ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 固定電話が無くても申し込みオッケー?今のサラ金事情のイロハ

固定電話が無くても申し込みオッケー?今のサラ金事情のイロハ

お金に困ったら何とかして工面しなくてはなりませんよね。そんな時はサラ金に申し込んで、お金を借りる人もたくさんいると思います。

ただ初めて利用する人は、サラ金の申し込みや審査について、不安に思うのではないでしょうか。サラ金の審査には住所はもちろん、電話番号や働いている会社などについてもすべて開示することになります。

特に電話番号は金融会社と話をしなくてはならなくなった時に、必ず必要となるのですが、今の時代は携帯が主流で、家に固定電話がない人もとてもたくさんいます。

それでは家に固定電話が無くても申し込みは可能なのでしょうか。その辺りについて、調べてみました。

今は携帯電話が主流の時代!固定電話は無くても申し込み可能!

今の時代は殆どの人達が携帯と契約していますよね。携帯のほうがとても便利で、言い方を変えれば四六時中、携帯と一緒の場合が多いので、却って固定電話より確実に電話に出る事が多くなったのではないでしょうか。

サラ金に申し込む時、必ず電話の有無を聞かれます。電話は身元がはっきりしていないと所持出来ません。今では携帯もそうなのですが、固定電話はNTTと契約の元、設置している家が大半ですので、よりはっきりとした身元の証となります。

昔は固定電話が無ければ、契約できなかったのですが、今では携帯電話の契約のみでも契約できることが多くなってきました。

申し込み記入欄にも、固定電話と携帯電話、両方書き込めるようになっています。

基本的に申し込み記入欄は空欄にしないほうが良く、固定電話があればそこにも堂々と書き込む事が出来ますので、ポイントは高くなります。ただ、今のご時世、携帯電話が主流で、固定電話は解約の一途を辿っています。

サラ金会社も時代の流れに沿うしかありませんので、携帯しか無くても充分に審査の対象となります。

固定電話の料金滞納はNG!

固定電話があったとしても、仮に電話料金を払っていなければ、審査NGとなる場合がとても多いです。

特に携帯か主流になり、固定電話は使わないからと料金の払い忘れはマイナスとなりますので、注意してください。

電話料金さえ払うお金が無いとみなされると、お金を貸しても返済は難しいだろうと判断されてしまうと審査可決は難しくなります。

お金を借りる以上、個人情報を晒すわけですから金融会社から確認の電話などが入ることを考えて、完璧にしておくことがとても大切です。信用度が下がってしまう可能性がある状況で申し込んでも、自分で自分の首を絞める事になりかねませんので、注意してください。

今は存在しない筈!騙されないで固定電話で融資の広告

昔はなんと電話加入権で融資が出来た時代があったようです。固定電話は一つの財産として捉えられていたわけです。今でもその名残があり、固定電話イコールしっかりとした家であるという公式があるのも頷けます。しかし、時代は流れて、固定電話を使っていない人達が本当に多くなりました。今の時代は固定電話加入権は殆ど価値が無いんです。

しかし、街中などを歩いていると未だに電話で融資なんていう謳い文句の金融会社が存在しています。

固定電話で融資なんて今の時代では有りえませんので、絶対にコンタクトを取らないようにしてください。

申し込んだら最後、自分たちの個人情報を抜かれてとんでもないことに発展する可能性があります。特にお年寄りは引っかかってしまう可能性がありますので注意しなければなりません。

お年寄りの場合は携帯を利用せず、昔ながらの固定電話のみで生活している人が大半でしょう。その感覚に付け込んで、融資しますと言われても絶対に契約してはいけません。

昔、存在した金融会社と信用する可能性も高い!

携帯をあまり触れない高齢者は金融会社からしてみれば、ターゲットにしやすくなります。簡単に騙されてしまうような巧妙な手口だったりしますので、注意が必要です。特に街中の伝言掲示板などに印刷した紙が貼られ、そこに電話金融などと書かれている場合や、電信柱などに貼られている場合が多いです。

これらから考えましても、インターネットなどで色々な情報を掴んでしまえる若年層を狙っているのではなく、高齢者が引っかかやすいと言えます。

また、電話を担保にしての金融会社は一昔前にしっかりと存在していましたので、その存在を知っている高齢者は安心して利用する可能性が高くなります。

金銭的に困っている高齢者がまわりにいる場合、こういった内容の金融会社には絶対手を出してはいけないということを伝えておく必要があります。

勤務先に固定電話は無し…信用度は急降下!

さて、今では固定電話がなくても携帯電話のみで金融会社に申し込みが可能という話をしましたが、勤務先に固定電話がない場合は話がガラリと変わってきます。

基本的に勤務先に固定電話がない場合はまず融資の申し込みをしても、100%の確率で審査に落とされてしまいます。

経営者の方針で固定電話と契約していない会社もあると思いますが、そういったスタンスの会社を金融会社は好みません。

やはり1つの企業として会社を経営しているのならば必ず、固定電話があることが前提としていますので、それに当てはまらない会社で勤務している場合、まず審査には通らないでしょう。

勤務先に関しては固定電話有りイコール、信用の証

携帯電話が主流となっている時代ですので、固定電話と契約しない会社も急速に増えている可能性もあるのですが、勤務先の固定電話に関しては金融会社も昔のスタンスを崩していないようです。携帯電話に関しては2年に1回機種変などをして、その度に電話番号を変更される可能性もあります。

勤務先の電話番号として登録しておいた番号が変わってしまうと、いざという時に金融会社から会社に電話をかけても、繋がらないということになってしまいます。

そういう危険性も十分に考えられる為、固定電話よりも自由度の高い携帯電話に関しては、NGとなってしまうということになります。

仮にこの先お金を借りるようなことがあるかもしれないのならば、勤務先にきちんと固定電話があるのかどうか、このあたりもとても重要なポイントとなるということですね。

つまりこれから転職したり、アルバイトやパートなどをしようと思っている場合は、固定電話としっかりと契約している会社であるのかどうかをチェックする必要もありますよ。

会社の場合は固定電話と契約しているイコール、信用度が高い会社ということになるわけですね。

自分の信用を上げる為の武器は多い方が良い!

固定電話が無くても申し込みは可能です。ただ、固定電話も携帯電話も両方共に持っているのが一番信用が高いと言えるわけです。

お金を借りようと思う場合は出来るだけ自分の条件が良い人ほど、審査には通りやすくなるのは当たり前となります。

「自分にとって良い付属品」がたくさん付いている人ほど有利になるわけです。

つまり、金融会社側から見て、その人の身分証明や、提出しなければならないものが総て揃えられる人ほど、契約成立する可能性が高くなるということですね。

どんな場合でもそうですが、武器は多いほうが良いわけです。昔ほど、固定電話は重要視はされてはいませんが、無いよりあったほうが良いのは当然です。

下記に該当している人は申し込まない方が無難!

電話に関して、下記に該当する事が一つでもあれば、審査否決になる可能性が高くなりますので、自分の今の状況と照らし合わせてみてください。仮に一つでも該当しているようならば、借り入れは難しいと考えた上で申し込んだほうが無難です。

  • 携帯電話も固定電話も契約していない
  • 働いている職場に固定電話がない
  • 固定電話ないし、携帯電話と契約していても、料金未納で?がらない状態である

上記に該当している場合は、信用度はかなり低くなり、不利な状況になるでしょう。三番目の状況は、相当お金に困っていると判断され、契約をしても返済は難しいのではないかという解釈をされますので、この場合も契約は難しいでしょう。

お金を借りるというのは簡単ではありません。しかし、自分が堂々と申し込める条件が揃っていると自分なりに判断出来るのならば堂々と申し込んで良いはずです。

それでも必ず融資が出来るとは言い切れないのが辛い所ですが、金融会社のホームページなどを参照の上、自分の今の状況ならば申し込みするのに値すると判断できた場合のみ、トライしてみてくださいね。

トピックス
ページトップへ