ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 自動車ローンは総量規制対象外!高額の借り入れは計画性を持って

自動車ローンは総量規制対象外!高額の借り入れは計画性を持って

消費者金融のカードローンなどには「総量規制」というルールがあります。実は総量規制の対象になっている場合、年収の3分の1以上の金額を借りることができないのです。消費者金融のカードローンを利用する際には注意しておきましょう。

けれども、銀行のカードローンは総量規制の対象ではありません。また銀行のその他のローン、たとえば「自動車ローン」も総量規制の対象外となっています。つまり、年収の3分の1以上の借り入れもできるということです。

とは言え、自動車ローンは高額のローンです。カードローンに比べても高額を借りることになりますので、総量規制の対象外と言っても借り入れの計画性には十分気をつけておきましょうね。

「総量規制」って何?利用者の安全のためのルール

まずは「総量規制」とはどのようなものなのか、詳しく見ていくことにしましょう。総量規制の対象になる消費者金融のカードローンを例に考えていきたいと思います。

総量規制の対象になっている場合、総量規制対象外のサービスに比べて借りられる金額は少なくなります。こうしたルールは利用者が安全に借り入れができるように作られているものなので、安全性についても理解も必要ですよ。

年収の3分の1以上は借りられない!

消費者金融のカードローンの他、信販会社やクレジット会社の借り入れも総量規制の対象になっています。クレジットカードのキャッシング枠などが当てはまりますね。

総量規制の対象になっている場合、年収の3分の1以上の借り入れはNGとなっているので、必然的に年収の3分の1以下しか借りられません。

消費者金融のカードローンは数万円程度の少ない金額を借りる際に適したサービスなので、あまり高額を借りる予定はない、という方も多いかと思います。ただ、中には高額を借りる方もいますので、その場合は総量規制にご注意ください。

もちろんそれほど借りないという場合、自分の借り入れに総量規制は関係ないという場合でも、返済計画はあらかじめ考えておくなど、基本的なルールはしっかり守るようにしましょうね。

気軽にお金を借りることを防ぐ効果も

では、どうしてこのような総量規制というルールがあるのか?ということについてもお話ししておきましょう。なぜ年収の3分の1以上の借り入れをすることができないのでしょうか?

総量規制はカードローンの利用者であるみなさんが安全に借り入れができるよう作られたルールです。

年収の3分の1以上は借りられないということも、カードローンによるお金の借り過ぎを防ぐためのルールなんですね。

特に消費者金融などは気軽に借りられるイメージがありますが、金利の負担などを考えると気軽に借りては危険だということも分かります。総量規制には「気軽にお金を借りる」ということを防ぐ効果もあるのです。

もちろん年収の3分の1以下の借り入れであっても、気軽にお金を借りることは避けておきたいところです。無理な借り入れ、無駄な借り入れは絶対にやめておきましょうね。

まずは審査を受けてみて!総量規制と銀行カードローン

では、続いて総量規制対象外である銀行のカードローンについて見てみましょう。消費者金融も銀行もカードローンというサービス自体に変わりはありません。どちらも同じカードローンです。

けれども、カードローンを提供している会社の違いによって総量規制の対象か、総量規制の対象外か、というポイントも変わってくるのです。銀行カードローンの特徴についても併せてチェックしておきましょう。

年収の3分の1以上を借りられるかは審査次第

消費者金融のカードローンは総量規制の対象なので、年収の3分の1以上の借り入れは不可能です。ですが、みなさんが銀行のカードローンを利用する場合は年収の3分の1以上借りることが可能となります。

銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、借り入れに関する限度については設定されるカードローン限度額をチェックすればOKです。

銀行のカードローンは消費者金融に比べると最大限度額が高額なところも多いのですが、利用者のカードローン限度額に関しては、審査を受けてみなければ分かりません。

審査によっては少額の限度額になることもありますし、総量規制対象外だったとしても、そもそも年収の3分の1以上借りるまでに至らない限度額に設定されることもあります。

総量規制の対象外とは言っても、いくら借りられるかどうかは結局のところ審査結果次第なので、審査に大きく関わる収入面について改めて見直しておくといいでしょう。

低金利のカードローンも利息はかかる!

ちなみに銀行のカードローンは、消費者金融に比べると低金利という特徴もあります。総量規制の対象外で低金利で借りられる!と聞くと、とてもお得に感じますよね。けれども、低金利のカードローンにも利息はかかります。

低金利というのは、金利設定が低く利息の負担がかかりにくくなるという意味です。なので、利息がまったくかからないという意味ではありません。

確かに「無利息ローン」などを利用すれば利息の負担はゼロになりますが、無利息ローンにも決められた利用期間があります。無利息期間外の借り入れなら、通常の金利設定で利息が計算されます。

高金利のカードローンでも、低金利のカードローンでも、無利息ローンを利用する場合でも、あらかじめ利息の計算をして返済に備えておきましょう。

高額借り入れに注意!総量規制が無関係な「自動車ローン」

これまでカードローンと総量規制の関係について見てきましたが、最後は「自動車ローン」と総量規制の関係について見ていきたいと思います。

自動車ローンは基本的に銀行などの金融機関が提供しているサービスです。そのため、銀行カードローンと同じく総量規制の対象外となっています。ただし、カードローンと比べると借り入れ金額はかなり高額です。その点は要注意ですよ!

高額の自動車ローン、本当に完済できる?

自動車ローンがもし総量規制の対象だったら、年収の3分の1以上の借り入れはできませんので、自動車を購入すること自体が難しくなってしまいますよね。「欲しい自動車が買えない!」ということにもなり兼ねません。

自動車ローンは、このような事態にならないための総量規制対象外というサービスなんですね。

自動車ローンが総量規制対象外となっているおかげで、高額の借り入れが可能となっているのです。ただし、高額を借りる際には注意が必要です。

  • 本当に完済できるのか?
  • 無理な借り入れをしようとしていないか?
  • 収入など金銭面をしっかり見直したか?

自動車ローンを利用する前には、このようなポイントについてしっかり考えておきましょう。自動車ローンによる借り入れは、カードローンとは全く別のものです。カードローン以上に返済計画は念入りに立てておきましょうね。

自動車を購入するなら自動車ローンで

また、最近ではカードローンを利用して自動車を購入しようとする方も増えてきているようですが、あまりおすすめはできません。

たとえば金利面から見ると、カードローンの金利よりも自動車ローンの金利の方が圧倒的に低いんですね。

自動車ローンはカードローンよりも低金利なので、高額の自動車を購入しても利息の負担がかかり過ぎないのです。でも、カードローンを利用して高額の自動車を買うと、高金利と高額の借り入れが掛け合わされて、利息の負担も大きくなります。

利息について甘く見ていると、返済時にみなさん自身が困ることになりますよ。やはり自動車を購入するなら、カードローンを利用するよりも自動車ローンなど専門のサービスを活用した方が安心です。

総量規制以上を借りるならいつもより返済を意識して

以上で見てきたように、ローンの総量規制は消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠に適用されているルールなので、自動車ローンや銀行カードローンは総量規制の対象外となっています。

ただし、総量規制以上を借りるということは、年収の3分の1以上の借り入れをするということです。年収の3分の1以上を借りても返済はできるでしょうか?その点をよく意識した上で借り入れについて考えていきましょう。

トピックス
ページトップへ