなく、両親と暮らしていれば有利になるのです。借金や借入件数はなければ通りやすいと思うかもしれませんが、最初に書いた通り全くないと逆にマイナス。

ある程度借金があって、返済を遅れることなくできているという人は審査では有利になります。

自動車ローンは信用情報に問題があると審査に落ちる

自動車ローンをはじめ、キャッシングやカードローンなどお金の融資を受ける場合、信用情報が残ることになります。取引状況とかその人が借りることができる金額まで相手の業者にはわかってしまいます。

「信用情報に問題」というのは取引しただけでつくものではないので、借金していることが問題ということではありません。

ではどんなものが信用情報に問題があることになる

問題となるのは、お金を借りていて返済ができていない、という情報が信用情報の問題となるのです。さらに返済が期日までに行われていないという場合には信用情報の問題となることがあります。

つまりは、借金があるという人は期日までに毎回きっちりと返済ができている、という人だけが自動車ローンを組める可能性があります。すでに借金がある人は、今後の融資に気を付けるようにして、自動車ローンを組むためにも返済をきちんと行いましょう。

信用情報に問題がある人はブラックの可能性もある

自動車ローンに申し込みをした場合、信用情報に問題があると審査に落ちるわけですが、「ブラックリスト」に載っている可能性もあります。

  • 「信用情報に問題がある」

このような人だと返済ができていないということになるので、ブラックリストに載っている可能性が高いです。3か月以上返済ができていないとか60日程度以上、遅延しているという場合だとかなりの確率でブラックリストに載っています。

ブラックだと自動車ローンには通らないので、ローンを組んでの車の購入をあきらめるしかありません。一生無理というわけではありませんが、事故情報が消えるまではローンを組むことはできないといえます。

自動車ローンに申込みするときに嘘はつかない

自動車ローン以外で融資を受けているという人は「信用情報」ですぐに嘘をついたのかしての業者に知られてしまうことになります。申し込みをするときに、うそを入力しても相手からしたらばればれなので、審査に通りたいなら嘘はつかないようにしましょう。

自動車ローンは申込みするときの記入ミスで落ちることもある?

自動車ローンだけではありませんが、申し込みをするときにいくつか情報を入力する必要がありますよね。この時に、入力ミスをしてしまうという人も、申し込みをする人の中にはいるようです。

これにより、審査で落とされてしまうこともあるので、入力ミスだけには注意するようにしましょう。

急いでいるときはなおさら注意が必要?

早く自動車を購入したいから、急いでいる、という時に特に注意しなくてはいけません。急いでいる時こそ、入力ミスが起こりやすいので、急いでいる時はおちついて丁寧に申し込みをするようにしましょう。

自動車ローンは学生の人でも組むことはできる?

自動車ローンの申し込みの条件には年齢も定められていて、20歳以上となっている場合が多いです。20歳となると、まだ学生として学校に通っているという人もいるはずです。

年齢からすれば20歳の学生なら、年齢の条件を満たしているので申し込みはできるように思います。しかし、自動車ローンは学生では申し込みできない、と決められていることがあります。

申し込み条件に学生でも組めるのか書いてある

自動車ローンそれぞれに申し込み条件が決められていますが、学生が使えるのか、使えないのか条件のところに書いてあることもあります。

学生がローンを組めない場合、組めないと書いてあるので、申し込み条件はよく確認して見落とさないようにしましょう。

自動車ローンはどんな人が組むことができるのか

自動車ローンは属性のよって組めないという人もいますが、大きな問題がないという人はほぼ組むことができるでしょう。

  • 毎月稼いでいる
  • 年齢が二十歳以上
  • 信用情報に傷がない

今借金がある人でも、上記のような人ならば自動車ローンを組むことができるので、ほしい車があるなら、ローンに申込みしてみましょう。

お金を借りるなら目的が決まっているほうがお得!

キャッシングやカードローン、フリーローンのような目的が決められていなくても利用できるものもありますが、目的が決められているローンのほうがいい条件で融資を受けられます

いい条件で借りられるのはいいですが、その分、自動車ローンは審査の基準が厳しいので、信用情報に傷があるという人は融資を受けることは難しいでしょう。審査に落ちる理由や特徴といったものを紹介しているので、あてはまるものがないのか。

よく確認してから申し込みをすると、車を購入するときにローンを組める可能性が高いでしょう。

トピックス
ページトップへ