ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > どうして借りられないの?カードローン審査に通らない理由は

どうして借りられないの?カードローン審査に通らない理由は

「カードローンでお金を借りたいのに、どうして借りられないの?」とお悩みの方はいませんか?みなさんがカードローンでお金を借りるには、まず審査に通る必要があります。カードローンの審査は必須事項なので、よく理解しておきましょう。

実は金融業者側はカードローン審査に通らない理由を教えてくれません。ここではカードローン審査に通らない理由は何が考えられるのか、様々な観点から見ていきたいと思います。

なぜ審査に通らないのかを知るためには、自分自身で通らない理由についてよく考えることが大切です。カードローン審査に落ちてしまった時は、まず自分の状況をしっかり見つめ直すようにしましょう。

基本的なことからチェック!仕事と収入、年齢による問題

まずはみなさんの仕事と収入、そして年齢に関する問題について見ていきたいと思います。カードローン審査に通らない理由は、みなさんの仕事の状況、収入の状況、年齢などが関係していることが考えられます。

仕事や収入、年齢についてはカードローンを利用する上での基本的な審査条件でもあります。と同時に問題が多く見られるポイントでもありますので、借りられない場合は基本的なことからチェックしていきましょう。

不安定な状況を安定させることが大切

カードローン審査に通らない理由として特に多いのが、次のケースです。

  • 仕事の状況が不安定である場合
  • 収入の状況が不安定である場合

さらに具体的にお話しすると、このような場合にカードローン審査に通りにくくなることが考えられます。

  • 仕事を始めたばかりである
  • 転職を繰り返している
  • 月によって収入にバラつきがある

仕事や収入に問題があると考えられるなら、不安定な状況を安定させることが先決です。

安定した仕事に就くことはもちろん、長く仕事を続けていくことも忘れてはなりません。それによって勤続年数にも信用ができますし、収入も安定してきますからね。

カードローンの対象年齢はいくつ?

また、カードローン審査に通らない場合、みなさんの年齢が影響しているケースもあります。

一般的なカードローンの対象年齢は満20歳以上です。未成年である場合、カードローンを利用することはできません。

さらに金融業者によって対象年齢の上限も決められていますので、上限を超えてしまっている場合もカードローンを利用することは不可能となります。あらかじめご注意くださいね。

多くの金融業者では、満65歳~69歳程度を対象年齢の上限とされているので、70歳を超えるとカードローンを利用することが難しくなると考えておくといいでしょう。まずはみなさんが利用するサービスの年齢制限をチェックしてみてくださいね。

他社からの借金問題を解決!今は完済することが先

次にチェックしておきたいのが、みなさんの「借金」に関する問題です。現在、他社でお金を借りている方はいませんか?まだ返済中である場合、その借金が影響していることも考えられます。

もし借金に関係するトラブルを抱えているなら、今の段階ではカードローンの審査に通ることは難しくなるでしょう。カードローン審査に通らない理由はみなさんの借金にあるかもしれません。

求められているのは安全なカードローン利用者

一般的に他社で借金をしている場合、カードローンの審査には通りにくくなります。そこには次のような理由が考えられます。

  • 他社に借金があることで返済に影響が出る
  • 延滞などのトラブルに発展しやすい
  • 安全に借り入れできない利用者だと判断されやすい

借金があるというだけで、安全なカードローン利用者として判断してもらえなくなってしまうので、それだけで審査に通らない大きな原因になります。

金融業者側は、安全にカードローンを利用してくれる人を求めていますから、少しでも不安があるような場合、審査に通すことはありません。仕事や収入面もそうですが、借金も同様なのです。

今やるべきことは借金を返すこと

現在、みなさんが借金を抱えている場合、まずはその借金を完済することを第一に考えるようにしましょう。

借金がある状態でカードローンの申込みをしても、審査に通ることはできません。なので、新たにカードローンの契約をしたいのであれば、まずは今ある借金を返すことがみなさんのやるべきことです。
  • 借金がある状態でカードローンの申込みをしない
  • まずは今ある借金を返済することが先決
  • 返済するだけではなく収入面も安定させる

借金を返すことはもちろん大切ですが、返済するだけではなく、収入面を安定させる最後のポイントも忘れずにチェックしておきましょう。

ブラックリストは借り入れNG!金融トラブルの問題

最後にご紹介しておきたいのが、金融トラブルに関する問題です。金融トラブルにも様々な例がありますが、特に「ブラックリスト」になってしまっている場合は、カードローン審査に通ることはまずありません。

これもみなさん自身の安全を考えての審査結果ですので、以前金融トラブルを起こした経験がある方は、カードローンの利用自体を改めることが大切ですよ。

ブラックリストになる原因って?

カードローンのブラックリストは、以下のようなことが原因となっています。金融トラブルの多くはこうしたブラックが影響しているんですね。

  • カードローンの返済を延滞する
  • 延滞の督促などの連絡を無視する
  • その他金融業者と何らかのトラブルを起こす

ブラックリストになった場合、カードローン利用者としての信用がなくなりますので、審査に通ることもできなくなるのです。

みなさんが審査に通らない理由はカードローンのブラックの状態が関係しているかもしれませんので、以前トラブルを起こした経験があるみなさんは十分にご注意くださいね。

ブラックではなくなっても無理な借り入れはしないで

ただし、こうしたブラックの人が借り入れできないようになっているのは、みなさん自身の安全を守るためでもあります。カードローンの審査に通らないからといって落ち込む必要はありません。

むしろ、ブラックの状態で新たにカードローンを利用することの方が危険なので、審査に通らないことで安全が守られていると考えておくと良いでしょう。

もしカードローン審査に通らない理由にブラックが関係しているような場合、次のようなポイントに気をつけておきましょう。

  • 今の状態でカードローンを利用しようとしない
  • ブラックの期間が過ぎるまでは借り入れを考えない
  • ブラックの状態でなくなっても無理な借り入れはしない

カードローンは無理に利用しても良いことはありません。もしブラックの状態ではなくなっても、無理な借り入れはしないよう心がけるようにしてくださいね。

カードローン審査に通らない理由は人それぞれ

以上で見てきたように、カードローン審査に通らない理由は様々あります。仕事や収入、年齢といった基本的な原因はもちろん、借金やぶらっくといった特定の原因が審査に影響していることも考えられます。

まずはみなさん自身が審査に通らない理由をそれぞれ考えることから始めていきましょう。審査に通らない理由は人それぞれ違いますからね。どうして審査に通らないのか、今の状況をよく見直してみましょう。

トピックス
ページトップへ