ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 3つのポイントをチェック!カードローン審査に通らない理由

3つのポイントをチェック!カードローン審査に通らない理由

カードローンでお金を借りたい!けど審査に通らない…。そんな時は必ず何らかの理由が隠れています。ここではカードローン審査に通らない理由を3つに分けてご紹介していきたいと思います。審査に通らないことで困っているみなさんはぜひご参考にしてくださいね。

カードローンの審査にはいくつかの条件があります。その条件をクリアしない限り、カードローン審査に通ることはできないのです。まずはその条件をしっかり理解しておきましょう。

何の理由もなくカードローン審査に通らないことはありません。カードローン会社は審査に通らない理由を教えてくれませんが、その代わりに自分でしっかり通らない理由を突き止めていきましょう。

チェックするべきなのは職業の種類よりも仕事の安定性

まず1つ目にご紹介するカードローン審査に通らない理由は、みなさんの仕事に関する条件です。よくこの職業はカードローンを利用できる、この職業はカードローンを利用できない、と聞くかと思いますが、重要なのは職業の種類ではありません。

カードローン審査に通らないのは、職業の種類よりも、職業の安定性や職業に就いている年数などが影響していることが多いのです。みなさんの仕事の状況は現在どうなっているでしょうか?

仕事の安定・不安定が審査に影響することに

近年では以下のような非正規社員のみなさんでもカードローンを利用できる可能性が高く、正社員に限ったサービスではなくなってきています。

  • アルバイトやパート社員のみなさん
  • 派遣社員のみなさん
  • 契約社員のみなさん

もしくは社員ではなくてもカードローンを利用できる可能性はあります。

  • 個人事業主であるみなさん
  • 自営業者であるみなさん
  • 自由業として仕事をしているみなさん
日本全国にはいろいろな職業がありますが、カードローン審査では職業の種類ではなく、仕事自体の安定性を重視しています。仕事が安定していることがカードローン審査の条件なんですね。

なので、仕事が安定していれば、アルバイトのみなさんでも派遣社員のみなさんでもカードローンを利用することが認められているというわけです。

逆に仕事が安定していない場合は、どのような職業であってもカードローン審査に通らないのでご注意ください。無職の場合も同様ですね。職業の種類ではなく、仕事の安定性がカギになっているということをよく理解しておきましょう。

転職を繰り返している場合も注意!

また、仕事に関する審査条件としては、以下の2つのポイントについても覚えておきましょう。

  • 勤続年数は1年以上経っているか?
  • 短期間の内に転職を繰り返していないか?

勤続年数というのは、みなさんが今の職場で働いている期間のことを指しています。もし1年以内であれば、カードローン審査に通る可能性が低くなるので気をつけておきましょう。

さらに、短期間の内にあちこちで転職を繰り返している、というような場合も注意が必要です。転職を繰り返していると、

  • すぐに仕事を辞めてしまう人
  • 飽きっぽく計画性が無い人
  • 物事を継続することができない人

このような悪いイメージが付いてしまいますよね。これではカードローン利用者としての信頼性が低くなってしまい、審査に通らない恐れが出てきます。

カードローンを利用したいのであれば、まずは同じ職場で長く働くことを目標にしてみましょう。

カードローンは借りたら返すという単純なサービスではありますが、計画性がなければ正しく利用することはできません。カードローンを正しく使うためにも、仕事の面から見直していくといいでしょう。

収入が少ない、不安定…借り入れ金額とのバランスも考えて

続いて2つ目にご紹介するのは、みなさんにとっても大切な「収入」です。仕事をしている人なら収入を得ることはできていますが、ここでも「安定性」が大きなカギとなっているので注意しておきましょう。

カードローン審査に通らない理由として、特に多いのがこの収入なんですね。収入面に問題が見られる場合、様々な影響から審査に通ることができなくなってしまうのです。その理由について詳しく見ていきましょう。

仕事があっても収入状況によっては審査の対象外に

仕事に関しても安定性は重要ですが、それ以上に収入の安定性も重視しておくべきポイントとなっています。

通常は安定した仕事をしていれば、収入も安定してくるものなので、仕事が安定していればおおよそカードローン審査に通る可能性はあります。けれども、以下のような場合は仕事をしていても収入面に問題があると判断されやすいのでご注意ください。

  • 仕事をしていても収入が少ない
  • 毎月の収入が不安定
  • 収入と借り入れ希望額のバランスが悪い

カードローンは安定した仕事があることと安定した収入があることが大きな審査条件となっていますので、もし仕事をしていても収入が少ないような場合は、審査の対象外になってしまいます。

毎月の収入が不安定になりがちなアルバイトの方、派遣社員の方、個人事業主の方なども気をつけておきたいポイントですね。

また、希望している借り入れ金額が収入から見て過剰に高いなど、収入と借り入れ金額のバランスが悪い場合も審査に通りにくくなります。これも安全のためなので、審査に通らないことは仕方がないと考えましょう。

夫婦間でのトラブルの原因になることも

ちなみにカードローンは、基本的に無職の場合は利用することができません。というのも、無職の方は同時に無収入の状態でもありますよね。無収入ではカードローンの審査対象にならないのです。審査に通らない以前の問題ですね。

けれども、カードローンによっては配偶者に安定収入がある専業主婦なら、無職・無収入でもカードローン審査の対象となるケースがあります。

特に銀行のカードローンでは、専業主婦向けのサービスを行っていることが多いので、専業主婦の方でも借りたい場合は銀行を選んでみるといいでしょう。

ただし、専業主婦でもお金を借りられるとは言え、返済に充てるためのお金は旦那さんの安定収入があってのものだということはよく理解しておきたいところですね。

カードローンは夫婦間でのトラブルの原因になりやすいものなので、取り扱いには十分ご注意ください。旦那さんに内緒で借りるようなことがないよう気をつけておきましょう。

まずは完済!カードローン審査に関わる借金問題

最後にご紹介しておきたいのは「借金」に関する問題です。カードローン審査に通らない理由は主に仕事や収入に関することがほとんどですが、現在借金を抱えているようなら、その借金が原因になっていることが考えられます。

借金がある状況は、カードローン審査を受けるみなさんにとって大変不利な状況です。ここからは借金によるカードローン審査の影響について見ていきましょう。カードローン審査に通らない時は、今ある借金を片付けることから始めてくださいね。

審査でチェックされる「返済能力」とは

既に借金があると、カードローン審査の際にチェックされる「返済能力」が無いと判断されることが多いので、借金があるみなさんはそれだけで不利だということを理解しておきましょう。

カードローンの「返済能力」

  • 借りたお金を返すことができる能力のこと
  • 収入はもちろん借金も返済能力に影響する
  • 既に借金を抱えている場合は要注意!
返済能力が無い利用者、または返済能力が低い利用者は、審査に通る可能性がグッと低くなります。反対に返済能力がある、返済能力が高いと判断されれば、カードローンを利用できる可能性は高まります。

カードローンの審査に通る上で返済能力はとても重要なものだということは、現在借金を抱えていないみなさんもしっかり覚えておいてくださいね。

借金をスッキリさせることが第一

もちろん返済能力が高いだけでなく、年齢制限なども関わってきますが、満20歳以上で安定した収入があり、返済能力も十分高いという人なら、カードローンを利用できる確率は高いでしょう。

けれども、年齢制限や仕事・収入面の条件をクリアしていても、借金があるというだけで審査に通らない理由になってしまうのです。

審査に通ることを希望しているなら、まずは現在抱えている借金を完済することが第一です。新しくカードローンの契約を考えるのではなく、借金をスッキリと完済させることを一番に考えるようにしましょう。

準備がしっかり整った時が審査を受けるタイミング

以上でご紹介してきた3つのポイント、チェックできたでしょうか?カードローン審査に通らない理由は様々ですが、しっかり見てみると分かりやすいものですよね。まずはみなさんがどのような状況に当てはまっているのか、よく見直しておきましょう。

カードローン審査を受けるタイミングは、審査を受ける準備がしっかり整ってからでも遅くはありません。

審査に通らない状況で何度も審査を受けてしまうと、それこそ危険です。金融ブラックの中には「申込みブラック」などもありますので、何度も申込みをして審査を受けることは避けてくださいね。

トピックス
ページトップへ