ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 車のローン審査に通らない!原因は何?!金融会社のエトセトラ

車のローン審査に通らない!原因は何?!金融会社のエトセトラ

車を購入したいと思った時、殆どの人がローンを組むのではないかと思います。やはり高額ですし、なかなかキャッシュで支払うというわけにはいかない人が多いのではないでしょうか。

そんな時に役に立つのが車のローンです。しかしローンの審査に可決しないと、分割払いで車を購入することが不可能となります。

実は車のローン審査に通らなかったと嘆く人も結構いるんですよ。それでは車のローン審査に通らない人は一体何が原因なのでしょうか。

もちろんローン会社によって多少の違いがある可能性があると思いますが、共通している原因もある筈です。その辺りについて色々と調べてみました。

無職はまず審査に通らない!車のローンを考えているなら働く事!

車のローン審査に通らない人の理由はいろいろあるでしょう。

まず最低条件として必ず働いていること!これがとても大切となってきます。

これは車のローンだけに限らずどんなローンであっても、働いて収入があることを必須としている金融会社が圧倒的です。ローンで支払うということは、車の代金をローン会社が先に肩代わりしてくれるということになります。

代金を肩代わりしてくれているのですから、ローン会社にお金を払っていかなくてはならないのは当然のことです。ということはローン会社の立場から見ると、月々きちんとお金を支払ってくれる人にしか肩代わりはしたくないと思うわけです。

つまりは、月々きちんと収入があって支払いするのに困らない人に対して、審査対象となる場合が多いです。

無職の状態であると月々の収入がありませんので、車を分割払いで購入しようと思っても審査に通ることはまずありません。

車というのは高額な買い物となることが多く、ローン会社も審査に慎重になる場合がとても多いです。車を分割で購入しようと考えているのならば、必ず働いて収入がある安定した状態になってから、申し込むようにするしか方法はないでしょう。

勤続年数が短いのも審査結果が厳しいものに!

ただ、働いていて収入があるのならば審査の対象と一応はなるのですが、勤続年数が短すぎると審査否決になってしまう可能性が高くなります。

勤続年数が短いとまだ安定して収入を得ているとは言い難く、すぐに離職してしまうのではないかという不安があります。

従って、最低でも1年以上は同じ職場で働いていないと、厳しい結果に終わることが多いとされています。

自営業に関しては月々によって収入が不安定だと判断されますので、自営業を営んで、三年以上の月日が経過していないと審査可決にはなりにくいと言われています。

車のローンは融資額面が大きいですので、審査は簡単なものではないと思っていたほうが良いでしょう。

働いているのに審査否決?!年収が150万以下だと厳しい可能性

働いていて安定した収入がないと車のローン審査は通りにくいという話をしました。

しかし中にはきちんと働いていて、安定の収入があるのにもかかわらず、審査に落ちてしまった!と嘆く人もいるでしょう。

実は車のローンは年収が150万円以下だと審査に通りにくいという話が多分にあります。

車のローンはどうしても高額になることが多いですので、安定した収入といっても年収に換算するとやはり150万円以上の稼ぎがないと難しいんですね。

ですので自分の年収と釣り合っていない金額の車のローンに関しては、審査に通らない可能性がとても大きくなります。

どうしても欲しい車があるのならばある程度、自分でかなりの頭金を用意してから、残りの金額をローンに持っていくようにするしか方法はないかもしれません。

時には欲しい車を変更しなければならない事も…。

まとまった頭金が用意できない場合は、残念ながら自分が希望する車を諦めた方が良い場合も出てきます。金額も安く、もう少しグレードを抑えた車を購入した方がローン会社から見ても印象良く映るでしょう。

また車のローンには必ず金利というものがプラスされることも忘れては行けません。

高額のものの上に金利がプラスされると、思っている以上に月々の支払いが多かったり、完済するまでに年月がかかったりします。車のローン金利は比較的安いとされては入るのですが、それでも月々の返済が辛いと思う人も結構います。

長くローンを契約することで思わぬ苦労を背負い込むことになりかねませんので、その辺りについてもきちんと考える必要があります。自分の今の現状をしっかりと考えてから、マイカーローンを返済していけるのかどうかを検討する必要があります。

物欲に負けてしまって、辛い思いをしないようにしましょう。

本当?離職率が高いとされている職業は審査否決になる可能性も…

働いていても審査に通らない…これに関しては本当に悲しいのですが、ローン会社も大金を融資する以上その辺についてはとてもシビアなんです。

先ほど年収が150万円以下だと車のローン審査には通りにくいという話をしましたが、全国の統計などにより離職率の高い職業についている人も、審査に通らない可能性が高いです。

例えば風俗店全般、娯楽施設、水商売や日雇い系アルバイト…これらの職業についている人は基本的に長続きせず、いつでも辞めることができるような状況でいられるというイメージがあるため、ローン審査に可決できない結果に終わる人はたくさんいます。

つまり仕事に安定感が感じられないと、今現在それなりに収入はあったとしても、審査に落とされるパターンも結構あるということになります。

勤続年数が長くても審査落ちするのは職業だと思って良いかも

勤続年数も長く、年収は150万円以上ある!それなのに審査に落とされるのが続いてる人はやはり、上記に述べたように「職業による審査判別が行われている」可能性が高くなります。

上記以外でもとび職や、タクシー運転手、トラックの運送業も離職率が高いと判断され、審査落ちを繰り返すパターンが多いんです。しっかり働いていても審査に落ちるケースは悲しいですけれども、現実はかなり厳しく、辛い部分です。

働いているのにも関わらず、無職の人達が申し込む結果と同じ審査落ちになるのはなんとも合点がいかない部分も多いんですよね。

ローン会社の審査は会社によって差がある部分もあるのですが、職業によっての属性判別はどの金融会社もほぼ同じとされていますので、離職率が高い職業に就いた上での大きな買い物ローンについては、過度な期待はしないほうが無難かもしれませんね…。

他社での借り入れが多い!この場合も車のローンはNG!

さて、車のローンに通らない人を色々と調べてみましたが、これも重要となるんです。

「他会社の借金があるかないか」これについてはとても重要な項目で、年収もあり、信用度の高い職業に就いていて、勤続年数もある場合であっても他の金融会社からたくさん借金がある状態であると、まず車のローン審査は通りません。

他社での借り入れが多くても返済は続けていかなくてはならないですよね。それに車のローン返済がプラスされると当然、もっと返済は厳しくなるはずです。それが見越せる状況の人が車のローンを申し込んでもまず審査には可決しないんです。

車のローンの場合、車のローンと他社との借り入れ金額の合計が年収の40%を超えてしまうと審査否決となる事が一般的と言われています。

そして下記の借金の延滞などがあり、それが履歴として残っている場合は、まず審査に通りません。

まとめ・これに該当している人は審査落ちの可能性が高いかも!

審査に通りにくい条件はこのような感じになります。金融会社によってはもっと厳しい場合もあります。特に下記に関しては重要となりますので、参考にしてください。

  • 年齢が二十歳未満の利用である
  • 勤続年数が短い
  • 安定した収入が無い
  • 年収が150万未満である
  • 離職率の高い職業に就いている
  • 他社の借り入れが多い
  • 延滞の経歴がある
  • 5年から10年以内に金融事故を起こした事がある

こうやってみると、案外車のローン審査は通りにくい可能性が高いと判断して良いのではないかと思います。車を購入した人が「ローンの支払い中だから」などと口にするのを聞いて、車って簡単にローンが組めるんだと思っている人も多いと思いますが、ローンで車を購入出来た人は「条件が整っているからローンが組めた」と思った方が良いでしょう。

友達が簡単に組めたから自分も簡単にローンで車を購入できるはずだと思っても、絶対に審査に通るなんてこと言い切ることは出来ません。自分自身の今の現状をしっかりと把握して、冷静に判断した上で検討するようにしてください。

トピックス
ページトップへ