ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 借金をおまとめしたい!評判の良い金融会社の審査基準とは?

借金をおまとめしたい!評判の良い金融会社の審査基準とは?

借金をたくさん抱えている人って結構多いんですよね。毎月何社にも支払いを繰り返していたら、お金の返済のことばかり考えてしまい、精神的にもよくありません。

複数返済が厳しいなと思い出すときは、多重債務に相当近い状態のはずです。そんな時に考えるのがおまとめローンだと思います。

月々の支払いを一本化することによって、かなり返済は楽になるのでみんなが希望する一本化ローンなのですが、審査が可決する時の審査基準はいったいどのようなものが多いのでしょうか。

その辺りについて、色々と調べてあります。これからおまとめローンを検討している方は是非、参考にしてください。

こうなったらギブアップ寸前!金融事故になる前におまとめを!

借金をするときは誰でも、必ず返済をしようと心に誓ってお金を借ります。

しかし色々と物入りが続いてしまい、予想以上にお金を使ってしまい、また他の金融会社に融資の申し込みをして、借金をしてしまう人がいます。しかしお金を借りたら必ず、返済というものが付きまといます。

返済するためのお金に困ってしまったら、また違う金融会社に今度は返済するためのお金を借りたりすることになります。1社から2社になり、3社から4社になって、最終的には毎月の返済額がかなり大きくなって、お金を返すことが苦痛になる状況に陥ってしまいます。

これが多重債務であり、こうなってしまうと任意整理か、最終的には最悪な自己破産というケースになることが多いんです。

所謂、金融事故を起こしてしまうと5年以上はクレジットカードなどは作ることができませんし、当然、サラ金などでお金を借りたいと思っても、審査に可決することが出来ません。

当然、自分の信用などはがた落ちとなってしまいますので、自己破産などを避けるために自分の返済が苦しいと思ったその時点で、おまとめローンを考えるのが得策です。

憧れるおまとめローン、しかし審査基準は厳しめ…。

ただ、おまとめローンを希望したとしても全員が全員、必ず審査に可決するわけではありません。

借金をまとめるわけですから、肩代わりをしてくれる金融会社はかなりの大金を融資することになります。

大金を融資するわけですので、それに相応しい人でないと審査は可決されません。

おまとめローンは借金は楽になりますが、審査可決出来る壁も相当高いものと認識したほうが無難でしょう。もちろん、金融会社によって差はあるかもしれませんが、おまとめローンとなると審査基準も厳しくなってきて当然ですので、それを踏まえて検討することをオススメします。

ここを要チェック!金融会社はここを見ている!

さて、おまとめローンは月々の返済がラクになりますので、希望する人もとても多いローンとなります。出来るならば、この審査に通れば未来は明るくなるので契約したいと思うのも当然なのですが、さきほども触れましたがどうしても借り換えとなると、融資金額が大きくなりますのでその分、審査が厳しくなります。

特に下記に関して、金融会社はじっくりと見て判断しています。

  • 年齢
  • 性別
  • 勤務先名
  • 勤続年数
  • 勤務形態、及び年収
  • 借り入れ希望金額
  • 他社借り入れ件数及び、借り入れ総金額
  • 過去の金融事故の有無

上記に関してしっかりと判断した上で、融資が可能かどうかを最終的に決めるわけです。

ポイントその1・勤続年数、勤務形態、借り入れ希望金額

まず、勤務年数、これも大きくお金を借りる時はかなりの重要な要素となります。勤続年数が長いということはそれだけその仕事が安定していて、勤めているその人自身も、仕事を放り出さない真面目な人間であると判断されるわけです。

ということは、自ずと収入が安定し、大金を借りても返済出来る可能性が高くなります。

勤務形態に関しても、正社員となるとやはり金融会社側から見ると良い属性と判断されることは間違いないです。しかも、勤続年数が長いとなると、ますます条件的に良くなります。

借り入れ希望金額については、やはり、控え目なほうが印象は良いです。しかし、一本化となると、借りている金額をそのまま借り換えするわけですから、借りている金額にプラスアルファした金額を借りたいはずです。

年収からして、しっかりと返済出来るとみなされたら、審査対象となります。ただ、こればかりは他社の借金額により、色々と条件が変わってくるので、最終的には金融会社の判断に委ねるしかないでしょう。

つまり、一本化に大きく関わることの一つに安定した収入があるかどうか、ここがポイントになることは間違いないでしょう。

ポイントその2・他社借り入れ総件数、金融事故情報

さて、一本化を希望するということはそれだけ借り入れ件数が多いという事になるわけですが、総合計金額が自分の年収と比べて、あまりにもかけ離れているとなると審査にも時間がかかる可能性があります。

一本化することによって、返済が楽になるのですから、返済の遅れは絶対に許されません。

審査の上、最終的には信用して融資をするわけですので、その辺りに関しても金融会社は慎重に審査をすることになるでしょう。

まだ、借り入れ総合計金額が少なければ審査にも時間がかからない可能性がありますが、かなり多いとなると、返済期間が長くなりますので、金融会社は慎重に検討します。その分、審査に時間がかかると思っていてください。

そして金融事故情報ですが、今現在、返済が滞ってしまっているような状態である場合は、一本化の申し込みをしても審査に通らない可能性があります。返済の遅れは信用情報に記載されてしまいます。

返済が厳しいからこそ、一本化を望むのですが、返済が滞ってしまうような状態まで今の状況を先延ばしにする感覚を、マイナスと捉える金融会社もあります。

もう払いきれないと容易に判断できる状況はわかっていた筈ですので、そうなる前に見通しを付けて早めに一本化の対策を取らなくてはならないのです。

この辺りはその人の性格が反映する内容ですので、審査の判断材料の一つとなります。

又、任意整理や自己破産などをしても安易にお金を貸すような金融会社と契約し、再び、多重債務に陥ってしまった場合に関しても、審査可決にならない場合が多い事も覚えておきましょう。

審査基準の不思議、金融会社によって差もあり!

概ね、先程書いたその人の属性の判断基準はどの金融会社でも行なっていることはまず間違いありません。ただ、融資するかどうかに関しては、申し込む金融会社によって若干のバラツキがある事を覚えておきましょう。

例えば一本化をするときにインターネットなどでいろいろな口コミを見て、体験談を読んでこれならば自分も審査に通るだろうと申し込んだとしても、その人その人によって勤務先や年収が違うと、当然審査の内容も変わってきますので必ず融資してもらえるものと思っていてはいけません。

例え、似たような属性の人が一本化に成功したとしても、自分も必ず同じ結果になるとは言い切れないんです。

焦りは禁物!検討の猶予も必要。

この金融会社は一本化してくれやすい金融会社だという書き込みがあったとしても、丸々それを鵜呑みには出来ないということになります。

このあたりが申し込むにあたって怖い所なのですが、多重債務から早く脱却したい人は一刻も早く借り換えをしたいと思う筈です。しかし、焦って申し込んで待たされた挙句、結局借りられなかったというような事も充分考えられますので、焦る気持ちもわかりますが、ここは一つ、慎重になる必要もあります。

一本化の借り入れを成功させるためには、急がば回れの感覚を持つことも大切です。

返済が辛い…そう思った時こそ、即行動を!

返済が辛い…少しでもこの感覚を頭がかすめたら、もう赤信号が灯っていると考えて良いでしょう。

大金を掴まない限り、返済が苦しい状況から抜け出すことは物理的に不可能なのですから、返済が辛いと思ったその時点から好転することはまずありません。

安定した生活を取り戻すためにも一本化を考えよう

一本化を申し込むのもできるだけ傷が浅い状態で申し込んだ方が、借金が膨らまない分、金融会社から見ればより条件が良い状態で審査することが可能となります。自分の力で何とかして返済しようと思ってもまず難しいですので、できるだけ早く一本化を検討することをお勧めします。

その時点から行動を移すと、いろいろな金融会社の情報を集めることができますし、比較的余裕をもって申し込みすることができます。返済をするために金融会社から借り入れをするようになってしまったら重症です。タイミングを間違えれば、自己破産をするしかなくなってしまう可能性もありますので、賢く立ち回る必要があります。

一本化の道も色々と条件が難しいですが、まずは自分の生活を元に戻すが大切です。

きちんと働いていて、規則正しい収入が確保されているのならば、一本化に関しての情報を集め、次に進んでいくことをオススメいたします。

トピックス
ページトップへ