ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > どうして落ちる!?ローン審査ダメな理由とその対策方法

どうして落ちる!?ローン審査ダメな理由とその対策方法

消費者金融や銀行にカードローンなどの融資を申し込む際、関門となるのが審査です。これは、誰もが本当は避けて通りたいものですが、そうもいきません。

そんな中、自分では大丈夫だと思っていても、現実では審査に落ちてしまった。そんな人もいるでしょう。審査に落ちたのは何かしら理由があるのですが、自分では気付いていないのです。

一体自分のどこにその原因があるのか。正確には審査に落ちる理由は教えてもらえないのですが、ある程度の理由が推測できれば対策も練れるというものです。

銀行と消費者金融で審査の厳しさに違いはあるのか?

結論から言えば、厳しさに違いはあります。一般的に、銀行の方が消費者金融よりも審査が厳しいと言われていますが、これもあながち嘘ではありません。確かに全体的に見れば、銀行の方が消費者金融よりも審査の基準が厳しいと感じるものになっているでしょう。

ただそれは大まかな視点であり、個々で言えば、銀行が消費者金融よりも厳しいとは、言いきれません。よく、○○消費者金融の審査には落ちたが、△△銀行の審査には通った、なんて話もあります。全ての銀行が全ての消費者金融よりも単純に厳しいわけではないのです。

要は個人一人一人、収入も違えば家庭の状況も違い、生活に掛かる経費も違います。その人その人で、審査一つ一つの項目に合致するかは違うのです。

ですので、細かく言えば違いはあるようでないとも言えるのではないでしょう。

審査では何を重点に見られるのか

基本的に銀行も消費者金融も、審査の項目に大きな違いはありません。もちろん、会社などによって詳細部分に関する差はありますし、それに伴い、それぞれの審査の項目の見方には差があるでしょう。

また、銀行の方が審査が厳しいと言いながらも、一方で消費者金融と銀行とでの審査の差はあまり無くなってきているという話もあります。

これは銀行が消費者金融をグループ傘下に入れたり、吸収合併して銀行系のカードローンとして以前の消費者金融名で営業している銀行ができたり、また保証会社として提携したり、繋がりができたきた関係もあるでしょう。

だからと言って、全てが全て銀行と消費者金融の審査に差が無くなったわけではありません。金利の違いが物語っているように、審査もそれに比例するように厳しさは違います。

どちらにしても何を重点に置いて審査されるのか。審査は主に、借入者の信用情報と属性がチェックされるのです。

そして、審査の厳しさに違いはあるのですが、大抵の場合、度合いは違っていても審査に落ちる理由は結構似たようなものだったりします。

審査でチェックされる項目とはどんなものがある?

  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 住まいや電話(固定・携帯)の状況
  • 健康保険証の種類
  • 家庭(家族)状況
これらの項目を属性という形で、スコアリングと言って点数評価をします。この点数によって融資できるかどうかの一つの判断材料になります。点数が低ければ、すぐに審査で否決の判断がなされてしまいます。

それ以外にも審査の項目はまだあります。

  • 過去の取引の実績
  • 他社の借入先数
  • 他社の借入金額
  • 他社借入の返済状況
  • 延滞等の金融事故情報

こちらは信用情報に当たります。これらの項目は、かなり重要になります。

ちなみに過去借り入れの実績がある方は、これらの情報を参考にして「この人はきちんと返済できる人だ」と判断することができるので、初めて借り入れの人の方が有利とは限らないと言われています。

もちろん、過去の実績において、延滞などを起こしていては意味がありません。

審査項目の中で何が審査に落ちる理由になるのか

審査する会社や銀行によって可否のラインは違うので、はっきりと言いきれない部分もありますが、どういう形が有利か、または不利なのか、考え方はあります。

年収ですが、融資側としては、目安として200~300万円を基準にしていると言う話があります。もちろん、それ以下だから審査に落ちると決まったわけではありません。

ただ、収入が少ないと融資額が少なくなる可能性はありますし、逆に年収が高くても他の審査内容によっては落ちる可能性も高くなります。

勤務に関わる内容としては、当然、公務員や大手企業の会社員の方がポイントが高いのは仕方がないかもしれません。安定した収入が審査のポイントになっています。とはいえ優良企業でも、入社した、転職したばかり等の場合、あまりポイントにならない可能性もあります。

アルバイト・パートもOKとある場合も、条件としては借り入れが可能ですし、これも長年勤めていれば有利に働きます。ただ、他の項目の状況によってはかなり厳しくなる場合もあります。

家庭の状況も関係してきます。持ち家で長年住んでいれば問題ないでしょうが、アパートの一人暮らしで住居年数も少なければ、支払が出来なくなった場合、夜逃げのしやすい環境だと取られます。

また信用情報に関わる内容は特に要注意です。

借り入れの過去実績があればいいとはありましたが、それが現在進行形で借金がある場合は話が変わります。

他社からの借り入れがあり借入先が多ければ、当然その人の1社にあてられる返済金額は少なくなります。=返済ができるかどうか怪しいと判断されますので、審査に落ちやすくなります。

また借り換えを希望している場合、その旨を伝えなければ、他社借入があるのに新たな借入をするのでは?と勘違いされ、すぐに審査に落ちてしまう可能性が出てきます。

属性と信用以外にも審査に影響するのは一体どんな事

  • クレジットカードを多数持っている
  • カードローンを多数申し込みしている
  • 申し込み時の内容に食い違いがある
  • 総量規制に掛かる金額の借り入れがある

意外に気付いていない人も多いのですが、クレジットカードにはキャッシング枠もついています。このキャッシング枠も審査の時には例え使っていなくとも借入扱いになります。

カードローンをあちこち多数申し込みしている場合、本人は審査に落ちた時用の保険、念のため程度に思っていても、審査する方としては、あちらこちらに申し込みをしなければいけないほどお金に困っていると判断します。

もちろん、目安の数はあります。3社申し込みした場合は、微妙な所です。絶対とは言い切れませんが、せいぜい2社で抑えた方が無難です。

申し込み時に年収や過去の借り入れについてなどいろいろと申告しますが、これが違っていたりしたら虚偽と判断され、審査に落ちる可能性があります。人の記憶は結構いい加減なものです。また、「覚えていないから適当でいいや」という方もいるかもしれません。

審査する際には、信用情報機関にてその人の過去の記録を照会します。会社に関しても在籍確認したり、申込額によっては収入証明書の提出があります。

多少の年収の差やちょっとした違いなら勘違いや記憶の曖昧さと捉えてもらって問題ないでしょうが、大きな齟齬を見つけた場合は審査に影響します。

他社で借り入れしている場合、金額によっては総量規制に引っ掛かります。そうなると消費者金融ではすぐに審査に落ちますし、銀行の場合、総量規制が関係ないとしても返済の見込みが少なくなりますので、かなり不利になります。

過去に事故を起こしているとまず審査には落ちる

事故と言っても交通事故やケガをする事故ではありません。(ケガの事故も病院に通えばお金は必要ですが・・・。)審査に落ちる一番の大きな要因の一つとして真っ先に挙げられるのが、この金融事故を起こしている場合です。

金融事故を起こしている場合は、他社の借り入れはほぼ出来ないと思っていいでしょう。しかし金融事故が原因で審査に落ちた事を意外にも本人は分かっていない場合があります。

とはいえ、あまりにも大きな金融事故を起こして、思い当たる節がある人もいるでしょう。特に自己破産は一時は大きな話題に上りました。また自己破産まではいかなくとも、債務整理を行えば、自分でわかると思います。

自己破産も債務整理の一つに当たります。それ以外には、任意整理、民事再生がこれに当たります。

債務整理として行われる手続きのいろいろはどんなものがある?

  • 任意整理
    取引開始時に遡って利息制限法で金利を再計算することにより借入額が減額。(一昔前は利息制限法よりも大きな金利だった。)その上で元本のみを分割して返済する内容の和解を業者と結び、借金を整理する。
  • 民事再生
    住宅などの財産を維持したまま、借金の額や残った財産などにより金額が減額され、残りを返済していく。
  • 自己破産
    全ての借金の支払いができない状態を裁判所に認めてもらい、借金の支払い義務を免れる事。もちろん、ある程度の財産は処分されるなどのリスクはあります。

どの方法にしても専門家に手続きをしてもらわないと、なかなか上手く事が進まなかったり、時間が掛かったりします。また、借金が減額になったり返済がなくなったりしても、それに伴うリスクは当然あります。

債務整理をしたら信用情報機関に記録が残り審査に落ちる

リスクの一つとして、これら債務整理を行った場合、この情報が信用情報機関に記録されます。しかも、少なくとも5年は記録が残ります。場合によっては10年記録が残る情報機関もあります。
株式会社信用情報機関
(JICC)
5年
株式会社シー・アイ・シー
(CIC)
5年
全国銀行個人信用情報センター 10年

ここまではなくともたまに払い忘れをしていたり、ちょっとの間返済を滞らせたりする人もいます。自分ではうっかり、ほんのちょっとだからと思っていても貸す側からすれば、それが続けばお金にだらしなく、返済が見込めないと判断されます。

もちろん、延滞等の記録も同じ様に信用情報機関に記録されます。1回ちょっと忘れてしまって、後はきちんと返済できているなどならば問題ないですがこれが続けば事故者扱いになります。消費者金融も銀行も、きちんと返済する人にしかお金は貸してくれません。

こういった金融事故を起こす人は、まず審査に落とされます。

ブラックリストって本当にあるの?

よく「ブラックリスト」に載ってしまった、などと言う人もいます。その「ブラックリスト」ですが、実際に、存在するのでしょうか。

実はそんなリストはないのです。先に説明した通り、金融事故情報などが信用情報機関に記録されるのですが、リストという形ではないのです。

ローンの申し込み時に、消費者金融や銀行が信用情報機関にその人の過去の履歴を照会した場合、記録を見る事ができる、と言う事なのです。これをブラックリストと俗称のように言っているだけです。

もちろんリストそのものはないにしても、きちんと事故情報は残っており、それが照会した会社や銀行に伝わるので借金をした際には、返済忘れや無理な借り入れはしないようにした方が自分の為になります。

審査に落ちないようにするにはどうしたらいいのか

審査の落ちる主な要因がわかれば、自ずと対策も浮かんでくるはずです。

  • 最初の申し込み記入を大雑把に書かない
    (きちんと自分の事を把握する)
  • 心配だからと言って複数社に申し込みをしない
  • 借りられた場合は、きちんと返済して延滞や債務整理等の事故者にはならない
    (すでになっている場合は、記録が消えるのを待つ)
  • 使わないカードを持っている場合は整理する
  • コツコツと実績を作って信用を得る
  • 借り換えの場合は、きちんとその旨を伝える

これらの事を知っておき、努力する事で審査の可否の確立が変わってきます。(もちろん、いろいろな会社や銀行があるので100%審査に通るとは言い切れません。)

過去の実績がどうだったか忘れしまった、金融事故履歴がどうだったか、知りたい場合は、本人が申請すれば費用は掛かりますが見る事ができます。心配な人は確認するのも一つの手です。

勤続年数や、家庭環境など、自分ではどうにもできない事はあります。その部分は潔く諦め、自分にできる範囲で審査に通るような努力をしましょう。

トピックス
ページトップへ