ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策

車のローン審査は意外に厳しい?他社借入がある場合の注意点

自動車を購入する際に、現金ではなくカーローンを利用する方も増えてきました。自動車も購入にはそれなりに費用が発生するので、仕方がないかもしれません。

いざ、車を購入、ローンを申し込むとして、当然ですが審査があります。この審査を通らなければ車を買う事はできまません。が、意外にも車のローンの審査は厳しいと言われています。

そんな中、ローンを考えている人には、元々別でローンを使っている人も多くいます。それは厳しいと言われる審査に影響がどれくらいあるのでしょうか。他社借入がある場合、いくつかの注意点があります。

カードローンとカーローン(車のローン)の違いとはどこ?

カードローン 目的は特に問われず、自由に使える
カーローン 目的が自動車と限定されている

住宅ローンや教育ローンなど、目的が定められているローンは他にもありますが、借入金額が大きければそれだけ審査は厳しいと考えていいでしょう。(もちろんカードローンだから審査が甘いというわけではありませんが。)

カーローン一つとっても細かく言えば違いはあります。

  • 自動車販売店でその場で組めるよう提携しているローン
  • 銀行のカーローン
  • (銀行や消費者金融のカードローン)

先ほど比較したカードローンですが、目的は決まっていないので、自動車購入で利用する事もできます。ので、利用するローン候補の一つとして考慮することはできるでしょう。

それぞれに特徴があるので、どれを選ぶかは、自分にあっているローンを見定めなければいけないでしょう。

車のローンが厳しいのは本当なのか?

今はカードローンでもコマーシャルを沢山やっているのを見ると、それだけ消費者に浸透し、多くの方が利用していのがわかります。ということは、審査もそれほど厳しくないのでは?と思う人も多いでしょう。

では、自動車の場合はどうか?車のローン審査ですが、実際にはかなり厳しいと言われています。特に銀行の場合に厳しさを感じる声が多いようです。

銀行の場合、金利が低くなっているのが審査が厳しいと言われる理由でしょう。金利が低ければその分審査が厳しい。それは車に限ったことではないので、仕方がないのかもしれません。

逆を言えば、金利が高めに設定されている所は、その分審査が甘いと考えられます。(人によって条件や借入額が違うので全員に当てはまる訳ではないのですが)

車のローンの場合、審査はどんな事を聞かれるのか

  • 年齢
  • 年収
  • 勤続先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 他社借入状況
  • 過去のローン返済実績

こうやって並べてみると、他のローンの審査と大きな違いはないな、と感じる人もいるでしょう。

もちろん審査が厳しいと言われる分、各項目での判断ラインが他のローンと違う事は簡単に想像できます。これは、ローンを扱う会社によっても判断基準が違うのと同じです。

また、申し込みに聞かれる審査項目とは別に、会社の方で本人の過去のローンやクレジットの利用内容を信用情報機関で照会して審査の判断に使います。特に、信用情報での内容で金融事故があるかどうかは、審査に大きく影響します。

審査に通りやすいと言われるのはどんな人?どんな条件?

  • 年代は30~50代
  • 収入が安定した職業
  • 勤続年数が長い
  • クレジットの履歴が優秀

年齢に関しては、一般サラリーマンで考えればわかりやすいでしょうか。まだ20代、特に前半だと新入社員として給料もまだそれほど多くなく、収入に対して安定性があると判断されにくいようです。

また、60歳以上になってくると退職が目前ということで、継続して返済してもらえるのかどうかが、不安視されます。

働き盛りの時期が一番、収入に不安がないのは、どこも一緒なのでしょう。ただ、だからと言って、年齢だけで審査に落ちるわけではありませんし、もちろん若くとも多少高齢でも他に問題が無ければ審査に通ります。

職業に関しては、やはり安定収入、高収入と言われる職業の方が審査に通りやすいとなっています。いわゆる公務員、大企業、医者や弁護士などの高所得職業などです。

これは、車のローンに限ったことではないので、ある意味仕方がない所かもしれません。ローンというのは、返済がきちんと行われる事が前提で組まれるものですから。

もちろんだからと言って、アルバイトやパートだから絶対に落ちるわけではありません。それにそう簡単に転職する事もできません。あくまで審査項目の一つとして捉えましょう。

職業が一般的に良い、例えば大企業のサラリーマンだとしても、それだけでなく、勤続年数が多少なりとも評価に影響すると言われています。確かに、勤続年数が多いこしたことはないでしょう。

目安は3年以上がいいと言われています。ただ、自動車購入は若い人でも当然ある事なので(若い人だと勤続年数が長いという経歴がつくれない)、あまり影響はないという意見もあります。もちろん勤続年数が影響する年代もあると考えておくといいでしょう。

審査に落ちやすい要因はどんなものがある

審査に通りやすい条件などを上げて見たのですが、逆に審査に落ちやすい人はその条件と真逆になるのかと言えば、そうとも言い切れません。

先に言ったように、評価の差は多少なりともあるとはいえ、年収が低いからそれだけで審査に落ちるわけではありませんし、職業で審査の結果が決まるものでもありません。

また単純に評価が低いだけならば、保証人を立てることで審査に通る事もあります。年齢的に若く、収入がまだまだ不安だと言う場合は、ある程度の年齢で収入の安定した人した、例えば親などを保証人にするなどで対応できます。

ではどういった人、どういった場合に審査に落ちてしまうのでしょうか。その要因は何でしょうか。

  • 信用情報に金融事故の記録がある
  • 他社の借り入れが多額にある
  • 短期間で複数の申し込みをする

基本的には、車の場合も他のローンと同じ様な点が挙げられます。審査内容もそうですが、考え方はどこも同じで返済できるかどうかがポイントとなります。ですので、厳密に言えば他の理由だってあるのですが、よくある理由としてはこれらがあげられます。

特に気をつけなければいけないのが、金融事故の記録がある場合です。これがある場合は、まず審査に通らないと考えていいでしょう。

場合によっては同居家族の金融事故が審査に影響する事もあります。もちろん、家族とはいえ勝手に調べるのはローン会社でもできません。ですので、自社にたまたま記録があって見つけてしまった…などの何かしらの理由があっての場合になりますが…。

短期間で複数社に申し込みがある場合も、よくあるカードローンの審査同様、審査判断に影響を与えます。

他社の借り入れがある場合はどうなのか?

車のローンの場合、借入額は、年収×35%=年間返済額の上限額という目安が業者の中ではあり、よく言われることでもあります。これは、他のローンを含めて考えてもこれが精一杯の額になります。

他社借入がある、多いとなれば、この目安から大きく外れる事が簡単に予想されます。もちろん、頭金が多くあり、借入額が少なければ問題ないのでしょうが、実際に他社に借り入れがある、という事は頭金が払える状況ではないはずです。

それ以上に、借入上限額が25%という意見も別にあります。そうするともっと幅が狭まります。(合わせるて25~35%と考えればいいのでしょうが)

他社借入がある場合、すでにこの枠の数%は使っている訳ですから、その割合を見れば、車のローンに費やせるお金があまり残っていない事になります。

人によっては、1%もないかもしれません。そうやって考えると他社借入がある場合は、審査に通るのはかなり難しいと考えていいでしょう。厳しい所は、他社借入があるだけでダメだったり、カードローンのカードを持っているだけでダメな所もあります。

他にも他社借入の扱いとして大きな落とし穴の一つに、クレジットカードのキャッシング枠があります。これが意外と気付かない人が多く、言われて初めて気付く人もいます。

車のローンだけでなく一般的によく知られるカードローンも、また住宅ローンなどの目的のあるローンも同じようにクレジットのキャッシング枠を使っているいないに関わらず、審査に影響を与えます。

クレジットカードは便利なため、2枚3枚と持っている方も少なくはありません。そんな人はそれこそ、借入額が大きくなってしまっているはずです。そうなると、実際にはお金を借りていなくても、多額の借金を持っているのと同じように判断されます。

他社借入がある人は当たり前ですが、なくてもクレジットを持っている方は、その金額を一度きちんと確認した方がいいでしょう。

もし、口コミなどで、他社借入があるだけで審査には落ちてしまうような会社がわかれば、そこに申し込む事を避けるなどを検討した方がいいでしょう。

他社借入がある場合、どんな事に注意して審査に臨めばいい?

今言った通り、借入額をまず把握しましょう。特に複数社に借り入れしている場合、全体を把握しきれていない事が多々あります。

それに合せて、毎月の返済額も一度確認しましょう。複数社の場合、合計で毎月いくら返済しているか、知る必要があります。それでもって、実際に返済できるのかどうか。いくらなら返済できるのか。考えてみる必要があります。

それ以外に、使っていないカードローンがあれば整理するのも一つの手でしょう。

クレジットカードを持っている場合、そのキャッシング枠を知っておきましょう。クレジットカードも、なんとなく持っている場合もあります。そんな時は、カード解約も視野に入れるといいでしょう。

カードを使っていて解約はできないとしたら、キャッシング枠を外すのでもいいと思います。兎も角、一旦全体的に整理をするのを提案します。

また、ローンを申し込む先の会社の情報を口コミなどで調べておくといいでしょう。そもそも審査の内容も可否の理由も、知ることはできません。しかし、口コミなどで、そのヒントになるものはあるはずです。

とりあえず、申し込んでみて落ちたら次へ申し込めばいい。そんな考えだと、申し込みブラックとしての理由で審査に落ちてしまう方向へ行ってしまいかねません。それは避けるべきでしょう。

それでも審査に落ちてしまったらどうすればいい

審査は、1つの理由だけで落ちる場合もあれば、いくつかの要因が重なって落ちる場合もあります。しかもその理由は教えてもらえないので、推測するしかありません。

そんな中、やはり審査に落ちてしまった場合、どうすればいいのか。

理由を推測し、その要因が排除できるのならば排除する。しかし、その時点でどうしようもない場合もあります。例えば、それこそ他社借入中できちんと返済しているが、すぐに完済できない、などです。要因を取り除く事ができないのならばそれは諦めましょう。

して、次を考えなければいけません。その次はどうすればいいのか?

  • 車のローンにこだわるのならば、他社の自動車ローンを選ぶ
  • コツコツと貯金をし、現金払いで買うように変更する
  • 他社のカードローンに申し込む

どうでしょうか。車がすぐにでも必要ならば、なんとかしてお金を借りなければいけないでしょうが、急がない場合は、ローンを組んだつもりでお金を貯めて現金購入も一つの方法です。

もちろん娯楽の為ではなく、必要だから買う人だって多くいるでしょう。そんな人は、審査の甘いカードローンに申し込むのもまた一つの方法です。カードローンなら使用理由は決まっていません。利用している人も結構います。

いくつかある選択肢の中からじっくり考えて、自分にあった方法を見つけましょう。

トピックス
ページトップへ