ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査で重要!審査でとおらない理由は知っておいたほうが良い!

ローン審査で重要!審査でとおらない理由は知っておいたほうが良い!

ローン審査に何度申込んでも審査にとおらない場合は、審査でとおらない理由を学んでから申込まれたほうが良いです。

このような対応を心がけることにより、ローン審査で通りやすくなることもあれば、ローン審査で評価されやすくなることもあります。

闇雲にローン申込されていると、かえって評価を下げてしまうことがあるので注意しましょう。今回はそんな審査で必要となる知識を重点的に案内しているので、良ければ記事を参考にして、ローン申込の改善を行ってみてください。

年収と審査の関係!年収は審査に大きな影響を与えない?

審査でとおらない理由として、良くあがってくるものに年収があります。

ですが、年収が低かったとしてもローン審査に通ることは良くあります。なので、年収が低いと100%ローン審査に通らないというものではありません。

年収は以下の条件を満たせている収入であれば、ローン審査を受けられるようになっていますので、以下を理解されてからローン申込を行ったほうが良いです。

  • 収入が安定している
  • 勤続年数が長い

収入が安定しているとは、毎月の収入が不安定ではない状況のことです。収入が時折高いというケースでは、かえってローン審査の評価が下がってしまいやすいので注意しましょう。

このような仕組みになっているので、公務員など安定した収入で知られる職業の場合、ローン審査で落ちる心配が少ないとされています。

それと、今では勤続年数が長いかどうかもチェックされます。そのため、1年以上であれば普通の評価、2年以上であれば勤続年数が長いという評価を得られるようになっています。

もう少しで勤続年数が2年に届くという場合、このような評価も意識して、すぐにローン申込を行わないというのも賢明な対処なのです。

年収が多くても審査に落ちる!信用によって審査の難易度は変わる

年収が多い人でもローン審査に落ちることはあります。

なぜ、このようなこともあるのか?というと、それは信用に問題がある人ではローン審査に通らないからです。

具体的には、以下のような問題を抱えている人では、通常より厳しい審査が行われやすいとされています。

  • 職業が自営業の人
  • 借入希望額に難がある人

職業が自営業の場合、安定した収入を得ているようであれば問題ないのですが、時に大きな損失も見られる人では審査に通らないことがあります。

銀行や消費者金融は、安定継続した収入を得ている方(雇用される形で勤務している人)に対してローンを販売しているので、収入が不安定な状況でローン申込をされても、中々ローン審査に通らないことが多いです。

自営業として収入を得ている場合、あらかじめ銀行や消費者金融で相談を行い、どの程度の融資であれば問題がなさそうかアドバイスしてもらうのも大事です。

また、年収が多い人でも借入希望額に難があるようでは審査に通りません。初めてローンを組む場合、50万円以内であればローン審査がスムーズに進むのですが、50万円以上では審査が厳しくなりやすいです。

なので、最初は10万円~50万円の間でローン申込を行い、様子見という形でローン契約を組まれたほうが無難と言えます。

職業と審査の関係!審査基準を理解してからローン申込を行う

審査でとおらない理由の中には、審査基準を良く理解していないために審査でとおらないという理由もあります。

審査基準とは、審査を行う上で満たしておかなければいけない基準のことです。審査申込を行った者が確認すべき項目でもあるので、先に審査基準をチェックしてからローン申込を行ったほうが良いのです。

審査基準には、以下のような基準が主に設けられています。

  • 年齢が満20歳以上の方
  • 安定継続した収入を得ている方
  • 保証会社の保証を受けられる方

ローンというのは、法律上で未成年に対して販売できない仕組みになっています。過去であれば、担保・保証人を用意することでローン審査が可能でしたが、今ではそのような対応を行っている業者も多くありません。

なので、未成年の内はローン申込が難しいと判断したほうが無難です。

安定継続した収入を得ている方というのは、サラリーマンだけでなく、パートやアルバイトも含まれます。収入が少ない人であっても、ローン申込を行えるようになっているということです。

保証会社の保証を受けられる方というのは、保証会社が行っているローン審査に通る方という意味です。今では、ローン審査のほとんどを保証会社が行っているため、このような審査基準も設けられるようになりました。

保証会社とは

ローンの審査、ローン契約後の取引を専門的に行っている会社のことを保証会社と言います。

そのため、ローン審査に通るためには保証会社の判断上で、ローン審査に通して良いと判断してもらう必要があるのです。

主婦でもローン契約可能!主婦もローン審査を受けられる理由

銀行や消費者金融で販売されているローンは、パートやアルバイトだけでなく、主婦(専業主婦含む)でもローン契約が組めるようになっています。

ただし、主婦でも審査可能となっているローンでなければ、ローン審査を行ってもらえません。

主婦というと、他の職業(サラリーマンなど)と比較すると、それほど収入が多くありませんので、ローン審査を受けられるのか?と思ってしまう人もいます。

ですが、今では配偶者貸付というサービスも提供しているため、主婦でも銀行や消費者金融を利用できるようになりました。

配偶者貸付とは

配偶者を通じてローン契約を組む場合、配偶者貸付というサービスを利用して契約を組みます。

配偶者に安定継続した収入があればローン審査が可能となっているため、主婦でもローン審査を受けることが可能です。

保証人ありのローン契約と似通っていますが、こちらは大きな融資に対応していないため、お金を借りられると言っても30万円前後というケースが多いです。

ただ、銀行を通じて融資を受けることも可能なため、一般的な金融商品と比較して金利が安いという利点もあります。

総量規制に要注意!忘れているとローン審査に通らない

ローン審査は、総量規制も意識して申込む必要があります。

総量規制とは、借入総額が年収の3分の1を超えてはいけないという規制です。

また、総量規制が適用とならない総量規制対象外というローンも存在しますが、以下のような借入でなければ総量規制対象外とはなりません。

  • 銀行系のローン
  • クレジットカードのショッピング枠

銀行系のローンであれば総量規制対象外なのですが、消費者金融のローンは総量規制が適用となります。そのため、消費者金融でお金を借りる際は、総量規制を超えてローン申込を行っていないか確認する必要があるのです。

また、総量規制を超えてお金を借りようとした場合、ローン審査がすぐに完了します。なので、感覚的に総量規制の問題で審査落ちになったのかは、申込者のほうでもわかるようになっているのです。

通常のローン審査では、審査時間が30分~60分ほどかかるようになっています。そのため、ものの数分でローン審査の結果が出た場合、総量規制を疑って借入状況をチェックしてみると良いでしょう。

こんなケースでも審査に落ちる!記入項目は正確に記入しよう

人によっては、簡単なミスでローン審査に落ちてしまう人もいます。

その簡単なミスとは、申込みごとの記入が正確ではないというミスです。

以下のような簡単なミスをしてしまう人もいるので、以下のようなミスがないかチェックしながらローン申込を行うようにしましょう。

  • 年収の記入が誤っている
  • 住所、連絡先の記入が誤っている

年収に関してですが、10万円程度の軽微なミスであれば問題ありません。ですが、50万円、100万円といった誤差が生じているようであれば、ローン審査が正常に進まなくなってしまいます。

なので、A社で300万円、B社で400万円・・・というふうに、年収を記入してしまわないよう注意しましょう。もし、年収を忘れてしまいやすい場合は、メモを用意した状態でローン申込を行ったほうが無難です。

また、住所、連絡先の記入についても正確な記入が問われます。なので、住所が毎回違う、もしくは連絡先の電話番号が正確ではないという申込では、審査が正常に進まなくなってしまうのです。

このようなミスが度々確認できる場合、審査そのものを拒否されることがあるので注意してください。

信用情報に注意!申込時のマナーが欠けていても審査に落ちる

審査でとおらない理由についてですが、マナーが欠けている場合も審査に落ちてしまうことがあります。

マナーというのは、ローン申込における態度、対応だと思ってください。

以下のようなマナー不足が何度も確認できる人では、ローン審査の評価にも悪影響を与えてしまいます。

  • 審査結果を急がせる行為
  • 他の業者で同じローンを申込む

審査結果についてですが、急がせたとしても早くなるものではありません。なので、電話やメールで急いで欲しいと伝えた場合も、通常と同じような審査スピードで審査が完了します。

このような対応が目立つ場合もマナー不足と判断されるので、申込を行った後は審査結果を待つだけにしておいたほうが無難です。

また、すぐにローン契約を組みたいという事情で、他の業者でも同じローンを申込むというのはいけません。

他の業者でローン申込を行った場合、その情報がすでにローン申込を行っている業者に対して通知されます。すると、マナー不足が確認できる相手として、通常より厳しいローン審査になってしまうことがあるのです。

なので、ローン申込は1件ずつ丁寧に行うようにしましょう。可能であれば、申込前に業者とローンの相談を行っておき、どの程度の金額であれば安全に融資可能であるか聞いておくと良いです。

このような対応を心がけるだけでも、マナーがしっかりとしている人として評価されます。

ブラックのローン審査!銀行や消費者金融では審査を受けられない

ネット上では、ブラックでも審査可能な業者の情報が見つかることもあります。

ですが、銀行や消費者金融ではブラックに対して融資を行っていないので、このような情報は信用しないほうが良いです。

なぜ、このような情報が今でも見つかるのか?というと、以下のような理由により見つかることがあるだけです。

  • 過去の情報が消されずに残っている
  • 過去の情報を鵜呑みにして書き込んでいる人がいる

昔から、ブラックでも融資可能な業者の情報はネット上に散乱していました。そのため、サイトによっては誤った情報をそのまま残してしまい、その後、消さずに放置してしまっているケースも存在するのです。

なので、ブラックに関する情報は全体的に信用できない情報であると判断しましょう。

また、このような情報を信用して、新たに同じような情報を別のサイトに書き込んでいる人もいます。なので、新しい情報としてブラックでも融資可能という情報を見つけた場合も、信ぴょう性がない情報と判断したほうが良いです。

これらの情報の中には、リンク先がヤミ金につながっているケースもあります。ヤミ金は違法金利で経営を行っている業者なので、利用して得をすることはありません。

なので、このようなサイトを見つけた際は、間違ってリンクや広告などをクリックしないように注意しましょう。

トピックス
ページトップへ