ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 在籍確認なしで審査通った!初心者が騙されやすいローン審査の偽情報

在籍確認なしで審査通った!初心者が騙されやすいローン審査の偽情報

銀行や消費者金融では、ローン審査の際に必ず在籍確認を行っています。なので、在籍確認なしで審査通ったという話は信用しないほうが良いでしょう。

このような情報は、初心者が騙されやすい情報としても知られていますので、今回は在籍確認を含めた、初心者が騙されやすい情報の詳細を案内していきます。

ローン選びを安全に行う方法についても案内していますので、これからローン選びをされる方は良ければ参考にしてください。

在籍確認の基本!在籍確認は金融機関で必ず行っている?

在籍確認についてですが、在籍確認なしというのは現代では対応していないと思ったほうが良いです。

過去であれば、在籍確認なしで対応してくれる業者も存在しました。しかし、今では銀行や消費者金融に関係なく、在籍確認なしで審査通ったという話はまったく存在しません。

では、なぜ現代においても在籍確認なしで審査通った、というクチコミを見ることがあるのか?というと、以下のような理由で今でもそのようなクチコミが存在しているからです。

  • 古い情報が更新されずに残っている
  • 営業目的のクチコミが残っている

古い情報というのは、更新されずに残っているケースもあるので注意してください。このような情報は、古い情報であることが明かされていないケースも存在しますので、ものによっては見分けがつかないこともあります。

なので、サイトそのもので頻繁に更新を行っていないようであれば、そのサイトの情報を頼りにしないほうが賢明です。

また、クチコミは営業目的で置かれていることもあります。なので、実際にクチコミを頼りにして特定の業者を利用されても、なにかしらの理由で在籍確認なしとはならず、通常通りの審査となってしまうケースが多いのです。

今では、銀行や消費者金融で在籍確認ありの審査を心がけているので、頼りにしても意味がない情報と割り切ったほうが良いでしょう。

在籍確認の偽情報!こんな情報に騙されないよう注意しよう

クチコミには偽情報が紛れ込んでいることもあります。

以下のようなクチコミを見かけることもありますが、信ぴょう性がない情報なので信用しないほうが賢明です。

  • 100万円以上でも在籍確認なし
  • ブラックでも在籍確認なしで持てるローン

在籍確認は必須となっているので、金額に関係なく在籍確認は発生するようになっています。なので、金額に対して在籍確認なしと言っている情報は、偽情報だと思って問題ありません。

また、ブラックではローン審査を受けることができません。

消費者金融であればブラックに対して甘い審査を行っている、在籍確認なしで対応しているという情報も存在しますが、これらの情報は根拠が無い情報なので信用するに値しない情報です。

ブラックとは

過去に金融事故を起こしている人のことをブラックと言います。
ブラックに関する情報は、銀行や消費者金融で確認できる情報となっているため、消費者金融のみブラックでも審査可能ということもありません。

在籍確認のコツ!今ではこんな要望にも対応してくれる

ここでは、在籍確認のちょっとしたコツについて案内しています。

コツと言っても、誰にでもできるような簡単なコツです。在籍確認は、コツを踏まえて受けるようにするだけでも、無駄な手間がかからずに済むのでコツを覚えておくことは大事です。

以下がコツとなりますので、このような対応も意識してローン審査を進めるようにしましょう。

  • 同性のスタッフに対応して欲しいと連絡しておく
  • 在籍確認は素早く終わるほうが良いと連絡しておく

このような対応は、大半の金融機関で対応してくれるサービスとなっています。なので、物怖じせずに連絡するようにしましょう。

また、在籍確認は素早く終わるほうが良いと連絡しておくと、在籍確認にかかる時間が少し短くなることもあります。

近年では、このような細かい要望にも対応してくれるので、時間を無駄にしたくない人は、このような要望も連絡しておいたほうが良いです。

在籍確認で効果的!在籍確認で使えるテクニックをご紹介

前述では、在籍確認のコツとしてサービスについて案内しましたが、ここでは、在籍確認で便利なテクニックを案内させていただきます。

在籍確認はちょっとした工夫で、かなり自分の都合に合ったものとなりますので、良ければ以下のようなテクニックについても参考にしてください。

  • 在籍確認を行う時間を昼食時間に指定する
  • 在籍確認を行う曜日を休日出勤に指定する

昼食時間に指定しておくと、周りに人があまりいない状況で電話に出ることができます。そのため、在籍確認を受けていることがバレずに済むので、快適に在籍確認を終わらせることができるのです。

また、休日出勤中に在籍確認を終えることも可能なので、人がほとんどいない状況で在籍確認を進めたい場合は、休日出勤を指定する形で在籍確認のスケジュールを組んでおくと良いです。

偽情報の危険性!場合によっては悪徳業者を利用してしまう?

在籍確認に関する偽情報の中には、悪徳業者を利用してしまうものもあるので注意してください。

悪徳業者とは、違法な金利でローン販売を行っている業者のことです。

このような業者は通常の営業を行っておらず、主にネット上の広告、もしくはリンクを通じて悪徳業者を利用させるケースが多いです。

もし、以下のような怪しい業者を見つけた場合、悪徳業者の可能性が高いと判断して利用しないほうが賢明です。

  • 連絡先が携帯電話番号のみ
  • 金利などローンに関する情報が見つからない
  • ○○ファイナンスなどあまり見かけない業者名

悪徳業者の見分け方!悪徳業者に見られる特徴的な宣伝方法

悪徳業者は宣伝方法が特徴的なので、そのことを先に知っているだけでも、見分ける際の余裕が違ってきます。

基本的に、悪徳業者はローン経験が少ない人を騙すような宣伝を行っていることが多いです。

そのため、以下のような特徴的な宣伝(広告)を見かけた際は、誤ってリンクや広告をクリックしないように注意してください。

  • 誰でも借りられると宣伝している
  • ブラックでも融資可能と宣伝している
  • 在籍確認なしでも100%審査に通ると宣伝している

ローンの基本となりますが、ローン審査は収入をベースにして融資額の判定が行われます。なので、誰でも借りられるという仕組みにはなっていないので、そのような宣伝を行っている業者は悪徳業者だと判断できるのです。

次に、ブラックはローン審査を申込めません。正確には、ローン審査を行っている業者がブラックに対して審査を行わないので、ブラックはローン審査に通らず、ローン契約を組めないという仕組みになっているのです。

なので、ブラックに対して融資を行っている時点で、一般の業者と比較して悪徳業者に近い業者であると判断すべきなのです。

最後に、在籍確認なしで審査を行っている業者はほとんど存在しません。よほど特殊な事情がない限りは、必ず在籍確認ありでローン審査は進むようになっているのです。

このように、悪徳業者は通常よりも甘い審査を行っていると宣伝していることが多いので、このような特徴的な宣伝方法を先に知っておくだけでも、余裕をもって悪徳業者を見分けることができます。

銀行と消費者金融!ローン選びで最適な業者はどっち?

銀行や消費者金融で在籍確認が行われているため、在籍確認の内容には違いが無いと思って問題ありません。

ですが、事情によってローン審査の難易度が変化しますので、状況に見合った業者でローン審査を受けることは大切です。

主に以下のような判別方法がありますので、良ければ以下を参考にして自分に合った業者を選び出してください。

  • 銀行:借入件数が多い場合は審査の難易度が高くなりやすい
  • 消費者金融:借入金額が多い場合は審査の難易度が高くなりやすい

銀行は借入件数が3件以上の場合、他の業者と比較してローン審査の難易度が高くなりやすいです。なので、すでに3件以上でお金を借りている場合は、消費者金融でローン審査を受けたほうが賢明です。

また、消費者金融も借入金額に対して厳しい対応を行っています。

総量規制以上の借入金額となっている場合、新しくローン契約を組むことができないので、そのことに注意してローン申込を行うようにしましょう。

総量規制とは

年収の3分の1を超えて、お金を借りられない規制を総量規制と言います。

銀行は総量規制対象外となっていますが、その代わりに、借入件数に対して厳しい対応を行っているという状況です。

安全なローン選び!しっかりとした返済で健全なローンライフ

安全にローン選びをするコツについて案内しています。

そのコツですが、なるべく大きな融資を受けないというのが安全なローン選びです。

大きな融資を受けた場合は返済に長い期間を要するため、中々、完済することができません。

ローン選びで重要となるのは、素早く完済できるローンを選んでいくことです。完済が安定して行われている人であれば、通常よりもローン審査で評価されることが多いため、ローン審査に落ちてしまう心配が少なくなります。

なにより信用が高い人物であればあるほど、ローン審査の時間、在籍確認の時間が短縮されやすいため、総合的に得をすることが多くなるのです。

小さな借入の完済であっても評価されるので、大きな融資ばかりにこだわらず、丁寧に1件ずつ借金を返済していけるよう、計画的なローン選びを行っていったほうが良いです。

トピックス
ページトップへ