ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査に通らない場合!借入に問題があると審査に通らないことも

ローン審査に通らない場合!借入に問題があると審査に通らないことも

ローン審査に通らない場合、借入に問題があるか、もしくは申込内容に問題があると審査に通りません。

なので、今回はつい見過ごしがちになってしまう借入、申込の問題について案内していきます。

他にも、ローン申込前に確認しておいたほうが良いことについても触れていますので、これからのローン申込で役立つ情報が満載です。

連続して申込まない!申込は計画的に行ったほうが良い

ローン審査の基本となりますが、連続して審査の申込を行っていると、通常よりもローン審査に通らない場合が多いです。

例えば、同じ業者に対して何度も連続して申込を行っていると、最終的にローン審査そのものを行ってもらえなくなります。なので、ローン審査に落ちてしまいやすい場合は、ローン審査の申込を控えたほうが良いでしょう。

このような問題で悩んでいる方は、以下を守る形でローン審査の申込を行ったほうが賢明です。

  • 1ヶ月に2、3件のペースで申込む
  • 同じ業者に対して何度も申込まない
  • 申込内容に注意して申込む

ローン審査に通らない場合、申込内容にも注意したほうが良いです。

申込ごとに内容が違っているようでは、ローン審査時の評価が悪くなってしまうからです。業者は申込情報を記録していますので、申込内容に注意して申込むことも重要なのです。

借入が多すぎる場合!そんな時は返せるものから返していく

借入が多すぎる場合も、ローン審査に通らない場合が多いと思ったほうが良いです。

借入が多すぎると、ローン審査において借り過ぎであると判断されることが多いです。

具体的には、以下のような借り過ぎの状態を避けて申込を行ったほうが良いです。

  • 借入金額が合計で100万円以上
  • 借入件数が合計で3件以上

このような問題は、人によっては発生しないかも知れません。ですが、借入件数が合計で3件以上になってしまっている人は多くいます。

というのも、ローンというのは自動車ローン、カードローン、キャッシングローン、クレジットカード・・・などが存在するからです。

ローン契約1件につき借入件数が加算されていきますので、人によっては3件以上の借入になってしまっている人もいるのです。

もし、このような状況に陥っている場合は、すぐに完済できるものから返済していくと良いでしょう。完済されているローンが多いほど、ローン審査では評価が上がるようになっていますので、このような対応を取るだけでも審査上の評価が変わります。

安全な申込方法!借入希望額を小さくして申込む

ローン審査に通らない場合、大きな借入希望額でローン申込するのをあきらめてみるというのも1つの手段です。

借入希望額は、そのままローン審査の難易度に直結するので注意してください。ただ、以下のような判断基準が存在するので、以下について理解して申込むだけでも、カードローン審査の難易度を安定させることができます。
  • 10万円未満:易しい
  • 20万円~40万円:普通
  • 50万円以上:厳しい

カードローンでもそうですが、ローンというのは1万円単位で組めるものが増えています。なので、10万円未満で易しい難易度のローン審査を受けることは可能です。

ローン審査は50万円を境にして、かなり難易度が変化してしまうということも忘れないでください。収入に自信がないという場合は、40万円以内でローン申込するようにしましょう。

年収は関係ない!ローン審査で重要となるのは返済能力

ローン審査のテクニックで良く見かけるテクニックに、年収を大きく見せるテクニックというものがあります。

ですが、今では通用しなくなっているテクニックなので注意してください。

現代では年収よりも、以下のような要素が評価されるようになっています。

  • 返済能力が安定している
  • 金融事故を起こしていない

返済能力が安定しているというのは、今までに返済などで遅延が目立たない人のことです。金融機関は、このような返済能力を高く評価しているので、遅延が目立たない人であれば自然と評価が上がっていきます。

金融事故とは債務整理、多重債務、自己破産などのことです。

過去にこのような問題を起こしていると、問題の大きさにもよりますが数年間はお金を借りられない状態となり、ローン審査に申込んでも審査落ちしてしまいます。

実績が少ないと信用されない!ローン審査で重要なクレヒス

近年では、ローン審査においてクレヒスが注目されるようになりました。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略称なのですが、主にローンに関する信用を指してクレヒスが使われています。

どうしてクレヒスが注目されるようになったのか?というと、以下のような影響力をクレヒスは有しているからです。

  • ローン審査の評価に影響する
  • クレジットカードの審査で重要

ローン審査の評価に影響するというのは、クレヒスがあったほうが通常より信用されるという意味です。

今までクレヒスが無かった人の場合、ローン審査に通らないことが目立つため、このようなクレヒスの影響も知られるようになりました。借金というのは多すぎてもダメですが、まったく借金の経験が無い場合も問題があると判断されるのです。

借金を行うと、クレヒスと同時に借金の履歴が記録されていきます。ローン審査では、これらの情報を活用して審査を進めていくため、今までに借金をされてこなかった人では、どこまでのお金を貸せるのかが不透明になるのです。

そのため、適度に借金している人(クレヒスを確認できる人)のほうが、ローン審査で通りやすいケースが目立ちます。

それと、クレジットカードの審査においてもクレヒスは重要です。中高年の方がクレジットカードの審査を受ける場合、今までにクレヒスを得てこなかった人では審査に通らないことがあります。

クレジットカードは、意欲的にローンを利用してくれる人に対して発行しているものなので、あまりローンを利用しようと思っていない人(クレヒスが少ない人)では、クレジットカードの審査でも良い結果が出づらいのです。

クレヒスを上げるコツ!安定した借入と返済を心がける

クレヒスを上げるコツですが、コツコツ使っていくだけで問題ありません。

そのため、クレヒスを得るために大きな借金を組む必要はないのです。

以下のような返済に注意されているようであれば、自然とクレヒスが上がっていくでしょう。

  • 返済で遅延しない
  • 早めの完済を意識する

返済で遅延しないというのは難しいことではないので、多くの人が安定した対応を行えるでしょう。

なので、早めの完済を意識することを大事にしてください。早めの完済というのは、以下のような支払いについても対応するだけで問題ありません。

  • 随時返済
  • ボーナス返済

随時返済というのは、少しずつお金を返済していく行為です。ATMなどからローン返済を随時行っていくだけで問題ないので、対応そのものはそれほど難しくはありません。

ボーナス返済は、ローン契約時にボーナス返済を行う形で契約を組むだけです。ボーナス月(主に8月、12月)の返済額は多くなってしまいますが、このような返済を心がけるようにすると、クレヒスが上がりやすくなります。

遅延に注意!遅延が長く続くとローン審査に通らなくなる

ローン返済で何度か遅延しても、実はローン審査に大きな影響を与えません。

ですが、以下のような遅延が目立つ場合は、ローン審査に通らなくなることもあります。

  • 1ヶ月以上も遅れて返済
  • 遅延後に連絡がつかない

いきなりローン審査に通らなくなる場合、もしかすると遅延が問題視されているため、ローン審査に通らなくなっているのかも知れません。

1週間程度の遅延であれば大きな問題になりづらいのですが、1ヶ月以上も遅延しているようでは問題です。長く遅延してしまいそうな場合は、あらかじめ業者に対してそのことを伝えておいたほうが良いでしょう。

同じような遅延であっても、あらかじめ連絡が行われているかどうかで、業者側の対応も違ってきます。

それと、業者側から連絡があった際は素早く対応したほうが良いです。長く連絡がつかない状況では、最悪のケースとして契約解除が考えられるからです。

マナーも大事!マナーを守らないと審査で悪い評価が付きやすい

マナーについても守られたほうが、ローン審査における評価が違ってきます。

以下のマナーを守って、良い評価を得やすい状況でローン審査を進めるようにしましょう。

  • 複数の業者に対して同時に申込まない
  • ローン審査の申込前に相談する

複数の業者に対して同時に申込をしても、ローン審査で通りやすくなるわけではありません。

かえって評価を悪くするだけなので、このような対応を行わずに1件ずつ申込、審査結果を待つようにしたほうが、良い結果につながりやすいです。

ローン審査の申込前に相談することも大事です。金融機関では、お客様ごとのローンプランを提示してくれますので、現在の収入、借入状況であればどのようなプランが相応しいのかも、先に相談しておくことで正確に知ることができます。

このように、簡単にできる対応で評価が違ってきますので、なるべくマナーを守ってローン申込を行うようにしましょう。

トピックス
ページトップへ