ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > オートローン審査は簡単には通りません!車購入の前に気をつけること

オートローン審査は簡単には通りません!車購入の前に気をつけること

念願の自動車。購入資金は用意できましたか?オートローンがあるので、そんなものは必要ないとおっしゃる方も多いと思います。

でもオートローンには多くの種類があって、それぞれに特徴があります。つまりオートローンをいい加減に考えて選んでしまうと後になって思わぬデメリットにガッカリ、ということも。

取り返しがつかない状況に陥る前に、オートローンの特徴や審査の難易度にスポットライトを当てて対策を考えておくのが大人の態度というものでしょう。

ここでは、各オートローンを大まかに分類して、それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

金利の損得だけで決めるとオートローン申込みは残念な結果を招く

 さて念願だった自動車を買おうと立ち上がったときに、現金を揃えてディーラに出向くという人の数はそれほど多くはないに違いありません。

 自動車のような一種の動産は財産の一部ですから、現金で購入してもローンを組んで負担金額を分割しても大きく変わらないことが理由のようです。

 自動車の場合、車検費用、重量税その他、維持管理に一定の費用が必要になります。ですから購入を一括で清算したとしても、その後維持費用が発生します。つまり一括でもローンでも1回で支払いが完了するわけではないのです。

ローンを選択する理由を考えてみれば、金利が問題かも

ということでローン支払いを選択するとなると、ローンの条件の中でもっとも気になるのが、ローンの金利が高いか安いかという要素です。

そこでオートローンを提供している金融業者のカタログなどを調べれば、それぞれに金利の設定がかなり違っていることがわかります。

インターネットを検索して関連情報を調べると、どこの金利が有利になっているという話題が散見されます。しかし、ローンの申込みについての基本を失念すると、とても残念な結果を招きかねません。

注意しよう!金利だけを見ていると足元をすくわれることも

ローンの申込みには審査があります。そして審査に落ちてしまうと、個人信用情報に禍根を残す結果になり、その後のローンに通りづらくなります。

あるいは、モデルチェンジに伴って次に買い換えようと思っても残価に縛られて身動きができないなんていうことも起こりかねません。

オートローンはしばらくのお付き合いが避けられません。途中でいやになったからといってすぐに手を切れるものでもないのですから、金利の高低だけで決定するのは控えたほうがよいでしょう。

メーカーローンは本当に不利?メーカーローンだからできること

金利が高めだと敬遠されがちなメーカ提供のローンは本当に検討に値しないローンなのでしょうか。もしその通りだとすれば、メーカには商品を販売しようという熱心さが欠けていると言われても仕方がない状況にあるということになりますよね。

しかし日本の自動車メーカは黙って仕事をしないはずはなく、各社が競って自動車を購入する人たちの便宜を図ったローンになっています。メーカーローンを検討するにあたってまず気になるのが残価設定ローン(残クレ)でしょう。

残価設定ローンとは最初から使用期間を決めて、試用期間が満了した時の自動車の下取り価値をあらかじめ算定(中古車販売価格を推定)しておいて、購入価格から除いて、試用期間分だけをローンで支払う契約になります。

メーカが提供する残クレに向くひとのためのメリット

残クレは国内メーカが販売努力を重ねた結果生み出された方法で比較的軽い支払いで自動車を利用できるのは、その通りなのですが、すべて上手く事が運ぶわけはありません。

残クレを利用することでより多くのメリットを感じることができる人は次のような人です。

  • 週末だけ使用するように、あまり自家用車に乗らない
  • いつもできるだけ新しい型の自動車に乗っていたい
  • 高く査定される自動車を見抜くことができる

総支払い利息を押さえることでメーカーローンは有利になる

この残クレを使うなら多少金利が高くなっていても、総支払い利息を節約することが可能になります。

通常のローン支払いと比較しても、25%以上節約できる可能性があるようです。というのは、ローンの性質が元金と金利から決まることによります。

ローン総額は元金と支払利息の合計になります。そして支払利息は、元金に期間分の利率を乗じて計算します。ですから、支払利息を節約することがローンをお得にするヒケツなのです。

残クレジットを得に利用するためにまとめると

  • できるだけ短い期間の期間設定をする
  • 頭金を多くしてローン金額を減らす
    • といったことになるでしょう。

      良いことばかりじゃないから!残クレ使用の注意事項

      残クレの使用は良いことばかりではありません。そこにはデメリットもいろいろあるようです。これらに気を配っておかないと後で、「こんなはずじゃあなかったのに」、なんてことになりかねません。


      通常は契約終了時点での中古車価格をベースに買取価格が決定されます。

      この査定がクレジット残高を下回ると追加での支払いが生じることがあります。

      このことは、中古車市場での査定が大きな問題であることを示しています。例えば人気の上下幅が大きい車種を選ぶと実際の査定になるまで安心できないことになるでしょう。

      その他、走行距離が最初の契約段階で決定されている場合、予定の走行距離を上回って乗ると残価の減額を覚悟しなければいけません。また使用者の過失による瑕疵や、言うまでもなく事故などによる損傷で、場合よっては支払いが追加されてしまいます。

      残価設定ローンの利用は、各メーカ毎にかなり設定条件が異なっており、また実際のローン条件などはディーラとの相談が必要になってくるようです。

      ディーラーローンの知られざるメリットを再評価してみると

      ここのところ、もうひとつ人気がないように言われることが多いディーラーローンを確認しておく必要があるでしょう。というのは、ディーラーローンが単純に不利だとはいえない事情があるからにほかなりません。

      ディーラーローンが敬遠される理由は、主に3つありますが

      一般的傾向として、銀行などが提供しているオートローンと比較すると、ディーラーローンの金利は高めに設定されていることが多いようです。

      もちろん、ディーラー独自にキャンペーンを実施する場合があり、例外的にディーラーローンがお得になることもありますから、あわてないで、ディーラーの動向に目配りをしておきましょう。

      さらにディーラーローンはローン期間が短めであるということも、人によっては大きなデメリットに感じることがあるかもしれませんね。ローン期間が短いと、毎回の支払い金額がどうしても高くなりがちなのです。

      これはしかし、考え方による部分も大きい。支払回数を増やすと自然と総支払利息は増える結果となり、車の取得金額ベースで考えるとお得にはなりにくいのです。

      そして登録費用などの諸経費を忘れてはいけません。諸経費はディーラーローンに含まれないのです。これはローン契約時に一括払いが原則になっています。


      なので、初期費用を圧縮して自動車を取得しようと考えている人にとっては、初期費用の負担がマイナスに働く中心的な要因になるかもしれません。

      知られていない?ディーラーローンの魅力の数々

      さまざまな面倒があってもなお、ディーラーローンのお世話になる人はいるものです。それでは彼らが何故、ディーラーローンにこだわるのか、概要を説明しましょう。

      ローンの最難関は審査です。自動車のディーラーはそれぞれ、物販系の信販業者と提携して、ディーラーローンを提供しています。ですから、自分で信販業者のローンを用意することと比較すればわかりやすいでしょう。

      信販業者の審査は大変厳しいのが実態です。信販会社の中には一度の支払遅延でその後の審査がまったく通らなくなるケースもあるほど支払状況に厳しくまた、審査に厳しいです。

      このような信販業者相手では、過去に携帯電話などのローン支払いに遅延したような経験があるだけでも、ローン審査に通過できない可能性があります。

      しかし、ディーラーローンという入れ物を通過させることで、審査が優しくなる傾向があるのです。これにはしっかりした根拠があります。

      ディーラーローンの特徴として、ローン返済中の所有権を信販会社またはディーラーが担保します。ですからこれはいわゆる無担保ローンではなく、ローン提供者としてはリスクを押さえることができる仕掛けになっています。


      したがってローンの審査も無担保ローンほど厳しくしなくても良いていう判断がディーラーローンにはあるのです。

      審査スピードが銀行のオートローンより早いのも魅力です。販売店と直結したローン審査だということは、つまり販売実績と直接関わってくるという圧力がローン会社にかかっているのでしょう。

      同じ原理が休日審査にも影響します。銀行などは営業日が限られているのですが、販売の中心である土日祝日の対応では、ディーラーローンに軍配が上がります。

      ディーラーの販売実績の中心が土日祝日ですから、この要件にローン業者が合わせたことになりますが、購入者側としてもこの対応はうれしい。

      さらにディーラーの値引きが期待できることをご存知でしょうか?販売戦略上の仕掛けとして、もともと自動車の流通にはディーラー判断の範囲が含まれており、ディーラー独自の判断による値引き枠を用意している場合があります。


      ディーラーによっては特別割引価格を適用してくれる場合がありますが、これはディーラーローンの利用が前提になっているのです。

      なぜローン審査は難しいのか?メカニズムを解説します

      これまで見てきたように、オートローンなどローンの利用はそれほど簡単なものではなさそうです。これはしかし一体どういうわけでしょうか?

      ローンの仕掛けを分かれば、難しさが理解できる。

      ローンは立て替え払いの一種です。何かまとまった金額を誰かに建て替えてもらい(元金)、その金額に手数料を加えて、後から分割支払いすることがローンの基本的概念です。

      この手数料の計算方法にも種類があります。金利を用いて支払い手数料、利息を計算します。例えば10万円の元金に対して10%の金利といった具合に考えるわけですね。

      この時、アドオン形式で計算するなら、利息は10万円に対して10%を乗じます。すると利息は1万円になりますので、総支払い金額は11万円になります。簡単な計算方法ですね。

      それに対して、実質年率という考え方で計算する場合なら、計算日毎に支払い利息を計算して、支払い分を元金から減算して元金を調整していきます。

      実質年率の利息計算式は次のようになります。
      利息(円)=元金(円)×金利(%)×計算日の日数÷年間日数

      先ほどの例と同じように、10万円に対して10%の金利で30日毎に1万円を支払って返済すると次の表の通りになります。

      回数 支払利息 元金残高
      821円 90,821円
      746円 81,567円
      670円 72,237円
      593円 62,830円
      516円 53,346円
      438円 43,784円
      359円 34,143円
      280円 24,423円
      200円 14,623円
      10 120円 4,743円

      上の表で支払利息の合計は4,781円です。アドオン形式なのか実質年利計算なのかで大きな損得が生じてしまうことがわかりますね。


      逆に言えば、お得なローンを利用者に提供することは、そのまま業者のリスクになっています。

      業者側としては少しでもリスクを軽減するために、あれこれ工夫しているのであって、利用者が得るメリットをしっかり理解できる利用者を見つけようとしているようです。

      無視できない!ローンの契約審査で問われる内容を押さえる

      さて、このようにしてローンの仕掛けがある程度分かれば、お得なローンを見分けることができます。しかし、ローンの条件が有利であれば大丈夫とは言い切れない関門があります。

      すべてのローン契約には事前にローン審査が控えています。業者によって行われるローン審査に可決しなければローン契約は結べません。

      ローン審査で問題になる要因は大まかにいって、次の3項目です。

      • 収入状況
      • 就業状況
      • 信用情報

      収入状況とは、月給制なのか自営なのかで異なってくるにしても、毎月の収入がしっかりとあるかということ。収入の下限についてあれこれ議論をしても実りは少ないでしょう。一応の目安としては年収200万円がラインだと言われています。

      就業状況は、収入状況と少し似ている気もします。しかし、就業状況は収入の安定度を意味する審査項目です。高収入であっても、若年層だったり、アルバイト身分であれば、安定度は低い評価を受けます。

      そして一番の問題が信用情報。日本にある3つの信用情報機関の中で2つの機関が信販系の個人信用情報を扱っています。記録している情報としては

      • 利用状況
      • 返済状況
      • 事故情報

      このような情報を申し込みにあたってクリアする必要があるわけです。それぞれ自分でチェックできる項目ばかりですから、事前に確認しておくことをお勧めします。

      自分で探す余地あり!ローンは自分で探すことで可能性が広がる

      銀行をはじめとして、消費者金融などのノンバンクでもキャッシングローンという商品を提供しているので、場合によってはこれらのキャッシングローンを利用することも可能かもしれません。

      同じようにローンを利用するのであれば、幅の広い可能性から選択肢を発見できるなら、そのほうが有利な条件を見つけることにつながるに違いありません。

      消費者金融でキャッシングローンを利用する場合の注意

      消費者金融を利用することは可能です。有名大手であれば、ほとんどの業者が提供している融資の上限はオートローンに使うのに十分でしょう。

      しかし、消費者金融業者を利用するために知っておかなければならないお約束があります。それを知らずに申し込みしても、無条件に否決されてしまい、信用情報に喜べない記録を残す結果に終ります。

      消費者金融業者の制限は次のようにまとめることができます。

      • 総量規制で年収の3分の1が利用の上限
      • 個人名義での利用
      • 慎重審査の対象になれば、審査に時間が掛かる

      年収の3分の1が上限ですから、400万円の年収でも、120万円が利用の限界になります。この上限には他業者での利用中の金額も含まれます。

      銀行とは違って、世帯収入を基準にできません。あくまでもローンの契約者個人に対する契約を原則にしています。

      業者ごとに違いはありますが、概ね50万円を超えたローン申し込みに対して、慎重審査といって収入証明書類などの提示が必要になる場合があるので、事前によく確認するようにして下さい。

      消費者金融業は貸金業法上の登録事業であるため、内閣総理大臣または各都道府県知事による登録が義務付けられています。同時に貸金業法を順守した営業が義務になっています。

      ちょっと待って!ヤミ金は最後の手段にはなりません

      簡単にオートローン審査に通過するかのように宣伝している業者の中に、悪徳のヤミ金が潜んでいることもあるので注意が必要です。

      ヤミ金とは貸金業法登録をしていない非正規の貸金業者のことですが、単に非正規というだけではなく、法定外の高利を要求したり、貸付条件がでたらめだったり、暴力的な取り立てが行われたりすることを覚悟しなければならないのです。

      このような業者に引っかからないために一番大切な心構えは、「焦らないこと」に尽きます。期間限定などと言われると気持ちがはやりますが、それに乗せられてしまうと、冷静に判断ができなくなることがあるものです。


      これらのヤミ金など悪徳業者のほとんどは、貸金業者登録番号を金融庁の検索サイトなどを利用して、しっかりと確認すれば避けることができるはずです。

トピックス
ページトップへ