ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査で知っておきたいこと!ブライダルローンの審査が甘いは嘘

ローン審査で知っておきたいこと!ブライダルローンの審査が甘いは嘘

ネット上には、ブライダルローンの審査が甘い業者を斡旋しているサイトも存在します。ですが、ブライダルローンの審査が甘い業者は存在しないと思ったほうが良いです。

というのも、審査基準を設けてローン審査を行っている業者が多いからです。

今回は、審査基準によりどのようなローン審査が行われるのか、また、どのような人であればブライダルローンの契約を組めるのか案内していきます。

審査基準は?ブライダルローンの主な審査基準

ブライダルローンについてですが、一般的なローンと比べて違っている部分も存在します。

一般的なローンであれば、審査基準を満たすだけでローン審査が進んでいきます。ですが、ブライダルローンの場合は人によって対応が違うので注意してください。

具体的に以下のような対応を行っていることが多いです。

  • 資金使途証明書類を求められる
  • 他で同じ内容のローンを申込んでいないか確認される
資金使途証明書類とは

ブライダルローンの場合、結婚式で必要となる資金の内訳を証明する書類のことです。

結婚相談所などで結婚式で必要となる資金の概算を行ってくれますが、その際に発行される書類が資金使途証明書類となります。

また、すでに他の業者でブライダルローンの申込みを行われていると、新規でブライダルローンの審査を行うことが難しくなります。

これはカードローンといったローンの審査でも同じことが言えるので、すでに他の業者で申込みを終えている場合は、審査結果が出るまで新規の審査申込を行わないほうが賢明です。

審査の難易度!ブライダルローンの審査で通る人の特徴

ブライダルローンの審査は、一般的なローンと審査の難易度が変わりません。

なので、収入、返済の状況において問題が無い人物であれば、審査に通る可能性が十分にあります。

また、以下の条件も満たせるようであれば満たしておいたほうが良いです。

  • 銀行口座の開設
  • 収入証明書類の提出

銀行口座の開設というのは、ブライダルローンで利用することになる口座の開設です。

ブライダルローンの申込時に口座の開設を要求されますが、先に口座を開設しておくと、後になって口座を開設する手間が省けますので、可能であれば対応しておいたほうが良いでしょう。

また、収入証明書類の提出についても、自分から進んで提出されていたほうが審査上で評価されやすいです。

収入証明書類とは

実際の収入を証明する書類のことを収入証明書類と言います。

収入証明書類が提出されていると、通常より確実な審査が行えるため、審査上の評価も上がりやすいのです。

収入証明書類は以下のような書類が該当しますが、以下の内どれか1枚を提出するだけで問題ありません。

  • 給与明細書
  • 納税証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書

こんな人は審査に通らない!ブライダルローンと相性が悪い人

ブライダルローンの審査についてですが、申込者によってはまったく審査に通らないことがあります。

なぜ、このようなこともあるのか?というと、それはブライダルローンの審査と相性が悪い人も存在するからです。以下の条件のどれか1つに該当するようでは、ブライダルローンの審査と相性が良くないかもしれません。
  • 借金の履歴が存在しない
  • 借入が無計画だと判断される状態での申込

ブライダルローンでもそうですが、借金の履歴が存在しない人ではローン審査が難しくなってしまいます。

過去であれば、借金が無い人はローン審査において高い評価を良く受けていました。ですが、現代では借金の履歴が存在しないという場合は、要注意人物と判断されることが多いのです。

というのも、借金の履歴が存在しない場合、返済能力があるのか判断できません。ブライダルローンの場合、100万円近くの融資を行うことも多いため、このような判断が下されることも多くあるのです。

それと、借入が無計画では他のローンと同じでローン審査に通りません。

例えば、「とりあえず100万円借りたい」ではローン審査に通らないと思っておきましょう。どのような目的(お使いみち)で、最大でどの程度の融資が必要なのか相談した上で、ブライダルローンの審査に進んだほうが賢明です。

このような対応をされていないと、後になってさらに多くの融資が必要となるケースもあるため、ローン審査についても通常より厳しくなりやすいのです。

そのため、これらの問題についての理解、対応が望める人でなければ、ブライダルローンと相性が悪い人となってしまいます。

ネット上の噂に注意!審査が甘いというのはあてにならない!

ブライダルローンの審査は、ネット上では甘いと言われていることが多いです。

ですが、どのような人に対してもブライダルローンの審査は甘いというわけではありません。

以下の条件をどれか1つ満たせる人であれば、信用を得ている分だけ、通常より審査がスピーディーになるだけです。

  • 職業が公務員
  • 銀行を定期的に利用している
  • 中高年の方で収入が安定している

ブライダルローンは、あくまでも安定した返済能力を有している人に対して、ブライダルローンを販売しているだけです。

他のローンに比べて一度に借りる金額も大きいため、あまり借入の経験がない人、もしくは収入が少ない人では審査が甘くなることもありません。

職業が公務員であれば、安定した返済が望めるということで評価が上がることもあります。ですが、公務員であれば大きな融資であっても審査に落ちないほど、ブライダルローンの審査が甘いというわけではないのです。

ネット上では、「簡単に100万円以上でも借りられる」といったブライダルローンの情報も見つかりますが、このような対応は昔であれば対応可能であっただけです。そのため、現在では甘い審査を行っているブライダルローンはまったく存在しません。

銀行を定期的に利用している場合についても、実際に入出金の管理が銀行口座を通じて行われていますので、収入の証明が取れている状態でローン審査を受けられるだけです。

中高年の方で収入が安定している場合、若い人に比べて収入の安定度が高いため、若い人より信用を得た状態でローン審査を受けられるようになっています。

実際の融資額は収入、返済状況に見合った金額で設定されるので、審査が少し甘くなった程度では融資額に大きな影響を与えません。

審査のコツ!ブライダルローンの審査で評価されるテクニック

ちょっとした対応で、審査における評価が上がるというテクニックも存在します。

どのテクニックも実践するのは難しくないので、多くの人が実践可能なテクニックでまとまっています。

  • ブライダルローンの相談を持ちかける
  • 他のローンを完済してからブライダルローンを申込む

ブライダルローンでもそうですが、ローン審査の前に相談することには意味があります。というのも、銀行ではローンに関する相談を専門的に行える窓口を用意しているからです。

相談を行っておくことで、本当にローン返済をスムーズに行えるのかシミュレーションできます。また、このようなサービスは無料で利用できるようになっているので、後になって料金が発生することもありません。

それと、他のローンを完済しておくと返済に関する信用が上がります。ローン額の大小は関係ないので、小さなローンから順に完済していくと良いでしょう。

返済に関する記録は個人信用情報に対して行われています。個人信用情報は金融機関で閲覧可能な情報となっているため、金融機関で審査を行う際に必ず閲覧される情報でもあるのです。

個人信用情報とは

現在までの借入状況をまとめて記録している情報のことを、個人信用情報と言います。

個人信用情報機関(CICなど)が情報の管理を行っているのですが、金融機関のほとんどは個人信用情報機関に加盟しているので、ローン審査時に個人信用情報を閲覧できるようになっているのです。

属性に注意!属性を知っておくだけで審査の評価が良くわかる

ローン審査では、属性もチェックされるので属性についても知っておきましょう。

属性とは、スコアリング審査で用いられる情報のことです。

スコアリング審査とは

ローン審査で良く用いられている審査方法に、スコアリング審査という審査方法があります。

スコアリング審査は、属性ごとに加点を行っていく形式となっているため、属性ごとに高い加点を受けられる人ほど審査に通りやすくなります。

具体的な属性と評価についてですが、以下のような仕組みになっているので、良ければ参考にしてください。

  • 年収:200万円以上が評価されやすい
  • 年齢:満20歳以上満40歳未満が評価されやすい
  • 職業:公務員、大手企業勤めが評価されやすい
  • 勤続年数:1年以上が評価されやすい
  • 住宅:持ち家、借家が評価されやすい
  • 電話:固定電話が評価されやすい
  • 家族との同居:同居しているほうが評価されやすい

上記の条件をすべて満たす必要はありません。あくまでも加点できる属性を審査時にチェックしているだけなので、1つでも多く加点できる属性があれば問題ないのです。

近年では、職業、勤続年数が高く評価されやすいため、年収が多いだけでは高い評価につながらないこともあります。このように時代に応じて変化する要素がスコアリング審査には存在しますので、年収のみに気を取られないよう注意しましょう。

学生でも審査可能!?審査可能となっている理由を解明

ブライダルローンですが、学生でもブライダルローンの審査を受けられるのは本当です。

ただし、以下の条件を満たせない場合はローン審査を受けられません。

  • 保証人が存在する
  • ローン審査の基準を満たす

カードローン審査と同じで、学生がローン契約を組む場合は親の保証が必要となります。保証人は誰でも良いというわけではありませんので、指定の人物が保証人になってくれない場合、ローン審査を受けられないと思っておいたほうが良いでしょう。

それと、ローン審査の基準を満たせないようではローン審査は受けられません。

例えば、保証人がブラックであった場合、あらゆる金融機関のローン審査で通らなくなってしまいますので、保証人がそのような状況にないかチェックしておく必要もあります。

ブラックとは

過去に金融事故を起こしてしまった人のことをブラックと言います。

ブラックの人は、審査が甘い金融機関であれば審査に通るという情報も存在するのですが、正確には、ブラックとしての扱いが解除されてから金融機関を利用できるようになるだけです。

そのため、ブラックの間はどのような金融機関も利用できないと、理解しておいたほうが良いでしょう。

オススメの業者は?ブライダルローンで有名な金融機関をご紹介

ブライダルローンでオススメの業者というと、大手銀行が挙げられます。

大手銀行には以下のようなメリットがありますので、今では人気の高い銀行も数多く存在します。

  • 金利が安い
  • 長期借入が可能
  • 増額審査も行っている

ブライダルローンの金利は、中小の銀行では高くつくことが多いです。というのも、生活資金の一部としてローンを販売していることが多いからです。

大手銀行では、ブライダルローンはブライダルローンとして取り扱っているため、金利が高くつくというケースが少ないでしょう。

また、他の金融機関と比較しても長期借入を実現しやすいです。他の金融機関では2年以内の契約が多いのですが、大手銀行では3年以上の長期借入も視野に入れて、ブライダルローンの相談に乗ってくれることが多くあります。

しかも、大手銀行では増額審査も行っているため、将来的にさらに大きな融資を受けたいという場合も、安定した対応を望めるようになっているのです。

また、大手銀行は他の金融機関と比較しても審査基準に大きな違いがありません。ブライダルローンだからといって、複雑な審査対応を要求されることもありませんので、誰でも気軽に申込めるというメリットも存在します。

トピックス
ページトップへ