ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 車のローン審査は厳しい?収入・仕事・借金の面で十分な注意を

車のローン審査は厳しい?収入・仕事・借金の面で十分な注意を

車をローンで購入するには、まずローン審査に通ることが必要となります。とは言え、車のローン審査は比較的厳しいので、状況によってはローン審査に落ちることも考えられます。ここでは車のローン審査について詳しくお話ししていきましょう。

車のローン審査を受ける上で、まずは「審査は厳しい」ということをよく理解しておく必要があります。そしてローン審査においてチェックされるポイントについてもあらかじめ知っておくと安心ですね。

また、車のローンと一口に言っても種類は様々です。銀行のローンを利用するのか、車販売店でローンを申込むのか、みなさんに一番合う車のローンサービスを探していきましょう。

どうして審査が厳しいの?車のローンについてもっと理解を

まずは車のローン審査がどのようなものなのか、理解しておく必要があります。ローンサービスは様々ありますが、数あるローンの中でも車のローンは特に審査が厳しい傾向が強いのです。

簡単に車を買えるわけではなく、誰でも車のローン審査に通るわけでもありません。車のローンを利用するのであれば、審査を受ける前に車のローンのことをもっとよく知っておきましょう。

車のローンは誰もが利用できるわけではない

銀行だけではなく消費者金融などでも利用できる「カードローン」などは、審査はあるものの、それほど厳しいというわけではありません。

もちろんカードローン審査に落ちることもありますし、誰もが絶対に利用できるサービスではないのですが、車のローンの方がより審査が厳しくなっています。

審査の難しさの基準でいうと、銀行で提供されている「住宅ローン」などと同様に厳しくなっているのです。車のローンのように高額のローンサービスを利用する際は審査の面に十分気をつけておきましょう。

高額ローンの審査は厳しい!

どうしてこのように審査が厳しくなっているのかというと、それはやはり「高額を借り入れするから」という大きな理由が挙げられます。

先に例に挙げたカードローンは、比較的少ない金額を借りたい時に利用するサービスですが、車や家を購入する際のローンは高額になりますよね。その金額の差によって審査の面も変化してくるのです。

もし「以前カードローンの審査に通った経験がある!」という場合でも、車のローン審査に通ることができるとは限りません。それぞれ異なるサービスですし、審査されるのは今現在のみなさんの状況です。

また、現在カードローンを利用していることが原因で車のローン審査に落ちてしまうという厳しい面も持っています。こちらも併せてご注意くださいね。

申込み前に確認を!車ローン審査のチェックポイント

それでは、ここからは車のローン審査でチェックされるポイントについて見ていきましょう。車のローン審査は厳しいのですが、ご紹介するポイントをチェックしておけば、審査に通るコツも分かるようになります。

「どうしても車を買いたい!」という気持ちがあるのなら、まずは車のローンを利用できる状況にならなければなりませんね。そのためにもローンの申込みをする前にしっかりチェックしておきましょう。

借金や金融トラブルに関するポイントも

車のローン審査では、一般的に以下のようなチェックポイントがあります。ひとつひとつよく確認してみてください。

  • 契約者自身は仕事をしているか?
  • 契約者自身に安定収入があるか?
  • 契約者本人の年齢が満20歳以上か?
  • 現在他社で借り入れをしていないか?
  • 他社との金融トラブルなどが起きていないか?
  • 金融ブラックになっていないか?

仕事をしていることはもちろん、みなさんが実際に職場で働いている年数を示す「勤続年数」も審査をクリアする決め手となります。勤続年数が短い場合は、審査に通ることが厳しい恐れがありますね。

また、安定収入があることも必須条件です。収入が不安定な場合、車のローン契約は難しいでしょう。審査では返済能力の有無も問われるのです。

その他、年齢などの条件もありますし、借金や金融トラブルなどに関する問題があれば、それだけで審査に落ちる原因になります。現在金融ブラックになっている場合も同様ですよ。何らかの問題が影響して審査に落ちることは珍しくないのです。

車のローン利用自体を考え直す必要も

このように車のローン審査のポイントをチェックしてみると、どうすれば車のローン審査に通ることができるようになるのか、自ずと検討は付きますよね。

  • 仕事や収入、年齢などの基本条件をクリアする
  • 他社では借り入れをしない、借金があるなら返済をする
  • 金融トラブルが起きているなら解決させる
  • 金融ブラックの場合はローン利用を考え直す

基本条件をクリアすることはもちろん、もし現在他社で借金をしているなら、車のローンを申込む前に返済してください。トラブルの解決も同様です。

ちなみに金融ブラックの場合は、現段階ではローンを利用すること自体が不可能です。今の状況ではローンの利用を考え直すほか道がありませんので、車を買うのは今のタイミングではないと理解しておきましょう。

もちろん他の面で問題がある場合も、車のローン利用自体を考え直す必要があるケースがありますね。車の購入はタイミングが大事です。金銭面でも無理をしないようにしましょうね。

どちらを選ぶ?金融機関の車ローンとディーラーローン

車のローン審査に関するチェックポイントは理解できたでしょうか?これから車の購入を考えているみなさんは、審査のことはもちろん、実際に利用するローンの選び方にも注意が必要となります。

ここからは車のローンにはどのような種類があるのか?ということについてお話ししていきますね。大きく2つの種類に分けてご紹介していきますので、ぜひみなさんに合うサービスを利用してみてください。

審査が特に難しい!金融機関の車ローン

まずは銀行や信用金庫といった金融機関で車のローンを契約する場合です。金融機関にはそれぞれ「自動車ローン」や「マイカーローン」といったサービスがありますよね。こうした車のローンの特徴としては、次のようなポイントが挙げられます。

  • 無担保ローンなので審査が特に厳しい
  • 低金利でローンを利用できる
  • 購入する車が決まる前でも申込み可能
  • 車の所有権は購入者自身

金融機関で車のローンを利用する場合は、一番注意しておきたいのはやはり審査の面ですね。

自動車ローンやマイカーローンといったサービスは、無担保ローンです。車を担保にするわけではないので、審査は厳しくなるのです。

ただし、低金利でローンを利用できるというメリットや、車の所有権についても購入した時点でみなさん自身のものになるというメリットもあるので、良い面と悪い面の両方をよく理解しておきましょう。

販売店で利用できる「ディーラーローン」

では、もうひとつの「ディーラーローン」はどうでしょうか?ディーラーローンとは、自動車ディーラーのもとで契約する車ローンのことで、車の販売店や信販会社で契約することが一般的です。

ディーラーローンには以下のような特徴があります。銀行や信用金庫の車ローンの特徴と比較してみましょう。

  • 車を担保にするため審査もそれほど厳しいわけではない
  • ローン金利は比較的高めになる
  • 購入する車が決まらないと申込みができない
  • 車の所有権はディーラー側にある

ディーラーローンは審査がそれほど厳しいわけではない、というメリットがあるものの、金利が高い、車の所有権は自分ではない、というデメリットもあります。

それぞれの車ローンに見られる良い面・悪い面をしっかり理解した上で、みなさんが利用するサービスを決めていきましょう。

車のローンは自分に合ったタイミングで!

以上でご紹介してきたように、車のローン審査は一般的に見ても厳しいものとなっています。特に銀行や信用金庫で提供されているローンは審査が厳しい傾向が強いので、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。

けれども、車のローン審査はみなさんの安全を守るためにあるものです。審査に落ちるということは、今の段階ではローンを利用すると危険だという意味でもあります。

今は車を購入するタイミングではない、ということですから、みなさん自身に合ったタイミングで車のローンを利用するようにしましょう。

トピックス
ページトップへ