ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 激甘の銀行カードローンは存在する?最低限求められることを知ろう!

激甘の銀行カードローンは存在する?最低限求められることを知ろう!

かつて、カードローンにおける消費者金融と銀行のイメージは二極化していました。消費者金融は借りやすいけど金利が高い、銀行は借りにくいけど金利は低いという印象です。

しかし、多様化するニーズの影響で、現在ではこの2つの業界の境目が曖昧になってきました。もちろん、依然として根強く残っている部分もあるのですが、以前ほど単純に分けられなくなってきたのです。

それはつまり、金利の低い消費者金融や審査の緩い銀行カードローンが登場したということでもあります。両者の新しい特徴を詳しく見ていきましょう。

なぜ消費者金融と銀行の特徴の違いが起こっていたのか

銀行と消費者金融の垣根がなくなりつつある最大の理由は、利用者が賢くなった(より比較する機会が増えた)ためです。

こうした現象の背景には、インターネットの普及があります。例えば、お金を借りようと思った時に、一昔前であれば、テレビのCMで知っている業者や、自宅あるいは勤務先の近くにある金融業者を頼る人が大半でした。

名前も知らず、よく分からない貸金業者は闇金かもしれないと怖れる人が多く、中小の無名な消費者金融は、生き残るのが大変でした。

しかし、インターネットが普及したことにより、ネット上で簡単に書く貸金業者を比較することが出来るようになり、同時に、各金融業者は他社との差別化のためにより有利な条件を提示し顧客を確保するのに苦戦するようになりました。

金利も高く、審査に時間がかかるような貸金業者は淘汰されてしまうと分かっているため、銀行と消費者金融はそれぞれの強みを活かした金融戦略を採らざるを得なくなったのです。

すなわち、資金力に自信がある銀行は低金利でより確実に返済できそうな者に融資をする、反対に、銀行ほど資金的強みがない消費者金融は、銀行で借り入れできない層をターゲットに据えて、リスクを取る分金利を高く設定し、「早く手軽に」借り入れ出来るシステムを作り上げたのです。

利用者の行動と金利や審査難易度の関係について知っておこう

インターネットで簡単に複数の業者を比較できるようになると、利用者はどの業者が自分と最も相性が良いか探すようになります。

利用者(債務者)の理想は、「金利も低くて審査が簡単な貸金業者」です。しかし、金利と審査難度というのは言ってみればトレード・オフの関係です。どちらも優れているということはあり得ません。

なぜなら、金利というのは、「信用の目安」だからです。極端に言ってしまえば、100%返済してくれると分かっている相手には金利は発生しなくても良いのです。

もちろん、消費者金融も銀行も民間の株式会社なので、利益を出すために金利を設定していますが、これが信頼できる個人間同士の金銭の貸し借りだと考えれば、相手で利息を求めないこともあるでしょう。

つまり、審査を厳重に行えば行うほど、それをクリアした人は信頼できると判断され、低い金利でお金を貸すことが出来ます。反対に審査を緩めれば、その分信頼できるかどうかわからない人が集まることになり、その結果、リスクを回避する(貸し倒れを防ぐ)ために金利が高くなるのです。

銀行が消費者金融化したのか消費者金融が銀行化したのか

銀行は、これまで審査が厳しい代わりに金利を低くするということを常に念頭に、経営を行ってきました。しかし、ただ愚直にその形式を守っているだけでは業界で勝ち残れなくなってきたのです。

一方の消費者金融も同じです。消費者金融は銀行で借り入れできない人、またはすぐにお金を借りたい人にターゲットを絞って集客戦略をとってきました。

しかし、消費者金融だけで数十者という市場規模になってしまった現在では、「銀行との差別化」だけでなく、「同じ消費者金融業者に対しての差別化」も求められるようになったのです。

ココからも分かるように、銀行と消費者金融の片方がもう片方に近づいたのではなく、両者がそれぞれに多様なモデルに変わっていったというのが正しい認識なのです。

激甘審査の銀行カードローンは存在するのか?

結論から言えば、金利がかなり低い消費者金融は存在しても、カードローン審査が激甘な銀行は存在しません。大手だけでなく、中堅、中小の銀行も同じです。

ここで言う激甘審査というのは、本人確認書類の提出だけでカードローンを契約できる審査のことだと定義しています。本人確認書類と収入証明書の両方を提出するのは、銀行でも消費者金融でも同じで激甘とはいいません。

銀行の契約は、収入証明書類の提出が絶対です。特に、債務契約(個人が銀行からお金を借りる契約)では、どれだけ審査が簡単だと宣伝されていても、収入をたわずにお金を借りることは不可能と言ってもいいでしょう。

消費者金融の中には、利用金額によっては収入の証明しなくても(収入自体が無くても)利用できることがあります。その場合は最低金額になることがほとんどですが、実質本人とわかるだけでお金が借りられます。

ですが、銀行カードローンにおいては、どれだけ利用金額が小さくても審査で収入のことを聞かれないことはないと言ってもいいでしょう。

銀行は金貸しではない?カードローンに対しての考え方

民間にお金を貸して、その利息が主な収入源である消費者金融に対して、銀行はお金を貸すことによる利益はそれほど重視していないという背景があります。

では、銀行は何によって利益を出しているのかということですが、これは企業に対しての融資と資産運用です。

資産運用というのは、私達もやることが出来る株の購入や投資信託などです。その他にも為替取引や国債・社債の運用も銀行はおこなっています。実は銀行はお金を貯めておくだけでなく、こうした金融取引を主な収益源としているのです。

そのため、カードローンなどの個人を対象とした金融商品では、利益よりもリスク回避の方に重点が置かれるのです。なぜなら、収益を出すことよりも、損失を避けたいと考えるのが銀行における個人債務契約だからです。

収入に自信がない人は銀行カードローンはやめたほうがいいの?

このように、銀行は個人にお金を貸す時に、まず真っ先に返済が問題なく出来る相手がどうかということを最優先に審査します。裏を返せば、信頼できると相手に判断してもらうためには何が重要かという話につながってきます。

激甘審査の銀行カードローンは存在しないという話でしたが、なぜ存在しないかというと、激甘審査というのは、簡単にいえば高い金利を貸すことと引き換えに、リスクを貸し手側が全て背負い込む債務契約だからです。

わかりやすい例を出しましょう。あなたがお金を他人に貸すとします。このとき、その人の為人をしっかり調べれば、信頼できるかどうかわかるので、金利を小さくしてお金を貸すことが出来ます。信頼できる人は、お金を持ち逃げしたり、返済できなくなったりするような人ではないからです。

反対に、適当な人にお金を貸す時は、信用出来ないので、金利を高くして貸し出します。万が一貸したお金を返済できなくなっても、他の人から多く金利をもらっているので、それほど懐は傷まないようになるのです。

審査が緩くてもこれだけは求められる!最低限の条件を知っておこう

金融業者からお金を借りるということは、相手に「この人はちゃんとお金を返済してくれそうだ」と信用してもらうことが全てです。その審査基準が厳しいとか易しいとか以前の話として、信用してもらえなくては話になりません。

最低基準というものがあり、これは、銀行であっても消費者金融であっても、これを満たさないと契約は無条件で破棄されるという合格ラインのことです。

まず、申込用紙の内容に虚偽が含まれないことと、本人だと照合できることです。これはまだ分かりやすいのですが、ここからが重要なポイントです。

過去の債務経験がある場合は、延滞の事実がないこと、現在他の借り入れをしている場合は、その合計額が契約者の年収の3分の1を超えていないことが調べられます。どちらがに該当すると借り入れは出来ません。

よく、銀行は総量規制対象外だから、年収の3分の1以上になっても借り入れ出来るという宣伝がありますが、それはあくまで制度的に例外を認めているだけであり、多額の借金をしているという事実は変わらないので、やはり借り入れしにくくなるのは否めません。

知っておいていただきたいことは、銀行の借り入れで「激甘」と呼ばれる必要最低限の状態で利用できることろはないということと、どんな貸金業者であっても、合法の業者であれば、必ず上記の2つは審査に含まれるということです。

トピックス
ページトップへ