ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 家族に金融ブラックがいると審査落ち?車のローン審査の注意点

家族に金融ブラックがいると審査落ち?車のローン審査の注意点

車を買う時にはローンを利用することが多いですよね。車の購入は高額になりますので、ローンを活用することで支払いしやすくなります。けれども、車のローン審査は誰でも通ることができるわけではありません。

ここでは車のローン審査における注意点として、様々なポイントをご紹介していきたいと思います。特に気をつけていただきたいのは「ブラック」である場合です。金融事故によるブラックである場合、車のローン審査に通ることは難しくなります。

ご自身がブラックである場合はもちろんですが、もし家族にブラックの人がいる場合も車のローン審査に落ちることになるのでしょうか?こうした細かいポイントも詳しく見ていくことにしましょう。

何がチェックされるの?一般的な車のローン審査

まずは車のローン審査でチェックされる主なポイントについてご紹介しておきましょう。仕事や収入といったポイントから、みなさんが現在借金をしている場合は、借金に関する問題も審査には関わってきます。

さらに金融ブラックである場合も同様に問題視されてしまうので、車のローン審査に通るために必要なポイントをよく理解しておくようにしましょう。

車のローン審査は契約者本人に対するもの

車のローンを利用するには、基本的な審査条件を確認しておくことが第一ですよ。以下のポイントをご覧ください。すべて車のローンを契約する本人に対しての審査条件になります。

  • ローンを契約する本人が仕事をしているか?
  • ローンを契約する本人に安定収入があるか?
  • ローンを契約する本人が借金をしていないか?
  • ローンを契約する本人がブラックではないか?

車のローンは個人契約になりますので、一般的には契約者本人に問題がなければ、ローンを利用することは可能です。

仕事をしていて安定収入もある、借金はしていない、金融ブラックでもない、というような場合、車のローン審査に通る可能性は十分に高いでしょう。その反対である場合は、車のローン審査に通る段階ではないと言えますね。

車を買うべきタイミングを見極めて

車のローンは高額になりますので、審査自体も厳しくなっている傾向が強く、仕事をして収入を得ているだけでは審査に通ることができるとは限りません。

仕事も収入も安定している状況が、車のローン審査に通るためにはベストです。もちろん借金がない、ブラックではないということも前提ですよ。

まずは次のようなポイントを踏まえた上で、車のローンを契約するべきかどうかを考えてみるようにしてください。

  • 車のローンを利用しても確実に返済可能か?
  • 無理のある借り入れをしようとしていないか?
  • 今は本当に車を買うべきタイミングか?

高額のローンを契約するタイミングは非常に重要です。安全に借り入れをすることを心がけて、無理のないタイミングで車のローンを契約してみるといいでしょう。

家族にブラックがいると審査落ち?車ローンの注意点

以上のように、車のローン審査は契約者本人に対するものなので、家族の状況に関しては特に審査を受けることはありません。

けれども、家族に金融ブラックになってしまっている人がいる場合、車のローン審査には注意しておいた方が良いケースもあります。

ここからは家族にブラックがいる場合の車のローン審査における注意点についてお話ししていくことにしましょう。自分の状況と照らし合わせてチェックしてみてくださいね。

ブラックの状況が返済負担になるなら要注意

車のローン審査では何がチェックされるのか、ということについては先にお話しした通りです。基本的にはローンの契約をする本人が審査されるので、家族のみなさんにまで審査が及ぶことはありません。

自分に問題がなければ、車のローン審査に通ることは十分可能です。ただし、次のような場合は、車のローン審査に通ることができない恐れもあるのでご注意ください。
  • 金融ブラックの家族と同居している場合
  • ブラックの状況がローン返済に影響すると考えられる場合

ブラックになっている家族と同居している場合、金銭的な問題が起こりやすくなる傾向が強いと見られるため、契約者本人がブラックではないにもかかわらず、車のローン審査に落ちるケースもあります。

ブラックの状況にもよりますが、車のローン返済に大きく影響してくると考えられるようなら、家族のブラックが原因で審査に落ちることも考えられるでしょう。

影響は少ない?ブラックの家族と別居している場合

けれども、ブラックである家族と同居していない場合であれば、車のローン審査に関してはそれほど悪影響はないとも言えます。もし家族がブラックであったとしても、次のようなケースなら審査への影響は少ないでしょう。

  • 金融ブラックの親と別の家に住んでいる
  • 金融ブラックの兄弟や姉妹と別の家に住んでいる
  • 金融ブラックの息子や娘と別の家に住んでいる

同居している場合は、ブラックの状況がローン返済への負担になりやすいと見られるのですが、別居しているなら問題は大きくありません。

「親がブラックだけど、今は自分とは別の家で暮らしている」というようなら、みなさんが車のローン契約者になってもブラックの影響は受けにくいでしょう。念のために自分の状況も見直した上で申込みをしてくださいね。

自分がブラックの時は?車ローンの利用は控えるように

以上のように、家族がブラックの場合は車ローンの審査に影響するケースもあれば、それほど影響が少ないというケースもあります。状況次第で審査結果は変わってきますので、あらかじめご注意ください。

また先にも解説した通り、車を契約する本人がブラックである場合は、もちろん車のローン審査に通ることはできません。金融ブラックになる原因などについてもよく理解しておきましょう。

金融ブラックはローンの利用対象外!

車のローン審査は、カードローンなどに比べても厳しくなっています。カードローンの審査も場合によっては厳しくなりますが、車を買うための借り入れ金額はかなり高額になりますよね。そのため審査も厳しいのです。

このような厳しい審査では、金融ブラックという状態で借り入れを認めてもらうことはできません。

車のローンだけではなく、カードローンの契約においても、契約者本人が金融ブラックである場合は利用対象外です。ブラックとはそのくらい問題がある状況というわけですね。

まずはブラックにならない心がけを

では、なぜ金融ブラックになってしまう人がいるのでしょうか?一般的には以下のような原因からブラックに陥るケースが多く見られています。

  • 金融業者との間でトラブルが起きている
  • 返済を延滞した経験がある
  • 自己破産をした経験がある
  • 任意整理を行った経験がある

このようなことが原因で金融ブラックになり、結果的にローンサービスを契約することができなくなります。安全にローンを利用したいなら、まずブラックにならないよう心がけることが大切ですよ。

そして現在金融ブラックである状況なら、車のローンを利用することは控えておくことも必要です。また改めて車のローンを利用することを考えるようにしましょう。

今後もブラックにならないようにトラブルは予防!

車のローンを契約する本人がブラックである場合は言わずもがなですが、これまでお話ししてきたように、家族の中にブラックの人がいる場合もご注意くださいね。特に同居中である場合は影響を受けないよう気をつけておきましょう。

そして現在問題を抱えていない方でも、今後もブラックにならないようローンは正しく活用していきましょう。返済の延滞など金融業者とのトラブルは、みなさん自ら防ぐようにしてくださいね。

トピックス
ページトップへ