ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > アナタ考えたことがある?カードローン審査通る通らないそれぞれの訳

アナタ考えたことがある?カードローン審査通る通らないそれぞれの訳

給料前でお金が足りない!何とかならないものか?と悩みを抱えている人は今や珍しくはありません。そんな時に便利なのがカードローンです。

カードローンは消費者金融や、銀行などどこでも取り扱っており、現代では大変重宝されているサービスと言えます。

ところで、カードローンを利用する前に皆さんは審査について考えたことありますか?金融機関から融資を受けるには必ず審査はつきものです。

たかがお金借りるのに、わざわざ審査する必要があるのか?と疑問に思われたアナタ。実は審査に通る通らないのにはそれぞれ訳があります。その訳とは何か?詳細を述べて行きましょう。

まずは基本的なことから!カードローン利用前には事前準備は必要だ

今や誰もが利用しているカードローンではありますが、初めて利用するには事前準備が必要だってことお分かりですか?それはアナタの個人情報です。

何だか面倒な気もしますが、これは重要なことなんですよ!事前準備は必ずしましょう。

何故融資を申し込むのに、個人情報が必要とされるの?

カードローンにアナタの個人情報はどうしても必要とされます。いえ、強制と言ってもいいかもしれません。

お金をアナタが金融機関から借りるのですから、どうしても必要事項等は申請せねばなりません。まずは事前準備です。

  • 氏名・生年月日・性別
  • 自宅住所・固定電話(携帯番号)
  • 家族構成と人数
  • 一戸建てもしくはマンション、アパート、社宅
  • 居住年数

最初に準備するのはアナタの自宅住所などの居住情報です。それから勤務先の情報も必ず必要です。

  • 勤務先名
  • 勤務先電話番号・所属など
  • 雇用形態(正社員・非正規)
  • 勤続年数
まずはアナタの自宅情報、勤務先情報は金融機関に100%必要事項として提出せねばなりません。これはネットや電話、郵送など共通して言えることです。

どうしてこんなに何もかもカードローンを申し込むのに、個人情報を必要とされるには、色々理由があります。

  • 金融機関はアナタの年収を知る権利がある
  • 年収を知ることによって、返済能力を見る
  • 同じ勤務先に何年も務めているのかの確認
  • 自宅情報では、家族と同居かあるいは1人暮らしなのか知りたい
  • 独身なのか、既婚者なのか(既婚者の場合、子供の人数も必要)
  • 正社員か、非正規かどのような雇用形態で働いているのか

やはり金融機関が最も重要視してることは、アナタの「年収」「勤続年数」です。これで随分審査に左右されることが多いのです。

勿論自宅情報なども、賃貸か、分譲かも重視されています。

アナタに知ってほしい!審査に通りやすい、通りにくいことがあるって

カードローンを金融機関に申し込んで、さあお金が借りられる!さてそうでしょうか?実はそうであってそうではありません。それは何故でしょう?

確かに金融機関に申し込むと、何だかすぐにでもお金を貸してもらえそうな気がします。でもこれは大きな間違いです。カードローンを申し込むと、必ず審査があります。その審査に通らないと融資は受けられないのです。

そこでアナタに是非知ってもらいたいことがあります。それは審査に通りやすい、通りにくい実態があるということです。

ではまずどういったことで審査に通りやすいのか、事例を混ぜてご説明しましょう。

カードローンの審査ってどんなことで通りやすいのか?

カードローンの審査で一番よく通りやすい項目として、まず職業柄や、雇用形態などが挙げられます。近年は非正規でも金融機関はカードローンの融資を受け入れてますが、やはり何といっても収入に安定性のある正社員が一番審査に通りやすいということです。

  • 医師・弁護士などは年収が元々多いので、審査にはすらりと通りやすい
  • 公務員は年収に本当に安定感があるので、高く評価される
  • 会社員の場合、年収が高ければ高いほど、審査に通る可能性大
  • 職業問わず、勤続年数が長いことは金融機関への評価が高くなる

消費者金融、銀行共にやはりアナタにカードローンを提供するからには、年収は大いに関係してきます。ですからアナタの年収が高ければ高いほど、高評価を得られること間違いなしです。

では反対に審査に通りにくいことはどんなことがあるのか、これからご紹介しましょう。

カードローンの審査ってどんなことで通りにくいのか?

カードローンの審査は常に厳しいです。それは何故かお分かりですか?金融機関はカードローン融資の際にJICC(日本信用情報機関)と一緒になって、アナタの個人情報をもとに、過去の金融履歴を調査しています。そこでアナタの情報に何か引っかかる点が発覚すると審査には通らない場合が出てきます。
  • アナタが現在無職状態
  • 他社での借り入れ中で、まだ未返済
  • 審査の最中に別の住所へ引っ越した
  • 審査の最中にアナタが転職した
  • 申込時にウソ偽りの記載をした

中にはどうしてもお金を沢山借りたいといった理由から、年収をごまかして申し込む人がいます。でもこれは絶対にやってはいけません!どんなにウソの年収を書いたとしても、すぐにJICCに分かってしまうので、注意が必要です。勿論、こういった場合は審査には落ちます。

  • 結局「自分は絶対にばれないから大丈夫!」といった確信は大変危険です。金融機関からお金を借りる以上は100%正確な情報を申請せねばいけません。

その他こんなことでも?審査に通れない事例がある!

カードローンの審査に通りにくいには何も年収が低いだからとか、ウソ偽りの申込をしたということだけではありません。他には意外に「え?こんなことで?」っていうことで審査に通れないことも有ります。

  • 国民健康保険
  • 賃貸のアパート1人暮らしの非正規・独身
  • カードローンの利用歴が一度もない

自営業などがよく持っている「国民健康保険」。これは審査に通りにくいとの情報です。自営業に関しては、仕事柄沢山の種類があるので一概には言えませんが、正社員と比べたら、収入に安定性がないとみられがちなので、金融機関から融資の提供は敬遠がちにされます。

「国民健康保険」は結局これも自分で保険料を役所に収めているので、「社会保険」と比べたら不利な要素とされて、いさ融資となると難しいことがあるのかもしれません。

それから賃貸マンションかアパートで1人暮らしの非正規の場合でも審査には通りにくいとされています。やはり1人暮らしですから、家賃や光熱費の支払いもありますし、まして非正規となると収入が安定してないのがネックになって、審査では不利になりがちと言われてます。

でも賃貸の1人暮らしの非正規だからと言って、全員がそうだとは言い切れません。

これまた意外なことですが、カードローンの利用歴が一度もないといった場合も審査には通れない場合があります。これは審査の段階でJICCと金融機関が融資の判断に困るからです。

一度も利用歴がないから、大丈夫!と思われがちですが、カードローンの利用はあくまでアナタの方から「信用」を売ることになるので、情報が何もないとまだこの段階では信用はありません。従って審査にすらりと通れる可能性としては、低いです。

それだけカードローンの審査っていかに厳しいかがお分かりいただけるかと思います。

審査を通しやすくする方法!色んな秘訣がありますよ

金融機関で融資を受けるには、どうしても審査を突破しないといけません。その審査にどうしたら通りやすくなるのか?色んな秘訣を交えてご紹介します。

審査を通しやすくする秘訣?勤続年数を長くする

これは正社員、非正規ともに共通して言えることです。どうしてもカードローンの審査を突破したいのなら、勤続年数を長くしましょう!

先ほども述べましたが、勤続年数は審査の中でも本当に重要視されてますから、まだ1年未満だと言われる方は厳しいようですが、カードローンの申込は先送りした方が無難といえます。

勤続年数が1年未満ではまず審査には通れません。

審査を通しやすくする秘訣?家族と同居は審査に有利!

一戸建てでも、マンションでも独身者の場合、家族と同居であれば審査に通れる可能性はかなり高いです。その理由は家族にも年収があるからです。(アナタのご両親や兄弟など)

一方既婚者の場合ですが、子供なしの方が審査に通る可能性が高いそうです。夫婦共働きが多い世の中ですから、これは当たり前とも言えるでしょう。

審査を通しやすくする秘訣?利用歴が良好であること

過去の利用歴で返済に遅れがなかったり、クレジットカードのショッピング、キャッシングなどで一度も延滞がなければ審査には間違いなく通れます。

もし利用歴が無い方に関しては、1回でもキャッシング履歴を残すと審査の可否の材料になります。

消費者金融で借り入れする場合は、総量規制(年収の3分の1まで)近くなければ大丈夫です。

  • どうしても消費者金融の場合は「総量規制」の規則があるため、融資を受ける際にはご自分の年収の3分の1までしか利用出来ないことを予め覚えておくと便利です。

カードローンを利用したい!審査が通るか通らないはアナタ次第!

カードローンの利用はあくまで自己責任と言われております。金融機関にカードローンの提供を受けたいと思ったら、事前準備をちゃんとしておいて、本当に今いくら借りたいのか、明確にしておくべきです。

カードローンは何も消費者金融や銀行だけではありません。クレジットキャッシングの存在も忘れてはいけません。

クレジットキャッシングは元々限度額が少ない為、1か月のうちに満額近く借りる事例が多いので、特にこれから消費者金融あるいは銀行でカードローンを利用するには注意が必要です。

特に何を注意したらいいのか、ご説明しましょう。

  • クレジットキャッシングを限度額満額利用したら、支払いが済むまで待つ
  • カードローン審査ではクレジット利用歴も大いに関与する
  • クレジットキャッシングだけでなく、ショッピング枠の確認をする
  • 当月分のクレジットの請求書を確認する

1つ間違ったことをするととんでもないことに発展しかねないので、くれぐれも気を付けましょう。

トピックス
ページトップへ