ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 銀行とサラ金、審査の基準は違うもの?金融会社徹底比較!

銀行とサラ金、審査の基準は違うもの?金融会社徹底比較!

誰しもお金がピンチになったら金融会社からお金を借りたいと思いますよね。過去にお世話になった人もいるのではないでしょうか。

この世の中には金融会社がたくさんあり、申し込むにしても、どの会社に申し込んだら良いのか悩んでいる人もたくさんいると思います。銀行系のカードローンもあれば、サラ金もあり、正直、金融会社についてわからない事もたくさんあるのではないでしょうか。

特に申し込む時に知っておきたいのは、各金融会社の審査の基準ではないでしょうか。正直、とても気になる事だと思います。

それでは、銀行とサラ金では審査基準はかなり違うものなのでしょうか。その辺りを調べてみました。

どちらも審査は厳しい?銀行系カードローンの審査の基準

お金を借りるのには必ず審査というものを突破しなければなりません。そう、かんたんに借り入れ出来る訳では無いんです。どんな金融会社に申し込んだとしても、審査可決をしなければ、お金を借り入れすることは不可能です。

ただ、銀行系のカードローンのCMもよく目にしますし、サラ金会社のCMもよく見かけて、お馴染みの会社もありますよね。出来ればお馴染みの会社で申し込んだ方が不安は少ないと思います。

おのおのの審査の基準がわかれば、自分ならばどちらに申し込んだ方が良いのかという判断材料になります。

申し込むにはやはり、金融会社と特色を知っておいたほうが絶対に便利です。まず、銀行系カードローンですが、なんといってもネームバリューがあり、銀行と名の付くカードローンなのですから、正直、安心感が違ってくると思います。

また、銀行系からお金を借りることが出来たら、なんとなく自分の信用度は相当なものだという自信が付く人もいるのではないかと思います。

審査はガッチリ!返済できる能力を見ます!

しかし、銀行系カードローン、やはり審査はガッチリとされていて、誰でもかれでも契約出来るものではありません。申し込んだ人の今の状態をしっかりとチェックします。

しっかりと働いていて、収入があるのか、過去に返済の遅れなど金融事故に発展したことはないのかなど、審査されます。当然、勤務先なども把握されることになりますし、個人情報はしっかりと伝えなくてはなりません。

ここ最近、色々な金融会社に融資の申し込みをしていないかなどの情報もしっかりと見られます。その上で審査結果を出しますので、この人にお金を貸してもまず、返済が滞る可能性があると判断されたら契約することはまず難しいです。

頼み込んだら色々と考慮してくれるというものでもなく、あくまで、「返済能力があるかどうか」を判断の上、契約出来るかどうかが決定されるのです。

勘違いは禁物!サラ金の審査基準だって案外厳しい!

それでは消費者金融、サラ金の審査基準は一体どんな感じなのでしょうか。世間的には銀行系カードローンに比べて、親しみやすいといったイメージがあるのではないでしょうか。

インターネットでもあちらこちらにサラ金のリンクが貼られていたりしますので、有名なサラ金会社は誰でも一度は会社名を目にしたことがあるのではないかと思います。

サラ金会社は契約しやすいと思っている方も多いのではないでしょうか。なんとなく敷居は銀行系カードローンから比べると低い感じがしますが、しかし、審査はやはりきちんとやっているところが圧倒的なんです。

勘違いされている方も多いのですが、サラ金だからと言って審査基準が甘く、借りやすいと思われがちなのですが、実はそんなことありません。

きちんとした金融会社ですので審査はしっかりと行われています。

当然、しっかりと働いている事が前提ですし、毎月の返済に困らない人に対して貸付を行なっています。

このあたりは正直、銀行系カードローンとさほど大差は無いと考えて良いかもしれません。

借りやすいなどという評判は鵜呑みにするべからず

ただ、サラ金は本当にたくさん会社が乱立していますので、会社によって若干の審査基準は違うでしょう。しかし、詳しい審査基準までは明らかにされているわけではありません。

インターネットなどを見ると簡単に申し込める雰囲気が漂っているのですが、厳しい審査結果が待っていることも覚悟しておかなくてはなりません。借り入れをしている人がやっぱりサラ金は審査が甘く借りやすいよと言ったとしても、それはその人にたまたま該当した結果であって、その一言を鵜呑みにすることは出来ません。

審査結果は人によって当然、千差万別です。

他の人が借りられたからといって、自分も同じように借りることが出来ると勘違いしないようにしましょう。

年齢も大事!銀行もサラ金も審査基準の中に年齢も含まれる!

銀行のカードローンなどを申し込みたいと思った時、安定した年収があったとしても、年齢が20歳未満であったり、上限年齢が65歳前後であったりすると、借り入れは厳しいので気をつけてください。

「借り入れの最低年齢は20歳から」これはサラ金であっても銀行系カードローンであっても同じ所が殆どです。

気を付けたいのが高校を卒業して即就職した場合です。就職して正社員になり、安定した年収を得ていたとしても、20歳未満ならば残念ながら申し込みすることが出来ないんです。

このあたりに矛盾を感じる人が沢山いるかもしれませんが、やはりお金を借りるということについては、20歳を過ぎて精神的にも落ち着いている成人となった人を対象としています。

しっかりと働いていて自立している10代もたくさん存在することはわかっていても、今の時点では20歳以上でないと申し込み資格がありません。契約を希望したくても、とりあえず20歳になるのを待つしか方法がありません。

20歳未満でも融資する金融会社に注意!

中には20歳未満でも融資する旨が書かれた金融会社が存在しますが、真っ当な金融会社の大半は20歳以上が申し込み資格となっていますので、下手に手を出さない様にしてください。

そのような金融会社は闇金融の可能性もあります。

お金を借りたい時は甘い言葉に騙されやすくなりますので、自分の身をしっかりと守るためにも、美味しい内容の謳い文句に流されないように注意しなければなりません。

因みに上限の65歳前後に関しては、金融会社によって若干の誤差があります。真っ当なサラ金会社でも上限に関しては70歳前後まで借り入れ可能な会社も存在します。

契約をしたいと思ったら、20歳以上の借り入れしか認めていない金融会社であるのかどうかもチェックする必要があります。

変な会社に引っかかないようにするためにもしっかりと調べておきましょう。

保険の為の複数申し込みはNG!足元を見られます!

銀行系カードローンにしても、サラ金にしても、お金を借りたいがために同時期に色々な金融会社に申し込む人がとてもたくさんいます。

気持ちはとてもよくわかるのですが、その行為は絶対にNGです。すぐにお金が必要になった人にありがちな行為なのですが、審査落ちを心配して色々な金融会社に申し込みをする行為はすぐにバレます。

急激に色々な金融会社に申し込みを繰り返す行為は、よほどお金に困っていると判断されますので、金融会社は二の足を踏みます。この人にお金を貸しても返済されないかもしれないという可能性を感じたら、間違いなく審査可決は不可能となります。

申し込むなら総てを正直に申請しよう!

サラ金にしても銀行にしても契約を希望する場合は、特に下記に気をつけて申し込む様にしてください。

  • 複数の金融会社に申し込みを繰り返さない事
  • 申し込む時に虚偽の申請をしない事
  • 書き損じなどをしない事

特に申し込む時は緊張や不安もあって、書き損じや、審査を出来るだけ有利に進めたいという気持ちもあり、虚偽内容を申告する人も多いんです。

仮にそれで契約出来たとしても、バレてしまうことで全額返済を要求されてしまう可能性も考えられますので、注意するようにしてください。

最後になりますが、銀行系カードローンもサラ金も審査基準に大きな差は無いと思っていたほうが無難です。サラ金は審査がゆるいとか、借りやすいなどという感覚を持つ事はやめましょう。

お金を借りるにはある程度の資格が必要ということになり、そこから外れていたりするとなかなか審査可決は難しくなります。

今の自分の状態をしっかりと把握した上で、改めて申し込みをするのかどうかを検討するようにしましょう。

トピックス
ページトップへ