ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 審査基準を教えて!一般的なローンの審査に通るためのポイント

審査基準を教えて!一般的なローンの審査に通るためのポイント

ローンの審査基準は各金融業者によって異なりますが、基本的な審査基準は変わりません。ここでは一般的なローンの審査に通るためのポイントについてお話ししていきたいと思います。

よく理解しておきたいポイントは大きく4つに分けられます。特に重要なのは仕事や収入に関する審査基準ですね。みなさんの仕事状況や収入状況によっては、審査に通らない恐れもあります。審査に通るためにはどうしたら良いのか、よく確認しておきましょう。

また、みなさんの年齢や現在ある借金に関する問題もローン審査には影響してきます。ローン審査に通るためにも、まずは一般的な審査基準からチェックしていきましょう。

無職は借りられない!ローン審査に通るための職業状況

ローンの審査においてまず注目しておきたいのは、みなさんの仕事に関するポイントです。一般的にもローンの審査基準では、仕事をしていることが前提とされていますし、無職である場合は借り入れすることはできません。

また、職業の種類や勤続年数といったことも含めて審査されますので、ローン審査に通るためには自分の職業状況では問題はないのか、よくチェックしておくことをおすすめします。

ローン利用が認められている職業一覧

一般的にローン利用を認められているのは、以下のような職業のみなさんです。

  • 正社員
  • 公務員
  • アルバイト・パート
  • 派遣社員
  • 契約社員
  • 自営業者・個人事業主

ローン利用を認められているということはもちろん、ローン審査に通る可能性も十分ありますので、何らかの職業に就いていれば大きな問題はないでしょう。

けれども、現在みなさんが無職である場合はローン審査に通ることはできません。「職業に就いている」ということは審査基準における大前提です。

ただし例外として、専業主婦のみなさんの場合は無職でも借り入れできる可能性はあります。専業主婦の借り入れも認めている金融業者もあるので、場合によっては活用することもできますよ。

どのような状況にしても、安全を考慮した借り入れをすることも必要不可欠な心構えです。仕事をしていれば良いというわけではなく、安全面を考えたローン利用をしていきましょう。

「勤続年数」にも要注意!

また、ローンの審査基準では「勤続年数」もチェックされるようになっています。

「勤続年数」とは?

  • 同じ職場で働いている年数のこと/li>
  • 勤続年数が長い場合は審査に通る可能性が高い
  • 勤続年数が短い場合は審査の際に注意を

もし勤続年数が短いような場合、ローン審査に通る可能性が低くなります。ローンを利用する前に、自分自身の勤続年数も忘れずにチェックしておくことをおすすめします。

勤続年数が長い場合、ローン利用者としての信用性も高くなります。審査に通るためのポイントでもあるのでよく覚えておきましょうね。

収入面もチェック!返済能力によって判断される審査結果

続いてはみなさんの「収入」に注目してみましょう。ローンの審査基準では仕事と同様、収入面もチェックされるようになっています。審査に通るには、仕事だけではなく収入も安定していなければなりません。

もし収入面に問題がある場合は、たとえ職業に就いていてもローン審査に落ちてしまうことがあります。「返済能力」の有無についての判断は、みなさんの収入状況にかかっていると言っても良いでしょう。

安定収入がある状況が基本条件

一般的なローンの審査基準では、仕事をしていることはもちろん「安定収入があること」を条件として挙げています。

  • 収入が不安定な状況
  • 全体的に見て収入が少ない状況
  • 仕事を始めたばかりで今後の収入が分からない状況
以上のようなケースは、安定収入がある状況とは言い難いですよね。収入もそれなりにあって、仕事も安定している、毎月の収入にもバラつきがないような状況がベストです。

ローンの審査基準をクリアしたいのであれば、仕事も収入も安定させることを一番に考えるようにしましょう。

収入と借り入れのバランスを考えて

また、ローンの審査では「返済能力」というものが問われます。ローンを利用した時に、確実に返済できるかどうかを判断するためのもので、返済能力の有無によっても審査結果は変化します。

この返済能力の有無についての判断は、みなさんの収入状況が大きく影響していますので、返済能力が高い状況を保っておくことも大切ですよ。

と同時に、収入と借り入れのバランスを考えることも忘れてはなりません。

  • 収入に見合った金額だけを借りる
  • 収入を基本とした返済プランを立てる
  • 収入に変化があった時は借り入れにも注意する

収入に見合った金額だけを借りることはもちろん、返済プランも収入を基本としたものを考えることがベストです。また、収入が増えた、収入が減った、というような変化があった時も、借り入れには十分注意しておきましょう。

たとえ収入が増えたとしても、借り入れをする時は本当に必要な金額だけを借りるようにしてくださいね。無駄な借り入れは返済負担を増やすだけなので、ご注意ください。

重要な審査条件になる年齢制限と信用性に関わる借金問題

特に注目しておきたいのは、以上でご紹介した仕事や収入に関わることなのですが、ローンの審査基準では他にもポイントがあります。ここからは年齢や借金について詳しくお話ししていきましょう。

ローン審査に通るには、年齢制限をクリアしていることも必須事項ですし、借金の問題を抱えていないことも重要な審査条件となっています。現在借金がある方は借換えやおまとめというサービスを活用することもおすすめですよ。

未成年者はローンの借り入れ禁止!

多くのローンサービスでは、契約できるのは満20歳以上というルールがあります。未成年者の借り入れは認められていません。

場合によっては、親権者の同意のもとで未成年者の借り入れが可能になるケースもありますが、一般的なカードローンやキャッシングは未成年者の借り入れは禁止されています。

また、ローンの審査基準には年齢制限の上限も決められています。金融業者によって上限は異なりますので、みなさんが利用するサービスの年齢基準をしっかりチェックしておきましょうね。

借金は信用性が低くなる行為

そしてローンの審査ではみなさんの「借金」もチェックされます。現在何らかの借金を抱えている場合、審査に通ることは難しくなります。あらかじめ気をつけておきましょう。

借金があるということは、それだけカードローンを利用することに対する信用性が低くなるということでもあります。

金融業者は信用できない人に対してお金を貸すということはありませんので、あらかじめご注意くださいね。

借換え・おまとめローンも活用してみて

ちなみに現在借金で困っているみなさんは、次のようなサービスを利用することで、今ある借金の返済負担を緩和することができるようになりますよ。ぜひ活用してみてくださいね。

  • ローンの借換え
  • おまとめローン

「借換え」というサービスは、現在の借り入れ先から別の借り入れ先へ利用を移行するというサービスになります。「おまとめローン」については、複数社のローンを一つにまとめることができるサービスとなっています。

新たにローンを利用するなら、まずは今ある借金をしっかり完済することが大切です。利用者としての信用を失わないようにするためにも、借金がある状態での新たな借り入れは避けておきましょう。

それぞれのローンによって異なる審査基準

以上でご紹介してきたように、ローン審査に通るためのポイントは様々あることが分かりましたね。みなさんの職業や仕事の状況に関わること、収入面に関わることはもちろん、年齢制限や借金の問題についてもしっかりチェックされます。

ローンの審査基準自体はそれぞれのサービスで異なりますし、ハッキリとした審査基準を金融業者が提示することもありません。同時に審査に落ちた理由を教えてもらうこともできませんので、あらかじめご注意くださいね。

トピックス
ページトップへ