ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 審査が甘いと言われる銀行フリーローンは本当にお薦め?

審査が甘いと言われる銀行フリーローンは本当にお薦め?

銀行ではいろいろなタイプのローンがあります。住宅ローンなどの大きなものから、ちょっとした物を買いたい時に使えるようなカードローン。フリーローンなんてものもあります。

どのローンにしても審査はあるのですが、そんな中、銀行のフリーローンは審査が甘いという話があります。

本当に銀行のフリーローンは審査が甘いのか、お薦めできるのか。まずはカードローンとの違いから比較して考えるといいでしょう。

銀行も多くのローン商品を扱っています

消費者金融だけでなく、銀行も個人への融資に力を入れるようになってきました。貸金業法が改正されて、消費者金融が銀行に吸収合併されたり提携するようになってから、特にその傾向が増えたと言ってもいいかもしれません。

そんな銀行ですが、ローン商品をいくつか用意されていて、どう利用したらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

もちろんローン商品に代表される「住宅ローン」や「教育ローン」「カーローン」など、目的がはっきりしていてそのまま利用するのならば、細かい内容は兎も角、ローン商品の選び方に悩む事はないでしょう。

しかし、自身で目的がはっきりしているがその目的のためのローン商品がなかったり、複数の目的がある場合、どのローンを選んでいいのか判断に悩む所でしょう。

単純に金利だけで判断したり、審査が緩いと言われる商品をそのまま申し込んだり、人により選ぶ基準は違うでしょう。

そんな多くの商品に悩むのと同時にその違いをしっかりと理解している人もまた、少ないのではないでしょうか。1つの判断基準で間違えて選んでしまい、後で「しまった」と後悔する人も実際にはいます。

フリーローンとカードローンはどう違うのか

銀行のローン商品紹介欄を見ると本当にいろいろなローンがあります。その中でまず大きく分けるとしたら、使用目的がはっきりしているローンと使用目的が自由なローンに分けられます。

使用目的がはっきりしているローン 住宅ローン
教育ローン
カーローン
リフォームローンなど
使用目的が自由なローン カードローン
フリーローン
多目的ローン

住宅ローンや教育ローンなど、目的別になっている融資に関しては言葉通りで、説明するまでもないでしょう。

普段から利用している人ならば、今更なのかもしれないのですが、今まで借り入れなどを行った事がない人には、カードローン、フリーローンなどはその違いがわかりにくいと思います。

言葉だけで見れば、使用目的が自由という事はなんとなくわかるのですが、ではそれぞれ、どう違うのか。
 

  カードローン フリーりローン
金 利 フリーローンより高め カードローンより低い
融資までの時間 早い 時間が掛かる
融資と返済 限度額内であれば、
何度でも借り入れができる
一度借り入れしたら、
後は返済するのみ

これらの中で特に注目すべき大きな違いは、借り入れに関する事ではないでしょうか。

一旦借り入れても返済していけば、審査の際に決まった融資限度額に枠(余裕)ができます。その分、限度額内であれば新たに追加で借り入れができる。それがカードローンです。

例えば、限度額50万円だったとして、30万円借ります。その後、やはりまだお金が必要になったからと追加で20万借りる事ができます。

また、30万借りた後、返済して借金が残り20万円になったとします。しかし、またお金が必要になった場合、限度額50万円のうち、20万円の残り、30万円を追加で借り入れする事ができるのです。

フリーローンの場合、目的別の住宅ローンなどでもそうなのですが、フリーローンも一旦借り入れしてしまえば、返済していくうちに限度額にまた借り入れできる枠(余裕)ができても新たに借り入れする事ができない。ひたすら返済するのみです。

カードローンは何度でも借り入れできるメリットがあると同時に、なかなか返済が終わらないデメリットがあります。

逆にフリーローンは、返済が順調に終わります。しかし、新たに追加で借り入れする事ができません。(借り入れするならば、新たに契約を結ばなければいけません。)

ちなみに、多目的ローンはフリーローンと同じと考えていいでしょう。

どちらがいいのかは、人それぞれ、借り入れと返済についての考え方や利用の仕方によるでしょう。

カードローンの審査とフリーローンの審査は違いはあるの?

では審査についても違いはあるのか?審査というものは、元々銀行によって小さな違いはあるのですが、どんなローンでも全体的に見れば大きな差はないと言ってもいいでしょう。

では、同じ銀行のカードローンとフリーローンで比較したらどうか。審査内容に関しては、基本的な部分では差はないと考えていいでしょう。当たり前ですが、同じ銀行で二つ同時に申し込む事はできないので、その場で比べる事はできません。

ただ、違いは当然出てきます。その差は何か。それは審査の甘さの部分で差が出てきます。フリーローンの場合、状況によっては提出書類がカードローンよりも多い場合があります。

カードローンの場合、提出書類が少なくなっている傾向はありますが、フリーローンの場合、本人確認の書類だけでなく、収入証明書類や資金使途確認ができる書類の提出を求められる事があります。

銀行フリーローンは本当に審査が甘いのか?

審査については、ほとんどの違いはないとは言いましたが、審査の厳しさについては、多少なりとも違うのは当然かもしれません。

特に同じ銀行で比べてみればわかりやすかもしれません。もちろん同時に申し込みはできないので、その場でやってみて・・・と言う訳にはいきませんが、おおよその比較はできます。カードローンよりもフリーローンの方が、審査が甘くなります。

その理由はカードローンとフリーローンの大きな違いに掛かってくるのですが、それがそのまま返済能力に関わってきます。

カードローンのように、何度も借り入れが出来る場合、返済が計画的にしずらいものに対して、フリーローンの方が追加融資出来ない分、返済が計画的にできるというメリットがあります。

銀行としては、融資をしたが返済がしてもらえなければ意味がないので、計画的に返済してもらえる方が融資しやすいという面があります。

ただ、だからと言って全てのカードローンよりも甘いとも言い切れません。

A銀行のフリーローンの審査に落ちたが、B銀行のカードローンの審査には通った、と言うこともあり得るのです。

それぞれの審査の基準は違いますし、それが申し込みをした人の条件に合致するかどうかも、申し込んでみないとわかりません。当然、銀行での基準の違いもあるでしょう。

ですので、全体的に見ればフリーローンの方が審査が甘いと言えますが、それが絶対とは言えないのです。

フリーローンは本当にお薦め?

これらを参考にしてみると、フリーローン、特に審査が甘いと言われる銀行の場合においても、本当にお薦めといえるのかどうか。

  • 使用目的がはっきりしていて、1つの事のみに融資金を使う人
  • 契約まで時間が掛かっても構わない人
  • 銀行が求める場合、資金使途を証明できる書類を含めて提出書類が出せる人
  • 返済を早く終わらせたい人

これらの条件に沿う人ならばお薦めと言えるでしょう。

しかし、正直な話、本当にお薦めとは言い切れません。それは、ここにある内容がデメリットと受け取れる部分もあるからです。

まず、融資を急いでいる場合、利用しづらいという点があります。フリーローンでも即日融資を謳っている所もありますが、基本的に時間が掛かると考えた方がいいです。通常の目安は1週間くらいでしょうか。

また、提出書類も銀行が求めるだけそろえられるかどうかも問題です。これは申し込む際に確認が必要でしょう。

使用目的がはっきりしていて、それ以外には使うつもりは全くなければいいのですが、他にもしお金が必要になった場合、フリーローンだと基本的に対応できません。

新たに契約しなおせばいいと考える人もいるでしょうが、その場合、また審査があります。その時、必ず審査に通るとは限りません。返済が多く残っていればかえって難しいでしょう。

そもそも審査に甘いと言っても、銀行以外にも消費者金融だってカードローンを扱っています。それらを全部比較してみても、フリーローンが一番審査が甘いとも言い切れないのです。

人によっては、フリーローンよりも、銀行系のカードローン、消費者金融のカードローンが便利でいいと言う事もあります。

審査に落ちてからの注意点は

自分で考えて、結局フリーローンを選んだとして、審査に落ちた場合、どうしたらいいでしょうか。

もちろん、次を考えるでしょう。その場合はどうしたらいいでしょうか。

もしかしたら、担当者によっては銀行側からカードローンを勧められる場合もあるでしょう。だったら、他で借りようと思う人もいるでしょう。

他の場合ですが、気をつけなければいけない事は、次は落ちないようにしようと、やみくもにあちこち沢山申し込む事は避けた方がいいと言う事と、審査に落ちた理由は聞く事はできないまでも自分なりに分析する事です。

やみくもに申し込んだとした場合、それが銀行からの情報として信用情報機関に記録されます。銀行が信用情報機関として登録している「全国銀行個人情報センター」で申し込みの事実が記録される期間の目安ですが、6ヶ月ほどです。

一度に沢山申し込みをするとその期間、記録が信用情報機関に残り、他行にも同じ人物から申し込みがあった場合、情報が照会する事ができます。申し込みがあまりにも多い場合は、お金に困っていると判断されます。

事前に口コミなどを見て、自分と同じ条件の人が審査に通っているよな所に申し込む方が審査に通過する確率が上がります。(絶対とは言えませんが)

また、よくよく考えてみたら、自分に過去、債務整理や延滞などの金融事故を起こしている事がわかったら、しばらくは融資を諦めた方がいいでしょう。

金融事故の場合、記録は少なくとも5年、内容によっては10年記録が残ります。そうなると融資先はまず見つからないでしょう。

大変かもしれませんが、借金を返済しているつもりでコツコツと貯金をした方が、一番の近道です。

危険なのは、闇金に手を出すことです。世の中には、金融事故者でも融資をしてくれる正規の業者はなくはないのですが、上手く見極める事ができない人も多く、気付いたら闇金に掴まって泥沼に嵌ってしまう人も多くいます。

ローンを考える時、自分の属性、ローンの利用の仕方、いろいろ考えた上で決めるといいでしょう。

トピックス
ページトップへ