ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 会社に連絡がある時ってどんな時?金融会社と契約する時の注意点

会社に連絡がある時ってどんな時?金融会社と契約する時の注意点

お金がピンチになってしまったら、そのピンチから何とかして脱出しなければなりません。

色々な方法があるとは思いますが、そんな時は誰にも気兼ねすること無く契約できる金融会社に借り入れの申し込みをする人も結構多いのではないかと思います。

しかし、金融会社に申し込みをすることは借金をすることであり、基本的に誰にも知られたくないと思う人も沢山いるはずです。

金融会社に借り入れの申し込みをしたら、どうしても会社に連絡がある事を懸念する人もいて、なかなか申し込みに踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

それでは金融会社から連絡がある時ってどんな時なのでしょうか。それに付いて調べてみました。

携帯電話があるのに会社に連絡?!それにはどんな意味がある?

さてお金がピンチになったら、金融会社と契約してお金を借りることができたら嬉しいなと思っている人も沢山いますが、一番心配するのが、金融会社が会社へ連絡してくることだと思います。

それを考えるとどうしても、金融会社に申し込みをすることに対して二の足を踏んでしまい、勇気が出ない人もとてもたくさんいると思います。

その背景にはやはり、お金を借りることを誰にも知られたくないという気持ちが働くからでしょう。借金することイコール、してはいけないことという昔からのイメージが先行してしまって、借りるならどうしても内緒で借り入れしたいと考える人が多いんです。

しかし、内緒にしておきたいのも関わらず、金融会社に申し込みをしたら、必ず勤務先に金融会社から電話がかかってくることが必須である会社が圧倒的なんです。

自分自身ときちんと連絡が取れるように、携帯電話の電話番号を教えているのに、わざわざ会社に電話をしてくる金融会社の意図は一体何でしょうか。

在籍確認の電話は必須な会社が多い!

会社に連絡してくる金融会社の意図は、「本当にその会社に、在籍しているのかどうかを確認するため」のものなんです。

お金を貸すわけですから、金融会社側からしてみれば、ちょっとした疑いの眼差しで見るのは当たり前なんですよね。

しかし、在籍確認の電話をされると、金融会社に申し込みをしたことがバレてしまう可能性が高くなります。今のご時世、本人に連絡したい事がある人は必ず、その人の携帯電話に掛けることが普通ですので、わざわざ会社に電話をしてくる人は少ないでしょう。

そんな中、会社にわざわざ電話してくるのはさすがに不自然なんですよね。携帯電話が普及していない時代ならばともかく、今はそんな時代ではないだけに、ピンとくる人もたくさんいると思います。

しかし、金融会社に申し込みをしたら、会社に確認の電話がある場合が多いということを、覚えておいたほうが無難です。

会社に連絡の回避方法!完全Web申し込み!

たまたま自分が仕事で席を外しているときに、金融会社から会社に連絡が入るのは本当に困りますよね。

そんな時を想定して申し込みを躊躇している方、実は、完全なweb上での申し込みのみという画期的なサービスを行なっている金融会社があることをご存知でしょうか。

主に有名金融会社が率先して行なっている場合が殆どで、完全Web完結など、呼び方は色々なのですが、いわば、会社への連絡が一切無い画期的な申込方法があるんです。

会社へ連絡が怖いと思っている人にとって、これは本当に有り難い申込方法だといえるでしょう。ただ、誰でも彼でもこの方法で申し込めるわけでではありません。

詳しい条件は金融会社によって変わる部分もある可能性があるのですが、一番重要なのは「社会保険証を所持していること」となります。

社会保険証を持っていることで会社勤務は証明されますので、電話確認をする必要がないんです。

後は諸々、社会保険証なり、必要書類なりをコピーしてWebに添付して送るだけです。

社会保険証所持者であっても、審査はばっちりあります!

つまり、その会社に間違いなく勤務しているということさえわかれば、電話で確認する必要がないという事になります。おそらく、これはかなり便利な申込方法となりますので、今現在契約している人でも、この申込み方法を使って契約した人は沢山いるのではないでしょうか。

ただし、社会保険証を所持していない人は、勤務先に電話がかかってくることは必須条件に近いと思っていてください。

また、社会保険証があるからといって、絶対に審査に通るということでもありません。審査は必ずあり、逃れることは出来ません。社会保険証があり、仕事としてはきちんと収入があると認められる良い属性であっても、審査はガッチリ行われます。

あくまでもこれは会社に電話確認をしなくても良い申込方法であるということであり、これによって審査がゆるくなるわけではありません。

返済の遅れ!会社に連絡がある原因は借り主側にある事多し!

会社に金融会社からの電話連絡がある事を懸念して、なかなか申し込めない人は沢山いるのですが、基本的に申し込みに関しての連絡をうまく誰にもバレないように回避することが出来れば、それ以降、会社に連絡をしてくることはまず無いと考えても構いません。

そう、ある事さえしなければ滅多に金融会社から連絡があることなんて無いんです。

そのある事とは一体何なのでしょうか。

そう、それは「返済の遅れ」この一言に尽きます!

返済が遅れてしまったら必ず金融会社から連絡があります。契約しているときに電話番号の開示をしていると思いますが、携帯電話にかかってきたとしても、仕事中ならば電話に出ることが出来ない場合もとてもたくさんあります。

ましてや社会人となると会議中や商談中の場合もたくさんあり、電話に出られない事の方が圧倒的に多いのではないかと思います。

ただ、金融会社側としては借りた本人に督促をする行為は当たり前で、携帯電話に出なければ次は当然、会社に電話をかけてくることとなります。

会社にかければ本人と話をする事が出来る可能性が高くなりますので、必ずかかってくると思っていてください。

回避方法は一つ!返済を遅れない事!

つまりは自分が原因で会社に連絡をさせるハメになってしまいますので、そうならないようにするには返済の遅れが無いように徹することが大事ということになります。

内緒で借り入れ、バレたくない!殆ど人がそのような心理であることを金融会社は重々承知であることが多いんです。従って、滅多なことがない限り、職場に電話をかけてくる言葉無い事が多いんです。

ただし、返済に遅れが生じた場合、金融会社は必ず何らかの手段でコンタクトを取ってきます。職場は本人が捕まりやすい環境ですので、もし返済が遅れてしまったら連絡してくることが多いと考えていてください。

誠意が大切!会社への連絡を避けたいならまず連絡!

返済が遅れてしまうことは、やむなしの場合も人間にはあります。たまたま急病になってしまって外出が困難になってしまったりすることもありますし、他にも突発的に身動きが取れず、返済しに行く機会を失ってしまうことだってあります。

ただ、大事なのは誠意を見せることです。会社に連絡が来ることを絶対に避けたいと考えているのならば尚更のこと、金融会社から連絡があるまで、放置をせずに自ら連絡をして金融会社に事情を説明することが大事なんです。

返済が遅れてしまう事実があった場合、必ず下記を整理して金融側に電話をして伝える必要があります。先に金融側に伝えることによって会社に連絡が来ることを防ぐ事ができます。

  • 返済が遅れる旨を伝える
  • どうして遅れてしまうのかを伝える
  • 必ず返済出来る日を伝える

以上について先にきちんと自ら伝えることによって会社に電話がかかってくることを防ぎます。ただし、上記についてきちんと自ら伝えるわけですから、どんなことがあっても約束した日の返済忘れは許されません。

信用のもとでお金を貸すわけですので、自らこの日に返済しますと断言した以上、忘れると一気に信頼失墜してしまいます。そんなことが絶対に無いようにしなければなりません。

自ら約束した内容、忘れるとすぐに連絡があります!

当然のことながら、自らこの日に返済しますと言って、それを忘れてしまうと、即座に勤務先に電話がかかってきたりすることはまず間違いないでしょう。

金融会社からの連絡が怖い人は、連絡をこさせないようにすることが大事で、金融会社が話をしなければならないような状態に持っていかなければ良いわけです。

つまりは信用ある状況を常に作っておくと、最初の審査以外で金融会社から電話連絡があることはほぼ無いということです。

連絡が嫌なら返済の遅れはNG!これを守れば電話に怯える事はありませんよ。

トピックス
ページトップへ