ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > どうして借りられないの?カードローン審査に通らない3つの理由

どうして借りられないの?カードローン審査に通らない3つの理由

カードローンでお金を借りたいのに、どうして借りられないの?とお悩みの方はいませんか?カードローンの審査は簡単なわけではないので、場合によっては審査に通ることができず、お金を借りられないということもあります。

ここではカードローン審査に通らない理由として、大きく3つのポイントに分けてご紹介していきたいと思います。どのような原因でカードローン審査に通らない状況になってしまっているのか、よく考えてみましょう。

カードローン会社側は、審査に通らない理由や原因について教えてくれることはありません。まずはみなさんが自分自身でカードローン審査に通らない理由を考えることから始めてみてくださいね。

基本的な条件をチェック!仕事と収入の安定が不可欠に

1つ目にご紹介するのは、みなさんの仕事や収入に関するポイントです。カードローン審査に通らない場合、仕事や収入の問題が影響しているケースが多いので、あらかじめ注意しておきましょう。

仕事や収入がどのような状況である場合、審査に通らないということが分かれば、おのずと審査に通るポイントも分かるようになります。まずは自分自身の仕事と収入の状況を見直していきましょう。

カードローンを利用する上での必須条件

カードローンには以下のような審査基準があります。こちらの基準を満たしていない場合は、カードローンの申込みをすることができませんので、ご注意ください。

  • 申込み者本人が安定した仕事に就いていること
  • 申込み者本人に安定した収入があること

カードローンを利用する以上、仕事をしていることや収入はあることは必須条件となっています。

さらにどちらも「安定していること」というポイントがありますので、仕事や収入の状況が不安定である場合は、審査に通らないケースもあります。

ただし、場合によっては専業主婦でも申込みが可能なカードローンなどもあります。この場合は配偶者である夫が安定した仕事をしている、安定収入がある、ということが審査条件となります。

どちらにせよ、カードローンを利用する上では安定した仕事と安定した収入が必要不可欠だということをよく覚えておきましょう。

バイトや派遣も安定収入があればOK

ちなみに仕事や収入面が安定していれば、以下のような職業に就いている方でもカードローンの申込みは可能です。

  • アルバイト・パート
  • 個人事業主・自営業者
  • 派遣社員・契約社員

カードローンは正社員だけが利用できるサービスではなく、アルバイトやパートの方はもちろん、個人でお仕事をされている方、派遣社員や契約社員としてお仕事をされている方も利用可能です。

ただし、カードローンの審査に通るには「仕事の安定」と「収入の安定」が不可欠だということは忘れないようにしましょう。

仕事の状況が不安定な場合や収入が不安定な場合、または収入が少ないような場合は、カードローン審査に通らない原因になります。あらかじめ気をつけておきましょう。

他社の借金が影響してる?審査に通るにはまず完済を

2つ目にチェックしておきたいポイントは、みなさんが現在抱えている借金です。現在借金をしていないという方は問題ありませんが、もし他社で既にお金を借りているような場合は、カードローン審査に通らない理由のひとつとなってしまいます。

ここからは借金はどのようにカードローン審査に影響してくるのか、詳しくお話ししていきたいと思います。現在借金を抱えているみなさんは、現状を見直すきっかけにしてくださいね。

複数社の借り入れも避けるように

基本的にカードローンは借金がある状態で利用することはできません。もし審査を受けたとしても、通らないケースが多く見られます。

現在借金があるということは、借金を返済中だということですよね。そのような状態で新たにカードローンを使ってお金を借りるというのは、大変危険な行為です。申込みをすることは控えておきましょう。

また、カードローンによっては「複数社での借り入れが可能」としているところもありますが、みなさんの安全のためにも、絶対に複数のカードローンを利用して借り入れをすることのないようご注意ください。

今ある借金を完済する方が先!

どうしてもカードローン審査に通ることを希望しているのなら、現在の借金を完済することが先です。審査に通らない理由が借金なのですから、通らない原因になっている借金に片を付けなければ次に進めませんよね。

現在他社で借金をしているみなさんは、以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • まずは今の借金を完済する
  • 完済するまでカードローンは申込まない
  • 複数社でカードローンを契約しない

借金を完済することはもちろん、しっかり完済するまで新たにカードローンを契約することについては考えないことをおすすめします。

厳重注意!カードローン審査に通らない「金融ブラック」

それでは最後に3つ目のポイントとして、金融ブラックについてお話ししていきたいと思います。金融ブラックとは、カードローンなどの金融サービスを通して事故を起こした経験がある方のことを指します。

「ブラックリスト」とも呼ばれていますが、明確なリストというものはなく、金融サービスの事故情報として扱われています。この金融ブラックである場合も、カードローン審査に通らない理由のひとつなのです。

金融ブラックになってしまう原因

まずは金融ブラックになる原因について見ていくことにしましょう。以下のようなことが原因で金融ブラックという扱いになるので、ご注意くださいね。

  • 借金の返済を延滞したことがある
  • 延滞を繰り返している
  • 金融業者からの督促を無視している

以前カードローンを利用していて、返済トラブルなど何らかの事故があった場合、ブラックになっている恐れが考えられます。

さらに延滞行為を繰り返していたり、金融業者から返済の督促の連絡が届いても無視していたり、何らかの問題行動がある場合は、ブラックとして扱われてしまうので要注意です。

これからカードローンを初めて利用する方も、ブラックにならないよう十分に気をつけて借り入れをしてくださいね。

今あるお金で生活することを第一に

もしこのような金融ブラックになってしまった場合、みなさんがカードローンを契約することはまず不可能です。

「ブラックでも借りられる!」というような業者も見掛けるかと思いますが、このような業者を利用してお金を借りることは危険なので絶対にやめておきましょう。ブラックである場合は、安全のためにも借り入れについて考えることは控えておいてくださいね。

ただし、延滞していたお金を完済したり、トラブルが解決したりした場合、金融事故解消から数年~十年ほど経過すれば、またカードローンが利用できる可能性もあります。

審査に通らない理由として、特に注意しておきたいのがこの金融ブラックです。もしブラックならカードローンについては考えず、今あるお金で生活することを第一に心がけましょう。

カードローン審査に影響する問題は様々

以上、カードローン審査に通らない理由として大きく3つのポイントをご紹介してきました。小さな問題から大きな問題まで、様々なことがカードローン審査に影響していることが分かりますね。

借金問題やブラックの恐れがある場合は厳重注意ですが、仕事や収入といった誰にでも当てはまりやすいことが問題になっていることもあるので、まずは自分の今の状況をしっかりチェックしておきましょう。

トピックス
ページトップへ