ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > どうしても借りたい人必見!ローン審査の甘いところはどこ?

どうしても借りたい人必見!ローン審査の甘いところはどこ?

ローンの申し込みを検討する上で、まず悩む事はどこに申し込むかです。特に申し込みで行われる審査に通るか通らないかが問題になるわけで、誰もが審査に通りたいのは当然なのですが、その申し込み先により審査の可否は変わってきます。

そのため審査に通過するためには、なるべく審査の甘い所がいいと思うのも誰もが考える所です。しかし、審査の内容や基準はわからないので実際にどこが審査が甘いのかどうか、正直にはわかりません。では、どうやって探したらいいのでしょうか。

審査の甘いところはその人の条件による

カードローンやキャッシングを申し込む際に必ずふまなければいけない手順として審査があります。

これは、消費者金融でも銀行でも同じです。広く言えば、住宅ローンやカーローンのような目的別のローンだって審査はあります。

ローンには付きものの審査ですが、ローンを考えている人にはこの審査は、必要とはいえとてもやっかいなものです。借りれると思ってあてにしていたら最後で審査に落ちた、なんて事になったらがっかりどころか腹立たしいほどになるでしょう。

とりあえずカードローンのカードだけ作っておくか、と言う人は兎も角、一日でも早くお金を用意しなければいけない人は、審査に落ちたら目も当てられません。できれば審査に落ちずに先へ進みたいはずです。

そうやって考えると、誰もが、審査が甘い所へ借りたいと思うでしょう。では、その甘いローン審査のところはどこになるのでしょうか。

審査の甘いところですが、はっきり言えば一概には言えません。実際に申し込む人間は、多種多様だからです。

  • 公務員・会社員
  • 派遣社員・パート・アルバイト
  • 自営業
  • 専業主婦・無職

職業別で考えてもこれだけ分けることができます。また、会社員一つとっても会社の形態で収入は変わってきますし、会社の規模でも判断が変わってきます。

職業関連以外にも生活状況によって返済能力は変わります。年収が多くても元々の出費が多いような生活をしていれば、ローンを組んでも返済が心配される事になります。今は収入が多くても転職が多い人は、先の事はわからないと判断されることもあります。

カードローンの条件としてまず挙げられる事が「安定した収入」です。消費者金融にしても銀行にしても、返済できるかどうかの判断が審査の目的になりますので、細かい状況まで審査に影響されます。そのため、審査が甘いと言っても必ず万人に通用する事とは限りません。

とはいえ、大まかに甘いところの目安はつける事はできるでしょう。自分がどういう条件や状況か、それが一般的に言われる審査の甘さに当てはまるのか、比べて見る事はできます。

消費者金融と銀行では銀行の方が審査が厳しいと言われているが

カードローンの融資先として考えられる先は、いくつかあります。消費者金融と銀行です。一般的に消費者金融と銀行では、銀行が審査が厳しと言われています。

「銀行も審査が甘いところはある」という意見もありますが、それは「そういうところがある」という事で、全体的に見れば銀行は消費者金融よりも審査が厳しいと言っていいでしょう。

じゃあ、どういう銀行が審査が甘いのか。それは先に会った通り、人によります。

銀行は消費者金融よりシビアなので、甘い審査をする前に申し込みの段階で条件が絞られていたり、実際には(広告には載っていないが)審査項目としてある程度の条件が決まっていて、その条件に当てはまる人が実は審査に通っているなんて事もあります。

甘いと言われて申し込んだのに審査に落ちた、なんて事も意外にあります。

また、審査が甘いということは、その分のリスクを考慮して、金利が他行よりも高めに設定されている事もあります。

例え審査に通ったとしても融資額が抑えられていて、想定以上に借入額が少なかった、なんて事もありえます。

現実では銀行に甘いところがあるとしても、どこかでその分のリスクはあるものです。もちろん、元々の条件が厳しくとも自分の希望に沿えば申し込む意味はあるでしょう。

消費者金融大手の場合の甘い所を見定める方法は

大手消費者金融の場合、全体的に銀行よりも審査が甘いと言われています。それはある程度、正解だと思っていいでしょう。

ただ、いろいろな会社があるので、全部が全部と言う訳ではありません。もちろん、その中で条件が甘いとみられる会社を探す目安はあります。

借りる側の条件や状況にもよりますので、一般的に審査が通りやすいと言われる場合になりますが、どういった会社がいいのか。

それは、頻繁にコマーシャルをしている所です。どうして?と思う人は多いでしょう。

消費者金融の場合、審査を通過して、借り入れ、返済を繰り返して継続して利用してもらえなければ商売になりません。ずっと利用している人はいいのですが、みんながみんな返済してしまえば、会社としては利益が出ません。(もちろん、みんなが一斉に返済するような事はないのですが)

利益を増やすには、継続利用もそうですが、新たに顧客を増やす必要があります。では、新たに顧客を増やすにはどうしたらいいのか?

コマーシャルを多く流し、アピールすることです。当然、世の中の認知度が上がり、多くの方が申し込みをするようになるでしょう。

しかし、コマーシャルによって新しく申し込みが増えるとはいえ、審査で落ちて顧客自体が増えなかったら意味がありません。下手をすれば口コミなどにより、悪いイメージが付きかねません。

返済できるできないを判断する為の審査ですが、あまりに厳しいとせっかくコマーシャルを見て申し込みをしても顧客が増えない事になってしまいます。ですので、単純にコマーシャルをたくさんしている会社は全体的に審査が甘いと考えていいと思います。

また、世の中というは常に競合していて、他社に顧客を取られないようにする事にも力を入れるものです。いくつかの会社が競うようにしてコマーシャルを流しているという事は、審査も甘くなってくる傾向が出てきます。

提出書類の量や審査の早さも目安になる

コマーシャルなんてあっちもこっちもやっているじゃないか、そんなものではわからない、と言う方もいるかもしれません。

他にも審査が甘くなりそうな要因としては、提出書類の量や審査の早さも目安になります。

即日融資を謳っているような、審査の早い所は、時間を掛けない分、じっくり申し込み者の状況を吟味しないと考えられます。もちろん審査に手を抜いている訳ではなく、合理的に進められます。となると、審査そのものが単純なものに近い事が容易に想像されます。

提出書類が本人確認のみという所も最近は増えました。銀行の場合、消費者金融と違って総量規制の縛りがない為、年収の確認が多少なりとも省略化されているのが想像できます。

もちろん、返済が出来なければいけないので全く審査の項目にないとはいえないでしょうが、ある程度の簡略化はされていると考えられます。

と言う事は、その分の審査が甘くなっていると考える事ができます。

ただ、注意しなくてはいけないのは、逆に条件が絞られている可能性もある事です。自分がその条件に当てはまらない場合や微妙な場合は、手っ取り早く審査に落とされる可能性も少なからずあると言う事は頭に入れておいた方がいいでしょう。

中小規模消費者金融の場合はどこが甘いと考えるのか

大手のようにコマーシャル力がない中小規模の消費者金融も、会社数は多くあります。地元密着と言う言葉は適切ではないかもしれませんが、地域に根差した中小規模の消費者金融があるのものまた事実です。

そんな中小規模の場合は、どこが甘いと見ればいいのか。口コミも大手ほどはないだろうから、見極めは難しいかもしれません。とはいえ、審査が甘いというような所は、結構口コミが入っているものです。

ただ、これもやはり万人に通用するわけではありません。とはいえ、元々甘いというよりも甘くしてもらう事は可能です。

中小規模の場合、審査が大手のようにインターネットで簡単にできるような、条件のみで判断されないからです。もちろん、大手消費者金融も最終的には、人の判断が入ります。

できれば中小規模消費者金融の場合、店舗に訪れ直に会って申し込みをする方が、審査に通る可能性が上がります。

直接担当者に事細かに説明をする事によって、条件だけでは審査に落ちるような人でも、実際に会って人となりを見て、この人はきちんと返済してもらえるだろうと判断され、審査に通る事もあります。

年収や家庭状況だけではない、真面目だとか責任感があるなどの人としての要素も、意外にお金の返済に関しては大事なポイントなのです。

例えばおまとめローンに力を入れているなど、会社独自のカラーがある所は、その条件にあった人は有利でしょう。

気をつけなければいけないのは闇金に借りること

ただし、中小規模の消費者金融を視野に入れて借入先を探す場合は、注意が必要です。闇金が多く潜んでいます。正規の業者か闇金かを見分ける必要があります。

これはやはり、口コミを見るといいでしょう。結構口コミは参考になります。

また、正規な業者かどうかを判断するには、その会社が貸金業として都道府県や財務局に登録しているのかどうか、きちんとチェックした方が確実です。

貸金業者として登録していれば、登録番号を必ず表記しています。また、中小の場合は必ずではないのですが、貸金業協会にも登録し、会員番号も合わせて載せています。

貸金業としての登録番号ですが、稀に闇金が番号を偽装している可能性もあるので、金融庁のホームページで検索を掛けて正規に登録されているのか、偽装の番号なのかを見極める事もした方がいいでしょう。

中には知名度のある会社と似たような会社名を語る業者もいます。申し込む前に必ず登録番号も含めて会社名もきちんと確認しましょう。

主婦の場合はどうすればいいのか?

主婦もパートやアルバイトをしている場合は、収入があるので考え方や借入先の探し方は他と同じです。

問題は専業主婦になります。これはまた、別の視点で審査の甘い所を探した方がいいでしょう。

まず、専業主婦は消費者金融から借り入れする事は基本的にできません。これは総量規制の問題になります。収入が無ければ、総量規制に引っ掛かるのは仕方がないでしょう。

ただ、夫の収入が審査の対象になるような申し込みをする事はできます。しかしこれは、審査の甘さを考える以前に夫の同意が必要だったりと手間が掛かります。特に夫に内緒の場合はまず無理です。

となると専業主婦も借り入れができると謳っている銀行が対象になります。これが結構、ポイントになります。

専業主婦でも借り入れができるとアピールしている場合、そこに力を入れている事が多分にあります。ということは、専業主婦にたいしての審査基準が甘く設定されていると予想されます。実際に多くの主婦が利用していたりします。

ただしその分、融資額の上限が収入のある職業の人たちよりも少ない事がほとんどで、これは仕方がないでしょう。

会社により傾向はあるが

大まかな目安はわかったとしても、1つ1つの会社や銀行に対しては、なかなかその目安はわかりません。基本的に項目は似たようなものであっても、その基準は独自に決められています。

ですので、会社による傾向を見つける事ができれば、傾向に当たる人にとっては審査が甘く感じられるほどに容易に審査に通る事ができます。

問題なのは、その傾向を見つける事です。各審査内容や基準は企業秘密で漏れる事はありません。どのホームページを見ても、全体的な共通の項目とおおよその推測は載っていますが、具体的に●●会社は審査基準がこうなっています、なんて事は載っていません。

結局、細かい部分は口コミや回りの評価からその傾向を予測する事しかできないでしょう。また、ホームページに簡易診断がある場合は、それを参考にする事はできます。

大まかな部分で甘いという所はわかります。それでも、100%はありません。本当に審査が甘いというのは人それぞれなので、そこは頭に入れて臨みましょう。

トピックス
ページトップへ