ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > カードローン審査は甘いか?知っておきたいデメリットとリスク

カードローン審査は甘いか?知っておきたいデメリットとリスク

簡単な審査、即日発行…。意外とカードローンって簡単そう。なんて考えて、うっかり申し込んでしまうと予想外に審査落ち、などという事態になりかねないですよ。ご用心ご用心。

実際によくよく考えてみれば、信用状況は個人ごとにバラバラですから、まとめて面倒みますと誰でも同じように審査が通るはずがありません。

審査の条件になる項目をまずしっかりと見極めて把握することが大切なのは当たり前。でも具体的にどうすれば良いの?というとなかなか質問しづらいのが事実。

ここでは、そんな審査にまつわる条件を把握するためのノウハウから改善策、そしてどうしてもという事態を解決する方法を一気に公開したいと思います。

審査は本当に甘いのか?カードローン審査可決が難しいポイント

申し込めば、カードローンは簡単に手に入る。そのように説明している解説も少なくありませんが、本当にそのように簡単なことで大丈夫なのでしょうか。

一般的だと思える申し込み条件を有名消費者金融から抜き出してみますと次のような非常に簡単そうな要求が、申込者に求められていることがわかります。

  • 年齢20歳以上、69歳以下
  • 安定した収入
  • 運転免許証または健康保険証
  • 業者基準を満たす

大抵の場合、この条件には「パート、アルバイトでも可」といった文章が付け加えられていて、あたかも誰でも申込可能であって、簡単に審査に通過できそうです。

しかし、業者の条件提示には難関になる問題が隠されていて、これが決定的な障害になってしまう結果が少なくないことを知っていなければいけません。

つまり、業者によって提示されているこれらの条件に該当すれば、誰でも審査に通ってローンカードが発行されるわけではないのです。

複数ローンを既に利用している人は新たなカードローンは難しい

初めてカードローンを申し込む人が、複数のローンを抱えて利用中であるはずがない。ほとんどの人はこう考えていると思いますが、実はここに落とし穴が開いていて、結論が複雑になります。

実は知らない間に、意識しないままに複数のローンを抱えてしまっているケースがあります。などと言うと驚かれるでしょうか?とはいっても実際は意外と多いケースなのです。

会社員などの場合、給与の振込口座から自動引落を利用している場合などは、支払っているという感覚そのものが薄くなってしまうようです。

電化製品やパソコンなどをローンで購入していませんか?これらのローンは月賦と呼ばれたり、ローン会社を意識せずに申し込みするので、ローンである感覚があまりないかも知れませんが、ローンです。

このような例があるのです。つまり知らない間にいくつものローンを利用していると、新たにローンを利用するための審査に通りにくい状況になってしまいます。

ローン利用の上限に迫っていると新たなローンに通りません

ローン上限とはいったい何の話なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、金額無限でローンが利用できないことは想像するまでもなく理解できるはずです。

ひとりが利用できるローンの上限金額は「貸金業法」の中で取り決められており、「総量規制」という呼び名で一般的になっています。

総量規制では、ローンの利用金額が年収の3分の1に取り決められていて、これを越えるローン総額を利用することができない約束になっています。

ですから、年収が400万円の人であれば、上限が120万円になり、年収が300万円の人なら、上限90万円までのローンが利用できることになります。

問題は、この上限が一件に対しての上限ではなく利用しているローンの全体に対しての数字だという点です。ですから、年収400万円だと上限が120万円だと単純に考えられません。

自動車ローンのために90万円を利用していれば、上限に残る余裕は30万円だということになります。その状態で50万円のカードローンを利用しようと申し込めば、上限オーバで審査落ちになってしまうのです。


総量規制のポイントは、利用中である全てのローンに対して年収で制限している事実を知ることです。

これで圧倒的に難しくなる!過去の事故が決定的に影響します

事故とはいっても自動車事故のことや、会社の業務での失敗のことではありません。ローン利用の事故とは、返済支払いの遅延をしてしまったり、あるいは返済不能に陥ってしまって法的手続きで処理したりすることです。

ローンの利用状況として契約申し込みから完済までは逐一、記録が取られており、日本に3箇所ある公的な個人信用情報協会が保管しています。

ですからこの個人信用情報を照会すれば、誰がどのようなローンを契約して、どのように返済しているかが把握できて、申込者の申告内容と照合して審査が可能になります。

情報の照合によって他のローンに何度も審査落ちしていたり、いくつもローンを申し込んでいたり、申込者にとって不都合な状況が明らかになります。つまり過去の問題がまるわかりなのです。

過去に問題を抱えた人が、また同じように問題を抱えてしまうリスクが非常に高いと考えるのが通常の判断です。

個人信用情報になんらかの事故情報が記録されていると、その他の条件に関わりなく審査に通ることは難しくなります。

カードローンの申し込みのため公開されている申し込み条件は明確でシンプルなものですが、それだけでカードローンの審査に通るかどうかを判断できません。それ以外の暗黙条件が多くあり、実際の審査可決を難しくしているのです。

要注意!カードローン審査に通るための条件と落ちる時のリスク

モノは試しだと、結果を予測せずに申し込みを試みることは非常に危険な行為です。カードローンの申し込みにそれなりのリスクが伴うからです。

カードローンの審査に可決すれば、ローンカードが発行されていつでも必要なときにキャッシングが利用できるという理解は不足しています。カードローンの審査に落ちたときにデメリットがあるのです。

知ってる?カードローン審査に落ちてしまったときのデメリット

カードローンの申し込みのリスクは、審査に通らなかったときに生じるデメリットがあるということです。このデメリットに無関心のまま申し込みをすると後で困った事態になりかねません。

カードローンに申し込んだ履歴が残ってしまいます。審査で焦点が当てられる条件は、現在利用中のローンだけではありません。過去に利用申し込みしたローンも審査の対象になっています。

申し込みの状況が個人信用情報に記録されてあり、照会して最近の申込状況を把握することで、総量規制に達する危険を回避しなければならない業者のリスクを低減します。

そのため、申し込みを受けたローン業者は申し込みの事実を信用情報機関に登録します。これは審査に落ちてもそのまま残ってしまうので、その後の審査に大きな影響を与える要因になります。

カードローンの審査落ちの結果が利用限度額に影響する

そして利用申し込みの履歴は、たとえ審査落ちに直結しなくても、審査の結果として利用限度額を低く抑えてしまうという副作用も生じさせます。

業者によって審査に否決する基準はさまざまな違いがあります。ですからいくつかカードローンを申し込みすることで、少しでも確実にカードローンを取得したいと考える方がいらっしゃいます。

基準の違いによって、申し込み審査に可決するのでなければ、審査に否決する業者と、否決しないで申し込みにある利用限度額を減額して可決する業者とに分かれます。

業者ごとに基準がさまざまであり、一概に結果を予測できませんが、それぞれの業者への申し込みが履歴として保存されており、記録が相互に影響を与えるでしょう。

このように確実な活用を考えてカードローンの利用枠を申し込みしても、過去の申込件数いかんによって設定される利用限度額を低くして、業者は安全性を高めようとするからです。

すでにカードローンを利用している人は要注意の可能性あり

現在使用しているカードローンの業者は、定期的に契約者の状況を確認する作業をしています。一般的には3ヶ月、6ヶ月に一回程度、利用頻度と返済支払いの状況を確認するようです。

別のカードローンの新規申し込みは可決されたにせよ、否決されたにせよ、このときに現在利用中のカードローンに対する状況判断にさらに悪い影響も生じかねません。

業者としては好ましい利用状況の顧客の利用条件を変更して、さらに利用してもらうことが目的ですが、その時に他業者への利用申し込みが評価に対する悪材料になります。

つまり他社に申し込みをしているのであれば、自社の利用限度額を高くすることは、総量規制に迫って超過してしまうリスクを増やす結果になりかねないからです。場合によっては、この時の判断で既に設定している利用限度額を下げるという判断も成立します。


無闇無計画なカードローン申し込みはリスクが高い行為なのです。

こうして改善しよう-審査に通る体質改善の具体策はこれだ

信用状態の改善は一気に完了しません。昔から言われるように、信用は一度の失敗で崩壊するが、信用を築き上げるためには大変長い時間が必要なのです。

それに信用とは自分で自分に与えるものではなく、ある意味では自分では操作できない部分が大きいです。鴎外が口にした言葉はここでも当てはまります。つまり人智を超えているのです。

だからといって、皆さんに神頼みをオススメしません。ここでは比較的簡単な方法でありつつ、効果が期待できる方法をご紹介したいと思います。

まずは自分の状況をしっかり把握することから始めよう

敵を知る前に自分を知ることが大切です。まずコストの小さい問題から手を付けることは、意外と全体を変化させる力を発揮するからです。

給与振込などで自分がメインで使っている銀行の通帳で毎月の入出金を確認して、意識から漏れているローンを見つけてみまょう。自分が利用中のローン件数を把握することで、バランスを確認します。

こうすればローンの総額を推定できるはずです。そして年収と比較すれば、総量規制との差がわかります。これが追加で利用できるローンの総額になります。

でも、携帯電話などの契約書が手元になければ、利用しているローンの総額は把握が難しくなります。また、既にローン返済が法的手続きに入ってしまった直後も問題が表面に出てこないかも知れません。

このような問題を感じるようであれば、個人信用情報を照会してみるをお勧めします。個人信用情報を見れば、業者の判断内容が自分でもしっかりと把握できます。

日本には3つの次のような個人信用情報機関があります。

  • 全国銀行個人情報センター
  • CIC
  • JICC

これらの内、全国銀行個人情報センターは銀行のみが使用する情報で、公開されていません。しかし、これらの情報機関はそれぞれが相互参照によって情報連携していますので、どれかひとつを確認すれば全体の様子を把握できます。

基本に忠実が一番!で、ローンの基本項目はこれです

一気に解決できない、つまり短期的に改善できない信用問題ですから、一番効果がある方法は一定期間を覚悟して優良な利用を心がける方法です。つまり自制と返済という地味な方法です。

ところが、この方法には意外と高い効果が見込めます。その理由は個人信用情報機関の情報照会のオンラインにあります。オンラインで参照できる情報量には物理的な限度があるからです。

オンラインなら無限に情報を表示できるわけではありません。情報の保存期間、機関の情報保存能力や規制などの条件上、事故情報が5年~10年保存されるのを除けば、だいたい6ヶ月程度の情報を表示するのみです。

ディスプレイに表示されている情報がすべて順調な返済支払いの記録であれば、それは高い評価の対象になります。期日通りに返済してくれる顧客がもっとも評価の高い顧客だからです。

ですから、特別なことをしなくても基本に忠実な利用を6ヶ月間継続すれば、信用情報の評価はおどろくほど高くなるといえます。これがオススメの一番です。

ローン利用の際の基本的なお約束は次の通りたった2つです

  • 無闇と新規ローンに手を出さない
  • 返済支払い期日を厳守する


ローンは申し込みから始まって、利用金額が完済されるまでが評価対象の期間なのです。

さらに必要ならこんな方法で高いポイントを上げる

ローンの返済でもっとも高い評価を受けるポイントが完済です。完済することで、契約が完了して利用者の実績になるからです。ですから返済回数が厳格であるよりも、高い評価を受けられます。

いくつかのローンを併用していたりするとマイナス評価が高くなりますが、それらのローンを整理することでそれぞれに完済という評価を与えることが可能になります。

つまり、まとめローンの利用ですね。まとめローンを利用できれば単純に返済が簡単になるだけの効果ではなく、それ以上の効果も狙えます。


ただし、銀行などが提供しているまとめローンを利用するとその後の新規ローンの申し込みに制限が加えられる場合があるので注意しましょう。

ですから、これを自力で実現できる方法を模索することがオススメです。同時に完済するローンがなくても順次完済していくことで、どれかのローンにまとめていくことが可能なはずです。

この操作は、業者側からも審査・評価の際に目につきます。その時に完済記録が増えていることで、管理能力に高い評価が与えられます。いうまでもなく、高い管理能力には高い信用が付与されます。

でも今でしょ?今どうしても必要ならこんな方法もあります

このように、簡単に審査に通らないと言いながらも、審査に有利な情報を積極的に操作することが可能であり、一定の期間を経れば十分な信用度を獲得することも無理ではありません。

しかし、一定の期間が大きな問題になるケースもあるでしょうし、そのような事態に備えておかないと、不安感が拭えず心配のタネがいつも目の前をかすめたりします。


決してオススメしたいわけではありませんが、そのような場合にもローンの打開策としてキャッシングの方法が残されています。

すべての金融業者が個人信用情報を照会して審査するわけではない

日本に3箇所ある公的な個人信用情報機関はそれぞれ加盟する業者が決まっています。そして保存している情報は、加盟している業者と本人以外に公開されていません。


本人は別として、業者は加盟していなければ、個人信用情報を照会することができないのです。

ですから、申込情報も返済状況の記録も参照できませんし、記録が記録される心配もありません。このような業者での審査は個人信用情報に頼らず対面での審査を重要視しているからです。

金融業者毎にどの程度重要視しているかが異なるのは別として、個人信用情報を照会できない業者は、CIC・JICCで公開している加盟業者リストから判断することができます。

紛らわしいから!ブラック金融・ヤミ金融には気をつけて

中堅・中小の消費者金融に優秀な金融業者があるのは、紛れない事実ですが、そのような業者に紛れて違法な営業を繰り返す悪徳金融業者があるのもまた事実です。

消費者金融業は登録事業であり、各都道府県知事、あるいは内閣総理大臣による登録を受けることが貸金業法で定められています。ですから登録しないで営業している金融業者はヤミ金融という違法業者だということになります。

ヤミ金融に関わってしまうと面倒な事態に巻き込まれかねません。彼らは高利を設定したり、途中で条件を変更したりで完済に漕ぎ着けるのは非常に難しく、手を切るために多大なコストが必要になります。

ローン・キャッシングの利用はあくまでも正規の金融業者を利用するように強くオススメします。カードローンの審査は甘く考えているとリスクが一杯。冷静に自分の状況を確認して、着実な対策が必要です。確かに、ローン審査は決して優しくありません。しかし着実な信用度向上の努力は必ず報われます。

トピックス
ページトップへ