ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > アナタがローン審査に通らないのは?何に原因があるのか探してみよう

アナタがローン審査に通らないのは?何に原因があるのか探してみよう

お金が早急に借りたい!1分1秒でも早く入手したい!そういった方は大勢いらっしゃることと存じます。でもお金って簡単に借りられそうで、実は意外にもそうではないんですね。

その理由をあげるとすれば、第一に審査があるからです。カードローンを利用するからには、必ず審査を行い、それにパスすすれば初めて利用出来る、という仕組みになっています。

現代はよほどのことが無い限りは、カードローンの審査に通りやすく、使いやすいと巷ではよく聞かれますが、中には審査落ちして、カードローンの利用が出来なかった、という事例もよく聞かれます。

カードローンの審査に落ちてしまった…これには何かしら理由があるはずです。

カードローンを利用する場合!何故審査するのか?その理由教えます

お金を借りるにはまず準備することがあるってことをご存知ですか?それはアナタの年収や住所・連絡先などの個人情報です。それに借入金額によっては、収入証明書を必要とする場合もありますので、事前に用意しておきましょう。

カードローンでどうしても審査は避けて通れない第一関門です。何故審査が必要なのか、理由を述べて行きましょう。

カードローンを申し込むと、何故金融機関は審査をするのか?

カードローンはいわば「借金」です。消費者金融や銀行では最高限度額を決めて、金利範囲もつけて皆さんにカードローンの提供を行っています。

特に消費者金融界では「総量規制」の法律に従って、皆さんの年収の3分の1までしか融資はできない決まりになっています。銀行ではそういった規則はありません。

金融機関では、アナタがカードローンを申し込んだ際にある確認作業から入ります。

  • 年齢・生年月日・性別
  • 自宅住所・電話番号(携帯番号)
  • 家族構成(子供の人数)
  • 家族と同居あるいは別居か
  • 住居状態(一軒家なのかアパート、マンションなのか)
  • 分譲、賃貸、居住年数
  • 独身か既婚者

まずはアナタの自宅情報から確認作業に入ります。それからが融資に重要なカギを握る確認作業です。

  • 勤務先名
  • 勤務先電話番号
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 毎月の給料
  • 年収

カードローンの最大の条件は「毎月安定性のある収入」です。ですから、正社員で働いていて、勤続年数が長ければ長いほど審査には有利になってきます。その理由とは?

  • 勤続年数が長ければ、年収も上昇するので、返済能力はいかに高いと評価されることです。

勿論非正規でも十分カードローンを利用出来る資格はありますが、正社員の様に収入に安定性があるとは言えません。

  • 派遣社員の場合は雇い止めがある
  • パート、バイトの場合は契約更新によって収入が左右される

正社員と比べ、非正規は審査については多少不利な面が見られます。金融機関ではアナタの個人情報が何から何まで必要とされているのです。

アナタの個人情報を確認した後、金融機関はJICC(日本信用情報局)と連携してアナタの個人情報をもとに金融状況も調査しています。それで何もなければ審査が通り、カードローンを初めてここから利用出来る、といった運びになるわけです。

審査可否の決定打は、アナタの「勤続年数」&「年収」だ!

正社員であれ、非正規であれ、融資審査の可否の決定打はアナタの「勤続年数」と「年収」です。

先ほども述べましたように、勤続年数は長ければかなり審査に通れる可能性は高く、年収に置いても多ければ限度額設定も高めになる、と言われております。

お金を金融機関から借りたい!でも誰もが借りられるわけじゃない

金融機関から融資を受ける。これは本当に大変なことではあります。ですが、申し込んだからと言って、利用者全員が100%融資を受けられる保証はどこにもないのです。

中には融資申し込んではみたものの、審査に通らず、融資受けられなかったといった例もかなり多いです。

カードローン審査が通らなかった例?無職

金融機関からお金を借りる以上は、後日利息を付けて返済せねばなりません。こういったことは皆さん、誰もがご承知かと存じます。

働いて、収入があるからこそ、カードローンを利用出来るのですが、無職の場合は審査の対象にはなれません。理由は一目瞭然、返済能力がないからです。

消費者金融の場合、専業主婦も融資対象からはずされています。でも銀行は配偶者の収入状況によって、融資の対象とされています。

カードローン審査が通らなかった例?金融実績が何もない

この世の中、カードローン利用は当たり前にされてますが、中にはカードローンたるもの一度も利用したことが無い方も実はいらっしゃいます。

こういう方は今まで現金主義でやってきたため、クレジットカードさえも1枚も持っていないと聞かされています。

現金主義でやってきたのだから、カードローンを初めて利用するにしても何だか、別にどうってことなさそう?と思われがちですが、実は違うんですね。

初めての利用者がカードローンを申し込んだ後に金融機関は,JICCにて皆さんの過去の金融状況を調べる必要があることは先ほども述べました。しかし、今までカードローンを全然利用したことのない人が申し込むとどうなるのかといいますと?

JICCには金融の利用歴が全然情報として何もないので、判断のしようがないのです。カードローンの審査は利用歴があった方が寧ろいいのです。それが審査を通すか通さないかの、判断材料になってますから。従って金融情報がまっさらな方は審査に通れない可能性大となります。

カードローン審査が通らなかった例?勤続年数が短い

カードローン融資には年収と勤続年数は重要です。年収も大事ですが、勤続年数が短いと審査に通れない可能性大です。

例えば正社員で中途で採用された場合。当然入社したばかりですので、勤続年数は1か月未満です。1か月未満では審査を通すのはかなり厳しい線です。

もう少し長く働いて、勤続年数1年以上経過すれば、審査に通れる可能性はかなり高くなると言えます。

カードローン審査が通らなかった例?自営業の場合

自営業の皆さんはご自分で会社を立ち上げて、営業しているケースが多い事と存じます。中には従業員を雇うところや、1人で経営を切り盛りするところも多々あります。

しかし、正社員の様に決まった「給料制」で収入があるわけではなく、その月の売上で収入が決まると言われています。でも色々経費や税金などで差し引かれたりするので、手元に残る収入額は意外と少なくなってしまう、と聞いたことがあります。ですから収入面ではすごく不安定な所が見られるんですね。

特に自由業と言われる、漫画家や小説家は毎日作品を日中問わず作成しています。特に漫画家などは作品のヒットの仕方により、原稿料がかなり違ってきます。小説家にしても同じことです。作品がヒットしなければ、原稿料は入りません。厳しい世界の職業ですね。

ですから自営業や自由業は収入面から安定性がないといった観点から審査に通りにくい面がある模様です。

如何でしょうか?意外にもこんなにカードローン審査に通れない例ってあるものです。一度参考になさってみてください。

アナタはちゃんと知ってますか?自分が何故審査に通れない本当の理由

アナタは今回金融機関でカードローンの申込をしたのに、審査に通れず、利用出来なかった…何故でしょう?その理由が分かりますか?思い当たる節はありませんか?

もし見当たらないという方がいらっしゃれば、色んな事例をもとにご紹介していきましょう。何かアナタ自身で「ああ~そうか!」と納得がいくかもしれませんよ。

審査に通れない本当の理由?商品ローンを組んでいないか?

まず、カードローン審査に何故通らなかったのか、アナタに頭の整理をしていただきたいです。よくありがちなパターンですが、今アナタは銀行で「住宅ローン」や「マイカーローン」と言われる、商品ローンを利用中ではありませんか?

もしこれらの商品ローンを利用中であれば、カードローンの審査に通ることはできません。

審査に通れない本当の理由?他社で借り入れ中のものがないか?

これもよく聞く話です。アナタが消費者金融か、銀行でカードローンを申し込んで審査落ちの連絡があったとします。他社での借入がありませんか?他社での借り入れでまだ未返済だと、審査は通りません。

審査を通すためにも、他社の借入分は早く返済を済ませてしまいましょう。

審査に通れない本当の理由?光熱費の未払い・クレジット決済の場合

カードローンでアナタの個人情報はJICCで全て必要とされてますが、意外にも「光熱費」をクレジットカードで支払ってることが審査の対象にされてるってことご存知でしたか?

アナタが光熱費をクレジットカード決済で支払っているとして、未返済だとそれは大変危険です。クレジット決済はCIC(信用情報局)で管理されています。

ですから、光熱費の未払いとしてではなく、クレジット返済の未払いとしてCICへ登録されてしまいます。当然クレジットカードでも滞納はいけません。早く処理を済ませましょう。

意外編!携帯・スマートフォンの分割払いも審査に大いに影響する!

今や誰もが所持している携帯やスマートフォン。持ち歩くと本当に便利ですよね。どこからでも連絡とったり、メールやラインすることも自由自在です!

ですが、アナタが新しく買い替えた携帯あるいはスマートフォンを購入した時に分割払いにした覚えはありませんか?

    携帯・スマートフォンを購入した際に分割払いにすると、これも住宅ローンやマイカーローンと同様、商品ローン扱いになりますので、利用中であればカードローン審査に通れなくなる可能性大です。

商品ローンを利用中だと、どうしてもカードローン審査には大きく影響が出てきます。

審査に通らない原因を整理して!次回からは自分に相応しい利用法を!

今回何故アナタは審査に通れなかったのか、原因は探れましたか?もし何かしら過去の問題が片付いていないのであれば、それを早く処理して、次回からは失敗のないよいうにアナタ自身に相応しいカードローンの利用方を探してみてください。
  • 他社での借り入れ状況
  • クレジットカード(ショッピングとキャッシングの利用状況)
  • 総量規制近く借りていないか?
  • 金融機関からの請求書をちゃんと確認しているか

常にカードローンは計画性を立てて利用するという心構えをちゃんと持っていれば、審査には通れるはずです。今一度見直しを図りましょう。

トピックス
ページトップへ