ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > カードローン一度落ちたらここをチェック!再度落ちない為の注意事項

カードローン一度落ちたらここをチェック!再度落ちない為の注意事項

カードローンでは審査がある以上、落ちてしまう人は必ずいるものです。その時にすぐに別を申し込んだとしても申込ブラックとなってまた審査落ちしてしまうでしょう。

再度申込みを考える場合には、まず何故審査に落ちてしまったのかその原因を考えて、それを取り除かなければいけません。

原因として考えられるのは返済能力に不安がある場合と、信用力に問題がある場合のどちらかです。これらの点について自分の場合を確認してみましょう。

さらに再申し込みの前に是非行ってほしいのは、本当に借り入れが必要なのかという事を考え直してみることです。上手に遣り繰りすれば借入れしなくて済むかもしれません。

もしどうしても借り入れが必要な場合には、審査落ちの原因を改善し事前に返済計画を立てて、無理な借り入れを避けてください。

すぐに再申し込みしてはいけない!落ちた直後は申込ブラックです

カードローンを申し込む場合、当然お金が必要になった時ですから、審査に落ちてしまうと、焦ってしまってすぐに別の金融機関のカードローンを申込もうと考えてしまいがちですが、そこでも十中八九落とされてしまいます。

一度落とされたら、申込ブラックという状態になるため、しばらくは借入れは無理なのです。ですからまずは落ち着いて、なぜ落とされたのかを考えその対策を行う事を考えましょう。

そのためには審査ではどのようなことが行われているのかを知る必要が有ります。そのうえで自分の落ちた原因を追究するようにしましょう。

審査では何が行われているのか

審査で落ちて、再申し込みを考える前に、まず審査というものを知らなければなりません。審査ではいったい何が行われているのでしょうか。

審査は各金融機関あるいは保証会社が持つ審査基準によって行われます。この内容は各金融機関ごとに異なっており、金融機関のノウハウが詰まっている為、金融機関間であっても共有されることは有りません。

このため審査基準の内容については推測するしかありませんが、概ね次の3点について細かくチャックが行われていると考えられます。

  • 本人確認
  • 返済能力
  • 信用力

まず本人確認ですが、カードローンの申込みでは必ず本人を証明する書類の提出を求められます。さらにこれに加えて職場への在籍確認などが行われ、申込者が間違いなく本人であることを確認しています。

もちろん他人だと偽って申込む事は犯罪ですので、それが発覚して審査に落ちたとしても、それは自業自得ですから、ここでは取り上げません。審査に通りそうにない場合でも、そんな姑息な手段は使わないようにして下さい。

2つ目の返済能力については、金融機関は貸したからには利息を付けて返してもらわないと商売になりませんので、返済できるだけの収入があるかどうかを確認します。

最後の信用力は、返済能力が備わっていたとしても、返済してくれることが疑わしい人もいる為、申込者が信用できる人物かどうかを過去に遡って確認しています。

審査落ち直後はどこの金融機関からも敬遠される

もう一つ再申し込みを考える前に、知っておいてほしいのは、審査落ち直後は再度申し込んだとしても、落とされる可能性が極めて高いという事です。ほとんどの金融機関で審査には通らないでしょう。

これはどうしてかと言うと、審査落ち直後は申込ブラックという状態だからです。後で詳しく触れますがブラックというのは過去の一定期間内に金融取引などで問題が有って、先ほど説明した信用力に疑問符が付く場合を言います。

この過去の情報というのは信用情報という形で銀行や消費者金融など各業界ごとにデータベース化されて管理会社に管理されており、特に問題情報については業界間で共有されることになっています。

実はこの中にカードローンを申し込んで審査に落ちたという情報も含まれ、この情報がある場合申込ブラックという状態になるのです。

申込みブラックは短期間に何度も申込みが行われる場合、かなりお金に困った状態だと判断されるため、金融機関が敬遠するのです。

ただし、他の問題の情報は年単位で記録が残りますが、この申込み情報については6か月を超えない範囲と規定されており、多くは3か月程度で消されています。

したがって、もし審査に落ちて再申し込みをしようと考えている場合は、この期間を経過した後申込まなければ、申込ブラックとして、再度審査に落ちることになるのです。

落ちた原因とその対策を考えてみよう

そこで申込めるようになるまでには時間があることが分りましたから、その間を使ってやっておくべきことを説明しましょう。

それは審査に落ちた原因を追究することです。何もしないで6か月待って再申し込みをしたとしても、同じ原因でまた審査に落ちる可能性が有ります。

そこで時間を有効に利用して、なぜ自分は審査に落ちてしまったのかをじっくり考えてみましょう。

どのように考えればよいのかと言うと、ここで説明したように審査で行われていることを考えれば見えてきます。確認しておく項目は次の2点という事です。

  • 返済能力は備わっているか
  • 信用力に問題は無いか

詳細な審査基準は分かりませんので、申込者との相性のようなものもあると思いますが、この2点に特に問題が無ければ、審査に通る可能性は高くなるはずです。

そして原因が分ったら、それについての対策を立てましょう。対策しなければ、原因を追究した意味はありません。時間がかかるかもしれませんが、対策できるまでカードローンを始め各種ローンは借りられないのです。

収入が伴っていなければ貸してくれない!返済能力を考えてみよう

金融機関が返済の可能性を判断する材料として最も重視するのは、何と言っても返済能力です。要するに返済できるだけのお金が有るのかどうかということです。

通常この判断には、年収が利用されます。ただし年収が高いだけではダメで、月々安定して入ってくるお金があるという事が最も重視されます。

また返済能力でもう一つ注目されるのが、他のローンを利用していないかという事です。例えば別のカードローンを利用していたとすれば返済能力はその分減ってしまうからです。

そこでまずは自分の返済能力の評価が必要です。そのためには収入だけではなく支出も把握して、収支で返済して行けるのかどうかを評価してみましょう。

安定した収入が無ければ返済できないと判断される

収入については、カードローンの申込条件に必ずと言って良いほど入っているのが安定収入が有る事ということです。

要するに高い年収が有っても、毎月安定して収入が無ければ申込みはできない訳です。もちろん多少の上下は許容されますが、収入に波があるような自営業者では審査に不利になる場合も多々あるのです。

職業による収入の評価は概ね次のようになっています。

職業 勤務形態 評価
公務員、会社員 正規雇用
公務員、会社員 非正規雇用(契約、派遣、期間採用等) 中の上
会社員 パート、長期アルバイト
自営業者 中の下
年金生活者、専業主婦 低(金融機関によって扱いが異なる)
短期アルバイト、水商売 極低

表をみれば分るように、雇用が安定し収入が毎月保証されている職種ほど、評価は高くなっています。このため例えば自営業者や年金生活者あるいは専業主婦の場合は、予め申込めるかどうかを確認しておく必要が有ります。

パートや長期アルバイト、自営業者などは、年収を証明する書類だけではなく、安定性を証明するため月々の給与明細や利益を証明する書類を用意しておきましょう。

専業主婦の場合には利用出来るにしても、ご主人の収入の裏付けで審査が行われますから、場合によってはご主人の収入の証明書類が必要になる場合があります。

もし短期アルバイトや水商売で生計を立てている場合には、はっきり言って、まず借入れはできません。貸してくれるのは殆どが闇金と考えてください。

他の借り入れが有れば返済能力から差し引かれる

自分は安定した収入があるにもかかわらず、審査に落とされてしまったという人もいるかもしれません。そこでもう一つ注意すべき点を説明しましょう。

実は収入がそれなりに有っても返済能力が低く算定される場合があります。

それは既に他に何らかの借り入れがある場合で、その借入に対する返済額が返済能力から差し引かれますから、評価が低くなってしまうのです。

例えば別のカードローンを利用していたとして、もう一つ契約すれば月々2件分返済しなければなりません。そういう状況は金融機関にとっては危なく見えるわけです。

自分は確かに別のカードローンの契約はしているが、現在は借入れしていないから関係ないだろうと考える人もいます。

しかしカードローンの場合、契約が有ればいつ利用して返済が発生するかわかりませんから、常に返済が有るものとして計算されることになります。

ですからカードローンは契約があるだけで、新たな審査の足を引っ張るわけです。もし利用していないカードローンの契約が有るのであれば、新たなカードローンの申し込みを行う前に契約を解除しておきましょう。

自分の収支を把握しておくことが重要

さらに申込みの前に行ってもらいたいのは返済の可否を確かめることです。金融機関は収入額から、いくらまでなら返済に回せるかを計算しているはずですが、自分で計算するときはもっと具体的に計算できます。

それは自分の収支を計算することです。収入は分かりますが、自分が実際、月にいくら使っているのかという支出は正確には分からないという人が多いはずです。

そこでぜひ実践したいのが、家計簿や小遣い帳を作っておくことです。それをもとに毎月の収支を計算してみましょう。その結果が次の数式を満たさなければカードローンの返済はできません。

カードローンの返済額 ≦ 収入 - 支出

自分には高額収入があると思っていてもそれに見合うほど使っていれば、余裕はなくなり返済に回すお金は無いかもしれません。

借入れする前には、必ず何か月分かこの計算を行い、常に返済額以上の余裕が有る事を確認するようにしましょう。

信用に不安は無いか?過去の問題を考えてみよう

ローン審査において返済能力と並んで重視されるのが信用力です。信用力は金融機関とのお付き合いによって生まれてくるものですから、初めて利用する金融機関ではゼロです。

このためカードローンなどでは最初は利用限度額は少なく、金利は高くなるのですが、ゼロだから審査に落とすということは有りません。将来優良顧客になる可能性だってあるので、まずはお試しで利用してもらうというわけです。

しかし、もし過去にどこかの金融機関と行ったローンなどの金融取引で問題がある場合、その記録は一定期間残って他の金融機関と共有されるため、ゼロどころかマイナス評価になります。

ですからこの記録が消えないうちはカードローンの審査は通らないという事になるわけです。

過去の金融取引の問題でブラックになっている可能性が有る

ブラックという言葉は、先ほど説明した金融機関が共有している信用情報の中に、特にブラックリストが有って、そこに名前が載ると、どこの金融機関に行っても審査は通らないという話から出ています。

しかしこのブラックリストのようなものは、実際には信用情報中には存在しておらず、各利用者ごとの情報を金融機関が個別に判断して、審査に落としているだけです。

その結果が共通して落とすという事になるため、あたかもブラックリストがあるように感じられブラックと呼ばれるわけです。このように共通して審査に落とす要因になる情報が次に示す情報です。

審査に落ちる要因 ブラックの種類 信用情報に掲載される期間
ローン返済の延滞、各種支払いの滞納 金融ブラック 5年
債務整理 金融ブラック 10年
ローンの申込みおよび審査落ち 申込ブラック 6か月を超えない期間

もし返済能力に問題が無いにもかかわらず、審査に落とされたという事であれば、ここに示す情報の記載がある可能性が高くなります。

例えば最近多いのが、携帯電話料金の滞納で、学生時代に滞納したことが有り、社会人になってから実害が出てきたというようなケースです。

ローンの延滞などは気にかけても、各種支払いは安易に考えている場合が多く、滞納してもすぐに忘れてしまう人がほとんどかもしれませんが、記録は長く残り、とんでもない形で表れてくることになるのです。

とにかく一度過去を振り返って、審査落ちの原因になるようなことをしていないか思い出してみることが必要です。

なぜブラックになってしまったのか考えてみよう

このような訳で、信用情報にここで示した情報が入っている場合、所定の期間はカードローンの利用は無理です。

そこでこの期間に行ってほしいのが、なぜブラックになるような要因を起こしてしまったのかを追究することです。統計的にブラックになった人は再度同じような状況に陥る可能性が高いため、そうならないためにも是非行ってください。

方法としては、原因を究極まで追究することです。ただし表面的な追求では意味が有りません。

例えば返済が滞ってしまった場合、何らかの原因で収入が減ったかあるいは突然の出費が発生したかのどちらかでしょう。そういった場合、さらに何故給料が減ったのか、あるいはなぜ出費が発生したのかを探ります。

そしてなぜそれへの対処が取れなかったのか更に追究して行ってください。そして最終的に何が問題だったのか分ったら、今後どうしていけばよいのかを考えましょう。

時間はいっぱいある筈です。じっくり考えて自分に足りない部分を見つけることが必要です。中途半端な原因追及は、中途半端な対策しか生みません。安易に考えてはいけないのです。

ブラック対応業者もあるが安易な借り入れはすべきではない

カードローンではありませんが、最近では中小の消費者金融の中にブラック対応業者というものが現れてきました。これらの業者は返済能力さえあれば、信用力に多少問題があっても貸してくれます。

しかし今説明したように、なぜブラックになったのか追究して対策ができていないうちは、安易な借り入れは再度問題を発生させる事に繋がります。

ですから、貸してくれる業者が有るからと言って、ブラックの期間は借入れは止めて、二度と同じようなことにならないための対策期間だと考えてください。

お金が必要になることは有るかもしれませんが、この期間は借り入れではなく別の方法で回避するようにしましょう。

本当に借入れが必要なの?再度申し込む前に検討してみよう

さてここで、もっと根本的なことを考えてみましょう。それは本当に借り入れが必要なのかということです。カードローンの借入額はそれほど大きくはならないでしょうが、それでも借金には違いありません。

商売なら借金も必要な時はありますが、生活上借金をすれば以後返済が付いて回り、家計を圧迫する事は間違いありません。

そこでまず考えるべきは借入れではなく節約で切り抜けられないかという事です。

もし自分では解決できそうになくても、家族などの周囲に相談することで、借入れしなくて済む方法が見つかる可能性もあります。自分一人で悩むのは止めましょう。

どうしても借入れが必要という事であれば、借入れ前に借入れから返済までの返済計画を立て、返済していけることを確かめてから、借入れに進みましょう。

支出を見直して節約を考えてみる

審査に落ちたら落胆する人がほとんどだと思いますが、そういった時でも、それを逆手にとってチャンスと捉えてみてはいかがでしょうか。ここで説明してきたように一度審査に落ちたら、しばらくは再度申込んでも審査通過の見込みは有りません。

そこで借入れは取り敢えず置いておいて、節約で乗り切る方法を考えてみましょう。ここで想定しているローンはカードローンですから、利用目的としては生活費の補てんという場合が多く、借りたとしても数万円というところでしょう。

そこで先ほどと同じように自分の支出というものを見直し、不要不急のものを削っていきましょう。削ったものは先延ばしにして、余裕があるときに買ったりすればいいだけの話です。

また、もし毎月収支が赤字で、カードローンで補填しようと考えているのであれば、そもそも生活水準そのものを見直して、生活レベルを落とすことを考えなければなりません。

このようにできるだけ借りなくて済む方法を考えてみてください。そうすれば後々生活を圧迫するような返済を行う必要もないのです。

もしレジャーなどでお金が必要と言うなら、そういうものは余裕ができてからのお楽しみと考えて、それを目標に借りるのではなく貯蓄して実現するべきです。

家族や周囲に相談することも大切

節約もいろいろと考えたが、どうしてもお金が足りないという場合には、まず借入れ有りきではなく、家族や周囲の友人、知人に相談して、何とか乗り切る方法は無いかを一緒に考えてもらいましょう。

もし収入が少なくて生活ができないというような場合で、周囲と相談してもなかなか解決できないという時には、役所で相談してみてください。場合によっては生活保護という方法も出てきます。

一番良くないのは一人で悩んで、返せそうにないのにお金を借りてしまって、大きな負債を抱えてから、周囲を巻き込んでいくというケースです。

問題が小さいうちに、多くの知恵を利用して、借りなくてよい方法や、借りるにしても最小限で済ませる方法を考えることが大変重要になります。

借入れが必要な場合は事前に返済計画を立ててみることが重要

色々と検討したが、どうしても借入れが必要という場合には、まず借入額を最小にできるように十分検討したうえで、借入れした場合に実際に返済できるかどうかを検討してみましょう。

そのためには実効性のある返済計画を立てる必要が有ります。そこでまず、実際に借りた場合の返済期間と月々の返済額をはっきりさせます。

これにはカードローンを提供している金融機関のホームヘージには返済シミュレーターが用意されている筈ですから、これを利用すればすぐに計算できます。

次に算出した返済期間中の自分の収支を予想してください。これまでの収支が分かっていれば大方の予想は付きますが、家計簿などの記録が無い場合には、十分注意してできるだけ正確に予想してください。

収支予想ができたら、返済期間中の各月の黒字幅が返済額を上回っているかどうかを確認します。できれば多少余裕があったほうが、返済には安心です。

黒字幅が返済額を下回っていたり、そもそも赤字の月が有った場合には、ローンの返済中に破綻するということです。

その場合は借入れを中止するか、各月ごとに支出を見直して黒字幅を増やすように調整してください。

調整の結果、すべての月で黒字幅が返済額を上回ったら、返済は可能という事になります。支出内容やこの調整内容をしっかり記録して返済計画を立ててください。

再度審査を受けて借り入れが出来た後は、毎月この返済計画を見直し、計画にずれが出てきた場合には、柔軟に早め早めに対処して計画通り返済できるように調整しましょう。

ここでカードローン審査に一度落ちてしまった時に、再度落ちないようにするための検討方法について纏めておきます。

  • 一度審査に落ちた場合には申込ブラックになっているので、すぐに再度の申込みをしてはいけない
  • 返済能力や信用力に審査に落ちた原因がないか追究し必要な対策を立てる
  • 再度借入れの申込みをする前に節約などで乗り切れないか検討が必要

これ等を踏まえて、無理な借り入れはせず、どうしても必要な場合のみ最小限の借入れを行うようにして下さい。

トピックス
ページトップへ